ココロとカラダの声を聞き、理想の自分を手に入れるサロン「セラピールーム・ブラン」品川

品川区中延の隠れ家アロマテラピー・ケアサロン【セラピールーム・ブラン】です。
「痩せたいのに痩せられない」「何をしても肩こりが治らない」「顔のたるみが年々酷くなる」などのお悩みに対して、あなたのカラダとココロの声を聞いて、根本から解決するように導きます。


テーマ:
こんにちは。
福永敬子です。
 
本日は、アメリカはアリゾナで解剖実習をしてきた小松ゆり子さんのシェア会に参加してきました。
 
いつも美しい小松さん♡
image
 
海外で解剖体験が出来るところがあるのは知っていたけど、私、解剖を見学するんだと思ってましたの…。
 
でも違うのね。
自分でメスを持って、本当に解剖するのね…。
 
小松さんはセラピストとしての活動だけではなくて、講師業もやられている方。
 
吸収からのアウトプットが早いし的確です。
 
余談ですが、アウトプットが早い人というのは「出来る人」ですよね。
入れたものは、出して初めて自分のものになるから当然といえば当然。
私はアウトプットが弱いので、見習いたいものです…。
 
シェア会なので、あくまでも小松さんというフィルターを通して感じた事、発見した事を話して下さいます。
 
私が日頃、クライアントさんの身体を触りながら感じていた事に確信を深めたり、はたまた驚きもあったり。
 
今日の話で1番印象に残っているのは、神経系(ストレスや悩み、過緊張など)がどれだけ身体をかたくさせているか、ということ。
 
解剖されるご献体は、(当たり前だけど)神経系がすでに機能していないので、それだけでも筋肉は柔らかく、言い方は悪いけどリラックスしている。と。
 
最近私が行っているインナーチャイルドケアはまさにこれで、筋肉が記憶してしまっているトラウマ的な滞りを解放していくと、揉まなくても筋肉の弾力や柔らかさは自然に戻るというもの。
 
そうか、これは神経系へのアプローチだったのか…。
 
極端な話、例えば痛みのある背中に手を当てたり、優しくさするだけでも、気持ちがリラックスして副交感神経が優位になれば、こりや痛みは取れてしまう。
 
つまり、強い痛い施術というのは、本当は必要ないものなのかも…しれないけれど、これは一概には言えなくて、
 
なぜなら、強い痛い施術でも、身体の事をきちんと勉強しているセラピストなら、組織をいためずにすごい効果を出してくれるという実例もあるから。
 
矛盾するようですが、「これが絶対!」と言えないのが人体の不思議で面白いところです。
 
エネルギー分野というか、ヒーリングとか、ちょっとスピリチュアル的な、身体に触らないでやるセラピーって、身体の事を何も知らなくても出来ちゃうんだけど、
(知らない方が固定観念が無くて良い場合もあると思うけど)
私的には、やっぱり基本は押さえておかないとな。と。
 
そんな「肉体」の内側に触れてきた小松さんのお話全体から感じたのは、地に足の着いたスピリチュアリズムというか、、【人体の尊さ】かな。
 
ご献体は、当たり前だけど亡くなった人であるわけで、魂はもうないのだけど、魂を感じるという…。
 
肉体と魂は、やっぱり表裏一体。どうしたってワンセット。
 
物質的な肉体と、形のない魂は、どちらかだけに偏ってどうこう出来るものではないのだな。
と確信した、とても有意義な時間でした。
 
会場となったおしゃれなカフェのテーブルには、解剖関係の参考書がたくさん。笑
{16B4FA7C-BADB-41D2-BAB4-FF5943DFBD33}

解剖の話を聞いてからのランチです♡
{9EF56718-40E6-4141-B018-ABD020A71FC0}
 
出かけたけれど、結局帰ってからの自撮り。笑
チャレンジ12日目クリア♡
{431C3D99-DE8D-4365-B3F8-956A57A2CD02}

 

【セラピールーム・ブラン】
◇サロンメニュー
◇ご予約可能日
◇お客様の感想
◇サロンまでのアクセス
◇ご予約はこちらから

LINE@で新月と満月の日にメッセージを配信中
moon**

(たまにお知らせも送ります★
https://line.me/R/ti/p/%40cip0994n
もくしは、ID → @cip0994n で検索♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

品川区のアロマケアサロン"ブラン"福永敬子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります