こんばんは仁科です。
こんなに早いペースでブログを更新する気はなかったのですが・・・
導入する方も増え、同じ悩みを持ってる人が絶対いると思うのでPro-Q 2について書きます。
 
使っている方向けの記事ですが一応どういうものなか?・・・知らない人向けの紹介
 
FabFilter Pro-Q 2
リンクはアフィ等ではないので安心を。
 
現時点で最強のEQと呼ばれているトレンドプラグインです。
FabFilter製品はこれ以外のコンプレッサーやリミッター等も抜群のクオリティーを誇っており、
僕自信もアナログモデリング以外のプラグインは大体ここの製品を使っています。
(日本の代理店はディリゲントさんですね)
 
名前の通りPro-Qというプラグインを改良したものです。
 
・見やすいグラフィック
・プリorポストoプリ+ポストで選択できるアナライザー
・画像のような様々なフィルタータイプ
・これ一つでバンドごとにMS処理ができる
などなど他にもたくさん便利機能があります。
 
ーおおなんかすごそう
 
凄いんですよ・・・!(ステマ)
 
僕は使いやすいからずーっと使ってたんですが最初から
 
「あんま音良くなくない?・・・」
 
を思って使ってました。
いや、こういった音に自分が慣れてないだけなんだろうと思って使ってました。
 
でもな~んかパンチ感がない・・・音が弱くなるなあなんて
 
~半年くらい経ちました~
 
突然脱線しますがみなさんはDTMは何で勉強していますか?
大体本だと思います。
 
ですが最近ではコンストラクションキットや有償のビデオ等本以外の教材が充実しています。
(ココらへんまた別記事に書きます)
 
お金出してプロの制作風景を見れたりするんですよ・・・!いい時代ですね。
 
あらかたDTM操作やミックスの本は読み尽くし、僕も有償ビデオを買って勉強を始めてみました。
 
世界最大のEDMレーベル Spinnin' Records の楽曲なんかをミキシングマスタリングしている海外のプロエンジニアさんの動画です。
 
お世辞にも内容は薄くあまり参考にならなかった(※個人差です)のですが、一つとても気になることがありました。
 
そのエンジニアさんは動画内でFabFilter Pro-Q2を使用していたんですね。
エンジニアさんはバシバシトラックにPro-Q2をインサートしていきます。
 
 
インサートするたびにある特定の動作を必ず行っていました。
 
 Zero Latency Mode というところを
 
Natural Phase Mode
 
に変更していたんですよ。逐一。
 
さてさっきお話していなかった機能でこのPro-Q 2
 
プロセッシングモードというものを変更できます。
ー昨日の記事でもプロセッシングって単語ばっか出しやがって
 
昨日のブログ見てない人もいると思うので直訳します
【処理モード!】
 
チ~ン
・ゼロレイテンシーモード
・ナチュラルフェイズモード
・リニアフェイズモード
 
この3つを搭載しているわけなのですが海外フォーラムで情報を漁ったところ
 
ゼロレイテンシーモードはレイテンシーを無くすことに全力をかけ位相ズレとかで音質が
F○○K
ナチュラルフェイズモードはまんま自然(位相ズレなどは皆無ではないけど普通に高品質な感じ)
リニアフェイズは位相のズレがなくて凄いけど色々とデメリットもある
 
ざっくりとこんな意見が多い感じでした。
(絶対じゃないよ絶対そうだというには僕の音響理解が足りてない、いや別にすきとかそういうんじゃないしあくまでフォーラムなんだからねっ!)
 
 
音質的にはゼロレイテンシーモードはよろしくないみたいです。
位相に関して分からない人はここを読んでみるといいと思います。
 

イコライザーと位相に関するアレコレをまとめてみた

 
「位相」とは、何なのかを恐ろしいくらいザックリ話す記事
 
ああ、あとリニアフェイズのデメリットについてはこちら(この3ブログさんわかりやすいです。

リニアフェイズEqの幻想

 
 
え、位相のズレで中域抜けたりすんの・・・え・・・(今知った顔)
 
前置きが長くなりましたがPro-Q 2は意図がなければ
ナ チ ュ ラ ル フ ェ イ ズ モ ー ド
で使用するのがいいかもしれませんね。 
ゼロレイテンシーモードをあえて使う理由は無さそうです。
まあプロがナチュラルフェイズで使ってるし・・・
あ!アタック成分なんかがないPADとかにはリニアフェイズ使ってもいいかと思います。
 
若干信憑性にかける気がするのでこれ違うよ!ってあったらTwitterの方で指摘していただければ追記しますます。
 
 
 
 
 
 
AD
初めましての方はこんばんは仁科和希です。
今日はパラレルプロセッシングについて書こうかと思います。
 
そもそもパラレルプロセッシングって何!?
 
