Online English Lesson 。.・。. ・。.・。* * ☆ ● ○ ★

Learning a second language widens your view, broadens your horizon and brings a new world to you.


テーマ:



COMEの基本的な意味は「来る」ですね。
GOの基本的な意味は「行く」ですね。
しかし、「行く」という意味で「COME」を使うこともよくあります。


COME
話している相手の方へ自分が行く場合

I'm coming now
 今 (相手のいる場所へ)行くよ

I'm sorry I can't come to your party tomorrow
  ごめんね。 明日の(あなたの)パーティー行けないの

(家で待っている家族が) When are you coming home?と聞いてきたら、
I'm coming home in a minute (もうすぐ家に着くよ)と言います。


GOは、その場を去って別のところに行くイメージです。
もちろん、向かう場所は、話している相手のいる場所ではありません。

I'm going homeと言うと、話している相手はその家にはいません。
I'm going to Europeだと、話している相手はヨーロッパにはいません。


AD
 |  リブログ(0)
同じテーマ 「使い分け」 の記事

テーマ:


Not at all
    (謝られた時に) とんでもない、 全然そんなことない
    (お礼を言われた時に) どういたしまして


例:
I'm sorry to bother you so many time.
  Oh, no, not at all!

何度も邪魔してごめんね。
 いいえ。 とんでもない! (全然かまわないよ)


Thank you so much for your help!
  Not at all.


手伝ってくれて本当にありがとう!
 どういたしまして





AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

BelieveItOrNot


Believe it or not
    (信じられないかも知れないけど)


直訳すると「信じようと信じまいと」となりますが、
実際には「信じられないかもしれないけど・嘘だと
思うかもしれないけど・驚くと思うけど」というニュアンスで
使います。

例:
Believe it or not, I was an honor student in high school.
   (信じられないかもしれないけど、高校の時は、私優等生  だったのよ)

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:



I'm so jealous!
    (うらやましい! いいな~)

時々、"I envy you" という表現している人を見かけます。
EnvyもJealousも辞書で調べると同じ「うらやむ・ねたむ・嫉妬する」という定義がになりますが、
「いいな。うらやましいな」と軽く表現する場合はjealousを使います。


例:
What? You got a free trip to Fiji? I'm so jealous!
   (え?フィジ行の旅行が当たったの?いいな~)



 |  リブログ(0)

テーマ:
If you talk to a man in a language he understands,
that goes to his head.
If you talk to him in his own language,
that goes to his heart.

あなたが相手の知っている言語で話しかけたら
あなたの言葉は彼の頭に届くだろう。
あなたが相手の母国語で話しかけたら
あなたの言葉は彼の心に届くだろう。


  --- Nelson Mandela ---
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。