Always with bike

レーシングライダー渡辺一樹とバイクの記録


テーマ:





過去2年を振り返ると、鈴鹿8耐の決勝を終えたあとの更新は毎回滞りがち。今年も同じく…というかいつも以上に更新が遅くなってます。^^;いまさら…?というツッコミは無しで笑



{56E336E6-3B5B-4DDF-8B8C-4B59703D6EDE}




やっと。チームグリーンとして鈴鹿8耐に参戦して3年目。やっと表彰台に立つことができました。
たくさんの方の応援のおかげで、あの場所に立ち、応えることができました。
昨年、一昨年の8耐で抱えてきたものをやっと「ひとまず」降ろすことができたような気がします。





毎回8耐のレース後っていうのは、チェッカーを受けてからの数時間で良かろうと悪かろうと結果を受け入れて喜んだり後悔したり。
今年はやっぱり表彰台に乗れた喜びがチームにとっても自分にとっても大きいものだったのは言わずもがなですが。
ひとつ時間を空けて落ち着いてレースを反芻して色々なことを整理している時間っていうのはいつも色々な感情が渦巻いていて、言い表そうにもそれにふさわしい言葉は自分の中に見当たらず、もやもやとした自分の感情を言葉として吐き出せない事がなんとも苦しい気持ちになります。



{52F78948-C9E2-4089-8F92-8B637B3763DB}




今年の鈴鹿を振り返るには自分の場合はどうしても過去2年のレースを思いだしてしまうわけで。どちらも土曜日までの流れは悪くない中で来ていた物を決勝でぶち壊すという事を2年連続してしまっていて、3年目の今年もし同じ事をするなら学習する脳のない馬鹿というレッテルが貼られるのは間違いなく。笑(学習しないという脳も時に必要ですが?笑)
いろんな意味で追い込まれたとも言える状況での2016年の8耐でした。




今年の8耐で自分にとっての大きな違いは、過去2回の8耐が自分のセットアップをベースに戦っていたのに対して、今年は自分のセットアップの方向性が、柳川さん、レオンの二人とは違う方向にあった事で自分の走りができなかった事。
もちろん1台のバイクを3人が乗り継ぐチームワークが一番大事な鈴鹿8耐では、3人が走ったトータルタイムが一番大事なので1対2では当然2の方にセットアップが傾くのは当たり前の事で(と言いつつ言いたいことは言ってましたが笑)ひとのセットアップでどれだけアベレージタイムを上げられるかというのが自分の課題となり、今までとは全く質の違うレース。
2位という結果は他チームの転倒やトラブルに助けられた部分もありましたが、「自分」を前に出さずに我慢する事が結果につながったというのは良い意味でショックを受けました。

そして自分とはまったく違うアプローチで鈴鹿を走り、予選でミスもありながら2分6秒469というタイムを出し、決勝でも高いアベレージで走ったレオンは、BSB(British Super Bike)と並行して鈴鹿8耐に参戦していて、6月の終わりからイギリスでのレースと日本でのテスト、時差ぼけを治しきる前にとんぼ返りというようなハードなスケジュールでイギリスと日本を行き来しながら、畳み掛けるように8耐の参戦。(実は8耐翌週となる先週末8/7もイギリスでレース^^;)

同じバイクを乗るからこそ見える部分。何を強みとしてレースを戦うのか。短時間で強いバイクを作り上げる力。そして足りない部分をどうライダーが補うのか。柳川さんとレオン。世界戦を戦ってきた2人の共通点も多く、その共通点が今まで見えていなかった部分を見えるようにしてくれたり。
自分の強み。そして弱みも2人と比較することで今まで以上に明確にすることができたり。
今回の8耐で得た経験は国内のレースだけでは得られないものばかりでした。

結果自体を見ても今までとは違うものになりましたが、その内容もいままでとは全く違う視点を持つことができてそれがうまく流れとなり結果につながった…。というより結果が良かったことで全く違う視点を持つことができた。という方がしっくりくるかな?^^;


{EA189FE2-A359-4818-9BF7-EBA2C8F6B015}




改めて思い返してみれば、過去2回の8耐は自分が走る。自分がなんとかするだとか、ある種スプリントレースでの意識がどこかに残してしまっていて、それが裏目に出てしまっていたのかなというあまりにも今更感のある気付きにがっかり。笑

それが「チームとして」という一歩引いた感覚を持てたのが今年のレース。
チームというバランスの中で、なにか一つ秀でた部分を持とうとしても8時間の中でいとも簡単にへし折られてしまう。
角を作ること無く、円のまま「チーム」の力を大きくしていくバランス感覚が8耐では必要になるんだろうという、まだぼんやりとしたものではあるものの、そのシルエットが見え始めたのは今後の耐久レースで精神的に非常に大きい変化になりそうな気がしてます。








「チームワーク」という言葉が様々な意味を持つものということを知り。
その「チーム」には、TeamGREENのメカニックやスタッフ、このチームに関わった全ての人たちはもちろん、応援してくれた全ての人たちがチームの一員であって、誰一人欠けてもこの結果を生み出さなかったと思います。
なにが言いたいって、結局は「ありがとうございました。」の一言でしかないんですが。その言葉以上の感謝の気持ちを伝えたいです。









…デ ス ガ ッ!

2位なんです!

2位では負けなんです。


「ひとまず」おろしたものをもう一度背負って来年は!もう一歩上へ!左隣へ!てっぺんへ!


{74C5C84F-5C0A-4E59-9628-7C53417A3E63}





より大きなチームワークに!応援よろしくお願いします!




鈴鹿8耐の公式レースレポートは
コチラ




{7CFE85ED-C87F-475A-AB00-654DC095B657}



そして頭をしっかり切り替えて!
全日本後半戦!レースと名のつくものは全て目指すところは同じ!
「やっと」後半戦はスプリントレース!純粋なスピード勝負も耐久レースとは違った緊張感があります!
ぜひ会場でLIVEの迫力を楽しみに来てくださいね♪
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜日終了❗️

フリー走行&TOP10トライアル


…ですが。

ある程度予想はついてたものの、にしてもパッとしないラップでしたね笑


Top10トライアルは1人で走るので若干のセットアップが許されたことあって多少は乗りやすくはなったものの大きいタイムアップは望めず。

こんなアプローチもあるんだという意味では学ぶ部分も多いですがそれを100%乗りこなすにはまだ勉強が必要ですね。


とはいえ明日の8時間の決勝❗️
チーム全体のアベレージを良いものがあるし、
全てはこの日の為にあるのでしっかり力を出し切ったうえで、あの場所へ❗️

緑のフラッグを持ってたくさんの応援よろしくお願いします❗️
{591A61E1-B681-47F9-BFFE-F3A958448437}


AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

金曜日はフリー走行。予選。ナイトセッションと目白押し❗️

{43787B48-3489-4A74-B063-9F43A130D376}


無事にTOP10にも残ったしひと安心。笑

2人の作る車体で普段とは全く違うライディングを求められているので難しい部分はあるものの乗り方もそれなりにアジャスト出来ているので明日のTOP10でもう少し踏み込んでみようと思います。

アベレージも悪くなく決勝に向けてもポジティブで、毎度の事ながら周回遅れの処理が肝となりそうです。

明日は鈴鹿サーキットを独り占めできるTOP10トライアル❗️
楽しく乗れればいいかな❗️笑


頑張ります❗️

{5E061A8E-0E11-4DD8-A0A2-A26F59B8854F}


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。