天職起業で「人生は逆転できる!」講演家・作家

創業・起業・小さな会社やお店の成功事例
ベストセラー16万部


テーマ:
◆名古屋の生命保険営業で年収2000万円代をコンスタントにあげる山幡道明さん。その秘訣は、一度会った見込み客への手書きハガキ。スゴいのはその継続フォロー。一度会った人には、年間3回を5年間、手書きハガキを送っています。結果、対象顧客の半数以上から注文をもらうことに。以下は私の勉強会での話。

印刷ではダメ。一斉メールもダメ。試したけど効果ありませんでした。面倒でも手書き。個別接近戦しかない。これを4ヶ月毎に5年間出す。合計15枚。手書きでひとこと書いたハガキ。もちろん、キャンペーンとか売りの言葉はなし。

お客さんが注文する理由は何だと思います?商品内容、会社のブランドなどありますが、一番は信用信頼なんですね。特に保険とかカタチがない商品の場合は。会社のブランドや商品には大差ない。となると、お客さんから見て、その営業マンが信用できるかどうか。それが契約要因の4割。

ところが、私もそうでしたが、アホな営業マンはスグに売り込む。信用信頼関係もないのに。商品説明だけする。会った後に、売り込みのパンフやメールを送るのも同じですね。ニュースレターやなんとか新聞も同じですよ。印刷物や一斉メールは。

そこを手書きのハガキで差別化する。それも一度切りのお礼ハガキでなく、年に3回5年間継続。売り込みの言葉はなし。もうすぐ春ですね、とかの一言メッセージだけ。裏は綺麗な花やネコのポストカード。これは僕の客層である中小企業の社長・・・ではなく、その奥さん向け。男はそんなのどうでもいい。保険も興味ない。でも、手書きハガキは捨てにくい。でも返事はしてない。どうせ売り込みだ。でも、これは定期的に来る。2年も3年も。なんか申し訳ない気もする。気持ち悪い。

そんな時にどこかで会うと、おー、いつもハガキありがとう!とか、電話でアポを申し込んでも簡単にOKになります。それは、2年3年と手書きハガキを出してるから。場合によっては、2、3回ハガキを出した時点で、ちょうど良かった。ちょっと今、他社から提案されてるんだけど、意見聞かしてくれる?と呼ばれ、いきなり2000万円の受注とか。

実は、この手書きハガキ作戦をはじめた5年前、最初にこんなケースに当たったんで、ずっと続けてるんですよ。今は常に手持ち約500人の顧客カードが有り、これをアナログの月別ケースに入れ、書いたら4ヶ月後にカードを移す。作業としては毎日7枚書くだけ。簡単ですよ。

以上は講話の抜粋ですが、これも結局、

「ザイアンスの法則」

1.人は知らない人には攻撃的、冷淡な対応をする
2.人は会えば会うほど好意をもつようになる
3.人は相手の人間的な側面を知ったとき、より強く相手に好意をもつようになる

もちろん、ハガキを出すだけ、でうまくいってるわけではありません。経営の8大チェック要因である商品・地域・客層・営業・顧客維持・組織・財務・時間のうち、商品・地域・客層を中小企業経営者に絞り、営業は名古屋の経営者が集まるセミナーや交流会に出まくり、そこで名刺交換をしたあとでハガキ。さらに、夢や目標や人生計画・経営計画も紙に書き、それを毎月書き直し、さらに毎朝20分間、その紙を見て念じる。という、やる気モチベーションの維持・儀式もしっかりやってます。他にも営業戦術として、営業専門コンサルの教材やセミナーで繰り返し学習。セールストークや応酬話法の自己訓練もしっかりやっています。

