今回ご紹介するのは、関西人なら一度は訪れたことのある観光名所"奈良公園"と"東大寺"です。大人になってから来ても楽しいですね。写真は鹿せんべいの売店です。鹿せんべいを持っていると命の危険を感じるほど鹿が近くに寄ってきますよ(笑)




写真は見たまんまですが、鹿です。鹿せんべいを狙っています。




道端にも沢山の鹿がいます。触ることもできますよ。



道は人のためにあるのか、鹿のためにあるのか良く分からなくなるほど鹿がいます。鹿せんべいを持っているとあっという間に鹿に取り囲まれるので注意してくださいね。



奈良公園を探索した後は、東大寺へ向かいます。奈良公園と東大寺ってものすごく近かったんですね。次の写真の入口には"大華厳寺"と書いてありますがこれは"東大寺"の異称です。




東大寺の入口には左右には運慶、快慶らによって作られた大きな木像はがあります。左側の口を空けた仏像が"金剛力士像・阿形"です。




右側の口を閉じた仏像が"金剛力士像・吽形"です。




写真は東大寺の概観です。ここに入るには拝観料が必要です。


写真は、東大寺入口右側にある"賓頭盧尊者坐像(びんずるそんじゃざぞう)"です。 病人が患っている箇所と同じ部分を撫でると治るという信仰があり、"撫仏(なでほとけ)"とも呼ばれています。調子の悪い箇所があれば撫でてくださいね。




写真は、東大寺の大仏です。直接見るとやっぱり大きいですね。



□東大寺(とうだいじ )
住所:〒630-8587 奈良県奈良市雑司町406-1
休館日:無休
料金:大仏殿・法華堂・戒壇堂は各々、中学生以上500円、小学生300円
電話:0742-22-5511(8:30~17:00)


AD