【人力車”ヤマトタケル”】

テーマ:

【人力車”ヤマトタケル”】

数年間、伊勢を走らせてきた人力車ヤマトタケルを元の持ち主へと昨夜お返しした。 

{375F6477-BF23-403C-8181-594EDFF96983}


2013年以来、いなべ市のある方よりお借りしていたものだ。

いなべ市と桑名市の市境にある平群神社というところはヤマトタケルが東征からの帰途、疲れた足を休めたところといわれていて、足洗池という名前がついている。

立派な銅像も立っている。

1億円事業のときに、銅像を含め、周辺にヤマトタケルロードという道を整備した。

この道を活かすための手段として人力車が購入された。

ところが、この人力車、買ったはいいが、ひく人間がいなかった。

そこで、ひょんなご縁から僕に連絡が入った。

イベントで人力車を走らせたいからひいてくれないか?と。

仕事をいただくことはもちろん、ありがたいことだが、僕の喜びようは尋常ではなかった。

というのも、その前年末くらいからヤマトタケルが氣になってしょうがなくなり、ヤマトタケルの想いを自分の中にとりこむためにも、熱田神宮から伊勢神宮まで人力車で走りたいと思ったのだ。

なぜなら、ヤマトタケルは東征(関東方面への遠征)にいって、帰り道、熱田神宮にお祀りされている草薙の剣を妻である宮簀媛に預けてそのまま伊勢にたどり着くことができずに途中で息絶えた。

やりきれなかった無念がその熱田神宮と伊勢神宮の間には残っているんじゃないかと感じたからだ。

三重県の名前の由来がヤマトタケルが途中で足が動かなくなり、「吾が足、三重の如く勾(まが)りたり」というところからきている。

三重に住んでいる以上、ヤマトタケルのことを少しでもわかりたいと思ったのだ。

 

そんな旅をした数ヶ月後、ヤマトタケルロードで人力車をひかないか?と言われる。

しかも、そのイベントの日が僕の誕生日である5月5日。

できすぎでしょ!?笑

 

さらに、当時の自分は考えていた。

伊勢と出雲の同時遷宮が迫っている。

これを神々のことだけで終わらせていいのだろうか?

僕にも何かできないか?

『伊勢と出雲をつなごう!人力車を走らせて!!』

伊勢から出雲まで人力車で走ることを本氣で思っていた。

 

その想いを人力車の持ち主の平野さんにお伝えすると、快く貸してくださることになった。イベント終了後、そのまま出雲に運ぶ段取りをしていた。

ところが、これは実現はしなかった。

理由は、自分の息子の初めての誕生日よりも優先すべきことなのか?と友人にたしなめられたからだ。

もっともなことだと思い、平野さんにそう伝えたら、貸してあげるから伊勢でひきなさいといってくれた。

 

買えば180万円する代物を破格の料金で貸し出してくれた。

保証料みたいなもんだ。

お伊勢参りにこられる方に人力車に乗ってもらえる。

ここで眠らせておくよりよっぽどいい。

そういって、僕が伊勢でひくことを喜んでくれていました。

 

それから時間が流れ、人力車をひく仲間もでき、僕もかたりべとしての仕事がメインになり、住まいが伊勢から奈良へと変わった。

お借りしていた人力車タケルと触れ合う機会も少なくなった。

ほとんど仲間に任せっきりになっていた。

 

タケルは想いを受けて託されたものであったにもかかわらず、その想いが伝わらなくなっていた。

お預かりしているものをひかせていただいているという立場にもかかわらず、いつのまにか自分たちの持ち物のような感覚になっていた。

それを象徴する出来事が起きた。

タイミングだと思った。

 

いったん、平野さんにお返しすることにした。

 

そして、昨夜、自宅まで届けて少しお話をした。

そしたら、こう伝えてくれた。

「わしはあんたが好きやねん、あんたの方向性が決まったらいつでも言ってな。協力するから。」

そうだよな。僕を氣にいって僕に託してくれたものだった。

僕自身がそのことをしっかり受け止めてなかったのだと氣づけた。

 

それを受けて、自分はタケルをひきとりたいと思った。

奈良の地にタケルを!

 

そう、平野さんは、伊勢に預けたのではなく、僕に預けたんだった。

 

ヤマトタケルは、父である12代景行天皇の命を受けて東方遠征の途次についた。

叔母である倭姫より剣を授かり、旅に出た。

もちろん、倭姫の元にも帰りたかったであろうが、一番愛されたかったのは父親である景行天皇。

大和にいる父親を思慕して大和を想い、辞世の句を残す。

 

大和は国のまほろば

たたなづく 青垣 山籠れる

大和し うるはし

 

タケルは大和へ帰りたかった。

僕はタケルを大和に返すことにする。

 

しかるべきときに、ひきとりに行かせてもらう。

じっさいに、平野さんにもそう伝えた。

 

ぜひ、タケルで大和を案内させてほしい。

 

 

きっと時空を超えて伝わるものがあるから・・・

AD