085 中南米で働くという選択肢

テーマ:

こんにちは!kayoreenaです・ω・クリスマスベル

 

本日もクリスマス特集をしたかったのですが「クリスマス特集をされると悲しくなるので海外就職の記事が読みたい」という声をいただき、今日はモードを切り替えて書きたいと思います(笑)

 

今日はアジアから一気に飛んで、中南米にある、ある国をピックアップ!

どこでしょう?

 

それは…

 

 

メキシコです!

 

メキシコ?!…行ったことあります??笑

 

実は私の高校時代からの大事な親友、いくみちゃん(通称いっく)がメキシコにいて、そういうわけで私は少しだけ関わりがあります! 

 

もう5年前の写真…フランス留学経験のあるいっく(右)に会いに、フランスに行ったときの写真

 

昔から恋多き女の子だったけど、ついにメキシコ人と結婚してメキシコに行きました。

いっく、本当いい子だったから、旦那さんになる人うらやましいなと思ってたけど、まさかメキシコ人とは…!!

 

そんなメキシコの就職事情(現地採用)をピックアップグラサン

 

1.在留邦人は9437人。

進出日系企業は2016年に1000社を超える見込み

外務省の「海外在留邦人数調査統計(平成28年詳細版)より

 

インドと比べて在留邦人(インドH26:8313 人)が多い!

けど進出企業はインドのほうが多め。

中米に負けるインドって。。。やっぱりみんな、来たくないんだね笑

 

2.いま一番需要が伸びているのは、スペイン語通訳

この数年で『ホンダ』『マツダ』などの日本自動車メーカーが工場を建てて生産を開始するようになったため、多くの自動車部品や素材メーカーがどんどんメキシコに進出。

日系自動車メーカーがメキシコに進出する理由には、アメリカへの輸出拠点として好立地であり、かつブラジルより人件費が安いため。

また、米国やカナダとはNAFTA(北米自由貿易協定)を、日本や欧州、南米諸国とはFTA(自由貿易協定)を結んでいることが理由として挙げられる。

日本の本社から専門的な知識をもった駐在員が派遣された際に、ビジネスの障壁としてあるのが「スペイン語」そのため通訳の求人が増えてきている。

 

3.待遇は良くなってきている。

以前は、スペイン語の通訳なら、月額1万5000〜2万ペソ(約8万2000〜11万円)くらいがスタートラインだったがここ数年で、2万5000〜3万ペソ(約13万7000〜16万4000円)をスタートラインで提示する企業が出てきた。

 

専門的知識や経験があり、社長クラスの人たちが出席する会議で同時通訳を務められるほどの語学力があったりすると、5万〜7万ペソ(約27万5000〜38万5000円)という高待遇をうけることも出来る。

 

 

4.語学力は重要。スペイン語のバックグラウンドがあると強い。

あまり多くはないが、英語が話せれば可、という求人案件もあり。スペイン語通訳以外にも求人もある。

ただ、スペイン語のスキルがなくてもチャレンジすることはできるが、そこまで簡単ではない。
実際に働いている人たちは、『スペイン語がまったく話せないけどメキシコで働きたかったから来た』という人よりも、スペイン語を知っている、とかスペイン留学経験あり、などの何かしらの経験者が多い。
ある程度の語学の基礎がある人が、メキシコで就職してスペイン語をブラッシュアップしていくというパターンが主流。
 

ざっくり紹介するとこんな感じです。

参考文献:COURRiER Japon

 

給与に関し、日本での新卒初任給と比べると少ない金額ではあるものの、途上国あるある「物価が安いので相対的に給与水準は高く、十分な生活ができる」のはメキシコでも同じことだそうです。

3万ペソ(16万円程度)の月収があればそれなりの生活できるとのこと。貯金や旅行も可能。家も生活費も安いみたいですよ。

 

最後に、メキシコで働く現地採用インタビューはこちら

ラテンの空気に刺激を受けて──私たちはこうしてメキシコで働くことにした

 

メキシコ人と情熱的に結婚した私の友達のいっくは「インドに行くから最低5年はいてね!」と、これまた情熱的なメッセージをくれました。

私も情熱的なインド人を探すしかない?!笑

 

愛すべき地元北海道旅行の写真!さきも登場(*^^*)

 

メキシコとインド、めっちゃ遠いけど、どこかで再会できたら嬉しいなー。

ちなみに大学時代ヨーロッパ旅行中、フランスの地でいっくと再会したときは感動して泣きました笑

 

海外就職はアジアだけではなく、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、中南米、いろいろなエリアがあります。

ついつい近場のアジアに目が行きがちですが、すでにライバルも多いですし、本当のオンリーワンを目指すべく、未開拓の地を選んでみるのもいいかもしれませんね。

 

私はインド担当としてどんどん開拓していきたいと思います(*´ω`*)

 

 

 

インドに関する記事・執筆依頼、インド就職相談はこちらからひらめき電球

kayo_osumi@miraist-india.com​

 

48時間以内に返信いたします!

 

過去の掲載歴

Huff Post掲載

 一緒に海外で働く日本人の仲間がほしい!海外就職に悩んでいる人へ3つのアドバイス

http://www.huffingtonpost.jp/abroaders/get-job-abroad_b_12332812.html

 

アジア人気No.1のシンガポールではなく、インドを選んだ理由

http://www.huffingtonpost.jp/abroaders/india-overseas_b_13112502.html

 

週間Abroders掲載

働くなら世界最強の国 インドへ

http://www.abroaders.jp/weekly/real/kayo6/

 

 

ブログランキングに参加してみました。

インド1位目指します!クリックしてね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

私の会社のHPです

Miraist Private Limited:http://miraist-india.com/

 

何か聞きたいことあればこちらに

Facebook:https://www.facebook.com/kayo.osumi

 

ブログ記事のネタをメモしてます

twitter:https://twitter.com/kayoreena1021

 

インドの友達の写真をいっぱい載せています

instagram:https://www.instagram.com/kayo_in_india/

 

AD