テーマ:
{17B951F2-31AD-44EE-8232-8325A68D55C6}


個人的にずっと続けていることがいくつかある

ブログは去年とか一昨年とか
もう死んだかのように書いてなかったし(ごめんね)

あれをやる!これをやる!と決めても
飽き性ですぐ目移りしちゃっては
目新しいコンテンツに飛び付いて
暫しそいつで遊んで飽きてポイして、の繰り返し


そんな中、五年以上続いてるのが
作って食べたものを記録するという行為だ

コレクションするのが好き、
綺麗に並んでいるものが好き、
食べ物が好き、食べ物を作るのが好き…

っていうただそれだけのことなんだけど
自分の性癖に合ってて
好きな要素が多い行為は、やっぱし長続きする


ただ単にログること自体に目的があるというより
繰り返して蓄積することに意味があると思っている

繰り返しのパワーってやつはすごいと思う

「こんだけやってきてたし、もちょっとやるかね」
という具合に、へこたれそうな日にも
過去の蓄積が原動力になることもしばしば

習慣化すると、人間強い



今まさに作曲もそんな感じ

全然苦じゃない、というか
なんて言うんだろう上手く表現出来ないけど

この一年で音楽を作ることが
「ただそこに当たり前にあるもの」に変わった


めんどくさい時も多々あるけど
めんどくさい制作の道中も全然楽しいもんだ、

テンポの制限、キーの制限があったら
よっしゃ、そのハンデを最強の武器に変えてやる
って気持ちで挑むから結果やっぱり良いものになる

楽しんで作ったら楽しいものが出来るみたいだ


なんにも出てこない時だって大丈夫
ふと振り返って目を凝らせば
過去のわたしが作ったメロディたちがそこにある

報われない日だって沢山あるけど
そんなことでいちいち泣いてらんないなと思う
(去年散々泣いてたくせに何言うのかと自分でも思うけど)

