牧師ROCKS オフィシャルブログ

牧師ROCKS キリスト教牧師によるROCKバンド

information


CDリリース情報

牧師ROCKS初のフルアルバムついにリリース 好評発売中!
「ON THE ROCKS」11曲入り(送料込2,000円)
ライブ会場と通信販売のみ、店頭販売は予定していません。

通信販売受け付けています!!

ON THE ROCKS


ご購入は『お名前、ご住所、電話番号』を明記の上
当ブログ左側contactバナーよりメールでお申し込み、
または下記サイトのフォームよりお申し込みください。

▶ 詳しくはこちら

テーマ:
今年の夏は、九州遠征に加えてカトリックのバンドともイベントやります!

7月30日(土)下北沢のライブハウスBreath

出演:
牧師ROCKS(関野、市原、笠原3人編成)
山口ブラザーズバンド(カトリック)

14時半オープン 15時スタート 
入場料2.000円+ドリンク500円
下北沢Breath http://breath335.com/

詳細は後日!

チケット予約希望者は会場・住所・氏名・電話番号・予約枚数を明記し
lutheranrockers@yahoo.co.jp までメールしてください。

福岡・熊本のチケットもまだまだ取り扱い中!!
熱い夏を過ごそう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
甲府から、ドラマー市原です。
気がつけば前回の更新から1ヶ月以上…時が流れるのは早いですね。
サボっててすみません。


さて、2016年夏の牧師ROCKSですが。

僕たちは熊本と福岡に行きます!!

 

TwitterやFacebookでは既に公表されていたのですが、肝心のブログでの報告が遅れました。ごめんなさいm(__)m

詳細はこのブログの最後にまとめて書きますね。
対バンは坊主バンド。彼らとの付き合いも3年目になります。
今度こそステージを彼らの墓場にしてやります。

振り返ってみると、熊本でのライブは過去に2回行っていました。
1回目は関・関野・市原。2回目は関・市原・サポートベーシスト。
そして今回、3度目にしてようやくフルメンバーでのライブが実現します!
主旨に従い、熊本でのライブはなんと入場無料(別途ドリンク代必要)。


翌日は福岡に移動し、初めての場所でツーマンやります!
僕たちから、最高の夜をプレゼントします。
こちらはチケット代が発生しますが、入場者全員に牧師ROCKSステッカー&卒塔婆マドラーをプレゼントします!

↓こちら





九州遠征、今までで最高のライブができるように、メンバー全員己を磨いています。
8月は熊本・福岡で会いましょう!

Keep On Rockin’!!!

~~~以下ライブ情報~~~

チケット予約希望者は
会場・住所・氏名・電話番号・予約枚数を明記し
lutheranrockers@yahoo.co.jp までメールしてください。 


8月2日(火)熊本DJANGO (熊本市中央区 新市街 1-36; TEL: 096-355-6960)
18時会場 19時開演
MC 立野泰博(ルーテル大江教会牧師) 糸山公照(浄土真宗大谷派光照寺副住職)
※1 定員先着200名 17時より会場にて整理券を配布いたします。
※2 入場料は無料ですが、ドリンク代500円が必要となります。
※3 当日会場内は禁煙となります。
 
------------------------

8月3日(水)福岡(天神) ROOMS(福岡市中央区大名2丁目1-50 大名ONOビル3F 092-751-0075) 
18時会場 19時開演   
前売り2.500円 当日券3.000円(限定200人)
 
入場者全員に卒塔婆マドラーと牧師ROCKSステッカープレゼント
当日会場内は禁煙となります。 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
甲府に戻りました、ドラマー市原です。

5/5牧師ROCKSプレゼンツ、四ツ谷アウトブレイクでのライブ、終了しました!
ご来場くださった皆さま、本当にありがとうございました!
今から長々と、本当に長々とレポート書きます。
(写真等はTwitterやFacebookから拝借しました。勝手に使わせていただきますが、問題あれば連絡ください!)


アングラ感満載のチラシに始まり、本当に蓋を開けてみるまでどうなるのか誰も予想できなかったライブだったと思いますが…
本当に素晴らしい夜になったと感じました。


僕たちにとっては、活動3周年記念。
そして昨年9月以来の4人揃ってのライブ。不安や心配はたくさんありました。
本番でも演奏面では色々と荒さが出たと思うのですが、でも楽しかった!!
本当に楽しかった!!!
これに尽きます。


イベントのオープニングは我らがボーカルのミッチー。
彼は自分の曲がたくさんあるのですが、その中の1曲「ボロボロの歌」を弾き語ってくれました。
僕もすごく好きな歌。そしてなんかかっこよかった。
今日は良い日になると、この時点でそんな気がしました。


続いて登場したのが、歴18年を誇るベテランバンド、Burning Soul!





もうね、さすがです。ちょーかっこいい。
外見の凄みもさることながら、曲もライブも本当にかっこいい。
盛り上げ方も、お客さんの巻き込み方もすごくうまくて。
ライブハウスにはほとんど来たことのないお客さんがほとんどだっただろうに、終わりの方は会場後方までめっちゃ盛り上がってました。
僕も両手上げて叫んでました。




このBurning Soulというバンド、うちのベース関野が10年以上も前に組んでいたバンドとよく一緒にライブをしていたとのこと。
サポートでベースを弾いたこともあったとか。
その繋がりで、今回出演してくださいました。


1曲では関野がゲスト参加。
鍛え上げた身体を披露しています。




Burning Soulの皆さま、ありがとうございました!!
CD、さっそく帰りの車の中で聴きました!



そして、今回の出演者の中では異色とも言えるこの方。
ベリーダンサーのKanakoさん。


妖艶な雰囲気の中、会場後方からベース関野に担がれた状態でステージへ。




そしてステージには謎の覆面ギタリストが。笑




僕はベリーダンスというのを今回初めて観たのですが、もう何から何までビックリでした。
楽屋で控えているとき、まずその衣装に驚いて赤面してしまったのですが。
踊りが始まると、もう釘付けでした。かっこよくて。本当にかっこよくて。
つま先から指先から頭のてっぺんまで、全神経が行き渡ってるに違いない。
そして、魅せる。ええ、魅せられました。


個人的にダンスを見るのはすごく好きなんですが、やっぱりダンサーってかっこいい。
なんかね、神聖さがありますよね。色んな民族が踊りを奉納したり、踊って賛美したりするのがなんかわかる気がします。




中盤からはステージを降りて、フロア中央で色んな人を巻き込んで踊りまくる。
ダンスフロアというより、もはやモッシュピットのよう。
すごかったです。


一方その頃ステージでは変な3人組が年甲斐もなくはしゃいでいたようですが、そのことは来てくださったお客さんの心の中に閉まっておいてください。笑





Kanakoさん、ありがとうございました!!
是非また僕たちと絡んでください!




会場はどんどん熱くなっていく。
4番目に登場したのは、“女子プロレスゴスペル集団”(笑)こと、COCORO*CO!




純粋な水が身体を癒すように。汚れを落とすように。
純粋な歌声って、心を癒し、心の汚れを落としてくれるんですね。
マイクなしの笑い声がすでに違っていました。空間が震えている。
そして4人の歌声。実際には40人ぐらいいたんじゃないだろうか。
目には見えなかっただけで。


ただただ圧倒されるパフォーマンス。言葉の表現が乏しくてすみません。
もうほんと、涙目でした。
そしてさりげなく伴奏していたピアノのお兄さんもとっても素敵でした。写真はありませんが…





Burning Soulが一気に熱くし、Kanakoさんがさらに巻き込み、そしてCOCORO*COが包み込む。
会場にはすでに大満足感が。
最初は「蓋を開けてみるまでどうなるかわからない」とか思っていたけど、よく考えてみればこのお三方はその道の超一流たち。

普段は同じイベントに出ることもないであろう人達が集まって、最高のパフォーマンスをしているんだから、満足感があって当然といえば当然。
なぜそれに気づかなかったんだろう。最高の夜になるに決まってるじゃないか。








COCORO*COは最後に牧師ROCKSの曲「Here We Stand」をアレンジして歌ってくださいました。
もう最後の最後までかっこよかった。そしてめっちゃ力をいただきました。


COCORO*COの皆さま、本当に素敵な歌をありがとうございました!
そしてたくさんの笑いもありがとうございました!元気出ました!



さて、時間が過ぎるのは早いもので、いよいよ我々牧師ROCKSの出番。
今回の出演者の中では一番グループとしてのキャリアが短い、言ってしまえば若輩者。
東京、埼玉、熊本、山梨と、住んでいる場所がバラバラでなかなか集まって練習もできない。

でもね。それでも、「負けない」っていう思いが、どこかにあった。
「絶対にうまくいく」っていう確信が、なぜかあった。

なぜそう思ったのかはわかりませんが。ほんとなんでだったんだろ?
でもたまにあるじゃないですか、そんな直感。あったんですよ今回。


1曲目は「牧師ROCKSのテーマ」。
SEが終わり、僕はドラムを叩き始め、幕が開いていく。
目の前には3人のメンバーが僕の方を向いていて、その背後にはお客さんの顔。
イントロのリフに入ると同時に、3人がそれぞれの場所へと向かって振り向いて歩いていく。
そう、これだよ。これがロックンロールなんだ。
そして、俺たちが牧師ROCKSだ!



4人でのライブは久しぶり!やっぱり4人がいいね。
いつも僕はミッチーの真後ろにいるので、彼の背中を見ながら演奏するんですが、今回は今までで一番ミッチーの背中が大きく、強く、たくましく見えました。
光見もギターを弾く!弾く!もっと聴いていたかったから、「祝福」のGソロはいつもよりちょっと長めに尺を取りました。←ドラマーのいいところ。
そして関野。彼と音楽やり始めて10年目。もう息はピッタリ。
彼と一緒に大暴れするのはいつでも楽しい!
MC、今回も面白かったよ。


何で音楽やってるのか、何のために音楽やってるのかって問いと向き合いながら、ここのところずっと過ごしていました。
一つの答えは、ライブが終わった時にまた与えられましたね。
この瞬間を迎えるために、この時間を過ごすために、この景色のためにやってるんだって、そう思いました。

牧師ROCKSセットリスト
①牧師ROCKSのテーマ
②十字の命
③ベロニカ
④Underdog
⑤祝福
⑥間の神様
⑦TRINITY
⑧どこまでも

結構たくさん演奏したけど、なんかあっという間でした。
翌日起きたら太ももが痛かったので、相当力んじゃってたんだと思います。
僕もまだまだだな。
でも、ステージから見えたお客さんの笑顔は最高でした。


ほんとこの世界には、そしてこの社会には、色んな境界線があって。壁があって。
でもそれをちょっとでも越えられたら、あるいはぶち壊したら、本当に面白いことになる。
そんな夜をたくさんの人と共有できました。
あらためて、来てくださった皆さま、本当にありがとうございました!
今回来れなかった方、是非次回お会いしましょう!

2013年5月4日↓


2016年5月5日↓



お陰さまで4年目突入。これからもよろしくお願います。
もっともっと走り続けて、俺たちもっとすごくなります。
応援していてください。



Keep On ROCKIN’!!!!


※会場で販売した新しいTシャツの売上は、熊本地震の支援金として用いさせていただきます。
今回買えなかった方、まだ在庫がありますので、お気軽にお問い合わせください。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。