1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-04-30 00:39:37

テーマ:お笑い

dsdafasdf





fasdfdasf





fsdafasdf





gdfgds





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-04-28 17:40:20

第2回神戸青年会議所

テーマ:神戸青年会議所
gfds



04月26日(水)神戸産業振興センターで
神戸青年会議所仮会員セミナー第2回目が行われた。


18時に開場し、すごく美味しい弁当を頂けた。

(これは仮会員費に含まれているので、無料です。
  次回は弁当を一緒に食べましょうね(笑))





その後、仮会員メンバーの出欠確認があった。


会員の方が   「Aチームの誰・誰さん」
仮会員の方が  「はい」



しかし・・・・


その時、なぜか?
Cチームの周防さんが手を上げて、


「呼ばれていません(笑)」



と伝えるハプニングがあった(笑)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



今回のセミナーで行われたのは
「JCゲーム」というゲームだった。



JCゲームをすることで
どうすれば、JCで活躍できるか?
JCで理事長になるための方法などを
ゲームで教えて頂いた。



JCゲームによって、学んだことは・・・



:「チームのため」

自分が一番になることばかり考えるのではなく、   
あくまで「チーム」のことを考えることの大切さ


2:「独り占めするのではない」

自分一人で悩むと時間がかかり、
周りの人のチャンスをも奪ってしまうということ


「修練の大切さ」


体験・経験の大切


このことを学んだ。


最後に仮会員の方々が目をつぶって
音楽を流しながら、JCについて下村先輩の優しく語りかける。

「JCの理念とは一人ひとり持っているのだ」


ちょっと涙が出そうになるエンディングだった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


セミナーが終わり、懇親会会場へ向かった。



駐車場の問題などが発生し、
全員が最後まで参加できず、悲しかったが
かなり懇親会は盛り上がった


僕が一番嬉しかったのは、
サブリーダーを3名決めないといけない時に

他のチームは、すべてリーダーもしくは会員の方の指名なのだが、
Cチームの方だけは立候補で決定したことだ。

僕と大和さんがこう伝えた。

「サブリーダーを3名決めたい」
「もしよかったら、自発的にやりたい方はいらっしゃらないでしょうか?」

そうすると・・

すぐに手を上げて下さったのは
竹内さんだった。


「はーい!私がやります」
「リーダーと一緒にチームを盛り上げるって約束したよね?」


竹内さんの笑顔と言葉に感動を覚えた。・・・・・


その後、すぐに
手を上げて下さったのは安達さんだった。



安達さんは僕に伝えて下さった
「リーダーは仕事しすぎ・・これから一緒に頑張りましょう」
「一緒に飲みましょうよ・・」



安達さんの頼りがいのある言葉感動を覚えた・・・・・



それと同時に手を上げて下さったのは、
方さんだった。

方さんは、僕に伝えて下さった。
「松江さんがリーダーになると思っていました。」
「松江さんがリーダーになったら楽しくなりそうですね。」
「協力しますね」

方さんの優しい言葉感動を覚えた・・・


僕は幸せ者だとつくづく感じた。
みんなに頭を上げた。


「ありがとうございます」

「ありがとうございます」って・・・

更に懇親会は続いた・・・
次に仮会員全員の自己紹介が行われた。

gfds




本当にCチームの方々が
一番堂々と話されていたと思う。


最後に僕は皆さんのおかげで
心にくさびを打つと書く、

「必ず」行うことを心に決めた・・・


Cチームの方々が、もっと友情を深められるような環境を・・・
Cチームの方々が、一番楽しく話ができる環境を・・・
Cチームの方々が、チームの解散の時に泣ける感動を与えられる環境を・・・・