習慣化と過去の努力の蓄積、

道を切り拓いてくれるのはいつだって
自分が頑張って集め育ててきた「なにか」だ




{E2452FF9-D67A-4C9B-9E4A-36254A594FCD}



ここ1週間アコギを弾き倒した
お仕事のやつ含めて10曲作った

まじで指先が死んでいる

この指先を見て思い出したのが
「F」が押さえられなくて軽音楽部を辞めた
高校一年生のときの自分だ

あの頃のカヨコさんへ、
33歳のカヨコも相変わらずFは苦手で
開放弦で誤魔化してFM7に逃げがちです

でも安心してください、弾いてますよ
ギターのことは大好きになりましたよ



--------------------




最近「どうやって曲書いてますか?」
と聞かれることが増えた

わたし自身も、興味あるクリエイターさんが
どーやって作ってるかとか気になるので
僭越ながら出来るだけ丁寧に説明させてもらっている


「全ては模倣から始まる」と
亀田誠治さんもおっしゃっていたが

パクリ、とかオマージュ、とかじゃなくて
やっぱ人間観たもの聴いたもの感じたことからしか
作れないんじゃないかなぁとわたしは思ってる

だけどそれと同時に
まだ聴いたこともないようなものも作りたいと思う

空気とか、雰囲気とか、心臓がギュッてなるあれを
音楽に詰め込んでみたいと毎日のように願っている


こないだツイキャス中に
「沢山コードや理論知ってる方がいいんですか?」
という質問を頂いた

わたしもすごく知ってる方ではないけど
3歳からピアノやってたお陰である程度は分かる

知ってて良かったなと思うし困ったとき役立つし
知り過ぎて損なんてことはないなと改めて感じる

けど、コードめちゃくちゃ知ってるからといって
良い曲書けるかどうかというのはまた別の話


ロジカルに作り過ぎることで
荒々しさとか衝動的なものとか
失われるんじゃないか?という人もいる

けども、ここ最近思うのはやはり
「知ってることは一つでも多い方がいい」

知識を使う使わないは自分次第だけど
無知から生まれる衝動的なものなんて
長続きしない気がするんだ、
強いけど、先が見えなくて怖い


ドキドキワクワクしていないときに
曲書けなかったら選手生命そこまでだ、と思うし

実際そういう問題に直面した時のわたしは
無知を理由に逃げ腰になるただの糞ガキだった
あの頃の自分には絶対戻りたくない


それぞれの色んな方法で曲を作れたらいいし、
なんにせよ良いものが完成すりゃいいと思う

料理にレシピがあるように
作曲にもある一定のノウハウがあるとは思う

でも最後に塩をひとつまみ入れるか入れないかは
個人の好みだし、主観だし、センスだ


だから多分、一番正しい回答は
具体的な作曲方法なんかより
「ひとつ自分なりのやり方が見えてくるまで続ける」
ってことだと思うんですよね

色んな先人の作り方を真似たらいいと思います、
その中でなんかしら見えてくるものがある気がする


あともう1個、
この曲なんか好きだな、と思う曲を
じっくり分解して聴くこともおすすめしている

探究心というか、そのルーツの先のルーツまで辿ると
めちゃくちゃ濃い原液に到達するので感動も一入


あと、常に新しい音楽を取り込んで
自分の中の空気が腐らないようにするのも
一つ大切なことだと思う

わたしの場合は、アニソン、ロキノン、
US、UKに始まりK-POPランキングやEDMランキング等
とにかく上から下まで毎日ワンコーラスでも
今流行っているものを血眼になってチェックしてる
(これは昔から習慣化していることのひとつ)


何事にも言えることだけど、

最初のうちはどんな駄作でも納得いかなくても
とにかく形にする!ってとこが大切なんだろう

それを繰り返して数作って習慣化して
自分なりの「レシピ」を完成させたらいいと思う

他の誰にも真似できない、
自分なりの絶品料理が作れるレシピ

レシピが完成したら、
そっからはもう試行錯誤の日々だ

新しいジャンル、未知のリズム、
とにかく数作ってレシピの精度を上げていくしかない



そういえばわたしがスランプの時
某チーフマネージャーが呆れた顔して

「お前3000曲作ってから泣き言 言えよ
って言ってたの今思い出した

すいませんチーフ、
今更あの時の言葉の意味が分かりました(土下座なう)



偉そうなこと書いてて
またスランプになったら困るので

ひとしきり音楽の感動の泉が枯れるまで
出し尽くすターンで居ようと思います




{326CCD85-5F82-49C3-8A30-40AEC5620109}



わたしの敬愛する
ラルクのKenちゃんも言ってたけど

鍵盤にも指板にも
無限に埋まってるよねぇ、キラキラが


ひとつでも多く掘り起こさなきゃ


それでは、また!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{046DC812-3C57-4851-B98F-7DB5F5E1F673}

{BC2EDF92-25B4-4E9E-AD8E-0B19BF6CF442}



すっかり春だなぁ

ずっと作業が続いているので
このままこもってたら干物になっちゃう!ということで
春眠 暁を覚えず真っ只中ではありますが

重い腰を上げ、手作りパンでサンドイッチを作り
ヒグチアイとお花見をしてきた


{138BC6CD-E774-43B5-A26D-1F0EDDC2B12F}


誰とも会いたくない時でも気兼ねなく会えるのが
ヒグチアイのすごいところ(超褒めてる)

花を見てたの最初の15分ぐらい
あとはずっと夢中になってお互い活動の話をしてた


あと、帰りに寄った珈琲屋さんの
濃厚で少し固いチーズケーキが美味しかった




-------------------




ワンマン終わってからも案外忙しなくて
全然寝付けない日々が続いている


腑抜けになることを許して
せめて2日間は寝倒そうと思ってたんだけど

案外そういうわけにもいかなくて
興奮した状態のままずっと動き続けている

通販の梱包したり、みんなにお手紙書いたり
年度が変わっての色んな書類の提出したり
荒れ果てた部屋を掃除したりパン焼いたり(これは息抜き)

あと新しい編曲のお仕事がドワッと来てて
時間と戦いながら熱意を込めてアレンジしてる日々



-------------------



通販を注文してくれた人に
一通一通、その人に宛てたお手紙を書いてるんだけど
(4月中限定企画なので欲しい人は申し込んでくだされ)

