森山風歩オフィシャルブログ

嬉しい楽しい大好き美味しいは真実!!

2008年2月24日に講談社より、自叙伝「風歩」を発刊book*


表紙は、天才アラーキーこと荒木経惟さんに撮っていただきましたCaplio R6 RD



 ⇒こちらからAMAZON



NHKにてドラマ化

『風歩』


主演: 秋山奈々(風歩役)細田よしひこ他

    原作:森山風歩「風歩」(講談社刊)


☆新刊情報☆


2012年2月24日発刊

「乙女失格」 ¥2000


$森山風歩オフィシャルブログ


ご希望の方は neko.oukoku.staff@gmail.com までその旨をご連絡くださいませ☆


POPEYE 2014年5月10日発売号

リリー・フランキーさんに森山のイラストとエッセイを書いていただいてます。



BARFOUT! 224

TENGAさんの連載『いろは』のページにリリー・フランキーさんに撮影していただいた森山のグラビアが掲載されています。




















お手紙等はこちらへお願い致します。


112-8001

東京都文京区音羽2-12-21

文芸X出版部

「森山風歩」宛


メールは

neko.oukoku.staff@gmail.com


にお願いします☆



Twitterリンク以下から


$森山風歩オフィシャルブログ



こちらから公式HPへ飛べます☆


$森山みるく(森山風歩)オフィシャルブログ


※ショップは只今改装中です


テーマ:
もうかれこれ10年のお付き合いになるhoriさんにこれから髪の毛のメンテナンスをしていただく

そして、アメブロに絵文字があったあった!と思い出して、久しぶりに使用。

携帯電話にしろ何にしろ、機械の弄り方って直ぐに忘れてしまう&機能の存在も忘れてしまう。

{9654815D-B2A1-499E-895D-800EF31C0D38}

{8DD25F57-2A81-43AE-B1C3-669F061F763F}

前回、アッシュを入れる為に明るくした髪の毛。
さらにアッシュの発色の為に明るくするか、もうアッシュを入れてしまうか、迷いながら渋谷へ向かいちゅ。

落ち込んでたり、強く悩んでいたりする時に、horiさんのサロンに行くと、
何も喋らないくらいズーンとなっていても、
その空間で過ごしてhoriさんの行き届いた接客(おもてなし)を受け、髪の毛のお手入れをして貰ったら、いつの間にか少し身体が軽くなって心が癒されているのを感じる


今日の私が、今日やりたいこと、沢山心をこめて出来ること、をやり尽くしてベッドまでの道を歩こー。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「お出掛け」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
安静にしている間、とある映画の脚本を読み込んでいて、
元々その監督さんの作品のセンスとセンテンスが好きだったのですが、ご縁あって制作に関わらせていただくこととなり。

五回より十回、十回より三十回。
読めば読むほどにそれぞれの人物の奥行きが増してゆく感覚が美味しくて、そんなものをゼロから一へと生み出せるその才能が眩しくて。

見た目の美から内面の美へと移り変わるそのお話が大好きで、視覚的にも美しい映像になるんだろうなぁ。とか思いながら、最終稿がどんなものになるのか楽しみ。

編み込みが寝癖でもしゃもしゃとタワシの様になった爆睡中のママとママの横で寛ぐマリアンヌ。



{E7A505EC-8135-4357-B6F3-C01F3CC7C3D2}





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
病院には這ってでも…行かねば…
という気持ちを作っても、全身の力の入らなさや胃腸や呼吸器系の激しい体調不良で半月ほど家から出られずー。
&
睡眠をとるために睡眠導入剤、睡眠薬を飲んでない時間帯にも、いきなりブツッ、と意識を失う様に突然寝落ちてしまうのが何とかならないものかと>_<

ということでっ、
病院に行けるエネルギーがない時こそ、診察が必要なのにねぇ。
己の本末転倒っぷりが情けない。

呼吸器の訪問看護で、毎週一応看護師さんに診てもらえるけれど、検査や処方箋の為に足を運ばないとどうにもね。

なんとかかんとか数日でコンディションを調整予定( ̄^ ̄)ゞ


その勢いで、お誘いやお約束の予定も楽しく迎えたい!

