2006-01-24 07:45:52

ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだことー最終章」

テーマ:ポートピアホテル中内仁社長

dfgard

中内仁さんは僕のような元引きこもりであっても
分け隔てなく接して下さった。

中内仁さんとはじめて逢った時から感じたこの気持ち・・・
そう・・包み込んでくれるような・・・



最終章
「ポートピアホテル社長中内仁さんの話」






*******************************
●↓以下の文字をクリックしてくださいね

はじめからご覧頂きたい方へ
「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだこと」-1


*******************************





「従業員である森さんからみて、中内仁社長の偉大なところ何ですか?」
森さんが答えて下さった。

「それは・・・我々従業員一人一人のすべての存在を認めてくださるとことです
「500名従業員・パートやアルバイト含めて1000名の働いている存在を
認めてくださることです」

私はびっくりした。
それは凄いことだ。

そして、中内仁さんと始めて出会った時のうまく説明できなかった
包み込んでくれるようなものが



「存在を認めてくれるもの」


だと気づいた。
私は一人で嬉しくなって笑顔になった。
でもその喜びの顔が驚きの顔に変化する


「中内社長は毎日、我々従業員へ社長から声をかけて下さるのです」
「もっと言えば1ヶ月に10回~15回はアルバイトも含めた従業員と
話すために小グループずつ、話し合える場を設けて下さるんです」


「中内社長はおっしゃるんです」
決して経営者と従業員が離れた関係になってはいけない>と・・・・」


「忙しい中、わざわざ時間を割いてもらえっている「中内社長
我々従業員は心から感謝しています。」


「もちろん、お客様が一番ですが、
働き甲斐のある環境を作ってくださる中内社長のためにという価値観が
我々にはあると思うのです。」

中内仁さんと出会えたことに
運命を感じる。

あの時、吉岡さんに話しかけなければ・・
あの時、吉岡さんに夢を語っていなければ・・・
あの時、中内仁さんと名刺交換していなければ・・
あの時、メールをしなければ・・


中内仁さんの教えてくださる素晴らしい話を聞くことは出来なった・・


私はこの出会いを一生忘れないために
文章として残し、中内仁さんとの関係を一生持ち続けたいと思う。


また僕だけ中内仁さんから頂いた<優しさ>を独り占めするのではなく
背番号11.human.networkのblogをご覧下さっている皆さんに
<優しさの恩返し>をしたいと考えた。

最後になりましたが
中内仁さん!!貴重なお時間を頂きまして、
本当にありがとうございました

また神戸JCの一員として
今後もお世話になると思いますが
これからもたくさん勉強させて頂ければ嬉しいです。
どうか28歳の鼻垂れ坊主ですが、今後とも宜しく御願いします

最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。

もしよかったらご感想頂ければ嬉しいです


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-01-20 10:42:04

「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだことー6」

テーマ:ポートピアホテル中内仁社長

dfgard

中内仁さんと話したことを今思い出している。
あまりに勉強になったので時間はあっという間
過ぎ去っていった。
私は感じる。

しっかりノートを取っていて良かったと・・

この真っ赤なノートを見て今感慨にふけっている。

そんな気持ちにさせてくださる



「ポートピアホテル社長中内仁さんの話」



*******************************

はじめからご覧頂きたい方へ
「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだこと」-1


*******************************



背番号11.human.networkの経営理念について

中内仁さんはおっしゃった。

<優しさの恩返し>を日本に広める」という考えはわかるが
それは経営理念ではないのではないか?

経営理念とは、わかりやすさが大切だ。
誰でも見てわかるものにしなければならないのではないか?

経営者だけがわかっているだけではいけない
多くの方にわかってもらうものが大切なのだ」


ポートピアホテルの経営理念は
社会的責任
お客様第一主義
効率的経営

社会的責任とは
「ホテルの公共的使命を自覚し、奉仕の精神をもって社会の発展、生活文化の向上に寄与する」

お客様第一主義とは
「会社の繁栄はお客様の信頼と支持によることを銘記し、信用の蓄積に努める」

効率的経営
「会社の発展と従業員の豊かな生活を目指して、効率的経営に徹する」

すぐに中内仁さんからその話を聞いた途端すぐに
僕は伝えた。


「本当にすいません・・我がまま勝手ですが
経営理念が書いてある紙を今下さいませんか?」
「勉強させて頂きたいからです。」
「御願いします!御願いします」

中内仁さんのそばにいた
森さんがすぐに答えて下さった。

「わかりました。コピーをしてきます」

私は素晴らしい経営理念をすぐに頭に入れたかった。

さらに私は質問をした。

「今、背番号11.human.networkの問題は<ターゲティングのズレ>です。」
「起業家教育に参加される方は、マネージメントをされている方や
経営者や企画室の方がターゲットになると思います。」
「その方達との出会いこそが僕の課題なのです。」
「どうしたらいいでしょうか?」

