CURRENT MOON
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-08-30 01:03:50

初めての海

テーマ:旅行 / travel
昨年は妊娠中で行けなかった夏の旅行。
今年は娘、花風を連れて行ってきました。
本当は波照間島に行きたいところだけど、
まだ娘は小さいので安心のため、大きな病院のある石垣島にしました。
乳児が一緒だとホテルに泊まるしかないかなあと思っていましたが
なかなかピンと来ず、ねばって探したら乳児もOKの民宿を見つけました!
ホテルもいいけど、沖縄ではやっぱり民宿です。

娘を連れての飛行機も初めて。とても緊張しました。
離着陸時の気圧の変化で赤ちゃんは耳が痛くなるらしいというのを聞いていましたが、
花風は特にそんな様子も見せず、無事に乗り終えることができました。
(※一応離着陸時にはおっぱいや飲み物を飲ませて耳ぬきになるようにしていました。)

花風の生まれて初めての海は石垣島の米原海岸。
ここはリーフに囲まれて波がなく、浅瀬にもさんごがあって魚がたくさんいます。
抱っこで水の中へ。それほど怖がりもせず、手足を動かして水の感触を楽しんでいるようでした。なぜだか水の中の花風はまたいちだんと可愛く思えました。

あいにく台風が直撃。飛行機が飛ばず2日滞在がのびました。
一昨年波照間島に行ったときもそうでした。
直撃の最中、宿に缶詰めになっている間は宿の子供たちに遊んで(遊ばれて?)もらい、
少したくましくもなった娘でした。

実は私は石垣島に泊まったことは何度もありますが、いつもさらに小さな離島へ行く中継地として泊まるだけで島のことを良く知りませんでした。今回初めてレンタカーで島内を巡りました。
八重山民謡に出てくる地名がたくさんあって楽しかったです。
白保の集落では真謝井節に唄われている真謝井(マジャンガー)という井戸を見ました。
つんだら節に唄われている野底岳も見ました。(登れるのですが今回は見るだけ)
川良節に出てくる山道も通ったし、あんぱるぬみだがーまという唄に唄われている名蔵アンパルという干潟もありました。繁盛節に唄われる崎枝集落、、ほかにもたくさん。。
"八重山民謡でめぐる石垣島"というガイドマップを作りたいくらいです。


今回もやっぱり沖縄はたくさんパワーをくれました。
自然いっぱいの中でのびのび。東京に戻りたくない~~といつも思います。
花風に見せたいものがまだまだたくさん。
次の沖縄旅行がもう楽しみです。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012-06-13 16:25:06

寝静まった後に

テーマ:art
最近娘を寝かしつけたあと、絵を描いています。
夜は夕食の準備から娘を寝かしつけるまで、一日のラストスパートのような時間があって、
そのあと急に家の中は静かになります。
体力もだいぶ消耗し自分も寝てしまいたいところですが、
この時しか途中で中断することなく何かをやれる時間はありません。

以前から映像作品のためのドローイングはしていましたが、
最近はなんだか絵を描くこと自体が楽しい。
作品を少しお休みして三線に打ち込んだり、出産したり育児したりして、
今改めてまた自分の美術に取り組んでいます。
今はとてもリラックスして作品を作っている感じ。
何だか子どものころを思い出します。
でも疲れているので夜そんなに長く集中出来ないけど、、
コツコツやっております。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-05-24 01:25:54

そういえば

テーマ:旅行 / travel
奈良の話に付け足し

そういえば、、
明日香、石舞台古墳のすぐ近くでの出来事。
芝生の広場へ続く道を歩いていたところ、
突然小さなつむじかぜが前方からこちらへ向かってきた。
芝生の中の細い道を、その道の通りにカーブしつつまるで私たちめがけて来るかのように。
突然だったのでよけきれず、あらあらあら?という間に直撃。
ベビーカーの娘共々つむじかぜにくるっと包まれました。
何?今の?
髪の毛の中やバックの中、ポケットの中、ベビーカーのかごの中など
風が巻き上げた葉っぱとか細かい木のくずがいっぱい。

何だか不思議な出来事。
つむじ風、何かのいたずらだったのでしょうか?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-05-23 12:13:19

