今回ご紹介するのは、清水(きよみず)の舞台で有名な京都の"清水寺(きよみずでら)"です。

こちらでは、ぜひ"随求堂(ずいぐどう)"の"胎内(たいない)めぐり"を体験して欲しいです。カップルで行くと良いかも(?)


写真は清水寺の前のお土産もの屋さん街です。



清水寺の前に地図がありましたので、参考までにご紹介しておきます。

道は一方通行なので迷うことなくあるけますので、地図は不要ですが。



次は清水寺の入口にある"仁王門(におうもん)"です。重要文化財で清水寺の正門にあたります。




仁王門をくぐるとすぐに"随求堂(ずいぐどう)"あります。ここでは"胎内(たいない)めぐり(税込100円)"を体験できます。大随求菩薩のお腹の中へ入る体験ができます。疑似体験ですが、光の無い真っ暗な闇の中を進む体験は新鮮な驚きがあります。お勧めです。




こちらが"胎内(たいない)めぐり"の入口です。靴を抜いて受付でお金を払って、階段を下りて行きます。




次は、普門閣です。右手の売り場で清水寺の拝観料を払って中に入ります。大人一人300円(税込)です。この日は、外国の観光客の方が沢山いました。




普門閣を入ってすぐのところです。




鉄錫杖と鉄高下駄です。持ち上げることができるかな?



"出世大黒天"です。ちゃんとお祈りしておきましょう。



次は清水の舞台(1)です。



清水の舞台(2)です。




清水の舞台の裏側です。




清水の舞台の裏側には沢山の菩薩像が配置されていました。

写真中央の鐘を突くための順番待ちができていました。特に外国人に大人気です。




次は清水寺の中にある"地主神社(じしゅじんじゃ)"です。

ここは縁結びの神社として有名ですね。ご結婚がまだの方は一度訪れてみるといいかも。




こちらは清水の舞台の全体写真です。




清水の舞台を右手に京都市内を見たところです。少し小さいですが写真中央にあるのが、京都タワーです。




水飲み場があるので、喉が渇いたらどうぞ。




次は清水の舞台を下から見たところです。立派な骨組みですね。



AD