これを読んでる皆さんはDelay,Reverbをミキシングで使うときにはAUX(オグジュアリートラック)や、Bus(バス)にプラグインを挿し、センドリターンでエフェクトをかけてるのではないでしょうか?・・・(原音とエフェクトを混ぜる)
 
はい、それがパラレルプロセッシング(直訳すると並列処理です)です。
 
~完~ おさらい終わり!
続きます。大体の人は「な~んだそれだけか~」と思うと思います。
が、日本のDTM教則本?の類では
コンプレッサーやEQ等のダイナミクス系エフェクトetc.は「インサート」
ディレイリバーブ等の空間系は「センド&リターン」
して使いましょう。みたいに書かれてるのが大体です。
 
何も間違ってはいないのですがこの時点で先入観が入りますね普通
僕もそうでした。
 
【AUX(オグジュアリートラック)や、Bus(バス)にプラグインを挿し、センドリターンでエフェクトをかける】

この行為を一つの手法としてエフェクトと切り離して考えることで音作りの幅が格段に広がります。
では具体的にわかりやすく解説します!
 
一番説明しやすいのはパラレルコンプレッションですね~
 
 
キックに別々の設定でコンプをかけた3種類のトラックです。全てオートリリース。
一番上がアタックタイム遅めで余韻の音量が少ないタイトなキックです。
一番下がアタックタイム早めでアタックは潰れていますが余韻の持ち上がったラウドな感じのキックです。
 
ただタイトなキックはラウド感が感じられにくく、反面ラウドなキックはパンチ感が感じられにくくなります。
 
経済学の用語ではトレードオフとか言ったりします。
 
でも両立したい?したいよね・・・したくない?・・・
 
それを叶えてくれるのがパラレルコンプレッション!!
でも画像めっちゃわかりにくいので文字で頑張ります。(画像は中段)
 
 
インサートはAUXのバスに挿して結構潰すような設定にしてます。めっちょ潰れてますね。
これをキックのトラックからセンドリターンで送り。原音と混ぜます。
どういう音になるかというと
 
自然な原音のアタックガチガチに固められた余韻優勝
 
これ書き始めて1時間くらいで気力がありませんこの方法で実際に自分のトラックに使って確かめてみてください。
 
コンプの二段がけで似たような波形にならない???
 

(´・ω・`)厳密には違うけどもう、ちょっと勘弁して・・・

ヴィンテージコンプだと分かりやすいかもしれないです。
ヴィンテージコンプというモデリングタイプのコンプレッサーは深くかけるほどそのキャラクターが強く出ると言われています。
でも潰しまくると音が崩壊します。
 
でも、崩壊とはいかなくとも、かなり潰したヴィンテージコンプを原音とパラレルコンプで混ぜ合わせたら?・・・
 
こちらもやってみてください。
 
荒いですがまとめるとパラレルプロセッシングはこのような
 
トレードオフ関係の効果のちょうど中間
 
まあいいとこどりをしたような効果が得られるという結論になります。
 
忘れる所でした画像の中の「!?」について説明しましょう。
さっき僕は
 
【AUX(オグジュアリートラック)や、Bus(バス)にプラグインを挿し、センドリターンでエフェクトをかける】
 
これをパラレルプロセッシングですと言ったのですけど正確には原音(とは限らない)+エフェクト音を混ぜ合わせる事です。
最近ではパラレルプロセッシングが海外では一般ユーザーにも普及してDry/Wetツマミを備えるコンプレッサー等が沢山出てきたんですね。
 
例えばWAVES H-COMP
 
 
 NI Solid Bus Comp
 
 
あと僕が使ってるFabFilter Pro-C 
まあ他にも沢山ありますがこういったツマミがついてる場合は直接トラックにインサートして
リバーブプラグインのように原音とエフェクトの混ぜ具合を調整できます。
 
このツマミがついてない(特にヴィンテージコンププラグインとか)ではさっきの手順で使用することになります。
 
~応用~
 
パラレルEQ
手抜きじゃなーいよーーーーーーーーーーーーーー
 
いちいち命名してますがコンプがEQに変わっただけですね。ただそれだけ。
 
EQをパラレル処理することで得られる効能はナチュラルに各帯域の変化をつけられることでしょうか。
 
例えば 音を明るくしたい!
 
