2012-01-21

京都ルール

テーマ:京都ブックス

西陣に住んでます-京都ルール




去年の暮れにひょっこり出た「京都ルール」というこちらの本、
「京都はんなりライフを楽しむための49のルール」

とサブタイトルが付いてます。


京都在住約20年の私ですが、
めちゃくちゃ共感できるファニーなルールが多いことに笑っちゃうのと、
まだまだその域に達することができていないルールがぼちぼちあることに

京都は奥が深いと思ってしまいます(笑)


目次を見ながら私がどのくらいネイティヴ京都人に近づけたか

自己評価してみたいと思います。




「京都ルール」 目次



本交通編

ルール1:足はチャリンコ
ルール2:暴走チャリンコ&違法駐輪に注意を払う
ルール3:バスの代表的系統は頭に入っている
ルール4:市内の車移動は、なるべくならしたくない
ルール5:春・秋のバス混雑は慣れっこ


碁盤の目と呼ばれる京都の街中の交通はぼちぼち渋滞します。
私も自転車とバスをメインに行き来してます。
ちなみに自転車を使うと、
西陣から東山まで20分程度、嵯峨野まで30分程度、四条まで15分程度です。
自転車で十分に事足りますが、

暑~い夏と寒~い冬はさすがにバス使っちゃいますね(笑)
バスの路線図と系統番号はほとんど頭の中に入ってます。
また、桜と紅葉の時期には
東山&嵐山の道という道はほとんど駐車場になってしまい、
絶対にバスには乗りません(笑)。自転車が一番速いですね。



本買い物編

ルール6:やっぱり四条より南にはあまり行かない
ルール7:地元スーパーといえばイズミヤ、フレスコ
ルール8:店に行列はしない
ルール9:迷った挙げ句、買わないときがよくある
ルール10:代々、贔屓の店はめったに裏切らない
ルール11:創業何年か定かでない店がある。


私の場合、イズミヤとフレスコといえば、
北野白梅町のイズミヤと堀川今出川のフレスコです。
店にはほとんど行列しないのは確かです(笑)が、
迷った挙げ句、買わないことはほとんどなく、
迷わず買ってしまうことはしばしばです(笑)
まだまだ京都のネイティヴな人の境地には至れません。
創業が古~い店ってホントに普通によくありますね。



本食べ物編

ルール12:”京風”は許さない
ルール13:「天一」&「王将」の"行きつけ"がある
ルール14:油揚げじゃなくて、お揚げさん
ルール15:お雑煮は白みそ
ルール16:たぬきといえばあんかけ
ルール17:6月30日には反射的に「水無月」が食べたくなる
ルール18:学生街でチャレンジメニューを食べたことがある
ルール19:パン消費量日本一


私の場合、「天一」は今出川店で「王将」は府庁前店です。
あっさりとした「京風ラーメン」は京都にはほとんどなく[→記事]
京都で主流なのは、こってりとした「京都ラーメン」で
私はそんな「京都ラーメン」が大好きです。
「衣笠丼」「にしんそば」のようなソウルフードもいいですね。
なお、お雑煮は白みそにはしませんが(笑)、
6月30日には「水無月」を無性にいただきたくなります[→記事]
パン屋さんはめちゃくちゃ充実してます。
ホントに京都のパンは美味しく、美味しいから消費量も多いのでしょう。
ちなみに私が住んでいる今出川通はホントに激戦区と言えます。



本街なか編

ルール20:ヨソで道に迷ったら「碁盤の目にすれば・・・・・・」と思ってしまう
ルール21:「上ル下ル」「東入ル西入ル」を使いこなせる
ルール22:「町」は「ちょう」じゃなくて「まち」
ルール23:京都の何区or何市かにこだわる
ルール24:高級住宅街といえば下鴨、北白川、岡崎
ルール25:鴨川では等間隔に座るべし
ルール26:ドライブに行くなら海より「琵琶湖」
ルール27:ド派手な原色看板禁止!
ルール28:厄除け・魔除けだらけ
ルール29:MY桜&紅葉がある
ルール30:京都の名所に以外に疎い


