釣りに行った

テーマ:



こないだの先週の話であるが


友達のヨシが台湾で覚えてきたという


チャイナマン鍋というのを作ってくれた。



木下かずおと親父のアメリカンドリーム

中国の訳のわからない調味料をふんだんに使ったこの鍋


美味である。


そして鍋のお供に辛口の酔鯨でのどをうるおすのであった。


これまた美味である。



そして次の日の早朝


ヨシとユーキとクロスっちとミホちゃんと俺で


釣りにでかけたのであった。



木下かずおと親父のアメリカンドリーム

狙うは大物である。


形が大きいものでないと持って帰れないそうな。



しかし寒い。


海上は尋常じゃないほどの寒さである。


なめてかかっていた俺達は


船の中で日本酒を飲みながら


暖をとっていたのであった。



木下かずおと親父のアメリカンドリーム

寒いときは日本酒が体の中から暖めてくれる。


次回はお湯を持ってきて、燗にしようなどと


話しながら1時間くらい船は進み


ポイントに到着


木下かずおと親父のアメリカンドリーム


エサはカニである。


半分に切ったカニを食べるなんて贅沢な魚もいるもんだなぁと


針にカニを通す俺達の手は


カニ味噌まみれであった。


それはそれで贅沢な気分であったが


匂いは2日間取れなかった。



ヨシが


「キノさん、サメ釣ってくださいよ~」


と俺に言うので


「サメでもシャチでも釣りあげちゃるたいね!!」


などと言いながら釣りが開始された。




すると俺のサオがググッとしなり


ものすごいアタリが来た。


「なんだこれは!?マグロじゃないとか!!!」


などと言いながらグイグイとリールを巻き巻きしたら


本当にサメが釣れてしまった。



木下かずおと親父のアメリカンドリーム

ビックリである。


近くでみるとジョーズさながらであった。


さすがアメリカと感心した。


このジョーズはちゃんと食べようと、バケツにキープさせてもらった。





すると立て続けにユーキにも


ブラックフィッシュという魚が釣れた。


良い形である。


木下かずおと親父のアメリカンドリーム

こいつは刺身がうまい。



結局6時間ほどの釣りで俺達の釣果は


サメとブラックフィッシュの2匹だけであった。



その間にも色々釣り上げたがサイズが小さかったりしたので


リリースしたのだ。




ヨシはというと



木下かずおと親父のアメリカンドリーム

こんなかわいいのを釣り上げてご満悦である。




サメはその場で船乗りのお兄さんが豪快にさばいてくれた。


木下かずおと親父のアメリカンドリーム

さばいた後の骨などを狙って


疾走する船の後ろをカモメが追いかけてくる。




そして家に帰り


2日連続のチャイナマン鍋と刺身


湯通ししたサメの切り身をショウガと一緒にポン酢か醤油でいただいた。


中国ではこうやって食べるそうだ。


さすが中国4000年の歴史である。


サメはうまかった。


木下かずおと親父のアメリカンドリーム

楽しい思い出をありがとう。


今度はサバとかブリを食べたいぜ!!


また行こうぞ釣りバカ達よ。

AD

28歳

テーマ:

28歳になりました。


28歳の目標は


映画に出たいです。


ハリウッドとは言わないのでボリウッドでインド映画もステキです。


ターバン巻いて踊ります。


大胆なアクションもこなします。


28歳になった僕を使ってください。



メッセージをくれた方々


ありがとうございます!!


とても嬉しいです♪


これからもよろしくおねがいします!!



今日は自分に誕生日プレゼントを買おうと思い


フージーとヨシがアウトレットモールに連れてってくれたんですよ!!


だけど、結局何も買わんかった。。。


昔から難しい話とブランド物に弱いっての


お母ちゃんは知ってるよね!?


俺の母ちゃんは日本一です。


産んでくれてありがとうございます。


木下かずおと親父のアメリカンドリーム

AD

HKT48

テーマ:

福岡のピチピチのかわいこちゃん達による


HKT48っちいうのを知っとるね?


みんなかわいかとよ~


歌って踊って福岡を元気に盛り上げてね!!


おじちゃん応援しよるばい!!!




