125社参り〜外城田巡り〜

テーマ:
5月16日、外城田にある神宮の125社を巡る。
伊勢本街道沿いに坐す棒原(すぎはら)神社から。

ここの祭神は、天須婆留女命御魂(あめのすばるのみことのみたま)。

昴(スバル)のことである。
スバルとはおうし座にある星団。

かなり宇宙的な神社でした。

{A799F5C9-B8D3-40FB-A430-2CE752E23153}

{EBA2974D-5941-4C85-AB38-4CD086C57DBA}

{103C831F-DA84-4541-B220-1D0A64E0F275}

{98EBAFE8-6E66-4A99-8893-07C06438396A}

3600年前の天文版、ネブラディスクにも載ってる。
太陽の右上のななつ星。
スバルとは六芒星のことだと観じた。

田園の中に小高くたつ丘の上にある神社。
かつてはさぞかし見晴らしがよく、星もよく見えたことと思う。

星の信仰が伊勢にも神として祀られていることがたまらなく面白かった。
大好きな神社のひとつになった。


{DF5A3921-C812-441D-AA8B-CCEAD8E47108}

{32B2805F-7149-4F70-B3C1-57B76C19AB12}

{DE8A393F-73C9-43FF-A1CB-CFA7BC2BC367}



続いて訪れた神社が御船神社。
倭姫が外城田川を遡ってきたときに船を止めたところだそう。
そこで土地の人たちにおもてなしを受けたことだろう。
地元でお迎えし、おもてなしをしてくれた方々を神としてお祀りしたものと思われる。
エネルギーがとにかくにぎやかで、宴会がおこなわれていたことが観じられた。
同座にお祀りされてたのが川の神様。
そのお導きでここにたどり着いたことで倭姫が感謝とともに祀ったと思われる。
それが寒川比古、寒川比女。
それが相模国一ノ宮の寒川神社と同じらしい。

どうつながるんだろう?

まぁ、どんちゃん騒ぎで愉しい感じだった( ◠‿◠ )
{5ADD9E1C-7F52-4DF5-A62A-E6C9302DC85B}

{EB4B5E1E-EDFA-4E59-BE3D-26D61E88896C}

{9C2F7845-6CBF-4B55-AE38-F130BE970C3A}

{251406F9-18B7-4F54-A74B-AB7C7D1299D2}


AD