「上ル下ル」「東入ル西入ル」を使いこなすのは
京都で暮らすには必須事項かと思います。
厄除け・魔除けだらけなのは、
京都の町が「王城鎮護」されているからです[→記事]
鴨川に等間隔で座るのにも理由があります[→記事]
MY桜&紅葉を持っている人も多いかと思います。
何よりも京都で一番すごいのは、
京都の名所に疎いネイティヴがかなり多いことです(笑)
京都の名所の知識をすでに十分に得てしまっている私は、
もの忘れするくらいの歳にならないと真の京都人には近づけませんね(笑)



本言葉・人間関係編

ルール31:語尾は「~はる」
ルール32:「どす(え)」は使わない
ルール33:つい「ややこし」と口について出る
ルール34:他人に嗤われないように細心の注意を払う
ルール35:信用経済!
ルール36:ぶぶ漬け伝説は、京都人の共通マナー
ルール37:「考えとくわ」は「NO」のサイン
ルール38:舞妓さんとニセ舞妓を見分けられる
ルール39:関西人ではなく京都人


以前、めちゃくちゃ不思議に思っていたのですが、
会社でお客さんに2杯目のお茶出すと
さっさと飲まれてすぐ帰っちゃうんです。
私全然知らなかったんですけど、これって
いわゆる「ぶぶ漬け」と同じ効果のようなんです!
知らなかったとはいえ、ホントに申し訳ないことをしていました(笑)
それと、京都では「~してくれてもいいですし」は
「~してください」という意味なのですが、
当初は「~してくれてもいいけど、そうでないほうがいい」
と勝手に解釈してリクエストとは逆のことをしていたという
今考えればめちゃくちゃ恐ろしい経験を持ってます(笑)
言葉については、私はいまだに「おおきに」も言えずに
普通に標準語を話してます。
まるで京都サスペンスの登場人物のように不自然といえます(笑)
おかげさまで、いまだにタクシーに乗るとよく観光客に間違えられて
「まるたけえびすにおしおいけ」の歌を教えてもらったりしてます(笑)



本生活あれこれ編

ルール40:人口当たり大学数日本一
ルール41:京女、同女、ダム女が何の略称かわかる
ルール42:宵山じゃなくて宵々々山に行く
ルール43:大文字焼きじゃなくて五山送り火
ルール44:ラジオを聴くなら「802」より[α-STATION]
ルール45:西村のエイセイボーロのCMを知っている
ルール46:夏は油照り、冬は底冷え
ルール47:「十三参り」で振り返りたくてガマンした記憶がある
ルール48:巧みにイケズし合えて一人前
ルール49:一生、京都に添い遂げたい


京都は大学の町なので、
若い人を対象にしたアミューズメントやレストランも多く
常に高いアクティヴィティーをキープしていると思います。
京都がホントに魅力的な町であることは確かだと思います。


京都ファンの方には、読みごたえにある本だと思います(笑)




はてなマーク今夜の土曜ワイドの犯人予測はてなマーク[土曜ワイド劇場]


「遺品の声を聴く男3」
~美人社長の笑顔に秘められた壮絶人生!
介護ビジネスに渦巻く欲望の罠と連続殺人の謎?
遺品が語る転落死の真実とは?


各務章祐>>奥田瑛二
樋口奈央>>佐藤めぐみ
桜木英子>>とよた真帆
沢口花梨>>高部あい
金子俊光>>冨家規政
村田修一>>五代高之
有島輝夫>>志賀廣太郎
水原勇樹>>前田倫良
飯島亮二>>半海一晃
中村欣也>>中西良太
玉枝陽子>>渡辺えり


予告ストーリーをみると、
とよた真帆さんが怪しすぎて高部あいさんが怪しくなさすぎです。
ここは、怪しい人物は犯人ではなく怪しくない人物が犯人という
基本に立ち戻って、高部あいさんを犯人と推論します。




AD
いいね!した人  |  コメント(48)  |  リブログ(0)

kazuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

48 ■にしじんさんへ

よく「三つ子の魂百まで」と言いますが、
京都の方が育つ環境というものはやっぱりかなり特別だと思います(笑)
うまくはいえませんが、
数ある伝統イベントや風景に四季のメリハリを体感しながらも
それにどっぷりとつかることをあえてしないで
より客観的かつクールに世の中を見るような傾向があるように思います。
特殊なアイデンティティー、私はかなり貴重だと思います。