これは個人でも会社でもそうですが、

商品は良くても営業がダメ、
営業は良くても商品がダメ、
商品も営業も良いけど、営業地域や客層がダメ、
商品も営業も他の戦略も良いけど、やる気がない、

では結果が出ないことが多いですね。

あたりまえですが、経営も人生も、トータルバランスが大事。でも、なかなか最初から全部揃ってる人や会社は少ないですね。ほか弁の岩田さんも、商品と店頭の挨拶や接客は良かった。でも、営業エリアや客層は広げすぎ。結果、外への外販デリバリーもメチャクチャ。結果、毎日頑張ってるのに結果が出ない。何年やっても。こんなケースは多いですね。何をやっても変わらない。結果、景気や政府や、幸運の壺や占いに頼る。それも気休めでいいかもですが、定期的に

・何を・商品
・どこの・地域
・誰に・客層

※以上は自分×ライバル×顧客と3つの視点で、
 小さな1位になれるポイントをチェック。

・新規開拓・営業
・リピーター作り・顧客維持
・組織・人・他のチェック

・やる気を出す・維持するには
・夢目標を持つ・見る・書き直す
・人生計画を書く・見る・書き直す
・経営計画を書く・見る・書き直す

などを定期的にPDCAですね。

竹田陽一は常々、「経営で何かを成すには15年はかかる」と云いますが、経営と人生の各ポイントを全部揃えるには、しかも自己満足でなく、ライバルに負けない、顧客に支持される商品・地域・客層で小さな1位をつくるには、やはり10年15年はかかりますね。誰でも簡単スグ成功はないですね。しかも、うまく行っても長くは続かない。常に競争がありますから。

人生も経営も一生修行でしょう。

他には、カラダが資本なので、実は一番大事なのは
健康・食事・運動のPDCAかもですね。

死んだら終わりですから。

でも、人はもちろん、会社も店もほぼ100%死ぬので、
お互い、好きにやりましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/x0iCND
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第215回・九州ベンチャー大学(3月)
 あの皇潤エバーライフ創業者が登場!
一般サイト http://bit.ly/1eHs9zi
FBサイト http://bit.ly/N2kxBw
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新刊「35歳から一生負けない生き方」立読み10P↓↓
アマゾン   http://amzn.to/19sX8i1
楽天ブックス http://bit.ly/1apVmz9
読者プレゼントhttp://bit.ly/1bUFVmt
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「夢を叶える質問」http://bit.ly/1iNJL51
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■栢野克己セミナー&建設業者交流会:無事終了!
写真
写真

【主催者】平成26年2月13日に山口行政書士事務所主催の建設業者交流会を開催しました。初めての試みでしたが、建設業者の方を中心に51名の方にご参加いただき、皆さん前向きに楽しんでいただいたので、無事成功裏に終わることができました。準備などいろいろと想定して大変でしたが、終わってみると爽快な感じですね。とは言っても、しばらくはもういいかなぁとも思いますが・・。栢野さんのお話は期待に違わず、爆笑かつ中身の濃いものでしたし、建通新聞社の方にも取材に来ていただきましたし、参加いただいた方も予想以上に『この業者さんを紹介して!』という要望をいただきました。一つでも二つでも工事につながれば嬉しいです。

建通新聞社の記事です↓
http://www.k-kyoka.com/140213seminar.html

●有り難い。本当に有り難いことです。講師の機会をいただき、ありがとうございます!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/x0iCND
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第215回・九州ベンチャー大学(3月)
 あの皇潤エバーライフ創業者が登場!
一般サイト http://bit.ly/1eHs9zi
FBサイト http://bit.ly/N2kxBw
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新刊「35歳から一生負けない生き方」立読み10P↓↓
アマゾン   http://amzn.to/19sX8i1
楽天ブックス http://bit.ly/1apVmz9
読者プレゼントhttp://bit.ly/1bUFVmt
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「夢を叶える質問」http://bit.ly/1iNJL51
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/x0iCND
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第215回・九州ベンチャー大学(3月)
 あの皇潤エバーライフ創業者が登場!
一般サイト http://bit.ly/1eHs9zi
FBサイト http://bit.ly/N2kxBw
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新刊「35歳から一生負けない生き方」立読み10P↓↓
アマゾン   http://amzn.to/19sX8i1
楽天ブックス http://bit.ly/1apVmz9
読者プレゼントhttp://bit.ly/1bUFVmt
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「夢を叶える質問」http://bit.ly/1iNJL51
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
■参加できない方にDVD http://qvenshop.com/?pid=71324867