おじちゃんをドキドキさせてやまないHKT48のデビューは


11月26日とのこと。


なんとその日はおじちゃんの生誕29周年の日である。


なんたることだ。


おじちゃんね、あなた達が大人になったときに言ってあげたいヨ。


「おじょうちゃん達とおじちゃんは、一緒の日にデビューしたとよ。」ってね。


そしてみんなでボーリングでも行こうじゃないか。


プリクラでも撮ろうじゃないか。




おいしくできたチャーハンをほおばりながら


俺はHKT48の皆に会いたいと思った。


そして金八先生の『スタートライン』を歌ってあげたいと思ったのであった。




それではHKT48を皆さん、よろしくお願いします。


誕生日プレゼントはデジカメを入れるケースが欲しいです。


AD

ピストル

テーマ:

こないだのサンデイは


待ちに待った竹原ピストルのライブだったんだ。


ピストルに会ったのは2回目なのさ。


最初は


大学生のときだ。


ガガガSPのライブに皆で行ったら前座で夜狐禅が出てたんだ。


それがピストルと初めて遭遇した思い出。


相変わらずもっさいお兄さんのようだ。



木下かずおと親父のアメリカンドリーム

ライブ会場はPIANOSとかいうバーの奥のライブスペース


良い雰囲気である。


開園2時間前、まだ入場できないでいる。


バーはゴチャゴチャしており


壁にもたれて、ブルックリンラガーを3杯


1人で行ったばっかりに


話し相手もおらず


1人で酒を飲むと酔っ払うのも、すこぶるはやい。



木下かずおと親父のアメリカンドリーム


そろそろオープン。


酔っ払って眠くなってきた顔にピシャリとビンタを喰らわせ


ついついもう1杯とか言ってしまい


少し後悔する。




木下かずおと親父のアメリカンドリーム

ピストルはあの時のまんまである。


タオルを巻き、ヒゲがもじゃもじゃ


汗っかき、はだし。


8年前と同じだ。


並みのシンガーソングライターではない。


そこらへんでバイトとかしてるお兄さん的な風貌だが


こいつはただものではない。



木下かずおと親父のアメリカンドリーム

CDにサインまでもらってしまった。


話してみても


そこらへんにいるお兄さん的な雰囲気だ。


なんというか


すごく優しいお兄さんである。



アメリカで初めて覚えた英語は


「1 Sapporo beer please.」だそうだ。


なんとも憎めないお人である。

竹原ピストル

テーマ:

今から


竹原ピストルのコンサートに行ってきます。


ピストルのコンサートはいったいどこで行われるのか!?


楽しみ~♪





パンツぐらいはきなさいよと


意味もなく全裸の僕を


笑っていたよ~♪





今夜ピストルがNYで歌います。


場所と時間は勝手に調べて来たらいい!!!


俺も定かじゃないんだぜ。






買ったばかりのTシャツに穴があく


やつがロケット花火を打ち込んできたから~♪





楽しみねぇ~

THEナポリタンズ

テーマ:

我らがTHEナポリタンズ


久々にサッカーをしてまいりました。


またウィンド・フォールズさんに参加させてもらったのです。


もうすっかり冬の気候でございます。


吐く息も白く


北風小僧がピューピューしております。



結果は


3-1で完敗。


悔しい限りでございます。



木下かずおと親父のアメリカンドリーム


20分で3点も入れられるなんて、、、、



SGGK(スーパー・グレート・ゴールキーパー)


と恐れられていた俺が


3点も献上するなんて、、、



相手FWをにらみ倒すだけで


完封勝利をものにしていた俺が


3点も取られるなんて、、、、




ゴール前で座禅しているだけで


鹿とか熊がよってくるという俺が


3点も、、、、



くぅ~くやしいぜ!!!!


日ごろの鍛錬が足りなかったのであろう・・・。


明日は走るぜ!!!



あっ明日は竹原ピストルのライブがあったんだ!!


みんな明日はピストルがニューヨークに来るよ!


ああ・・・あああ~


楽しみよ~



木下かずおと親父のアメリカンドリーム

家族の写真

テーマ:

皆さんは家族の写真などお持ちですか?


家族と遠く離れていても


写真を見るだけで元気がわいてくる。


家族というのはすばらしいものです。




今回はそんなアットホームなお話。




さっき家に帰ってくると


大家さんがリビングで何かしてた。



「ただいまぁ~調子はどう??」



「お帰り~元気よ~」



「何やってるの??」



「Your family's picture(あなたの家族の写真)を飾ってたのよ。」



(俺の家族の写真??

 何で大家さんが俺の家族の写真を持っとると??)


「My family's picture??(俺の家族の写真?)」



「Yes, they are your family right??(そうよ、彼らはあなたの家族でしょ?)」



そう言いながら俺の家族の写真を見せてもらったのだ。
















木下かずおと親父のアメリカンドリーム



天皇皇后両陛下・・・・??


皇太子様と雅子様まで。




Your family・・・・っていつから俺の家は皇族になったと。



もしや俺は皇族だったのか!?



でもある意味、Family・・・なんかなぁ??


なんと言っていいかわからん。


とりあえずわかったことは、うちの大家は親日家ということである。



タイの家庭で国王の写真を飾るようなものかな??