47 ■スキッスさんへ

この本のおかげで
私自身、京都という町を再確認でき、
大変ためになりました(笑)
はんなりライフ、楽しめそうです(笑)

46 ■あすかさんへ

この本、まさにあすかさんのための本かもしれません(笑)
まず、行列されないのわかります(笑)
白梅町のイズミヤ、ぼちぼち行ってますよ。
串八とかケンタッキーとか天一とか中華とか行ったついでに
寄ったりもします。
フレスコは以前に堀川店にぼちぼち行ってました。
「京風ラーメン」は「超あっさりラーメン」のことで
私も京都に来る前にいただいたことが何度かありました。
「わ~京都の味だ~」とか思いながら・・・(笑)
地域へのこだわりといえば、
私はそんなにもっていないと思っていましたが
よくよく考えてみたら
ぼちぼちこだわりを持っていることに気付きました。
なんてったって「西陣に住んでます」ですからね(笑)
舞妓さんとニセ舞妓さんは50m先でもわかりますか~!
さすがです(爆笑)
なお、「考えときます」「また今度~」というのは
京都の人か政治家だけです(笑)
いずれにしても、町でこの本見かけたら
ぜひ読んでみてください!

45 ■へりんぎさんへ

「京都人」と呼ばれるのはハードルが高く
やはり幼少期を京都で過ごしていることと
両親が「京都人」であることが重要かと思います。
たとえば私の息子は京都で生まれ育ちましたが、
親が親なので(笑)京都人という感覚は
ほとんど持ち合わせていないようです。
学区へのこだわりも大きいですね(笑)

44 ■saemさんへ

京都でメジャーな間接的言葉表現、
構えて待っているとなかなか聞けるものではなく
たまに聞けた時には、京都に暮らしていることを実感でき、
めちゃくちゃ幸せな感じになれます(笑)
言葉を冷静に深読みしたつもりでも
実際にはまだまだ浅く、
さらに深読みしなければならない場面が多々あります。
これはもう心理的バトルといえるかと思います(笑)

43 ■VOXY煌 ノーマルチックさんへ

そうそう、これらのルールのうちのいくつかは
生粋の京都人の方がビミョ~に支持しないものが
あると思っていました。
私は御園橋は中華のサカイの冷やしラーメンですね(笑)
天一の本店はコッテリラーメンがややアッサリですね。
アッサリといっても普通のラーメンに比べれば
めちゃくちゃコテコテですが(笑)
持ち帰り生餃子美味しいですよね~!
香りが充満してるバスに乗ることも少なくありません(笑)
パン屋さんの充実、めちゃくちゃうれしいです!

42 ■ぷぷママさんへ

エイセイボーロのCM
今でもたま~に
なつかCM的に放映されます。
大阪のパルナスには
負けちゃいますが・・・(笑)
いやいや
ロシアのパルナスですね(笑)
西陣に引っ越す前、
本店のやや近くに住んでました。
京都では
蕎麦ぼうろもメジャーで
私もぼちぼちいただいてます。

41 ■ハル(晴)さんへ

ルール48、その場に居合わせたら
めちゃくちゃ怖そうですね~(笑)
怖いもの見たさもかなりあります(笑)
おっしゃるとおり、かなりハイレベルで
静かな激闘が繰り広げられそうですね(笑)

40 ■珍さんへ

天一、手広くやってますね~(笑)
各店で味が微妙に違っているのが、面白いところですね。
餃子の王将は20年前は値段勝負でしたけど、
今はかなり美味しくなりましたね~!
努力のたまものではないでしょうか。
四条大宮の一号店も生まれ変わってかなり混んでます。
私は隣の京一が好きなのでそっちに行ってしまいますが・・・
自転車、京都の町は平らなようで傾斜しているので
北に住んでいる人は、行きはよいよい帰りは怖いで
南に住んでいる人は、北行くのキツって感じで行き来が
比較的少ないのではないでしょうか(笑)

39 ■パパラッチ日記さんへ

そうそう、
日本全国どこにでも
ローカルルールはありますね。
ただ、京都のルールは
明瞭に一定のベクトル方向に
進んでますね(笑)