中内仁さんは
僕にわかりやすくある会社の話をして下さい説明してくださった。
エアトランセの社長の話をしてくださった。

大きくまとめると
ターゲティングの必要
・ターゲティングをにとらわれないこと。
斬新なセグメンテーションを考えるのは経営者であるということ

中内仁さんから学ぶ事が多い為、
私のノートが真っ赤になっていた。

時間はあっという間に1時間前後が過ぎ、
中内仁さんが次の予定があるため
しっかり僕の眼を見て
「また逢いましょう!!」と伝えてくださり
ご退席された。

心から私は言葉を発した。
「ありがとうございました。」

真っ赤になったノートを見ていると
森さんが経営理念のコピーをしているので
お待ちくださいと伝えた。

森さんに僕は伺った。
「僕は中内仁社長と出会って、
凄く学ぶ事が多かったです。
ありがとうございました。」

「森さんからみて、中内仁社長の偉大なところ何ですか?」

森さんが答えて下さった。

「それは・・」

「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだことー最終章」につづく


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-12-24 09:52:55

ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだこと-5

テーマ:ポートピアホテル中内仁社長
$背番号11.human.network~すべては手の中にある-中内仁社長


中内仁さん笑顔素敵だ。
すごく羨ましく思った。
私は10代のような笑顔を取り戻していないような気がする。

それは今までの経験。今までの人生からだろう。
父への何してやれなかったという後悔・・など
そこには今までの人生においての自分への卑屈さを感じているのだろう。

Tさんから教えてもらった言葉
「人の笑顔や・フィーリングは、その人の人生がみじみ出て生まれる」

僕はまだまだだ。
人生をもっと良いものにしたいと考えている。

そう感じさせてくれた
優しい笑顔を僕に与えてくれた

「ポートピアホテル社長中内仁さんの話」


*******************************

はじめからご覧頂きたい方へ
「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだこと」-1


*******************************



JC(青年会議所)についての質問

中内仁さんはあほな僕でもわかりやすいように
噛み砕いて伝えてくださった。

JCとは3つの理念から成立っている

奉仕:青少年の育成や神戸の活性化など
修練:自分でやったことのないことをやってみるチャレンジ精神を磨く
友情:一人では出来ない事業や、友との友情を分かち合おう

私が強く惹きつけられたのは「奉仕」だ。

私が「今」という時間を頂けているのは
亡き父兄貴佐藤善信先生林慎太郎さん
香取貴信さん秦嘉晃さんの優しさのおかげ。

そのたくさんの<優しさ>独り占めするのではなく
多くの人に<優しさの恩返し>をしなければならないと私は感じている。

そのために私は、JCでの奉仕活動である
地域の活性化青少年とのふれあいなどに微量ながら
力を入れたいと考えた。

JCに入って私はそれに力を入れたいと感じた。
また修練によってあほな自分をもっと普通のレベルまで
もっていけるように、勉強したいと感じた。

JCは中内仁さんからのお話しからどうしても
入会したいものになっていった。

中内仁さんに私は伝えた。

「月一回の勉強会で中内仁さんとお会いできる機会があるということですか?」
「そうだ」

私はまだまだ中内仁さんから学びたい事があったから
そのような質問をした。

学びたいことそれは
「トップとしての姿勢」についてだ

そのことからも
次の質問をした

「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだこと-6」につづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-15 09:46:30

「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだことー4」

テーマ:ポートピアホテル中内仁社長

dfgard



中内仁さんに電話をかけた時、小さな感動があった。
すごく優しい声で僕と話してくれたからだ。

いつも優しく接してくださる

「ポートピアホテル社長中内仁さんの話」

*******************************

はじめからご覧頂きたい方へ
「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだこと」-1


*******************************





中内仁さんメールをさせて頂いた。
中内仁さんは僕のような元引きこもりであっても
返事をすぐに下さった。

メールのやり取りから
お会いすることになった。

場所は中内仁さんが経営するポートピアホテルにて・・

某日、中内仁さんにお話をさせてもらう為に
ポートピアホテルに着いた。

そうするとボーイの方が寄ってきてくださって
私に伝えた

ボーイが伝えた。

「松江さんですよね?」
車を回しておきます


「えっ!はい!」
     
正直、悔やんだ・・
せめて車の洗車をしてきたらよかったと・・・(笑)