明日香に行ったのでした

テーマ:旅行 / travel
そういえば、ゴールデンウィークに奈良へ行ったのでした。
娘は生まれて初めての旅行。
7ヶ月の赤ちゃんを連れてどうなることやら、と思っていましたが、
意外にもたくさんまわれて、おいしいものも食べられて、なかなか楽しい旅行になりました。

今回どうしても明日香に行きたくて、一泊は明日香。その後奈良市内へ移動しました。
でも後から考えればずっと明日香でもよかったなあ。
明日香の宿はとても良い宿だったのでおすすめです。「祝戸荘」

明日香は自然いっぱい。
有名な石舞台古墳を始め、不思議な巨石がたくさん。
明日香はとても古いのであまりきちんと残っていないものも多く、
その分創造力をかき立てられます。
古墳など、自然と一体になりかけているところも良い。
ほんとうはまだまだ地面の中に眠っている遺跡がたくさんありそうです。
明日香はレンタル自転車で巡るのが一般的だけど、私たちはベビーカーを押してひたすら徒歩。
でも明日香は歩くのも良いですよ。
今回一番良かったのは、朝早起きして奥明日香と呼ばれる一帯を散歩したこと。
飛鳥川を遡るように歩きました。
棚田が広がり水が流れてとても清々しい場所です。
そうそう、明日香はいたるところに水が流れているのです。
それがまた土地全体を清めているような、そんな感じ。

青いトンボが飛び、蝶も舞い、鳥が飛び交い、カエルの鳴き声がしました。
夏になったらセミの声もすごいだろうな。
道ばたに花もたくさん咲いていました。
ちょっと身体のバランスが整ったような気がしました。

飛鳥川に飛び石の橋があります。
万葉集にもうたわれている古い橋。
飛鳥川は信仰の川。美しく、不思議な川でした。

風が吹くまま   Wind will carry us-石舞台古墳

風が吹くまま   Wind will carry us-飛鳥川飛び石

風が吹くまま   Wind will carry us-明日香の景色
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-05-22 21:55:45

金環日蝕 Annular solar eclipse

テーマ:初めての事 /my first time
5月21日の金環日蝕、じっくり味わいました。
私はマンションのベランダから見ました。
見ている最中はわくわくして気持ちが上がっていたので、よく実感していませんでしたが
後から振り返るとなんて神秘的な時間だったのだろうと思います。
太陽がだんだん欠けていって金環日蝕に近づくと、
だんだん辺りが薄暗くなって寒くなりました。
鳥が騒ぐと聞きましたが、私の周りでは鳥は鳴くのをやめて静かになったように感じました。
マンションの横の大通りを走る車の音だけがしました。
だんだん黒い月が移動してきて、、、ついに金環に。
これがそうなのか。
今、太陽と月と自分が一直線なんだと思うとドキドキしました。
太陽のリングも大変美しかったし、月の存在感も強く感じました。

日蝕が終わるとうそのようにいつもの感じに。
何だか夢を見ていたような気分。
日の光が遮られるとあんなにさっと寒くなった。
太陽ってすごい。私たちはいつも本当に太陽の恩恵を受けているんですね。

私が日蝕メガネ片手に空を見上げている間、
娘は窓のそばのベッドの上で一人で遊んでいました。
一緒に見れたらよかったけど、まだちょっと早い。
大きくなったら話してあげよう。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-05-20 00:13:07

おひさしぶりです

テーマ:日々の事 / daily things
お久しぶりです。
ずいぶん長い間ブログを更新していませんでした。
昨年、2011年10月2日、女の子が誕生しました。
お産は29時間かかり大変苦しい思いをしたのですが、あとから29時間はそんなに長い方ではないと聞き、びっくり。私の場合は陣痛がなかなか強くならず(といってもそうとう辛かったですが)体力がもたなかったので陣痛促進剤を投与してもらいました。でも生まれてみたら赤ちゃんの首にゆるくへその緒が巻き付いていたのでした。だからゆっくり出てきたのかな~、と思いました。無事に出てきてくれて良かったです。赤ちゃんてすごいです。

そして現在、すくすくと成長し、もう7ヶ月になります。出生時の体重が3242gだったのが今では8キロ。まるまるしています。おっぱいをあげたりオムツを替えたり、あそんだりお出かけしたりお風呂に入れたり、、あっという間に一日が終わってしまいます。ああ、わたし今日一日何をしていたんだ?と思うくらいひゅんっと時間が過ぎていくのです。が、本当はいろんなことをしています。赤ちゃんと24時間一緒は大変だけど、とても幸せです。
少しだけ、自分のことも。美術作家の友人と往復作品書簡というものを始めました。郵便で送れる範囲でお互いに小さな作品や作品にまつわるもの、文章などを送っています。小さな書簡ですがこれが結構時間がかかります。そして楽しい。小さな隙間の時間を見つけて何とかやっています。

妊娠中に買ったまど・みちおさんの詩集を赤ちゃんに時折読んでいます。
まど・みちおさん、100才を超えてなお制作活動をしておられるそうですよ。
まどさんの詩は、心臓をぎゅうっと掴まれるような優しくて切ないものがあります。
好きな詩をひとつ。

----------------------------------
にじ



にじ
にじ
にじ


ママ
あの ちょうど したに
すわって
あかちゃんに
おっぱい あげて
-----------------------------------

毎日の授乳のたびに、この詩を思い出して、
にじの下にすわっているような気持ちでおっぱいあげています。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-26 00:55:02

もうちょっと

テーマ:日々の事 / daily things
赤ちゃんのベストを大分前から編み始め、夏の暑い時期に一時ストップしていたのを最近再会しました。
ベストというよりチョッキだな。編み慣れない赤ちゃん用のやわらかい糸なので、目が大きくなってしまったり揃ってなかったりであんまり上手じゃないけど、きっと温かいと思います。産まれる前には仕上がらなそうだけど、冬にはなんとか間に合わせたいな。

鍼灸院で先日「仕上げのお灸」とやらをしていただき、赤ちゃんを骨盤へ下降させるためのエクササイズもいくつか習いました。トイレに入る度にスクワットをするとか、マンションの階段をリズミカルに降りるとか、、。昔の人は今の人よりもよく動き働いていたのでお産が軽かったとききます。だから今は逆に意識して身体を動かした方がいいということなのでしょう。でもなんだかそんなに無理矢理下降させないといけないのかな?と少し疑問です。
確かに軽いお産にするためにはあまり遅くならない時期に赤ちゃんが十分に骨盤の中へ下降して、子宮口が開き始めて、、というプロセスをうまく辿った方がいいんだろうけど、赤ちゃんには赤ちゃんのタイミングってものもあるんじゃないかな?

今回の妊娠期間に3回も逆子になりその度にお灸で回転させて治してきましたが、今思えばそんなことしなくても、時期になったらちゃんとくるんとまわって正しい位置にきたかもしれなかったなという感じがするので、無理にくるくると回転させちゃってごめんね、とも思うのです。
結局自然にまかせていて大丈夫なんじゃないかな。よっぽどの時にはお灸の力も必要だけど。
それに、スクワットしなくちゃとか、階段降りなくちゃとか、"やらなくちゃ"が先にきて、またまたリラックスできなくなるのが一番良くない気がする。赤ちゃんとのおなかの中での一体感を味わうのはこれで最後なんだから、楽しく過ごしたいものです。

今日で38週と5日。明日が新月なのでもしかして産まれるかもなんて思っていたけど、健診では「まだ全然だね」と言われました。赤ちゃんがまだ降りてきてないということ。赤ちゃんはもうちょっとおなかの中にいたいみたいです。エクササイズは精神が疲れない程度にやって、赤ちゃんのタイミングを待ちたいと思います。

ブログを読み返すと少し前の私はちょっと心配性過ぎた感じ。今はなるようになれなので楽になりました。よかったよかった。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-16 23:11:38

おなかが教えてくれた

テーマ:日々の事 / daily things
妊娠37週に入ったらどんどん動いて下さいと、
お灸の先生にも病院の助産師さんにも言われていました。
身体を動かさないと陣痛がおきにくいのだとか。
しゃがんで拭き掃除なんかがいいらしい。
ということで、37週に入った水曜日から一生懸命家の中の掃除を始めました。
これまではずっと"安静に”と言われ続けていたので、動いて下さいなんて言われるのは逆に嬉しい感じ。
すみずみまでピカピカにしてやる、という意気込みでちょっと頑張りすぎてしまいました。
なので今日は少し休憩。一日中なんだかおなかが少し張っているような感じで、
昨日一昨日と掃除しまくった自分を振り返り、相変わらず思ったら即、行動、、に反省。
でもおなかが張ったことで、それまでは入院の前にあれをしなくちゃ、これをしておかなくちゃ、
と色々思っていたのに、まあ、全部できなくてもいいか、というような気持ちになりました。
あせらないでよ~、とおなかが教えてくれたのかも。

妊娠のせいですごく汗をかくのと、クーラーでおなかが冷えるのを防ぐため
今は朝と夜の2回お風呂に入っています。おなかまでの半身浴。
妊娠中は血液の量が増えて通常より心臓に負担がかかっていて、
以前肩までお湯に浸かったら、出た途端にぶっ倒れそうになりました、、。
半身浴はけっこう気持ちがいいし、このお風呂の時間は赤ちゃんをあっためている意識もあるし、
ぼんやりと色々振り返る時間にもなってなかなか良いです。
こうしてゆっくりお風呂に入れるのもあと少し。
楽しみたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-14 15:14:17

まもなく

テーマ:日々の事 / daily things
いよいよ臨月に入りました。
そして今日からは妊娠37週に入るのでもういつ産まれても大丈夫。
いつ入院になっても平気なように家を片付けて準備をしています。
痛みや無事に産まれるかなという不安はないとはいえませんが、前よりは減りました。
今は赤ちゃんを産むというよりは、赤ちゃんが自分で産まれてくるのを助けるような気持ち。
だから痛さや産まれ方はもう赤ちゃんにおまかせ。私はそれに合わせて出来る限りのことをするだけです。

一昨日は十五夜、中秋の名月でした。
何年かぶりに夜空が晴れて良く見えるとのことでしたが、まぶしいような本当にきれいな月でした。
昨日の十六夜もまたよく見えて、十五夜とは違った少し控えめな光でとてもきれいでした。
満月の日の前後には赤ちゃんがたくさん産まれるそう。
月を見ながら、今頃お産を迎えている人もいるんだろうなあ、、と思いを巡らせたり。
母親学級で一緒だった人達も何人か"その日”を迎えていたかもしれません。
新月の前後もまた多いそう。
私は新月の頃かな。
楽しみです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-08-14 17:21:57

自由に

テーマ:日々の事 / daily things
前回の記事でお灸で逆子が直ったと書きましたが、、
またまたまた逆子になりました。3回目。よく回転する子です。
でももう原因はよくわからず。
迷ったけどまたお灸の先生へ電話すると、我が家へ往診にきてくれる事に。
またすごく熱ーいお灸を足の小指にしてもらったら、やっぱりまた逆子がもとに戻ったようです。
まだ病院のエコーで確認していないので確実ではないけれど、
赤ちゃんがおなかを蹴る位置が変わったので多分正常な場所にもどったと思います。
お灸はすごいなあ。

でも、正直言うと、色々とちょっと疲れてきました。
というのは、病院の先生、助産師さん、お灸の先生、みんな言う事が違うのです。
考え方が違うのでそれは仕方ないんだけど、私はよくわからないものだから、
それぞれから言われた事を生真面目に守ろうとして、なんだか気持ちが窮屈になってきました。
例えば、逆子が直ったところでお灸の先生に"赤ちゃんの背中を下にして寝て下さい"と言われています。その方が赤ちゃんが再逆子になりにくいのだそう。でも、大きなおなかを抱える私にとっては
ずっと片側を向いた姿勢で寝るのはとってもとっても苦しい。
助産師さんはそんな無理しないで楽な姿勢で寝た方が良いと言うし、私もできればそうしたい。けど、
また逆子になったらどうしよう、、と考えてしまったり、、、
こんな寝る姿勢のような小さなことでも精神的な負担になってしまいます。

やっぱり"~しなくちゃいけない”という考えは精神に負担になります。
体重を増やしすぎちゃいけない、フルーツを食べすぎちゃいけない、アイスを食べちゃいけない、
足を出すような格好をしちゃいけない、、、、、、などなど
妊娠中はただでさえ制限が多いのに、さらにどんどんそれが増えていってしまうのはつらい。
確かに言っている事はわかるし、しちゃいけないと言われる事の多くが赤ちゃんのためであるのはわかりますが、ここへきて自分にとって大きな精神的負担になっていることがわかりました。
原発のせいで、肉や野菜もいちいち選んで買わないといけないのも負担の一つ。

今回逆子が直ったと確認できたら、
こんどは私自身が精神的に自由になることを一番に考えてみたいと思います。
私が心地よくいるのが赤ちゃんにとっても一番良いと思うのです。



いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。