怪しい水晶で250億長者【セミナー】















「あなたの夢は何ですか?」

【創業した会社・皇潤エバーライフを250億円で売却】

私、栢野が会った2000年頃のエバーライフは怪しい年商1億円のダイエット食品電話セールス会社でした。創業者の井さんは「栢野君もわかるだろ。オレもいつまでもこんなことやりたくないんだよ」。その2年後、最初はサメの健食がブレイクして年商70億に。さらに「皇潤」で年商250億円へ。いったい、何が起きたのだと傍観してると、2008年には会社(エバーライフ)を250億円で投資ファンドに売却。現在は元々の本業だった不動産業に戻り、ウェルホールディングスの社長として、マンション開発・太陽光発電事業・カプセルホテルを経営。昨年、自伝「現実の中にこそ一歩先に夢がある」を読み、それは井さんの生い立ちから2003年までの就職・転職・起業・失敗・ドン底・逆転成功物語(年商70億までの頃)でしたが、「ここまでヤバイこと書いていいのか!」と逆に大感動。この中で、井さんが従業員の採用で必ず「あなたの夢は何ですか?」と聞くシーンがあるんですが、その大元があの悪徳マルチ商法ネットワークビジネス元祖系の「ジャパンライフ」勧誘ビデオにあると正直に書いてました。のちに4年で1500億円になった羽毛布団のマルチ商法ジャパンライフは国会でも問題になるほど。が、夢を持つ大切さを学んだと。このへんにも私は感心しました。悪からも学ぶ。いいものはイイと。

■井さん制作の映画「ふるり」夢やぶれて夢かなえる法
□井さんが当時の社員や皆へ伝えたかったこと。
http://youtu.be/PLuIuTMz9wg

■講師・井康彦・エバーライフ創業者・ウェルホールディングス代表

1958年福岡生まれ。実家は饅頭屋。夜間大学を中退後、惚れた女のために100万円貯めようと、20歳で学生援護会のアルバイトニュース求人広告営業マンに。1年で120万円貯めるも振られ、茫然自失でハワイへ半年。帰国後、サンリオショップの雇われ店長2年経て、ジャパンライフの羽毛布団ネットワークビジネスにハマる。が、会社が社会的問題になり、歩合ビジネスを2年でやめる。4つ目はレンタルビデオ店長2年。5つ目は不動産地上げ屋へ転職2年。32歳の6社目で不動産売買のエバーライフを1990年創業。すぐにバブル崩壊土地下落で業界大不況に。同業の知人10人が自殺。井さんも紆余曲折失敗借金経て、未経験の知人が通販で小成功してるのをみて、自分も敏腕営業ウーマン雇って1994年頃からダイエット食品の電話押し売り営業開始。が、豪腕ウーマンに頼るばかりの男芸者。押し売り営業の弊害も内外で勃発。嫌気がさした頃、伝説の「傾聴」ウーマンが入ってきて、さらに1999年から最初の健康食品・サメ肝油を通信販売へ。当初は新聞広告ダメだったが、通販会社への同梱チラシがたまに当たり始める。が、まだまだ資金繰りは最悪の頃。あと2ヶ月で資金なくなったら廃業だと覚悟した頃、知り合いから紹介された霊能者?先生みたいな人の会合に行くと、いかにもダメそうな追い込まれた社長が10数人。個人面談で「あなたは実力も素質も並。大したことはない。が、勘は鋭い。これから私の言うことを聞いてやる覚悟はあるか?」「あります」「明日200万円振り込みなさい」「!!」その手の祈祷師や霊能者は信じないたちだが、その先生だけは信じた。なけなしのお金を振り込むと、大きな「水晶」が届いた。水晶パワーもまったく信じないのだが、その日から井さんは「オレはこれで成功する」と念じはじめ、しかし、仕事では具体的な手を打っていき・・まさかの奇跡が起きた。そうです。またあとで加筆訂正しますが、もちろん、水晶で成功したわけではありません。が、思い込む力はある。つづく

