夫の浮気を解決! 夫の浮気解決人 志田清治

夫の浮気解決人の志田清治が、夫の浮気を解決します。夫の浮気解決方法を伝授。


NEW !
テーマ:

2分で出来る無料!浮気解決チェック

今すぐここをクリック




夫の浮気悩み相談 お前といたらまた浮気する自信がない・・・




こんにちは、志田清治です。



■超!実録


「お前といたらまた浮気する自信がない・・・」


こう話すのは相談者の
Kさんのご主人で、
下記は、そんなKさんと
志田とのQ&A原文です。




■原文


(Kさん)

最近になってやっと
気づいたことがあります。
それは自分が人生を楽しまなきゃ
いけないということです。


いままで私は
いろんな人に沢山の
気を遣っていました。
それが良いことで
しなくてはいけない
ことだと思ってたのです。


家族に気を遣って
主人に気を遣って・・




そんな生活をしてるうちに
いつのまにか主人の
前で自分らしく
いられない自分に
なってしまったんです。


志田先生の
マニュアルにあって
実行していくうちに
自分が主人に、


結婚したいと
いわれたときの自分を
思い出しました。





主人と一緒にいることを
楽しんでいた自分。
一緒にいるために綺麗にかわいく
なれるようにしていた自分。


いろんなことを主人に
頼っていた自分。
あの頃は自分を大切に
していたんです。


そして主人もあたしの
望むことをしてくれ、
私もそれに応えてそれが
とても嬉しくて
楽しくて一緒にいる
ことがすごく幸せだった。




(志田)


素晴らしいです!
浮気事件の本質は
そこなのです。


一見すると、しんどく
つらい出来事なのですが、
本当の意味は、


大切なことを思い出して、
もっとハッピーに
なれますよーー!! 
という時期に
差し掛かっているのです。




なので、わざと
しんどい思いをさせて、
それに気付かして
くれているという事なのです。



(Kさん)


志田さんのメールに
出会ってから
少しずつ旦那に近づいて
くようにしていたのですが、


ずっと実は主人はそれが
嫌なのではないかと
思ってしまうことが
ありました。




でも最近その考えを
やめて素直に
近づきたいときに
近づくように頼りたいときに
頼るようにしてみたんです。


すると!


毎回ではないんですが
主人もそれに
応えてくれる日が
あるようになりました。


それをみて素直な
自分でいいんだと
自信がもてるよう
になったんです。




主人が浮気がばれたとき
にいっていた
お前といたらまた浮気する、
自信がない、


お前は自分のことだけ
考えていればいいと
言われた意味がやっと
わかったきがします。



(志田)


いい感じで、
「妻が変われば夫も変わる!」
ということが
出来てきています。


浮気事件があったからこそ、
大切な事も
理解出来てきてますし、


Kさん自身もチェンジも
出来てきています。
非常にいい流れですね。




(Kさん)

主人は自分が私に
負担をかけている。
もしかしたらそう
思っていたんですね。


浮気が始まったばかりの
ころ主人に
何度か笑ってといわれた
ことがありました。




私は精一杯の笑顔を
したつもりだったんですが
主人はそれをみて不満げな
顔しかみせて
くれなかったんです。


私はそれをみて
主人には私の笑顔じゃ
ダメなんだと
思っていたんですが、
違うんですね。


心から笑えていない私に主人は
気づいていたのかもしれません。




それを思ったら
やっぱり私をちゃんと
理解してくれているのは主人
なんだと改めて実感しました。


浮気はあと1ヶ月で
1年になってしまいます。
しかしやっとこのことに
気付けたってことは今からが
本番なんだと思います。


時間はかかりましたが、
鈍感な私にはこれだけの
時間が必要だったの
かもしれません。




私は主人に
あうまでは人に気を
遣って生きていたので。


ありのままの自分で
いいんだよと主人に
教わったのにまた主人に
あう前の自分に
戻ってしまっていたんです。


それが主人にとっての
居場所をなくして
しまっていたんですね。



これから誠実に主人と
向き合っていこうと思います。
長々とすみませんでした。




(志田)

人生はね、みんな幸せに
なるように出来ているんです。
難しい事ではないんですよ、
ハッピーになるってことって。



「気付く」か
「気付いていない」
かの違いだけなんです。
気付きが出てきた時点で、
あとは良い方向へ
行くのは早いです。


下記押して下さると励みになります^^よろしくお願いします。




夫の浮気悩み相談 お前といたらまた浮気する自信がない・・・ でした。















いいね!(13)  |  リブログ(0)