インサートして直接高域をハイシェルフで上げてみると音が明るくなるとかの効果に付随して音が硬くなったり主張が激しすぎたりといったこれまた場合によってはデメリットが出てきます。
 
でも原音にめっちょ高域を上げた音を適度に混ぜ合わせて上げることで柔らかいイメージのまま明るくする「だけ」の効果にすることができます。
ー※感想はイメージです個人差があります
 
アッテネートのほうがわかりやすいかもしれません
 
白い部分が直接インサートしたEQで音がカットされた部分と考えてください。
ごっそりりんごがえぐられてますね。
 
 
 
 
雑・・・!
画像は本当に苦手なんだよクソ・・・許してくださいなんでもしますから(なんでもするとは言ってない)
まあ、はい、でこちらがパラレルEQで同じ帯域をカットした時のイメージです。
ぽっかりえぐられてはないですけどちょっと薄く残ってる感じ・・・
 
ミキシングにおいて分離は大事!ですがきっぱりわけすぎるとまとまりがなくなってしまいます。ローカットで顕著なのが味気なくなってしまうこと。スカスカだったり・・・
 
ギターなんかだと
本当にいらない超低域はインサートしてカット→
ベースと被るようなところはほんのちょっとほんのちょびっと原音を残すくらいのバランスで混ぜ合わせる
 
とかすると結構個人的に聴きやすくなりました。
ほぼその周波数は無いけど確かにあるというかなんともムズムズするような状態です。
 
というわけでパラレルプロセッシングにEQを使った場合の例でした。
 
 
~応用~
 
パラレルで歪
ーまだやるの?
 
やります。でもここまで知れば他のエフェクトは趣味の領域な気がしますから歪も抑えておくと楽かもしれないです。
 
歪プラグインってたくさんありますよね、オーボードライブからサチュレーションまで。。
パラレルでよく使うのはサチュレーションやエキサイター等の隠し味的な歪だと思われます。
こういったプラグインにもよくDry/WetやMixつまみもついてますねえ。
普通に使ってる人も多いかとは思います。
 
インサートで使うと「あ、割れちゃってんな・・・」って思ってかけ具合を弱めるとそれはそれで臨場感がなくなってしまったりパンチが物足りないように感じたりしますよね。
 
もちろんこういった場合にもバスにかなり歪ませるような設定でサチュレーションを挿したりしてセンドリターンやノブがついてるプラグインならインサートしてミックスつまみでバランスをとっていくと優勝ですね。
 
ーオタクなので語彙力がない
 
実は
 
オーバードライブやディストーションでもこれらの処理がよく使われている音楽ジャンルがあります。
それが
「Hardstyle」
ほとんどの人が知らない気がする(汗)
 
というわけでその中でも定番中の定番トラックを貼りました。
キックが特徴的なこのジャンルはキック制作が複雑でして・・・
たくさんレイヤーを重ねていくんですが、元となるキックの下地で結構パラレル処理をされているプロを見ます。
 
 
プレイヤー貼り付けたかったんですけどいつのまにかTMの貼り付け機能消えてるし・・・
開けば「ブログ用」と「ブログ用2」というファイルがあるので宜しければ・・・
 
この「ブログ用」の方は若干だけキックを歪ませたトラックです。
これ以上はアタックが潰れサスティーンも伸びっぱなしでHardstylekickぽくなりません。
アタックが欲しい・・・歪はいい感じなんだけどなあ・・・
 
言うまでもなくパラレルですね
 
「ブログ用2」はパラレルプロセッシングでディストーションをかけたものです(EQとかも使ってますが)
聞けば分かる通りアタックを残したまま歪が加わってるかと思います。
 
そしてこれが下地になって更にあれやこれやレイヤーすると実際に使われていくKickになっていきます。
まあこれはニッチな話ですしまた別記事で・・・!
 