38 ■まあクンへ

普通に思っていたことが
普通でなかったことを認識したときって
めちゃくちゃ罰悪いですよね(笑)

37 ■新茶さんへ

梅田の地下は私もよく迷子になります!
阪急梅田駅に向かって歩いているつもりが
西梅田についたときには絶句しました(笑)
ブルーノート大阪になかなか行けずに
途方に暮れて立ち尽くしたこともありました!
「しはる」について私が一番驚いたのは、
子供が「仮面ライダーが変身しはった」って
言ったのを聞いたことです(笑)

36 ■のぶっちさんへ

この本、本質をついていると思います!
私はブックオフで買いました(笑)
京都で本屋さんと言えば、私は真っ先にジュンク堂を
思い出してしまいますが、
確かに大垣書店の方が深そうですね(笑)

35 ■らくにげきりさんへ

そうそう、京都ネイティヴの人がアイデンティティを
強く感じることができる本だと思います(笑)
けっしていにしえのルールではなく、
いにしえの都であった事実に影響を強く受けている
現代の京都のルールがしっかりと書かれているところが
サブカルチャー的で面白いですね(笑)
「おおきに」を使う場面って
ホントにめちゃくちゃ難しいです(笑)

34 ■konちゃんへ

実は去年のうちにこの本を買っていて、
早いうちにブログにアップしようと思っていたのですが、
タイミングを失っていました(笑)
市バスは慣れるととっても便利で
京都市の重要な財産ですね。
それと南北の通り名で場所を特定するシステムも
とってもプラクティカルだと思います。
ローカルルールっておもしろいですね(笑)

33 ■Ryoujuさんへ

京都の方が名所に疎いというのは
京都ルールのもっとも重要な点であると思います(笑)
あまりに容易に史跡に出会うことができるので
関心が薄れてしまうというのはナチュラルだと思います。
セールスの人も確かにつらいことありそうですね(笑)
時間に遅れるというのはあまり印象にありませんが、
南米の人達がもちあわせている
「パーティーには遅れるのが礼儀」という習慣と
似たような感じなのかもしれませんね(笑)

32 ■春待月さんへ

路線図を広げて旅するのって楽しいですね。
私も奈良に行くといつも地図を広げて楽しんでます!
たまに京都でも道がわからなくなることがあるのですが、
そのときは本屋さんを見つけて
京都のガイドブックを一瞬だけ見させていただいてます(笑)

31 ■Vamosさんへ

ルール1:足はチャリンコ
京都にもレンタサイクル店はあります。
町が広いので比較的目立ちませんが、
インターネットなどであらかじめ調べられておくと
よろしいかと思います。
ルール13:「天一」&「王将」の"行きつけ"がある
天一や王将は全国展開していますが、
残念ながら各都市1店と言うわけには
いってないのでしょうね。
吉野家の境地に達するまでには至っていないという
ところでしょうか。
ルール21:「上ル下ル」「東入ル西入ル」を使いこなせる
東西南北を特定するこのルールは
わかりやすくとても便利で、どちらかというと
京都以外に在住の方に有益だと思うのですが、
慣れない表現のためか使いこなされていないようですね。
それと鎌倉ネイティヴの方は京都ネイティヴの方に比べれば、
はるかに地元に詳しいかと思います。
清水寺に行ったことがない京都の方が多い中、
鶴岡八幡宮に行ったことがない鎌倉の方は
ほとんどいないと考えられます。
ルール36:ぶぶ漬け伝説は、京都人の共通マナー
ぶぶ漬け伝説のシチュエーションは見たことがないですけど、
お茶という形で確実に残ってますね。
ルール49:一生、京都に添い遂げたい
もちろんさまざまな理由によって家を引っ越すことは
十分に考えられることですが、
私は仮に引っ越したとしても京都には旅行という形で
一生うろちょろしたいと考えています。

30 ■倫子さんへ

この本は、かなりエッセンシャルな京都ガイドとして
お使いいただけると思います(笑)
京都の方は観光地をご存じでないことが多いのですが、
異様にバスの路線に詳しいので、
観光地がバス停名になっている場合には
完璧に教えてくれると思います(笑)
碁盤の目はわかりやすくてよいのですけど
場所を頭の中で確認するのに、
「まるたけえびすにおしおいけ」
っていちいち歌を歌ってしまう人があまりに多いのが
難点といえます(笑)

29 ■クレアボヤント・ヒーラーTaeさんへ

この本では、京都の常識というものが
めちゃくちゃ率直な言葉で示されていると思います(笑)
王将の特徴といえば、
なによりも安いと言うことが挙げられますが、
それに加えて、店員さん同士が会話するときに
なぜか中国語で会話することとか(笑)、
王将の一号店が四条大宮にあって
王将発祥の地という碑も建っているとか(笑)、
話題に事欠きません。機会あればぜひ訪れて下さい!

