ロケット ピンクッション

テーマ:
ロケット ピンクッション

 
true

 これまで寒い雨期(南半球)であったが故に花等を不確実な捉え方しかしていませんでしたが、晴天が続き気温が上昇してきますと人の心といううものは、開放的になります。そうなりますと見えなかったものが見えてきます。晴天や気温が人に与える影響は、大きいものであることがわかります。

 この花も何時もは見落として通り過ぎる花ですが、冬が明けた時点で見ますと素晴らしい花に見えます。

 この花は、ワイルドフラワーではありません。南アフリカのアロエの花です。

 ピンクッションは、裁縫の「針刺し」という意味でロケットの形をしている針刺しという意味でしょう。

 冬の間敬遠していたキングスパーパークに久し振りに行って春を待ちかけたように競って咲き出した花を見て私の心まで浮かれ出しました。

 此方にも此方にも咲いていると写真を撮り続けたためにいささか疲れました。そこでパースの街を見渡す高台に行って一休みしました。

true
AD
ワイルドフラワー(エバーラスチング)

 true
 true
  
昨日 「初恋草(花)」(レシュノルティア)を求めてキングスパークに行ってきました。

初恋草は、もともと西オーストラリアの花です。容易く見ることが出来ますが、発見に至らなかったのは、時期が早かったということでしょう。

 花の名所であるキングスパークでは、既にワイルドフラワーが至るところに咲いていました。

 その中でワイルドフラワーの女王的存在であるエバーラスチングも咲いていました。

 この春最初にワイルドフラワーとして取り上げるには不足のない花で幸先が良いというところでしょうか。
AD

異様な夕焼け

テーマ:
true

パースの異様な夕焼け

 昨夕異様な夕焼けが発生した。尋常な夕焼けではなかった。

 早速海に出てみました。雲が夕陽を反映した夕焼けではなくどうも近くで山火事が発生しその煙が棚引いて雲に入り混じってこの様な夕焼けになったようです。

 今日も快晴の朝を迎えました。これから天気が続くと湿度が下がります。山火事の季節になります。大火が無いように祈るばかりです。
 
AD
パースの街に春がやってきた!

 true

 true

今日の昼から自分の自由になる時間を確保することが出来て外出しました。

 目的は、花の撮影です。冬だ冬だと思っていたら一気に花が咲き出して巷には、春が訪れていました。

 まず最初に目に飛び込んできたのは、桜の花に良く似た「アーモンド」の花でした。

 まだまだ三分咲きで桜という感じはしませんが、これが満開近くなりませと桜の花に見間違うばかりです。

返ってきた晴天!

テーマ:
true

 返ってきた晴天!

 私が住んでいるパースの街にようやく晴天が返ってきました。

 天気予報によりますと来週の木曜日まで晴天が続くようです。

 長い長い雨期が上がりそうです。ようやく心も鬱状態からそう状態に移ります。

 活動の範囲も広まりReika(愛犬)とカメラを持って野外で過ごす時間が増えることでしょう。

 日本は、大変な状態になっているようですが心からお見舞い申し上げます。