僕はリーダーとして、必ず行うと決心した。


このように、Cチームの方々の多くの方の優しさに
感動を与えてもらった・・・


そんな素晴らしい第2回セミナーだった


fdsffa


最後になりましたが、
先輩である大和さん ・ 北川さん河崎さんありがとうございました。


AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-04-28 10:42:36

マサミツ!誕生日おめでとう

テーマ:birthday system

マサミツ


マサミツとの出会いは、中村隊長の集まりだった。
中村隊長と話している僕の顔を見る、熱い視線を感じた・・・・


それが
マサミツだった。




マサミツは京都からの帰りの電車の中、
立ちながら[夢]を語り合った。




僕は

「俺は亡き父の遺言である優しさの恩返しを広めたい」


マサミツ

「外国人が喜んでくれるような感動空間・夢空間がある
ホテルを経営で行いたい」

さらにマサミツは伝えた。

「俺は、まずは2年後に世界一周をするのだ」






熱い夢を語るその時間は楽しかったので、あっという間だったが、
頭の中では一生忘れらない思い出になった。


そんな二人で話した夢の思い出が、
現実になってきた。


僕が、亡き父の遺言である「優しさの恩返し」を広めるために
正しいことをされている会社のお手伝いをする経営コンサルタント



他者を一番に考える、日本人の素晴らしい気遣いを復活される
顧客始点の実学であるマーケティングを世に広めるための塾の経営



マサミツは、

多くの方と出会い、人間性をさらに高めるため、人脈を広げるために
また留学シップという援助金をもらい、5月から世界一周することになった。




僕とマサミツが語った「夢」
さらに3年後、どう現実になっているのか?すごく楽しみだ







マサミツと出会って、感じたこと。
それは「命が有限だ」と認識していることだ。


僕は父が亡くなって肉の塊になってしまった忘れらない体験によって
人間はいつか死ぬのだ。
どう生き切るか?
どう笑顔で死ぬか?を常に意識して生きている


マサミツも留学している時に
ある子供と出会い「命が有限だ」と気づかされたそうだ。
そしてどう自分が生きてきた足跡を残すかを常に意識して生きている





限られた命・・・・





そのためにマサミツは世界に羽ばたく。





そんな彼が誕生日です(僕の仕事に都合上、配信が遅れましたが・・)


どうか「誕生日おめでとう」だけで構わないので
「優しさ」という誕生日コメントを頂けないでしょうか?


背番号11.human.networkで誕生日を祝ってもらった方
「優しさの恩返し」をしてやってくれませんか?


知らない人でも誕生日を祝うという
文化を日本に僕は根づかせたい。


それこそが、見返りのない愛である
「優しさの恩返し」が広がる突破口だと考えているからだ。

どうかご賛同の方、御願い申し上げます。


*ちなみに今年から多くの方のご意見・ご指摘を取り入れ、
5カ年計画で誕生日を祝うことにしました。

ですので、今年もし文章化されなくても
必ず5年以内に誕生日を祝う文章を作成させて頂きますので、
どうかご理解頂ければ嬉しいです

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006-04-26 13:31:15

情熱の大切さ

テーマ:有限会社タカデン
fhgfsy


僕は以前、自分の余りある「情熱」に関して落ち込んだ・・・


「松江の正しいことへの熱い情熱
人に迷惑をかけているのだ。組織にとって迷惑だ!!」

という言葉を投げかけられたからだ。



詳しくは以下のURLをご覧下さい。

http://ameblo.jp/kazu-ono11/entry-10011274997.html



しかし、僕は正しいことへの熱い情熱
非常に大切なのだと感じた。



そう気づかせてくださったのは、
有限会社タカデンの高雄社長だった。



昨日、経営コンサルタントとしてクライアントである
有限会社タカデンへ向かい、
数時間、戦略会議ををさせて頂いた。


●CRM(関係性マーケティング)の徹底
●ES(従業員満足)のシステム化
●付加価値化(感動経営の徹底)
●定量化・明確化(定性的→定量化)
●新規事業の段階的戦略の立案
●ラチェット・システム構築
●ナレッジ・マネーメント(営業マンのナレッジの共有・標準化)
●サプライ・チェーン・マネージメント提案・改善
●SWOT分析

などなど・・


経営コンサルタントとして僕が持っている
前職のキーエンスでの営業ノウハウシステム化による提案
また最先端のマーケティングのエッセンス
(成功している会社のマーケティング経営での事例紹介など交えて・・)


ご紹介させて頂いた。
(高雄社長をリーダーに一生懸命やって下さるので
成功すると思う。)


