(旅)有馬温泉 "金の湯"

テーマ:

有馬温泉に着いて"太閤橋"に行く。

よくガイドブックなどで有馬温泉を紹介しているページに載っている橋です。



"太閤橋"の下を覗くと足湯(?)らしきものが見えましたが、誰もいません。

実はこの日、台風が接近しており、小雨が降るわ、風が強いわでこれが足湯だったとしてもまー、みんな入りに来ないだろうなって感じでした。



次は有馬温泉を走るレトロなバスです。




ようやく到着しました、"金の湯"です。ここのお湯は普通の温泉と異なり褐色です。匂いは特にありませんでした。手でお湯をすくうと鉄分が酸化したもの(?)が浮いているのが分かります。こんな温泉初めて入りました。湯は水で薄めてあり、42度と44度の2種類があります。

もし、タオルを持参していなければ、フェースタオルが1枚200円、スポーツタオルが1枚500円で購入もできます。




温泉の効能はこんな感じです。



ちなみに"金の湯"の入湯料は一人650円ですが、"銀の湯"も入る方は格安なセットで購入しましょう。二つ合わせて850円です。



ちなみに、"金の湯"の建物の外には足湯があります。ここのお湯の特徴的な色が確認していただけます。台風が迫っているにもかかわらず、外国人観光客が沢山きていました。




"金の湯"とは全然関係ないけど、お土産にはぜひぜい炭酸せんべいを買ってください。下の写真のお店でかーくんは味見の炭酸せんべいを3枚もいただいてしまいましたので、お礼にちょっと宣伝です。ちなみに、有馬温泉のお土産もの屋は午後5時頃には閉まりだすのでお土産は早めに買いましょう。



このお店では、実際に炭酸せんべいを作っているところを見ることができます。金の湯を正面に見て、足湯の方から坂を20m程度上がったところにありますので、よろしく。



AD