フェイスブックはhttps://www.facebook.com/events/735508303126265/

■当日のスケジュール(順不同)

・参加者交流タイム・名刺交換
・井さんの独立起業暴露話(何でもあり)
・通信販売で具体的にやったこと
・起業や経営のコツ
・質疑応答

■参加できない方にDVD http://qvenshop.com/?pid=71324867

■日 時:2014年3/29(土)13:00~17:00 
※出入り自由・終了後、希望者は懇親会へ。
■参加費:1万円
■定 員:30名
■場 所:福岡市中央区天神4-5-20「正友ビル」3F(天神ダイエーの北)
マップ http://www.hikari-building.com/access.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■主催・事務局・栢野克己(かやのかつみ)
【人生は逆転できる!】講演家・作家・天職コーチ・過激派・コンサル・旅人。「悲惨な半生」経て、人生逆転を目指すバカ社長向けに日本・アジアで講演1000回


■著書は累計17万部・新刊「35歳から一生負けない生き方」「弱者の戦略」「やずやの秘密」「小さな会社★儲けのルール」「大逆転!バカ社長」はアマゾン<中小企業経営>で10年間ベストテンのロングセラー■セミナー交流会「ベンチャー大学」「経営人生計画」「早朝サロン」他20年1000回開催。人生成功の法則<夢戦感>で人生逆転を応援。■2007年に家族で世界一周(24カ国)を実現!■現在57カ国→死ぬまでに世界200ヵ国渡航が夢。必ずやる!
◆著書とレビューhttp://amzn.to/19sX8i1
◆成功事例200連発!http://qvenshop.com/ 
◆Youtube動画300本!http://goo.gl/VNrbb 

参加お申し込み参加お申し込みは参加申し込みフォームより→

メールはkaya@hf.rim.or.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/x0iCND

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【実録】ネット+アナログ営業で人生逆転! by 鈴喜・鈴木社長

起業して4年半になるんですが、1年目で廃業のピンチを迎え、貯金もほとんど底をついて厳しい状況になりました。脱サラ資金は退職金の800万円で、かなり余裕かなあと思ってスタートしたんですが、減るのがやたら早いですねえ。1年もしないうちに800万が底をつき、2年目は家内の生命保険を解約して600万円。それもどんどん無くなり、春日部の家庭菜園で野菜作ったり、もうぎりぎりの生活で食いつなぐような感じでした。

まあ、サラリーマンの頃はねえ、上場企業なもんですから給料もそこそこもらえたんですが、生活は一変してしまいましてね。厳しい生活で子どもたちにも小遣い出せないような、ちょっとひもじい想いを子どもたちにさせました。

そんなギリギリの生活をしているとき、あとで話しますが、恩人の菅谷さんと後藤さんにお会いしまして、そっからYouTubeとかいろんな作戦を教えていただき、こうして今、なんとか逆転をしてます。私が何をして、倒産寸前から3年目で累計3億円稼げたのか。大したことじゃないですよ。誰でもできることをしてきました。

私たち夫婦は、自動旋盤という工作機械の販売会社です。自動旋盤は町工場にある小型の旋盤です。3mぐらいある金属の棒の材料を削って、自動車の部品とかブレーキの部品とかを削って作る機械です。

商品はニッチですね。だからYouTube検索でも引っかかりやすい。同業の方は工作機械の総合商社っていう肩書で商売されます。町工場に行って、工作機械ならうちはなんでもできますよ。ってやるんですけど、うちは得意の自動旋盤に絞ってます。

