寝屋川酒場 情熱ホルモン

テーマ:

今回ご紹介するのは、派手な看板が目立つ"情熱ホルモン"です。

以前から気になっていましたので、今回食べに行きました。


店名にホルモンと付けるだけあって、扱っているホルモンの数は半端じゃないです。

すぐ隣に個室焼肉ダイニング “焼肉一丁” がありますが、ホルモンの味は"情熱ホルモン"の方が上だと感じました。赤みもカルビは悪くないですね。ロースは好みではありませんでした。

ちなみに、メニューはほとんどがホルモンなので、ホルモンが嫌いな人にはお勧めできません。




次は、カルビ(税込409円)とげたカルビ(税込409円)です。それぞれ一人前です。



次は、タン(税込409円)です。少し厚めに切ったタンの上にブラックペッパーがふってあります。

これも中々のお味でした。




次は、まぜホルモン(税込714円)です。

日替わりで3種類のホルモンの盛り合わせが出てきます。



まぜホルモンにはキャベツも少しですが、付きます。



次は、カルビ(税込409円)とロース(税込409円)です。




次は、ご飯大(税込241円)です。

焼肉一丁で食べたときはご飯の美味しさに感動しましたが、こちらのご飯はイマイチです。

自分で家で炊いた方が美味しいと思えるのは、残念です。




しかし、七輪で炭火で焼くのですが、排煙設備がしっかりしていて、家族ずれでもデートにも一度は使えるお店かなと思いました。

お店の利用方法としては、ホルモンとカルビだけを沢山食べると満足度が高くなるような気がしました。



ドリンクは種類はありません。

ホルモンを食べるためのお店ですので、仕方ありませんね。




こんな看板が目印のお店なので、機会があればぜひ一度行って見てください。

繰り返しになりますが、ホルモンとカルビ(特にげたカルビ)はお勧めです。



□寝屋川酒場 情熱ホルモン

大阪府寝屋川市池田中町32-18

TEL:072-826-4129

AD