遊ぶこともお仕事も人との関わりも、体調管理も全部、真剣に。

何処かで力を抜きながら。


きっと今は、
いろいろと足りなかったものを取り戻す旅をしていて、
一つ一つどんなことでも、
逃げずに背負うこと、手に入れることは常に隣り合わせ。

痛いからって目を逸らさないこと。
かといって、
自分が当事者でないと、体感、実感出来ないこと、身を以て知ることが出来ないこと。
そんな外側からの見物ではわからない部分に、無責任に自分の経験を全てにして価値の位置づけをしたて解ったつもりになることはせずに。

知らないことを、勝手にジャッジすることを避けながら、確かに自分が五感で経験していること、その現実からは逃げずに、与えられたものを受け止めて学ぶ。

そして、全ての判断の責任は自分にあると忘れずに。


ガーベラと向日葵が一番好きな花。

真剣に、そしてフラットに隣にいてくれる全ての人がそんな存在。

{894760F4-397E-4306-A11C-B948A0C060DB}



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月の最終木曜日、漸く雨の降らない日が来て、雨の度にキャンセルをしていたヘアサロンへやっと行くことが❤︎

アッシュを入れ易くする為に髪の色をトーンアップ☆

その日はjoueteiのセットアップのキャミソールとパンツを着衣。
パンツを穿いたの何年ぶりかしら。

jewelryなサンダルと相性が良くて満足。
パンツは不便なので履かないのだけれど、お気に召したので、日焼けしたくない時、また穿こうかと。

普段、スカートしか穿かないとパンツは暑いね。


マリアンヌとアントワーヌと写真を撮るのはほんと、難しい。。。

毎日毎日、ママとの触れ合いや会話、一緒に過ごして積み重なる共有時間が愛おしい。



{4456AE8F-B204-4426-BF3A-5DE75A34A744}

{C252C2C1-0E4D-4AF6-8E86-2554DB5C7EB0}


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
生きるのに必死になっている時、
身体の状態や体調がやばい時、
精神的な症状が身体に出まくっている時、
などなど全般的に、
しんどいとか辛いとか痛いとかそんな時、まぁその内容をぐだぐだ愚痴ぐちといちいちここに綴るのは自分の矜持、美意識に反する。
…まぁ、はっきり言ってしまえばそんな見栄のがあり、
楽しいとか喜びとか美味しいとか、こうなりたいとか、其の上向きな部分を切り取ってここに記して積み重ねて行きたいなぁー、と思っているとっ、更新が凄く稀になっている!という事実。

聞かれもしないのに、あれがしんどい、ここが辛い、身体の弱り具合、進行がどうのこうの云うのはね、なんか粋じゃない。
聞かれたらフラットに答えるけれどね。
そんなスタンスで過ごしていると、こんなペースで。

暑中お見舞いの季節。
やはり手書きでしたためるのが一番気持ちが入ります。

一人一人が
自分、そして他人にちゃんと目を凝らし、上部の浅い想像で価値の位置づけをしたり、安易なジャッジをせずに、丁寧に対峙してゆくことで平和がまず自分のすぐ隣から、そしてその隣その隣と連鎖しますように。



2016.8.6

森山風歩



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
生き方が好き
行動が好き
人との接し方が好き
そのフラットさが好き
正直さが好き
我の強さが好き
人に寄り添えるところが好き
誰にでも分け隔てないところが好き
向上心が好き
誰とも自分を比べないところが好き
言い訳しないところが好き
物怖じしないところが好き
自分を高めるストイックさが好き
何でも楽しむ自由さが好き
自分の価値を信頼しているところが好き
大切なものを守り通す強さが好き
無いものを恥じずに認める気高さが好き

そんな人に私は成りたい。

{5AE7BC6B-565E-4EA9-A7B8-1EA62D45D071}






いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
1日の時間、1日の私のエネルギー、今日の分は全部使い切って終われる時、
中身も中味も詰まった時、幸せだよなぁ、と思う。

中身と中味が美味しいのが大事!



そして、不味かった時。

失敗とか嫌な出来事とかは、自分の裁量でいい方向に中身と中味を変化させて糧として何倍も元をとる!!

そしたら、結局、どんなことも良い結果になって人生が美味しくなる。



同じ様に恵まれたところに選ばれて生まれた人も、
その人の選択や自身への向き合い方で人間性や生き方がいい方向へ行く人も行かない人もいる。

同じ様に恵まれないところに選ばれて生まれた人も、また同じ。



年齢を重ねる毎に、その間に何を考え何をしてきたか、選んできたか、で自身の生き様が良くも悪くも顕著に、勝手に結果となってついてくる。


年齢なんて生まれて何年経ったか、って記号みたいなもので、その人間の厚み(自分と周りを幸せにする度量)とは全然違う。

詰まらなければ、面白くなるように何か自分に詰めちゃえばいい。

詰まらないのは、自分が何かから目を逸らして空洞をつくってるから。

自分が詰まらない人間になっちゃってるから。

好きなことに一途に、そして好きなことをやる為に他のこともいろいろやって経験してみる。

そんな地点にいるのが今日の私。

{D2F045AD-C7EF-4CF2-8E6B-70A7F4232277}

苺摘みの次の日に作った苺タルト❤︎

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:



{95579026-3925-473E-80FB-5CEE94CD3543}

日曜日、森山未來さんの舞台の千秋楽を無事に観て、
紡ぎだされる、放出される表現にじんわりとした感動を持って帰りました。



お家に帰ってから、パンフレットをゆっくり読もう!
と思って、あれ?なんでパンフレット無いの?と荷物を全部並べて、
何処かに置き忘れて来ちゃった?!
と頭の中でぐるぐると暫く齷齪して、初めて気が付いた。

そもそも買ってない!
買い忘れた!