こう、大多数に向けてじゃなくて
わたし 対 あなた になった途端に
すごく「応援されていること」のリアリティが増した

手紙の企画やってみて良かったー、って思った
ありがとう、聴いてくれてほんとにありがとう、
って泣きそうになりながらお手紙書いてるよ

流れ作業になりそうになったら休憩して
また翌日取り組むようにしてる

わたしならこういう手紙来たら嬉しいな、ってこととか
丁寧に考えて1枚1枚特別な思いで書いてられるように
心から楽しんで、書き続けたいなと思います


作曲とかライヴとかもそうだけど
好きな人にご飯作ることとか、洗濯とか掃除も
何事も義務になった途端に輝きを失っちゃうよね

なんでも楽しんで取り組める自分で居たいなと思う
今年は、昨日より今日が楽しい、を続けていきたい



-------------------



がんばろう!がんばる!って思って寝た夜
必ずと言っていいほどすごく良くない夢を見る

嫉妬とか、嘘だとか、憎しみとか
普段わたしが出来るだけ外に出さずに
内に内に封じ込めて生活している汚泥みたいなものが

夢の中で溢れ返ってて真っ黒でぐちゃぐちゃになって
普段の自分が見えなくなるぐらい渦を巻いてて

そんなだからここ1週間ほど
嫌な気持ちで目覚めることが多かったんだけど


昔聞いた話で
「泣くのは心の洗濯だから我慢しなくていい」
ってのを思い出してなんとなく腑に落ちた


切羽詰まった心の中のもうひとりの自分が
擬似的に発散してくれてるだけなのかもしれない

ま、そういう感情もあるよね
人間だもの!(かよを) という感じで
そういう自分のことも、ゆるっと許すことにした



もうひとりの自分、と言えば


{C4E99659-BAC8-489D-8A96-01880761F094}


この本の内容がすごくタイムリーで心に刺さった

「私をくいとめて」綿谷りさ
綿谷りさだけは、いつも文庫本になるの待てない


わたしと同い歳(33歳)の主人公の女性には
頭の中にいつも助けてくれる「A」という存在がいて
その人との会話に助けられて生きてる様が描かれている話

最近の綿谷作品の中ではサラッと読める感じだった
けど、あの後味の悪い不気味さはやっぱり存在してて

読みながら、
そういう曲をわたしも書けたらなぁと思いました

最後結局音楽に繋がっちゃうので
息抜きにパン焼こうが本読もうが、わたしの出口は1個だ



音楽なんて無くたってきっと生きていけるけど
音楽のお陰で色んな感情を許容出来るようになった


なかなか消えることのないこの心の底の醜さも
ちゃんとメロディにして成仏させてやろう




では、また!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
{8F0CDD22-1CB4-468C-9D76-2F6938CCD2BC}


セルフライナーノーツ的なものを書く回のブログです

こんばんは、カヨコです




今回のCDのコンセプトは
「より人間臭く、よりリアルな自分を書く」でした

歌詞先行の曲が2曲入ってます、
「いいひと」と「春と呼ぶにはまだ肌寒い」

歌詞にメロディを付ける、ということを
今までの人生で全くやってこなかったので 
(メロ書くの楽しいからメロばっか書いちゃう)
自分にとって、新しい挑戦となった1枚でした

やってみりゃ出来るもんなんだな、と思いました
やってこなかったから分かんなかったんだな、
出来なかったんだな、とも思いました

作曲も作詞も編曲も演奏も歌うことも数珠繋ぎで
全てが全てちゃんと繋がってこそ
意志の感じられる強い楽曲になるんだ

そう気付けた作品になりました


制作の方法以外でも、去年あたりから
自分の生き方として、今まで避けてきたことに
積極的に挑戦するようになりました

まだまだ知らないことがある世界に
生きる喜びを感じています


ではライナーノーツ的なもの、いってみよー





#1 Live ALive

「欲求の解放」がテーマの一曲

つまんないなぁ毎日つまんないなぁって言ってる人に
ちゃんと心の声に耳を澄ましてみたら
世界は楽しいことで溢れてるよって伝えたくて書いた曲

したいことは声に出してちゃんとしたいって言って
行きたい場所にいつだって飛んでいける自分で居たい


わたしの場合は、行きたい場所ってのは
いつだって音楽で溢れてるところだから
そういう渦の中に飛び込むときの解放感を曲にしました

気に入ってるフレーズは
「いっそ弾けてみたらばどう?
一度の人生 賭けにゃ So wrong」です

伝えたかったことは「Searchlight」に近いかも

言葉に意味を持たせつつも、半分ぐらいは音遊びなので
深く考え込まずに思い切り自由に
好きなように楽しんでもらえたら嬉しいです


「Live ALive」Music Video



#2 Anti-against superstar

2013年に録り終えていた曲ですね
やっと出せました、嬉しい
今回のCDで唯一の書き下ろしじゃない曲です

「カクメイゼンヤ」にAcoustic ver.が収録されてますが
そもそもバンドサウンドで構築したかった曲なので
せっかくBand ver. あるしな、と
今回やっとこさ音源化する運びとなりました