車から降りると
気品がある、高貴なお方が僕に話しかけてくださった

その方が伝える。  

「森と申します。中内がいる部屋までご案内させて頂きます」

背番号11が・・

「えっ!はい」

森さんの丁寧な案内によって
私は最上階まで案内される。

森さんの話も素晴らしかったので
次の機会で紹介したい


最上階に着くとビックリした。

あまりに綺麗な景色に・・
神戸の町が一望できる景観に

森さんはおっしゃった

「まさに借景というか・・すばらしい景色です」

おそらくだが、他のお客様が入れない部屋に招かれ
たくさんの従業員の方が後ろに立たれている


神戸を一望できる場所にセッティングされた
ふかふかの椅子にお座り下さいと勧められた。

背番号11・・

「いえいえ・・中内仁さんが来てからで・・」

森さん ・・・

「そう言わずに、お飲み物は何にしましょうか?」
   
背番号11・・・

「何から何まで本当にありがとうございます」
     
凄く美味しいレモンティーを頂いた。
中内仁さんがお見えになれた。

まず僕は感謝する前に謝罪した

時間を変更して頂いたにも関わらず、
時間に遅れてしまったことを・・

背番号11・・

「本当にすいませんでした」

中内仁さん・・・

「いえいえ・・さてお話しましょうか?」

背番号11・・

「素晴らしい景色ですね・・・」
「本当に僕のような人間が来るような場所ではないですよ・・
「ありがとうございます」

中内仁さん・・

「いえいえ・・では神戸空港を見られました?」

背番号11・・

「いえ!見えるんですか!!!?」

中内仁さん・・・

「ではこちらまで・・」

案内されたのはカーテンで閉ざされた部屋
私は何もないではないかと感じた瞬間

「ぐーん」という音と共に
カーテンが開き、神戸空港が見えた!!!!

思わず子供のように
「すげーーーーー!!」と声を出してしまった。

興奮して、中内仁さんに
修学旅行の学生みたいになっていますね・・(笑)」
「すいません・・・」

中内仁さんは笑顔
「いえいえ・・謝らなくていいですよ」

その場を離れて
先ほどのソファのような椅子に座り
中内仁さんとダイアローグした。

私の質問は二つ。

JC(青年会議所)について
背番号11.human.networkの経営理念について

中内仁さんはわかりやすく
たくさんのことを教えて下さった。

「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだことー5」につづく
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-14 10:04:03

「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだことー3」

テーマ:ポートピアホテル中内仁社長

dsfds

ポートピアホテルの最上階で中内仁社長とお話できるなんて・・
その時は思いもよらなかった・・

中内仁さんは引きこもりだった僕でも
分け隔てなく優しく話してくださった。

そんな素晴らしい経営者
「ポートピアホテル社長中内仁さんの話」

*******************************

はじめからご覧頂きたい方へ
「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだこと」-1


*******************************

吉岡さんに紹介を受けた私は
中内仁さんに名刺をお渡し、少しだけ
JCについてお話した。

中内仁さんはお忙しいそうだったので
またメールをさせてもらいますと伝え、
中内仁さんとの一回目の出会いは終わった。

中内仁さんの印象は
凄く物腰の柔らかい方だと感じた。

そして、僕のような人間でも
優しく接してくださる方だ感じた。


吉岡さんとその後少し、お話しをした。
吉岡さんは私を気に入ってくださったのか・・


吉岡さんがおっしゃった。

「今度また何かあったら連絡するよ」
「またいろいろな方を紹介してあげるよ」
「これから、まだ予定があるから・・じゃ!!」


私は伝えた。

「ありがとうございました。」
「ありがとうございました。」

嬉しくなった。凄く嬉しかった。
そして感謝した。

亡き父の教えである<優しさの恩返し>
人に伝えると、僕のようなアホでどうしようもない人間であっても
たくさんの人を寄せてくれる・・・

天国のお父さん!!
ありがとう。
ありがとう。

そして
可愛がって頂いた
天国の中内功先生!!

