ストレスを貯めない生き方のススメ!【ストレスフリーライフナビゲーター】

『ストレスは万病のもと』をコンセプトに、ストレスは本来怖いものでもなく、しっかり向き合い対処すれば消えていくという私の経験を通してお伝えし、いかにコントロールすることが必要かを理解していただくためにこのプロジェクトを立ち上げました。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□


メルマガ配信しています


うつ病体験者が教える!

『うつ病患者に言ってはいけない6つの言葉の法則』


こんな方にオススメ!!

・ちゃんと薬を飲ませているのに改善していない。
・調子が良くなったと思ったらいきなり悪化した。
・親切に接したつもりなのに、いきなり怒られた。
・うつ病について相談できる人が周りにいない。


メルマガ購読登録は下記よりお願いいたします。


メルマガ登録

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□


テーマ:

今晩は。
ストレスフリーナビゲーターの瓶子かずみです。
本日は『ストレスへの対応 その2』についてお伝えしたいと思います。
今回のキーワードは【問答】です。
意味は『1 問うことと答えること。質問と応答。また、議論すること。
     2 仏語。教義についての論議や宗派間の法論。
      また、禅宗で、修行者が仏法についての疑問を問い、
      師家(しけ)がこれに答えること。
      禅の代表的な修行法の一。』
この2つの意味があります。
現在は『1』の意味合いで使用しますが、今回は『2』の意味で
使用します。
『じゃあお寺に行かないといけないのか』となりますが、
お寺に行くわけではありません。
お金もかかりません。
ただ一人で散歩するだけです。
散歩しながら自分の心に問いかけるだけです。
私がただ散歩でよくやっているというだけで、一人になれる
場所があれば部屋の中でも大丈夫です。
要は「自分=修行者」・「もう一人の自分=師家」
という関係が出来るところであればどこでも良いということです。
修「自分は何でイライラしてるんだろう?」
師『それはあの人が○○したからでしょう』
修「あの人と関わっていないんだけど」
師『あの人を見ただけでイライラしちゃうだけでしょ』
修「あの人、仕事が適当すぎるんだよ。」
師『完璧にやろうとする君もどうかと思うよ。』
こんな感じで自分自身の心の中に問いかけてみて下さい。
そこにストレスの原因や解決方法が見つかり、

平常心を取り戻すことができます。
騙されたと思ってやってみてください。
それでは。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。