土佐一ノ宮

テーマ:
初めての高知。
まずは土地の氏神さまにご挨拶。
{D7CA4817-227C-4B52-B520-D669B49E7403}

{0B65D32C-4B4A-4079-B007-6265487B57DA}

土佐一ノ宮にてして土佐神社という。

ここは、アジスキタカヒコネ様とヒトコトヌシ様がお祀りされる。
いずれも、賀茂氏も深い関わりのある神様で、葛城が本拠地である。

大和からきた僕としては氣にならないわけがない。
訪ねてみると、礫石という岩があった。
{F5252E91-9FB6-4E10-8D40-B2EDF9C3816D}

{CD90F786-778C-4DDA-8D75-37E054783C28}


やはり、賀茂氏の関係の者がこの地に国造として赴任し、その元の神であったアジスキタカヒコネとヒトコトヌシをお祀りしたものと思われる。

最初は鳴無神社という海沿いの場所に拠点を構えていたものが、この地に移ることになったことを象徴しているのだろう。

当初は神幸祭が行われていたそうだから。
つまり、一年に一度、ルーツを辿るために、神様を神輿に乗せて懐かしの場所に赴くのだ。

今は簡略化されてるみたい。



この神社でもう1つ氣になる場所があった。
御手洗池。
{FC101DB3-AE84-4517-84F8-660850DE8B6E}


そこの中央に岩があった。
ここにはすごく強い龍神のエネルギーを感じた。
伊勢の内宮のそばの岩井田山の磐座にそっくりだった。
{D8414BE8-E219-4E1D-91B0-B833659A80D6}


龍神祝詞を唱えたらぶわーって氣持ちがいいほど拡がっていくのがわかった。
よかった。
いやさかいやさか!



まだ来たばかりでなにもわからない。
はじめましてではあったが、歓迎してもらっているような感じはした。

人力車を京都でアルバイトで走らせていたときに、もっとも相性のよかったのが高知県の方々。
いつか御縁ができたらと思っていたが、ようやく念願叶い、初上陸。

これをもって、全都道府県を訪ねたことになる。


記念すべき日だったので、なんか嬉しくなって投稿した。
今日はどんな一日になるかな。
みなさまもよき一日を!!

皇紀2676年陰暦12月22日
土佐国にて
山田祥平 拝

{419A428B-0E8C-42A4-B3CD-38596716C411}


AD