◆中古で差別化

21年間、スター精密という自動旋盤専門のメーカーに勤務してたので、新品の自動旋盤を売るのが一つ。それと、新品が売れると古い自動旋盤出が出るので中古も扱ってます。

国内で新品の自動旋盤がバンバン売れる時代は終わってます。明らかにアジアに日本の製造業は追い越されつつあるんで、非常に厳しい状況。私も最近は新品ではなく、中古の比率が高くなってきました。

栢野さんのDVDなんか観てて、「弱者や中小零細は新品でなく中古だ!」って言ってますけど、そうなのかなあと最初は疑ってました。でも、言われるように、新品は競争が激しいし、個人商社は信用されない。でも、中古は大手も無視するし、みんなと競合しないですね。中古のほうが確かにいい。それに気づいたのは2年目です。

起業したのが2009年4月。リーマン・ショックの後ですね。今も日本の製造業の状況はよくないんですけども、その当時は最悪で、起業は周りからすごく心配されました。前職のスター精密は一部上場企業で非常に安定してましたから、退職するとき周りからは呆れられました。お前、こんな時に会社辞めて大丈夫なの?と。

僕は起業することをスゴく夢に描いてたもんですから、応援してくれると思ってたんですけど、今、起業なんてそんなバカなことと止められたり、親を説得するの大変でした。やっぱり上場企業で安定した会社から飛び出すなんて、スゴくリスキーでアホらしいと思えるみたいですね。その感覚の違いをすごく感じました。

■妻:突然、独立すると言われまして・・・。まあ、全部自分で決めてあとで自分で言うタイプなんで、いつものごとく、もう決めたからと。でもどうしてもイヤだと言うんなら独立やめるよって。言われたんですけど、それは、私の一言でやらなかったとか言われちゃうし、お笑い芸人になりたいとかラーメン屋さんとか、まったく異業種を言ってるんじゃなかったので、まあ、屋内プールから屋外プールに出るようなもんかもなので、やってみたらと言いました。自分の保険を解約するまでに追い込まれましたが、それは予想してたので、別にいいかなと。

夫・自分も家内が応援してくれなければ、ちょっとなかなか成功しにくいだろうなと思ったもんですから、家内がやめろと言えば、しょうがないなあと言って、サラリーマンを続けるつもりではあったんです。

サラリーマン時代も仕事は面白かったですけど、やっぱサラリーマンですから、上場企業の販売計画に基づいて、数字が上から降りてきて売れだとツマラナイですね。でも、自分が思うように、自分が好きなお客さんに自分が好きな機械を売るんだったら、もっと面白い。自分が好きなようにやりたいと独立を決めました。

スター精密では関東・東北・静岡を担当しました。社用車で1日1300キロ移動とかやってましたね。非常に過酷だったですが、スゴく充実してました。

スター精密は直販2割ぐらい。大半は商社が絡んでますが、商社は機械のことはわからない。金額だけ。だから、決まると我々が飛んでいって見積もりを出し、商社がマージン乗せて決まりと。

新品の平均単価は1500万円ぐらい。スター精密ってイイ会社なんですよ。従業員の夢を応援する制度なんかあって。45歳の時に独立しました。平成22年2月。会社は大好きでしたし、今もスター精密の機械を売るのは誇りに思ってます。

開業時は2008年のリーマン・ショックから1年半経過してたんですが、まだまだ厳しかったですね。でも自分がやりたくて仕方なかったわけで、やる気満々でした。会社のためではなく、自分のためですから、ワクワクしてやりました。それまでの人生も最後にはなんとかなったもんですから、今回もなんとかなると楽観的に思ってました。

◆まったく売れない

ところが実際に現場を回り始め、こんなに厳しいのかと愕然としました。それまでは上場企業のサラリーマンだったから売れた。でも、やめたらそうは簡単じゃない。ボクもその程度は想像してましたが、個人というのは信用されないんですね。