「あ、わたし、誰にも必要とされてねーな」
って思った時に書いた曲です

常に苛立ってました、
自分にも、他人にも、世界にも

気に入ってるフレーズは
サビの「僕だけの答えでいい いいさ」です

ここに全てが詰まっています

他人に咎められても、やり方がどうだとか言われても
そいつらはわたしの人生の責任なんか
ちっとも背負ってはくれないのです

決めるのも選ぶのも自分だろ、という曲です



#3 いいひと

この曲歌うとよくオーディエンスに笑われますが
歌詞は全部実話です (つらい人生)

歌詞とは相反してカラッとした曲調なので
コピーしやすい青春パンクに仕上げようと作ったんですが

編曲仕上がってバンドメンバーに投げたら
「今回この曲が一番難しい」って言われました

セクションの切り替えでテンポ感がブレ過ぎないように
スムーズに気を付けて演奏するととても良いと思います
(なんか話が逸れているのでこの辺でやめときます)


気に入ってるフレーズは
「ほんとはわたし 自分のために生きていたいの」です

いじめられっ子だったわたしは
誰かの顔色ばかり気にして、自分の決定や意見に
いまひとつ自信が持てないまま大人になりました

だけど、それじゃいかんだろ、と
ほんとのわたしの気持ちはどこにあんだよ、と

思い切り自由にブワーッ!てノートに言葉書いて
それにメロディを付けただけのシンプルな曲です


自分の「都合いいひと逸話」を書き連ねたところ
歌詞が8番ぐらいまでできてしまったので

そこで、せっかくなので
編曲の神・堀江晶太さんにお願いし、
ワンマン特典音源「組曲いいひと」が完成したわけです
(これはまた別の話…)

演奏もバンド全員で一発録り!
ガツッとノリが出たのではないかな、と思います



#4 春と呼ぶにはまだ肌寒い

曲の完成は2016年の3月です

どうしてもこの季節に皆さんに聴いて欲しくて
一年間あたためて大切に置いていた曲です

出すことのない手紙を書くように
自分の想いを成仏させてあげられるように
ゆっくりゆっくり、大切に作りました


夏目漱石が「I love you」を和訳するときに
「今夜は月が綺麗ですね」と訳したのは有名な話ですが

「好き」「愛してる」という言葉を使わず
ラヴソングが書けたらな、と思って
わたしなりに「I love you」の和訳を記した一曲です


あと、この曲は
「自分の気持ちを書かない、事実だけを書く」
という手法で完成させています

なので、よくよく読むと
リアルタイムの気持ちの表現は一行もありません

それでも切ない気持ちは伝わるのだから
日本語って面白いなぁ、いいなぁ、と思います


わたしは私生活でも歌詞でも
割と思ったことすぐ言葉にしちゃうんだけど、

ほんとに言いたいことって全然言えないなぁ、って
その気持ちをそのまま曲にして完成させました


片想いのまま終わっていく恋がひとつやふたつあることも
人生の潤いなのかな、と満開の桜を見て思います

日本に四季があって良かった、春は曲作りが捗ります


「春と呼ぶにはまだ肌寒い」Music Video






以上、簡単ではありますが
セルフライナーノーツ的なもの、でした


レコーディングスタジオは奈良のMORGにて

バンド録音とマスタリングは門垣さん、
そしてボーカル録音とミックスは岡村弦さん、という
超強力な御二方にご協力頂きました

ジャケットデザインは南方研究所のタスク、
ジャケット写真&ヘアメイクは中尾ちゃん


沢山の方々の協力によって
1人でも多くの方に聴いてもらいたい
自信作が完成したわけです

ここからはわたしがライヴで歌って
ありったけの気持ちで皆さんに届けるターンです

まだお持ちでない方は
通販サイトもあるので是非利用してね





そんなこんなで
夏にはワンマンもあります

夏のワンマン、結構埋まってきたので
ご予約お早めにです (大阪がそろそろアレです)


{8DA8F722-59DF-4F02-9ED0-0701567A42A6}


詳細はカヨコHPまで

http://www.kayoko-net.com

無事にサーバー復活しました、
ご心配お掛けしました!




制作期間で、すっかり引きこもりでございまして
パン焼くか曲書くか寝るかしかしてないので

明日あたりお弁当持ってお花見いこーかなと計画中🌸

{45AC2DD7-6560-46D4-815C-93E63F431210}


写真は可愛い新入りちゃんたち
PGMのアコギ&Sugiの4弦です
どっちも最高の刺激物でございます

いっぱいカッコイイ曲作ってるので
引き続き色々楽しみにしてもらえたら嬉しいです

2017年はいっぱい作る1年にするよ!
見てて!覚悟しとけよ!



てなわけで、またね💕

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。