いつもありがとうございます。



セッションやコンサルで メインではなく、サポート的なもので
使っていた裏ワークだったんですが。
ご飯屋さんでいうところの「まかない飯」みたいな・笑


最近行った先でなぜか これをお伝えする機会が表立って
増えてきました。

大変喜ばれていて、喜びのメッセージをたくさんいただいています


「まず自分の心にゆとりが出てきた」
「自分が変わることで周りの人たちにいいことが立て続けに起こった」
「過去のすべてが繋がった感がハンパなかった」
「長い間音信不通の親戚から連絡があった」
「なにか得体のしれない温かい気持ちが湧いてきた」
「こころにゆとりができた」。
などなど。


私自身も言葉とやり方は知りませんでいたが。 長居和尚さんという方とのご縁で
この方法を教えていただきました。

そのようなことを 実は わたし、毎朝毎晩幼少期よりやっていたんです。笑この記事です
いつもピンチな場面では何かに助けられているということが よくあります。



それは「六方拝」ろっぽうはい。というものなんです。

 

六方拝って何?

 

東西南北と天と地に感謝する 古来からある
感謝の儀式です。

権力者であったりリーダーであったり、
いまでもビジネスで成功している方の中で
やっている方がけっこういらっしゃいます。

天皇さまも たしか年に何回かされている。


御釈迦様が作ったといわれていて、それぞれの方向に
感謝の対象があります。

東・・・両親、先祖、子孫。
西・・・伴侶・家族・親せき
南・・・先生、師匠
北・・・友人・同僚・すべてのひと
天・・・太陽・月・大自然
地・・・大地、動物、植物

六方拝がなぜいいのか


それは、感謝するという儀式だからです。
そして感謝することが「習慣化」するのがポイント。

いま現在の自分・。父母、そのまた父の父母・・・というように
大いなる過去から命のバトンを引き継ぎながらのいま現在の自分。
その命の源に感謝すること。

そこに関わる人たち。

自分というものを活かすツールを与えてくれる人。
それを受け取ってくれる人。

そして 自分の人生に関わってくれるすべての人やモノ。

無条件に豊かさや恵みを照らしてくれたり、はぐくんでくれたり与えてくれたり
支えてくれる自然界のすべてのもの。

当たり前のようで当たり前でないこのこと
ひとつひとつに 意識を向けて 感謝をするということは
わたしたたちが 思う以上に すごいパワーを秘めています。

感謝のパワーってすごいんです。

自分のルーツに感謝することは最高の先祖供養であり
肉体をもったご先祖さん代表である自分を 承認するという
ことでもあります^^

「六方拝」やりかた

 


毎日東西南北の四方位と上下の天地に向かって感謝する儀式。
方位磁石で方位を調べて、その方向に身体を向けて。

東・・・両親先祖に感謝
例)おとうさん。おかあさん。ご先祖様ありがとう。

西・・・配偶者・家族 遠くにいる親戚など。
(わたしはここで 配偶者の父方母方のご先祖にも感謝も入れています。)

例)実際に顔を思い出したり 口にしたりして 感謝する。

南・・・今まで人生の中でお世話になった 先生・恩師。

北・・・友人・知人・同僚・周りにいる人すべてに感謝。


例)具体的な人を思い出してもいいし。そうでなくてもいい。
私の人生のなかで 出会った・・・というのでもいい。

天・・・太陽・月・大自然・宇宙生命体・高次元存在方に感謝。
太陽や月・自然の恵み・・これらは 無償で天から降り注がれています。

地・・・大地・動物・植物・水・地下資源に感謝。
生命の源である大地・豊かな恵みをもたらせてくれる大地。
(わたしは ここで 自分の住んでいる土地神様にも感謝を入れます)

☆それぞれの方向に関係する人や風景などを 思い浮かべながら
感謝していきます。

そして御釈迦さんすごいぞ^^ッて思うのが。
祈りとか想いのエネルギーを体系化させちゃっているところが
この六方拝のいいところかな^^


慣れてくると 2、3分でできちゃいます。

毎日が理想だけれど、思い出したときにやるのも
いいですよ^^

よかったらやってみてくださいね^^

いろんなやり方が「六方拝」で出てくると思いますが
基本的に言っているところは同じなので
ご自身でしっくりする方法で 楽しんでみてくださいね。


最後まで読んでくださりありがとうございます^^


スピリチュアリストkazuki


★表メニューセッション・コンサル・準備中。

セラピストのための各種メニュー準備中。★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD