月宮東雲のブログ

声物語劇団についてだったり、日常についてだったり、声劇台本についてだったり、お酒についてだったりそんな感じのブログ。


テーマ:

昇日月天でコンニチハ!
掲示板の書き込みにあったチャッターボクシーズの朗読会にご招待頂きましたので、
6/18に参加してきました。

ランチで朗読劇ということで、30人くらい入るようなイタリアン(?)レストランが会場でした。

13:30~開演で、ろくに地図も印刷しないでグーグルマップの画像を写メって、路線図を印刷してこなかったことを激しく後悔しながらも、勘でトコトコ歩き、無事会場に到着。
なかがごった返していたのと、一般客でにぎわっている中、14時くらいから正式に始まるんだろうなと思って、外でウロウロ。
めっさ路地裏をうろつきまくって時間をつぶしてました。

早く来すぎても時間って持て余しちゃいますよね・・・(´・ω・`)

14時前に入店したものの、月宮ですと言えず、着席。
食事の注文の際に初めて打ち明けると・・・打ち明けた相手が、今回ご招待して頂いた橘田さんでした。

HPに載っていた写真とちょっと違う感じがしたから全然わからなかったです。

料理の注文
魚・肉・パスタ料理から選択と、デザートと飲み物も選択できました。
多彩なメニューがあって、それで1500円で朗読劇も聞けるという今回は粋なはからいです。

・サラダ
・サクサクごぼうパン
・ホタテ貝とトマトクリームパスタ
・抹茶プリン
・アイスコーヒー

27人ほどのお客さんの中、朗読劇が始まり、様々なお話を出演者が、朗読していきます。

朗読劇中に食事が運ばれてきたり、外の雑踏がもったいないなという感じでしたが、
食事をとりながらというのはリラックスしながら聴けたので非常に良かった試みだと思いました。

橘田さんから受付終了後に、一言お願いしますねとは声かけられていたのですが。
まさかのお客さんたちの目の前でスピーチをさせて頂きました!
・・・いや、全然喋れませんでしたけどね。もはや、何をしゃべったかわからないレベル。
結婚式でスピーチした父はこんな感じだったのですかねぇ・・・。

とかなんとか。自分のことじゃなくて、朗読する作品の一つや二つの小話でもした方が、
よっぽどよかったよなーと、スピーチを終えた後、激しく後悔していておりました。

この作品に込めたーとか。想いを聞いてください!って言った方が絶対かっこよかったです。


朗読劇パンフ 
  


とかなんとか、色々ありましたが
なんと生で!

田舎からの電話」を聴くことができました。

都会で暮らす卓美がいつも親に連れられて行っていた親の実家である爺ちゃんの家が舞台。
思春期で難しい年頃になった卓美にとって爺の家はただのど田舎で何もすることがなく、行っても退屈な場所で行きたくなくなっていた。
子供が独り立ちして、パートナーだった婆もいなくなって、孫の成長だけを楽しみに生きていた爺は、なんとしても孫を振り向かせたくて、一生懸命孫に追いつけるように努力をする。
扇風機しかなかった家にクーラーを購入して、使えもしないのに頑張って使ってみる。

使えたことを自慢しても当たり前すぎる卓美にとっては褒めることでも、努力も認めはせず、
そんな様子に寂しさを感じる爺。ついていけないことを恥ずべきことと謝ったりする。

今年も卓美に振り向いてもらいたくて、電話を掛けようとしたが・・・。
その電話はつながることなく、つながらない電話となってしまった―――

そんなお話ですが、ヒトコトには全然書いていませんでしたが、
この物語、ある意味次々目まぐるしく変化していく世の中と、取り残される人々を描いてもいます。
ドット絵のゲームからいつしか超リアルで、実在するような人物が動き回るゲームに、
ポケベルと呼ばれるようなプルピルなるような機械が主流だった頃から今じゃ、様々なことができる、アプリを入れたスマホやタブレットなどそんなのを操る。
一生懸命、一生懸命追いつこうと頑張るが、ようやく使えるようになったかなと思った頃には
オワコンといった形で次の新しい時代が来てしまっていっぱいいっぱいになるという。

そんなことを思いが込められた作品になります。


作品の後、お客さん数人がボロッボロ泣いてくださっていて、心の中でガッツポーズですよ。
込められた思いが届いたのかなって。

こうしたお客さんの反応が直接観れるってのがすごく素敵でした。
チャットボクシーズの皆さま、ご招待本当にありがとうございました!
また縁がございましたら宜しくお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。