チャートの右端で判断

テーマ:
当たり前だけど

その当たり前が分かっていない人がいるので


あなたがトレードをする時、チャートを見ると思うけど、チャートの右端しかトレード出来ないはずです。

何言っているか分からない?

そんな人は今すぐブログを閉じて




つまり実践では、チャートの右端で判断するしかなく、押し目完了で上がっていくとこで買ったとして、そこから上がるかもしれないし、急落するかもしれない。


トレンドラインにタッチしても、本当にそこで止まるのか?落ちるのか?そこでは絶対に分からない。


のに。





チャート分析を鼻息フンフンでしてるのを
見かけると、出来上がったチャートで

○○だからここで買って、○○なのでここで売れば○○pipsゲット。

みたいな


これを見て、またまた鼻息フンフンになった人


ほんとーに  バカみたい


出来上がったチャートでトレード出来るなら、世の中全員金持ち爆笑


移動平均線のゴールデンクロスっていうのがあるけど、クロスしそうだから買ったとしても、結局違いましたっていうものもたくさんあるし、

後から見てゴールデンクロスしたんだねって
話し。

だから、仕掛けの判断で使うと醜いことになる。





前に見たブログですごいのがあった。

毎月 +2000pips取っていて

例えば  ユーロ円  今+300pipsだけど、

○○まで行くので、それまで持っていますと

言いながら



夜中に急落した次の日

なんと

△△で利食いしました。って



えっー
○○まで持っていると言ったのに!
なんで急落した手前で利食いしたの?
△△で利食いした根拠教えて〜


それって出来上がったチャートの後付けで
言っているんだよね?

リアルにトレードしてるの?

偽者のトレーダーってこんなもん




よく分からない人はポチポチ
     ↓


人気ブログランキングへ


AD