また逆に、高雄社長からたくさんの気づき
教えて頂いた。


僕は以下の言葉に、涙が出そうなぐらい嬉しかった


「松江さんの熱い情熱が、私たちを動かした」
「松江さんの熱い情熱があったから、契約をさせてもらったのだよ・・」


僕はすごくすごく嬉しかった。


というのは、正しいことをされる方へお役に立ちたいという
僕の熱い情熱は、間違いではなかったのだと気づかされたからだ。


またさらに僕は気づかされた。


タカデンの強みは
「主体的な情熱ある人を中心に組織を変えられること


組織ありきではなく
ありきなのだ。

もっと言えば


熱い情熱を持った人材を迷惑だと考えるのではなく
熱い情熱ある人材を生かす素晴らしい組織があるのだ。


この持続的競争優位性ある強みが、
1年後、3年後必ず生きてくると感じた。


経営コンサルタントとして仕事をさせて頂いているのに、
僕がいつも気づかされる・・・・・



高雄社長に心から感謝したい。
ありがとうございます。



また西岡顧問には
以下のこと教えて頂いた。


「計画して魂は宿る」



失敗はないのだ。
無駄な経験はないのだ。
計画されていることなのだ。

だから・・自分に起こったことを受け容れるのだ

僕に情熱を持って話して下さった。


・・・・・・・・・・・・・




僕は考えを改める。


正しい情熱(will)がすごく大切なのだ。
正しい情熱はいくら熱くてもいいのだ。


そう気づかせて下さった高雄社長西岡顧問
本当にありがとうございます。




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-04-24 23:24:50

共謀罪

テーマ:政治
fasdfasd


「共謀罪」が何が悪いのか?


国家がやりたい放題になるから駄目だと??


その論理ならば、
なぜ北朝鮮や、中国が
日本でスパイをやりたい放題しているのに許すのか?


いや・・・むしろ・・・
なぜその国を守るんだ・・


いい加減にしてほしい。


日本はスパイ天国なのだ。
いいのか日本!!!!


本当にテレビ報道はバカだ


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-04-23 23:23:18

小沢一郎

テーマ:政治
fdsafdf
千葉7区補欠選挙に民主党が勝利した。
この選挙での勝利の理由は、小沢一郎の力であろう。



小沢一郎は、選挙戦略において
今までと違い、自民党の劇場型と対極の方法を取った。

劇場型(マスマーケティング)とは対照的に
出来るだけone to oneマーケティングを行った。

一人ひとりに政策を訴える方法を取ったのだ。


また今まで民主党が弱いとされていた
組織票固めを小沢一郎は行った。


小沢一郎の凄さ・・・



それは「剛腕」




そして「壊し屋」




早急に民主党の旧社会党の政治家を切って、民主党を破壊させ
返す刀で自民党を分裂させ、政界再編を行ってほしい。



それこそが、日本の政治が良くなるのだと私は考える。



今の自民党(多様な議員の集まり)のままでは官僚との癒着は
決して切ることができない。


是非是非、日本の政治において、
躍動美ある展開を期待する。


まずは、国益のためにほぼ何も行っていない省庁である
外務省を改革してもらいたい。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-04-23 08:05:41

第3回「夢」イベント

テーマ:背番号11のイベント

dfs



昨日は、たくさんの方が、僕の講演を聞くために
大阪中央公会堂に足を運んでくださった。



講演で何度も伝えたが、
僕は皆さんのおかげで、今の僕があると感じている。


そして
皆さんのおかげで、
僕自身の「隠された魅力」を気付くことができたと思う。


最後の挨拶でもうまく伝えられなかったが・・・



皆さんに、感謝するしかない・・・・



もっともっと「感謝」以上の言葉を捜したが、
適切な言葉が見当たらない・・・



やはり言葉は無力だ・・・





ありがとうございます






ありがとうございます




それしかありません・・・・






●個人的な感想・・・

やはり僕は、兄貴・亡き父・母の
「見返りのない愛」を感じられたから、引きこもりから脱却できた。


今日も忙しい中、僕の母は中央公会堂に来てくれた。
父を亡くした母が僕にとって、唯一の親


これから、お父さんに「優しさの恩返し」が出来なかった分、
母にたくさんの親孝行を行いたいと思う。


マザコンと思われるかもしれないが、
母に世界一「優しさの恩返し」をしたいと思う。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006-04-22 07:18:15

「僕の夢はぺイフォワードだ」

テーマ:背番号11の軌跡

dergferh


僕の夢はペイフォワードだ。




ペイフォワードとは、
人から与えられた「優しさ」を多くの方に(次に)渡すことなのだ。


もっと具体的に言えば


僕の亡き父の遺言である
与えられた「優しさ」独り占めするのではなく、
多くの方たちと分かち合うという「優しさの恩返し」という考えを
日本に広めたいのだ。


僕は優しさも悲しみも、自分一人で独り占めしていた。
すべて自分で背負い込んでいたのだ。


だから僕は引きこもった・・・・






そうではないのだ!!