ありがとうございました。
ありがとうございました。

僕は涙が出そうになった・・・
その感動を胸にすぐに中内仁さんにメールしたのであった。

「本当にありがとうございました」って・・・

「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだことー4」つづく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-11 21:38:46

「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだことー2」

テーマ:ポートピアホテル中内仁社長
$背番号11.human.network~すべては手の中にある-中内仁社長


中内仁社長は、僕のような鼻垂れ坊主であっても
分け隔てなく僕の存在を大切にしてくださる・・
なんて素晴らしい方だ・・・
と感じた。

そのようなすばらしい方である
「ポートピアホテル社長の中内仁さんの話」


流通科学大学中内功先生の学園葬において
私は食事をしていた。
(みなさんビックリ!!中内潤理事長の寛大なご決断!!
なんとビュッフェ形式で参加された方にフリーでおもてなし)

凄く美味しかった・・
ウェイターさんのサービスも非常によく、
嬉しさのあまり、隣で召し上がられていたダンディーな方に
話しかけた・・

背番号11:「凄く美味しいですね・・」

ある方  :「そうだな・・・」

背番号11:「申しおくれました・・流通科学大学卒業生の松江隆明です」
      「中内功先生には在学中も、卒業後もメールを頂いたりして
凄く可愛がられました・・今日も本当に悲しいです・・」

ある方 : 「そうか・・そうか・・私もお世話になったんだ・・」
「それで君は今は仕事は何をしているんだ・・??」

背番号11:「最近まで、ニートでした(笑)。そして最近まで<引きこもり>をしていました」
      「でも最近ようやくやりたい事が見つかり、
起業家として生きる決断をしました」

ある方 :「そうか・・」
「どんなことをする?起業家として何をする?」

背番号11:「亡き父の遺言である<優しさの恩返し>を日本に広める為にも
        教育機関を作り、腐りそうな日本の世直しをしたいと考えています」
       「これからの時代を担う起業家の皆さん、もしくは経営者に
       堀江さんのように<金さえ稼げばいい>という経営ではなく、
       ゴーイングコンサーンとしても必要な社会貢献・従業員満足・
       理念などをより深めた<優しさの恩返し>ある
       ビジネススクールを創りたいと考えています・・」

ある方  : 「ほ・・それで・・もっと詳しく教えて・・」

背番号11 :「はい!!・・・・・・・・・・」

その美味しかったサーモンのおかげで(笑)
ある方と20分ぐらい僕の「夢」をお伝えでき、
かつ、大変親しくしてもらった・・・

最後にある方はこうお伝えしてくれた

ある方 :「君が日本を変えたいと本当に思うなら・・」
     「JC(青年会議所)というものを知っているか??」

背番号11:「はい。知っています。
        若い成功している経営者が
        その地域を代表して地域に貢献する会ですよね?」

ある方 :「君のような考えがあるなら、JCに入ったらどうだ??」

背番号11:「え・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!!」
       「僕みたいなアホで勢いだけの人間ですよ・・」
       「そんな・・そんな・・・僕のような人間が・・・」

ある方  :「君が言っていた神戸のJCの者を紹介してあげる・・」 
       「ついてこい~!!」

背番号11 :「えーーちょっと待ってください。待ってください。」
       「失礼ですけど、どういう関係の方なのですか??」

ある方  :「俺の名前は吉岡だ。以前神戸JCをやっていた。」
       「今は神戸JCOBとして活動している」
       「今から、JCの理事をやっている中内を紹介してあげるから・・」

背番号11  :「えーーー(頭がぼーとなった)」

吉岡さん  :「紹介しよう!!」
         「ポートピアホテル社長の中内仁君だ。」

背番号11  :「はっはい!!ど・・・う・・ぞ宜しく御願いします」

あまり緊張のしない私も展開の速さに、
中内仁さんにどもって挨拶してしまった。

ポートピアホテル社長である中内仁さんとの
出会いはそこから始まるのであった。

「ポートピアホテル社長中内仁さんから学んだことー3」
つづく


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-12-09 08:40:42

「ポートピアホテル社長中内仁さんから教わったこと-1」

テーマ:ポートピアホテル中内仁社長
wer
ポートピアホテル社長である中内仁さん と出会ったのは、
故中内功先生の学園葬の時だ。

僕は流通科学大学の卒業生代表として
中内功先生への追悼文を書いたこともあり・・

また

僕は中内功先生とメール友達として・・・
(一週間に一回程度メールをしていた・・
はっきり主張する私を気に入ってくださったのだろうか?)

学園葬に参加した。

中内功先生との思い出がよぎった・・

僕の父が亡くなり、泣き崩れそうな辛い辛い葬式において
中内功先生は一介の学生である僕の為に、
凄く大きな献花を下さった・・・
その花を見ることでどれだけ助けられたか・・

大阪オフィスで
学園長として・・
卒業生幹事として・・・
二人でこれからの大学について語ったこと

こんなことを思い出し、感動していた。

その学園葬の時に
ポートピアホテル社長中内仁さんと出会うのであった。

これはまさしく運命と言って過言ではなかった。

「ポートピアホテル社長中内仁さんから教わったこと-2」へつづく


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。