初雪

テーマ:

朝からミツワでお酒を売り

おいしいオニギリ屋さんでオニギリを食らい。


フージーとまたオニギリを食らい。


ふと外を見ると、


そこは雪国でございました、、、雪


吹雪でございます。


ハドソンリバーは荒れ果てた冬景色に変貌し


俺の車は雪にまみれた。


そしてミツワは停電したのであった。


復旧のめどが立たずに


本日は7時前には閉店。


オニギリは在庫を残すわけにもいかないからってんで


1つ$1という大盤振る舞いである。






チンガポールにおったがために


雪をちゃんと見るのは5年ぶりくらいである。


冬を忘れていた体が悲鳴をあげる。


しかし、久しぶりに雪を見ると


ドキドキするもので


何かと遊んでしまうのであった。



遊んでいるところを写真におさめようとしたら


屋根から頭に雪が落ちてきたのだ。


これはその直前の写真。


木下かずおと親父のアメリカンドリーム


興奮冷めやまない俺は


雪だるまを作りたくなった。



ゴロゴロと転がすと面白いように大きくなっていく。


俗に言う雪だるま式に大きくなるとはこのことのようである。


結構な運動になるのか


汗をかきながらがんばって作った!


結構大きいのができて、大満足!!


木下かずおと親父のアメリカンドリーム


キリンさんも乗せてみた。



木下かずおと親父のアメリカンドリーム

とってもチャーミングである。



俺、こんなに大きな雪だるま作ったの


産まれて初めて!!!


木下かずおと親父のアメリカンドリーム

冬もなかなか捨てたものじゃない。


やってきやがれ冬将軍!!

石川県の会

テーマ:

こないだの火曜日は


石川県の伝統、文化を広めるべく


酒蔵さんで行われた石川県の会に参加してまいりました。


木下かずおと親父のアメリカンドリーム

石川県の焼き物や輪島塗り


石川県の食材を使った料理の数々


そして石川県のお酒


お客様は石川県の焼き物の酒カップで


試飲できるというこりようである。



木下かずおと親父のアメリカンドリーム

たくさんのお客様にご来店していただきました。


集まった蔵元さんは


加賀鳶さん


木下かずおと親父のアメリカンドリーム


常きげんさん


天狗舞さん


手取り川さん


木下かずおと親父のアメリカンドリーム


そしておいらが担当したのは


日榮さん



木下かずおと親父のアメリカンドリーム


そしてお隣では


酒蔵のスタッフさんに手伝ってもらった


竹葉さん



木下かずおと親父のアメリカンドリーム

石川県は歴史のあるところです。


酒文化とはその地方の歴史と共に


育まれてきたものでございます。


その文化・歴史が


おいしいお酒を作り続けた醸造地である、


石川県の背骨なのです。




さらに石川県では環境を考えた取り組みも行われております。


おいらが担当した日榮の中村酒造さんでは


無農薬のお米を使用して酒造りを行っております。


蛍の生息できる川にすること。


100年先も安心して酒を造れるように


未来への環境の取り組みを行っております。



そして


天下に名だたる能登杜氏の技を堪能させてもらいました。



石川県はステキなところなんでしょうね!!


将来遊びに行きます!!!


石川県が大好きになりました。

懐かしい写真

テーマ:

懐かしい写真を発見した。


これはウソの話だが

  

俺がタイでムエタイをしていたときの写真だ。


大昔の写真である。


木下かずおと親父のアメリカンドリーム

俺は弱かった。


20戦して1度も勝つことがなかった。


「お前なんかタイ風焼きそばの具になればいい。」


などと後輩達からいじめられたりした。



一緒に遊んでくれるのは象だけだった。


その象も金持ちの鉄砲玉の犠牲になり


キバをおられた。


シンハビールは涙の味である。



木下かずおと親父のアメリカンドリーム


洪水の被害がひどいらしい。


タイは大丈夫だろうか??


俺が大好きなタイランド


象さん


タイの若い娘はご飯をよく食べる。


タイ風焼きそば


その名前を思い出せないでいる。




そんなタイに魅せられた歌です。


聞いてください。




『涙のカオサン通り』


作詞 かずお 振り付け かずお



日本の冬がつらいよと


言い訳しながら 逃げ出した


ほんとはお前に会いたいだけさ


カオサン通りのネオンに浮かぶ


小さい笑顔のおもかげよ


サワディー サワディーカーーップ

(サワディー サワディーカーー)


お前はいったいどこにいるのか


(あのゲストハウスで待ってるわ)


路面に並ぶマッサージ


アジアン雑貨を売る娘


君はやっぱりここにはいない




北へのぼる電車


あいつの故郷を 思い出す


象にまたがる写真だ


チェンマイ行きの最終列車


お前の愛したチャオプラヤ


コップンー コップンカーーップ

(コップンー コップンカーーー)


お前はいったいどこにいるのか


(ほんとは南の島なのよ)

食堂車で飲むシンハ


浮かれて踊る西洋人


君はやっぱりここにはいない





早くタイの被害がおさまることをお祈りしております。