人から与えられた[優しさ」独り占めするのではなく、
多くの方と分かち合い


自分自身の「悲しみ」独り占めせず、
仲間と分かち合い、助けてもらうのだ。





自分だけ独り占めしていいことはない。




「To have」


の生き方は良いことはないのだ。





「to be」


の生き方こそ、人間の心の安定をもたらすのだ。


だからこそ、病みそうな日本という国のためにも
「優しさの恩返し」という考えを日本に広めたいのだ。



「理想論」だとバカにされるかもしれない・・・・
「大ボラ吹き」だとバカにされるかもしれない・・・・
「無理」だと馬鹿にされるかもしれない・・・・


しかし、
僕はそれが正しいことだと誰よりも信じている。



下手でもいい・・
正しいことを僕は貫きたい




僕の夢であり、僕の生きる使命、
それは・・・「優しさの恩返し」を日本に広めることなのだ。


もう少ししたら、大阪中央公会堂へ向かう。


僕の初めての講演。


もうやることはすべて行った。
あとは、一生懸命、わざわざ来てくださる
多くの方に僕の情熱を伝えるのみだ。



後悔はない。
やるべきことはすべて行った。


最後に僕を殴ってくれた兄貴の言葉で今日のブログを
終わりたい。

=================================


「とにかく、何があろうと、前進あるのみだ」


=================================
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-04-21 22:43:35

「僕がニートになった訳」

テーマ:my story

プレゼン中


皆さんに伝えたい。




僕がなぜ?
「ニート」になったのか?




今、僕がなぜ「夢」・「希望」を持って生きているのか?





明日、伝える。





下手でもいいから・・・
正しいことをしよう






どん底を経験した人が
大成功するんだ。







明日、松江隆明の初講演
一生懸命、頑張りたいと思う。






いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-04-21 17:28:14

緊張の理由

テーマ:my story

流通科学大学でプレゼン


うんこがビチビチなのです(笑)



この数日間、ずっと緊張のあまり、下痢です。
(下品な表現をお許しください 笑)



なぜ緊張するのか?



それは「僕がニートになった訳」という講演を
深める時間がなかなか取れず、
納得のいくようなものが出来ていないからだと思います。


最近、眠れない・・・


いや・・


もっと厳密に伝えると・・


仕事が多すぎて眠る時間がありません・・・



●経営コンサルタントとして資料作成
●佐藤善信塾関連
●林新太郎塾関連
●04月22日「夢」イベント裏方資料・手配・関係資料作成
●05月14日「夢」イベント(東京:講師:加賀谷克美氏)による資料づくり
●09月09日第4回「夢」イベントによる講師手配・資料づくり
●05月06日から開催する投資塾プロモーション資料・投資のマスタープラン
●神戸青年会議所リーダーになった為、発生するタスク
●僕を慕う大学4回生の就職相談・ビデオ指導・カウンセリング
●人生の師匠を見つけるための交流会参加
●3年後、弊社が多角化を行うための道ならし活動
●ライオンズクラブの方との親睦
●各種イベント立案・企画・実行
●引きこもり君との交流



昨日も、ほとんど寝ずに、
投資塾プロモーション資料と
09月09日「夢」イベント資料を作成していました。



04月22日の講演・夢イベントが無事終了し、
佐藤善信塾・経営コンサルタント・神戸青年会議所・林慎太郎塾と
ずっと仕事は続きますが、なんとか踏ん張って、頑張りたいと思います。




今日も、僕の拙い講演を聞きに来るために僕の事務所を
訪れる仲間がいます。



心より、感謝したい。



本当にありがとう。



そして、明日は緊張して、どうしようもないけど、
やれることを一生懸命行います。


背番号11の皆さん!!
ブログをご覧頂いている皆さん、



本当にありがとうございます

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。