というわけでかなりざっくりとした。パラレルプロセッシングでした。
日本でも音聴いてるとプロのエンジニアさんは皆使ってますね。言わないだけで。
 
上記3種類以外にもモジュレーションエフェクトなど死ぬほどエフェクトの種類はありますから、是非オリジナルの音作りをしていってみてください。
 
それではまた
 
 
 
最後に
 
何故こういう記事を書くに至ったか、こういう記事を書くのは初めてなので少しだけ。
 
海外ではフォーラム文化が活発です。
言い換えれば日本でのフォーラム文化はかなり消極的です。
 
中身はまた違いますが・・・
海外のクリエイターと日本のクリエイターの個人レベルでのミキシングやマスタリング力は圧倒的に負けています。勝ち負けではない、ということも十分分かっています。
 
正直な所を言えばエンジニアさんレベルでも凄い人は少数だと思います。
 
あーだこーだ言ってる僕もとてもミックスは苦手なのですが
少なくともアマチュア層でのレベル差にはフォーラム文化などが大きく関わっているように思います。なので
 
情報・意見交換できるフォロワーが欲しい!
 
という事でこういった記事を書いてみようと思いました。
ですので少しでも役にたったよ!って人がいたら是非このブログからTwitterに飛んでフォローしてもらって情報交換とかできたらなあとか思います。
 
もちろん質問したいよ!ってフォロワーさんや
デレマス・デレステのことでワチャワチャしたいよ!ってPさんも大歓迎です。

そしてもうひとつ
(もう終わります!)
 
DTMやってる人はちょっとひねくれてる人多くてですね・・・
(僕も含めて)
ミックスに限らず、少し自信をつけてきた主に中堅層が
「こんな記事があるからクソみたいな(ジャンル名)が量産されるんだ!」
とか
「こんな記事があるから初心者がミックスを誤解するんだ!」
特定のブログさんなんかを吊し上げてたりする方をTwitterでよく見かけます。
 
一定の成果と膨大な知識がなければ発言を許さない一種の言論封殺のような雰囲気を作ってる方々がいるわけですね。
 
あくまで個人のブログ記事です。それだけを鵜呑みにして失敗するのは本人のせいだと思いますし。普通は色々照らし合わせ筋を見つけていくのが今の情報社会だと思います。
 
うまくいったよ!なんて情報も、こうしたら失敗しちゃった~!って情報も価値は大いにありますし、もっと自由に、活発に情報交換ができるようこのブログでも呼びかけていきたいと思います。
 
次は本場っぽいEDMキックの作り方の記事なんかを予定しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
AD
久々の更新がほんっとーにくだらない事で申し訳ないのですが…
第二世代恵比寿マスカッツの「マスカットナイト」という番組

僕とっても大好きで欠かさず見ているのですが一番新しい放送の「マネーでババア」という企画の中で辻本杏さんがお話している時に流れた、ピアノが綺麗なBGM

Robert MilesというアーティストのChildrenという楽曲です。



リリースされたのが僕が生まれた時くらいの世代の曲でしてDreamTranceという特殊なジャンルで有名です。

有名な名曲とはいえ、まさか日本のTVで聴くとは思いませんでした。

僕が無知なだけで結構使われてたりするのかな?・・・


Robert Milesを知ってる人なんて早々いないと思ってたのでこれを聴いた時に謎の感動がありました…笑

音楽を挿してる人は凄いセンスだと思います…!

Robert Miles楽曲は他にもいい曲がたくさんあるのでぜひ調べてみてください。

後々検索したら昔の洋楽チャートで1位になりFableとかは結構使われてるみたいです。
AD
ツアータイトルにもなっています!
煌めき☆アンフォレント様の新曲『=虹色=サンシャイン』の作編曲をわたくし仁科和希が担当させて頂きました!