Σ(゚д゚lll)

開演前にTシャツとポスターのセットを購入して、それらを入れる物を持ってないから、パンフレットは公演が終わってから買おう、と思っていて、いつの間にか購入した気になって忘れてた。
忘れたことすら忘れていた。

五感の記憶を大切にしよ。

けど、パンフレット読みたい。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
森山未來さんの舞台を鑑賞。

お昼の最初の公演、どうやっても身体が起きずに諦めて(*_*)

夕方の公演を鑑賞。

森山さんって、本当に表現モンスター!
と思いながら舞台上で繰り広げられるものを見つめる。


森山さんの生物の舞台は、
可能性や限界に自ら仕切りをつけたりせずに、
様々な思慮やアンテナを廻らせ、そして自分自身に向き合い己を磨き上げている人間にしかないものが必ず観ることの出来る、私の貴重で大切な場所。

本当に有難いものに出逢ったと思う。

{3E269A27-26AA-4A21-AB16-4DDE1EE1054C}

{936B132A-8C73-42E6-82BC-2EA21075FEAC}

{514336A7-AEAE-4E27-841B-CAE876FFDA2C}

{C290B3E0-7500-4F83-9EF7-A8BC8ABBFF42}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
未怜さんと凛さんへ(^ ^)

お二人に同時のお返事で失礼しますm(__)m


何が起こるかわからない毎日の連続の中で、
良くも悪くも、心に残った出来事、考えたこと、考えさせられたこと。

乗り切るのが大変だったこと、周りの大切な人達と共に味わった不条理なこと、一人密かに見舞われてしまったこと。

そういうものをただここに書き連ねることは何だか私のなかではしっくりこないことで。

感情的な部分や感情の反応を遠ざけて、全体をフラットに俯瞰出来た上で、なお書くことが大切だと思うことがあったなら、
ノートに書き留めて、いずれかきちんと何か何処かで発表する巡り合わせがあればするし、なければないで、ね、それでいい。

というスタンスで、ここには本当を書きながらも、当たり前ですが書かないことが殆どで。まぁ、それは誰しもだと思いますが。


2%、という数字がいろんな意味で現実だなぁ、と思うのです。


例えばお二人が私を知って下さった自叙伝。

決まったページ数にまとめる為にごっそりまるごと抜いた章も沢山あるし、
自分の中で大きなターニングポイントとなったことでも、収録出来ていないものもあって。

26歳にあの生活に至るに大きく影響した大学を辞めてから上京するまでの約四年間。
私は敢えて、血の繋がりのある人達と関わろうとして、
よい関係を作り修復が可能なのか、で、あって欲しい、という期待と、
その切なさを切り離して、其処にある様々を自分に観える範囲でしかないけれども、冷静に見つめて、人生の方向を決める最終ジャッジをしながら過ごしたこと。

その部分をきちんと文として記しきるには、それだけでかなりの量になって、いや、もう一冊分ページ数を使ってしまうなぁ、とか。

其処には、強がりではない私の本当の気持ち、素直な寂しさや愛情というものに対する自分のベースなど、大切な部分が多く存在するから、結果として伝わらない要約したものを書くのはどうしても嫌だなぁ。とか。

大好きな、大好きだった尊敬していた祖父とのことは、心が痛すぎて原稿として書き記すことすら出来なかったり。

収録した各章の中でも最後の最後まで、ページ数を調整するのに一単語一単語、省けるものを探して削る作業をして。

私の自叙伝だけれど、其処には存在するのは私の歴史の2%くらいだなぁ、と思ったのです。

その後もその2%、という数字は私の中に残るものになって。

例えば、取材で話したことを記事にまとめて下さった時、そのくらいの質量になるんだなぁ、とか
ドキュメンタリーで撮影したものも2%くらいの使用率になるんだなぁ、とか
自分とは違う立ち位置の方々のお仕事にその難しさの中で懸命にやってらっしゃることを見させていただいたり。

今の私は、年々人間が好きになる一方で、
直接の人との関わりだとかなり直球であけすけ、ざっくばらん、な感じで人と過ごしているので、その数字は当てはまらないのだけれど、
このブログも含めてツールを通すと、まだ2%だなぁ、ともどかしく思うところもある感じです。

これから、その数字を良い方向に増やせていけたらいいなぁ、という気持ちはあるので、
その為にはもっとお仕事で何かを表現する機会をいただける自分になることや、自身の人間的成長が必要だなぁ、と思います。




いつも、丁寧に私を汲み取ろうとして下さっているお二人に感謝を込めて。


森山風歩より



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。