28 ■しょこりーぬさんへ

「京都ルール」購入されましたか~
やはり「郷に入れば郷にしたがえ」ですね~(笑)
ローカルルールはプライオリティーが高いので
「こぼれたミルクは元には戻らない」
みたいなことにならないように注意してます(笑)

27 ■しゅんかいさんへ

私は西陣の着物業界に勤めていますが、
二杯目のお茶については、
少なくとも私の会社周辺では確実にそのようです(笑)
しかも絶対に飲み干してから帰るというのが
礼儀のようです。
「~してくれてもいいですし」は「~しなさい」の意味で
けっしてオプションを提供するものではありません(笑)
「~してくれはらしまへんやろか」は
mustがもう少し強くなります(笑)

26 ■くみたんさんへ

東京も歴史の町ですが、
京都のような強烈なアイデンティティーが
少ないのが残念なところですね(笑)
ローカルネタってたまらなく面白いですね!

25 ■pleさんへ

ニューヨークは一日住めばニューヨーカーですが、
京都は少なくとも生まれたときに住んでないと
なかなか京都人にはなれず、
私も明らかに京都人ではありません(笑)
さて、このハードルの高さを批判する人がいる一方で、
私は伝統を重んじる良い影響をもたらしていると思います。
この特徴的なアイデンティティーがあるからこそ
京都が楽しくなっていると思います。
pleさんもきっと同じことを
感じられていると推察いたします。
・確かに昼間の市バスは落ち着いて座れませんね(笑)
・実は私も京都に来て生活道具をそろえたたのは
イズミヤ高野店と横にあったディスカウントショップでした。
・私は天一の場所はだいたい把握してます(笑)。
ただし、ラーメンはますたにかたんぽぽですね。
・チャレンジメニューの経験はまったくないですね(笑)
・「町」は「ちょう」と発音するフェイントが怖いですね(笑)
・日向大神宮は確かに紅葉の穴場ですね。
・エスカレーターは阪急&京阪が左、烏丸線が右ですね。
・夏の雷はそういえばそうなのかもしれません。
チェックしてみたいですね(笑)

24 ■京都人

天神さんと上七軒の近くで生まれ育ち35年
京都人が嫌いで日本を去って25年 49のルールを見てみるとやっぱり未だに京都人から抜け切ってない自分を発見しておどろいております

あねさんろっかくたこにしきぎ~お~ん囃子がこんちきちん 思い出します

23 ■お疲れ様です。

そんな本が合ったなんて。
ほんま ためになりますょね。
ありがとうございます(^^v

22 ■ぷ。。。

行列しないですね!
バス亭とか 雨の日に屋根の下に入らないで だらだら傘差して並んでるのを見かけると
あほちゃう~?って思ってしまいます(*^^*ゞ
お♪イズミヤ行きますか!一緒ですね♪
フレスコは……深夜にどうしても、って時以外は行かないです
基本 マイカー移動なので 駐車場のない店は行かないかも。
「京風」にも笑っちゃいました!
関東に行くと「京都」ってすごい誤解されてますよね(笑)
地域へのこだわり、わかります~
私は幸い「ええとこ」(笑)やったので問題ないですが(笑)
ちょっとハズれただけで 田舎モン扱いですよね(*^^*ゞ
舞妓とニセ舞妓は50m先でもわかります
所作が全然違いますよね
7歳の娘でも 舞妓と芸妓と扮装客はわかるようです
なんや言うても地元ですしね(*^^*ゞ
「考えときます」「また今度~」とか
「ええように」は 京都独特なんですかね?
どっぷり使ってると何が方言なのか わからないですw