以下初お披露目の動画です↓



作詞:立花梨緒&HNG 作曲/編曲:仁科和希

ダンスチューンだろうがストリングス入れるのが仁科さん…

実はこの僕と楽曲に携わって頂いたクライアント様や作詞の立花さん等、みんなエイベックス系の楽曲が好きという事で・・・!偶然にも。

そういう色が濃く出ているののではないかなあと。

アイドル楽曲にダブステップ要素を入れるのは個人的に御法度だったのですが、





入れちゃいました(・ω<)

まあわりとそういう部分が好評だったので気にしない、気にしないぞ…

そしてお話を下さったへなぎさんありがとうございました!
可愛いアイドルさんに自分の楽曲を歌って貰えるのはとっても嬉しいです。

Twitterなんかでエゴサすると結構反響が見れて大満足です。


活動報告としては大分お久しぶりでしたが他にも色々曲は書いております。
ので楽しみにしていただけると嬉しいです。


またPCゲームの楽曲書きたいなあ…

あとかっこいい曲とか陰鬱系、それからケルト作りたいです

ケルト作りたい・・

それでは!また!
最近全く更新してなさすぎるので眠気と戦いながら電車で更新してます。
iPhoneのテザリングなので通信制限が怖い…。

自分の音楽制作について出せる情報は全くないので最近ハマってる海外レーベルのことでも書いて仲間を増やそうかと。布教ですな。

「Smash The House」
レーベルオーナーはベルギーのDJ DimitriVegas & LikeMikeです。
実の兄弟。確か元々兄のDimitriVegasが一人でDJしてた所に泥酔いしたLikeMikeが乱入したのがDuoになるキッカケだったかな(不確かです)

うん、僕が一番好きなDJ。ElectroHouseはHouseの中で最も過激と言われていますが、ハーコーに迫る勢いで汚い(笑)悪そうなリフやら、時には民族音楽取り込んだりする柔軟さ。Tomorrowlandで重要な立ち位置にいるのも頷けますよね。ちなみに去年だったか一昨年だかのDJチャート2位。
仲良いのはMartin GarrixとかSteve Aokiとか多分W&WとかUmmetOzcanとか。

あ、UmmetOzcanとの共作最新曲 The Hum出たぞ!宜しくな!
曲の8割はUmmetOzcanって感じだけどな!



でSmash The Houseの特徴-クールで重い楽曲が多いです。全体的にDimitriVegas & LikeMikeよりかはファンキーな感じが抜けてる。すかしたイケメン野郎って感じ(褒め言葉)
勿論オーナーもSmash The Houseから出してるけど大分匂いが違う。(例外もそりゃあるけど)

まあだらだらと説明読むより曲を聴きましょう。文じゃ何のことかわからないにこー♪って感じでしょ。僕もそう。

Sidney Samson vs Gwise - Guess Who's Back



最近出た恐ろしい程のガム曲。Drop後半でベースが動くけどなんかBigRoomの割にエモさあってシャレ乙なのがちょっとむかつくめちゃっかっこいい。クラップとライドシンバルのPanがちょっと気になるよね。かっこいいからいいんだよ。

Badd Dimes & Ibranovski - Bone



こっちはガム曲に対してスルメ曲。重心がないキックは最初???って感じだけど。聴けば聴く程癖になる。フェス動画見た方がヤバい。これに限らずそういう音楽だぞ。

John Dish & Ale Mora - Flamme



俺の中ではアンセム。仁科アンセム。パーカッシブなリードが特徴的。アタックやばいね濡れるr…た。はあ卑怯ですわうっとりします。

Dimitri Vegas & Like Mike vs Tujamo & Felguk - Nova



フェスで大人気!キレッキレなリード。他は予想つくけどこれどうやって作ってんの?
誰か研究してこっそり教えて。まめ知識だけど元々は結構前の曲だった。音作りと声ネタ変えたリメイク版。正直声ネタ部分は前のでよかった。

Alvaro & Dirtcaps - Dagga



マリファナ。Trapみたいなリードだなと思ったらFull verはTrap地帯があるじゃないかふざけんなかっこいい。ほんとかっこいい。ヘアー↓ガー↓ダダダッダッダ

Isaac & F8trix - Groupie Love



正直グルーピーラブは早回しした Groupie Love 150mixのほうがかっこいい。

 

これな

Ibranovski - Filthy



脳汁。おういぇ。

STHard EP



おまけ。Brennan HeartとかCooneとかHardstyleの英雄がDimitriVegas & Like Mikeの楽曲RemixしてるEP。つまりそういうこと。

流れ的にもう一つDimitri以下略のRemixだとWakandaのZatoxリミはやばいぞ。流石格が違う。



というわけで他は自分で漁ってみて下さい。
グーパンHouse最高です。

次は自分の活動記事書けると良いなあ

それでは