CHANGE*第4話*

テーマ:

朝倉内閣誕生!!ってとこから始まりましたね!!


おばちゃん人気がすごくて、支持率80パーセント超えてますって、いくらなんでもそれは、ないやろーと思いますが、今までの総理とは違うことに国民は期待してるんですよね。


でも何にも知らない朝倉総理に内閣の閣僚を決めるのは無理ですよねー。

閣僚人事、初心表明草案とここまでは神林先生の思い通り( ̄ー ̄;


事務秘書官の4人とSPのキャストが豪華!!

西村雅彦さん、平泉成さん、あと、見たことある人2人、SPも大倉孝二さんといいとこついてくるなー。


ひかるちゃんはフリーターから秘書?君収入何倍やねん笑


首相はやることが一杯あるんですね。分刻みのスケジュールで大変な中、サインする書類が一杯来ました。


国民と同じ目線で政治をすると約束したし、自分も気になるから、ミズクラゲ裁判の控訴承認の書類にサインするのは、納得できてからと。

でもこのペースで仕事してたら予定に影響が・・・


山のような資料を前にも気合入れて読みますって、それ嫌がらせですよ!!

これやから、少し頭のいいキャリアはプライドだけ高くて、めんどくさい・・・


首相官邸、広ー!!ぼくやったらあんな広くても隅っこいそう笑”


SPから逃げる総理笑”


やっぱり、あの家がいちばんやな!!阿部寛と加藤ローサおるし、さみしくない( ´艸`)


「国の責任をいちいち認めてたら税金がそこをつく」これ政治家の考え、


「悪いことをしたら謝る」これ一般の人考え


えらくなると普通のことが出来なくなるけど、朝倉先生は変わらない、感情的ではなくあくまで全てを知った上で

考えて行動する。普通のことやねんけど、今までの総理は普通のことができなかったから新鮮に映ったやろうな。


東大の教授に森本レオ!ええ声や~。この人の授業受けたい笑


結局、国の責任がないと否定できない。国は責任を認め控訴を断念します。

この判断は国民の目線たった判断と思いますね。

国を変えるための第一歩を踏み出した所で終わりましたね。


今後どうなるんやろう楽しみです。


最後のシーンちゃんとシートベルトしてた。法令遵守は徹底してるね( ̄▽+ ̄*)