21 ■納得

うんうん頷きながら拝読しました!
私は祖父母が京都で両親も京都に住んでるんですが
私自身は九州で生まれ育ったので
kazuさんの感覚に近い気がします。
京都人の住所へのこだわり…すごいですよねf^_^;

20 ■おもしろ~い

関東人の私でもしっているのがありました

カズさんが
知らずに反対の行動をしてしまったのがおもしろいですね

すごく優秀なカズさんが・・・・
そんな~~と思って
親近感がわきます(笑)

19 ■うなずけます

全てがそうだとは思いませんが、生粋の京都人の僕としては、うなずけます!
学生時代は、王将は御園橋店、天一は本店でした。
今は、天一のこってりが、年齢のせいか食べられなくなりました(;^_^A

今は王将の持ち帰り生餃子を買いますね。

町名より、○○通下る、上るで十分!
パン屋さんは充実してますね。

今度、この本を読みたくなっちゃいました。

18 ■エイセイボーロ

これって舞妓さんが
びっくり箱に驚いて
「きゃあ!
おかあはんに言うえ~」
っていう
あのCMでしょうか。
もしそうなら
京都人ならぬ
大阪人の私も
知ってます。
ちょっと懐かしいです。

17 ■こんにちは!

私は生粋の京都人です

ルール48の巧みにイケズし合えて一人前

これってかなりハイレベルですよね^^

16 ■無題

 これおもしろいですね。

 わたしは今、愛媛ですが、天一が数年前の出来、2店舗ありますが、久米店のほうが行きつけです。

 餃子の王将が今はなくなったのが残念です。そのかわり大阪王将が幅をきかせていますが、1回しか行ったことありません。

 あとはやはり自転車に反応しましたね。

 それと住んでいたのが南のほうだったので、逆に三条より北にはあまり行きませんでした。

15 ■京都は

難しいですね







日本全国


夫々の文化ですね

14 ■無題




当たり前が…


本に(^_^)おもしろいすね(^-^)


13 ■碁盤の目にしはる?

大阪在住ですが、梅田の地下で迷子になります。しかたなく雨の日でも地上に出て場所を確認したり…。
梅田地下をぜひ、碁盤の目にしはったらよろしおすねん。

「~はる」を使うとなんとなく丁寧になる気がして、私は「~はる」をよく使います。
「お客さん、来はった」「食べはる?」など。私、ニセ京都人どすえ(笑)

12 ■知らなかった・・・

こんな本が出てるんですね~
今度本屋行ったら探してみます。

「京都ルール」的にいくと本屋といえば
大垣書店ですかね(笑)

11 ■京都ルール

私は生まれてこの方40数年京都に住んでますが、いちいち納得させられる項目が並んでますね。一読したい本です。

ドライブするなら海より琵琶湖とか、店に行列はしないとか。イズミヤにもよくいきます。


でも何故かおおきにとは言いにくいです。使うのは散髪屋くらいでしょうか。「~しはる」は頻繁に使います。

10 ■きになってました

新聞の本の紹介広告で気になってました
kazuさんは絶対読まれてるはず!と思ってました

高校まで宇治市中心にいた私は
市バスと○○入ルとか碁盤の目とか位置を
名所を基準に必死に覚えたりしましたねw
他府県の方々から見たら、普通じゃないことが結構あるかな?

9 ■面白いですね

私、京都に住んでながら、名所には疎いです。他府県の方から、聞いた話しですが、京都の人にセールスするのが、難しいとの事。京都でセールス成功したら、どこ行っても成功すると。本音なかなか言わないですね。例えば、お茶出します。去って下さいということ。京都時間、団体で京都人がどこかへ行く時、集合時間までには、絶対集まらない。必ず誰か遅れてくる。今はどうかわかりませんが、以前、京都時間ありましたね。

8 ■無題

本屋さんでさがしてみます

京都に行くと
バス停で堂々と路線図広げます(笑)

7 ■いやはや、いろんなルールがありますね!

