ねえたろうの雑多な雑記帳☆

思いついたままの雑文書いてます☆



テーマ:
劇団公演は始まっている。
今回の公演は、かつてないほどの戦いがあった。ほけ〜ってしたい。
我慢に我慢を重ねてしまう自分ですが、我慢の限界を迎えた。ほけ〜ってしたい。
 
結局、もう一山向こう側の我慢と苦労を重ねると決意したけれど……ちょっと後悔。
でも、苦労を選んだ方が、後々楽なことが多かったので、それに懸けてみることにした。
 
私という人生は一度しかない。
 
楽しいだけの人生を選べる人がいるだろう。
苦しいだけの人生を選びとる人がいるだろう。
 
私は楽しいだけの人生は、疑ってしまうようだ。
だからこそ、苦しい方の人生を選んでいこう。
 
やりたい理想と頭脳が比例してくれない。
けれど、頭脳と全魂込めて、探れるだけ探ってみよう。
自分の欲求=他人の欲求
こうなれば理想的だ☆
 
とりあえず、目先の目標は富士山登頂☆
 
舞台も観にいかないといけないのだけれど……8月は富士山は絶対登りたい!
書き作業に集中したい気持ちもあるけれど、間に合わない可能性もあるので、気楽に挑みたい。
 
{A0ECC917-DC7A-43C7-AC71-2E66440BF3B2}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今を一生懸命に生きる。

これまで、「今」を意識して生きてきたつもりだ。
しかし、自分の思考が変わってきたのか。
一寸先の未来を考えながら生き始めたようだ。

たかだか一寸。されど一寸。

この先続けるにはどうすれば良い?
騙し騙しでも続けるのが重要で、続ける積み重ねで、誰かが奇跡を起こす瞬間を見れるのでは?
一寸先の未来の可能性は無限大。

でも、一寸先も何も変わらないであろう「今」を大きく意識した。天から答えが降ってきた感じ。

「二兎は追えないよ。」
少しの時間、お話出来た人に言われた言葉。
二兎を追ってたつもりはなかった。けれど、二兎も三兎も追ってたんだと思う。

追いたくもない兎も含めて追わないといけない気持ちだったのかも。

追いたい兎だけ追っていこう。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

原作は平 安寿子。

 

でも、映画は韓国映画☆

 

主演は、チョン・ドヨン、ハ・ジョンウ☆

 

映画の内容は、派手なストーリーは全くないけれど、このお二人。

凄まじい芝居力の俳優陣である。

 

チョン・ドヨンは二十代の良いお年頃に超田舎育ちの16歳を演じたり、

はたまた不倫にのめり込む妖艶な女性を演じたかと思えば、頑なに貞操を守る女性、脱いだらエロさ200%の女優である。

『素晴らしい一日』では脱がないが、最近観た映画の中では、『ハウスメイド』が……かーなーり、エロかった!←産後の復帰作らしい。

 

ハ・ジョンウは、昔からチョイ役であまり目立たない役をたくさんしていた印象だが、「チェイサー」で彼はぶっちぎりの芝居力を見せつけていた。

ハ・ジョンウ以上の狂気の芝居を観たことがない。

 

そんな二人が共演しているこの映画には、マジで派手さはない。

狂気もない。のほほんと、どーでも良いんじゃないかと思ってしまう風景がずっと続く。

 

「借金を返して」、「じゃあ、返す」たかだか、そんなやり取りの繰り返し。

口が超上手いだけで生きているようなハ・ジョンウ。しかし、彼の放つ言葉に嘘はない。

全編仏調面のチョン・ドヨン。プライドの塊、金への執着が強固だった彼女が、元恋人のハ・ジョンウと過ごす時間で、何かが変わっていく。

 

映画では、表情が終始変わらない二人。

しかし、微妙な心の変化を感じるのが、魅力かもしれない。

 

最近、舞台版の「素晴らしい一日」を観たのだが……ラストが両方違っている。

どちらが、真実のストーリーなんだ(@_@)???

 

これは原作を読むっきゃない(・∀・)b

*稽古と公演が終わってからになるだろな。

 

■□■□■□■□■□■□■□
TRASHMASTERS vol.27「不埒」

2017年7月15日[土] >>7月23日[日]@下北沢駅前劇場 [全11回公演]

作・演出 中津留章仁

出演

カゴシマジロー

星野卓誠

倉貫匡弘

髙橋洋介

龍坐

川﨑初夏

乙倉遥 [演劇集団 円]


音楽 高畠洋

舞台美術 原田愛

照明 宮野和夫

音響 佐藤こうじ[Sugar Sound]

衣裳 平井えり花

舞台監督 白石定[STAGE WORKS] 

村上洋康[クリエイトくま工房]

演出部 朝田博美

松井カズユキ

宣伝美術 中塚健仁

イラスト BRAKICHI http://www.brakichi.jp/

写真撮影 ノザワトシアキ




協力

トム・プロジェクト

ラッキーリバー

演劇集団 円

円企画

ラ・セッテ

カルテットオンライン

制作協力 SUI

制作 横内里穂

企画・製作 トラッシュマスターズ

チケット販売

発売日 2017/5/29(月) 10:00より

全席指定・税込

前売り 4000円

当日 4300円

 U25[25歳以下の方] 2500円

*U25 券は劇団前売り取り扱いのみ。

当日受付にて身分証をご提示いただきます。

チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード: 458-920]

イープラス(e+) http://eplus.jp [PC/携帯]

カンフェティチケット

http://confetti-web.com

 0120-240-540 [10:00-18:00]

 03-6228-1630 [携帯/PHS専用]

劇団予約フォーム

http://www.quartet-online.net/ticket/trash

お問い合わせ

SUI 03-5902-8020 [11:00-17:00 平日]

トラッシュマスターズ trash@lcp.jp

会場
下北沢駅前劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F
tel/03-3414-0019

公演日程

2017年7月15日[土]>>7月23日[日]

@下北沢駅前劇場 [全11回公演]

15日(土) 19:00~

16日(日) 13:00~/18:00~[トーク]

17日(月) 13:00~[トーク]

18日(火) 19:00~

19日(水) 14:00~

20日(木) 19:00~

21日(金) 19:00~

22日(土) 13:00~/18:00~

23日(日) 13:00~

[トーク]

16日ソワレ、17日公演後にアフタートークがあります。ゲストは後日トラッシュマスターズホームページ、公式SNSにて発表致します。

未就学児童のご入場はお断りします。

当日券の販売は開演の45 分前、開場は開演の30分前です。

開演後のご入場はご指定のお席にご案内できない場合がございますので、開演5分前までにはお越しください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。