ルール1:足はチャリンコ

ですが、私が以前在住していた鎌倉ではレンタサイクルが充実していました。でも京都で見かけた記憶がありません。旅行者であればレンタサイクルがあると非常に助かるのですが...。鎌倉でも夏の134号線などは非常な交通渋滞になり、完全に自転車のほうが早いことがあります。京都も似たような事態が生じるでしょうから、非常に納得のいくルールです。


ルール13:「天一」&「王将」の"行きつけ"がある

私の現居住地には王将ありません!。鎌倉時代は鎌倉駅周辺にはありませんでしたが、大船に支店があったので一度行ったことがあります。京都出身のタレント安田美沙子さんも京都時代の王将ネタを披露していたように記憶しています。

ルール21:「上ル下ル」「東入ル西入ル」を使いこなせる

これは他所者には基本的に無理ですね。他所者であっても進学や転勤によって居住したり、ものすごい頻度で入り浸っていれば話は別ですが...。

>京都の名所に疎いネイティヴがかなり多いことです(笑)

同様のことを鎌倉在住時に感じました。ネイティブだと名所であっても生まれた時からそばに存在するので当たり前のものと感じてますから、ワザワザ出かけたりしないのではないでしょうか?
言われてみれば私も8年間居住した鎌倉の全スポットを制覇したわけではありませんし...。

ルール36:ぶぶ漬け伝説は、京都人の共通マナー

これ都市伝説ではなかったんですね。それに二杯目のお茶のお話。これは初耳でした。

>京都では「~してくれてもいいですし」は「~してください」という意味なのですが、

ややこしいですね。他所者には理解不能です。


ルール49:一生、京都に添い遂げたい

素敵な街ですから当然のことだと思います。ただ私は海を身近に感ずる環境で生きてきましたので、あくまで京都はたまに訪れるからいい場所というスタンスでおります。でもたまに訪れるだけでは名所が多すぎるので、完全制覇なんて夢のまた夢ですが...

なんて感想を色々書かせてもらい、内容を楽しく検証させていただきました。どうもありがとうございました。

6 ■早速

注文してしまいました☆
目次だけ眺めても笑ってしまいます^^

京都の方に、有名観光地の場所をお尋ねした時
「いや~、どやったかなあ~( ̄ー ̄;」と
困惑されたことがありますが
それは京都の方なら当然だったのかあ・・・。

「碁盤の目だったら・・・」とは
思ってしまうことあります。
京都人ではないですが(笑)

5 ■こんばんは

kazuさん、こんばんは。
面白いです、この本。さっそく買ってみます!
王将・・・そうだったんですね。
京都の方のブログになぜか王将がよく出てくるので、不思議に思っていたんですけど・・・
謎がとけました!笑

4 ■無題

あたしも、これ買いました!
このルールを頭にいれて京都らいふを満喫したいと思います(^^)

3 ■京都ルール

>会社でお客さんに2杯目のお茶出すと
>さっさと飲まれてすぐ帰っちゃうんです。
>私全然知らなかったんですけど、これって
>いわゆる「ぶぶ漬け」と同じ効果のようなんです


>それと、京都では「~してくれてもいいですし」は
>「~してください」という意味なのですが、


・・・このこと、知りませんでした。
勉強になりました。。。

2 ■無題

こんばんは☆
江戸に下がった京女です
めちゃくちゃ面白く読ませて貰いました

1 ■こんばんは

初コメです。
私は京都人ではありませんが、京都は住んでいたこともありますし親戚も多いご縁の深い街です。
長くなりますが、めっちゃ反応してしまったのでご紹介させていただきます。

・市バスはいつでも混雑していて、たまに座れてもどんどんお年寄りが乗ってくるので落ち着いて座っていられない。
・初めて一人で買い物したのはイズミヤ高野店だった。
・京都市内にある王将の場所はだいたい把握している。私の場合、ラーメンは天一ではなくて横綱。
・チャレンジメニューの経験はありませんが、王将今出川店の「皿洗いをしたら食事代無料」がとても気になっていた。ちなみに、あそこのメニューは他の王将よりも量が多い。
・転勤で5年ほどいた長崎も「町」はすべて「まち」でした。
・MY桜&紅葉は南禅寺。穴場ねらいは日向大神宮。
・エスカレーターは大阪では左側を空けるけど、京都は反対のことが多い。
・夏の雷は、共鳴してめちゃデカイ

コメント投稿

AD

マレーシアの旅行情報
マレーシアの旅行情報

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。