考えてみたら、1500万から3000万する機械をあんたから買って大丈夫なの?って言われて、確かにそうかもねと。お客さんとこ、買ってくれそうだなあと思ったとこには3回ぐらい行くわけですよ。ところが、うちは力のない個人からは買えない。個人のブローカーさんとは付き合えないよッて追い返されるんですよ。ひどい言葉でネ。

自分も甘かったんですが、ショックでした。が、もう後戻りはできない。もうやっちゃいましたから。たまにスター精密やめて、もう一度戻りたいっていう人いるんですが、再雇用はないですね。

で、事務所にいても当然、電話鳴らないですよね。機械がまるで売れない。見積の依頼すらない。ただ、外をグルグル回ってるだけ。ほんとに廻るだけ。メーカーにいた頃の自動盤使ってる町工場を毎日回ってたんですね。顧客名簿を頼りに。埼玉県内からスタートして、栃木、茨城、群馬、千葉、としらみつぶしに廻りました。

最初の1年は300件ぐらい飛び込み営業やったんですが、散々な状態でした。初年度の後半に商談をなんとか決めたんですが、それは20年以上前の中古のボロボロ機械2台で儲けはほとんどなし。作業着着て搬出入して。でも、初受注でしたから、めちゃくちゃ嬉しかったですね。さらに年度末、新品をなんとか2台決めました。値引きしてお願い営業して。

こうして初年度売上は2500万円。ところが、採算度外視の受注だったので赤字600万円。退職金800万円がスッカラカンですね。車でサラリーマン時代と同じ感覚で静岡とか東北とか移動してましたので、経費がめちゃくちゃかかるんですね。事務所兼住宅の経費とか経費がかかって。節約してたつもりなんですが、サラリーマン時代とあまり変わってない。サラリーマンの時は自分のお金じゃないから経費使い放題でしたね。でも起業後も生活レベル下げてないんですね。本当はざるそばにしないといけないのに天ざる食うとか。でも、まだ800万円あるし。という感覚でした。初年度は。

が、二年目も厳しい状況で、生活費も底をついてました。情けないことですが、家内の生命保険を解約してもらって、家で育てた野菜を食べて生き延びてたんですね。小学生の子どもが2人いたものですから、かなり不憫な想いもさせました。外食とかも一切せず、映画やディズニーランドに行ったり出来なくなっちゃいましたね。お金ないから。そうならないと、なかなか節約できないですね。子どもたちもその辺の状況はわかるみたいで、お金を使うようなことは言わなくなった。どっか連れてってくれとか、映画行こうとか言わなくなって、ひもじい生活にはなりました。

もう昔の顧客名簿と土下座営業では、生活が成り立たないのはわかってました。追い詰められてましたんで、なんでもしようと思いました。ぼく、アナログ営業だったもんですから、ネットの営業とかしてなかったんです。でもなんか手を打たないと。

ホームページをつくろうと思って、ホームページ会社にあたりをつけたんですよ。でもいい加減な方多いですよね。何社か会ったんですけど、みんないい加減。こっちは崖っぷちに立たされているから、ちょっとしたお金も出せない。藁をも掴む感じで、なかなかこっちの気持ちと相手の提案する内容がマッチングしない。「月額1万円で鈴木さんのホームページを検索で上位表示する方法もありますよ」と。そりゃいいなあと思ったんですが、いろいろ聞いていくと胡散臭い。

◆出逢いと3つの作戦

いろんな人の話やネットで調べ、菅谷さんの本を読んだ。スゴく内容が濃くて、菅谷さんに興味持ったんですよ。連絡をして、2年目のクリスマスを前に菅谷さんと会ったんですね。その時がボクの転機でした。

皆さんもそうでしょうけど、人と人の出逢いでラッキーになったり、アンラッキーになったりすることってありますよね。いい人と出会うとスゴくいい方向へ行く。相乗効果が出る。ボクはまあ、それが菅谷さんだったんです。

ところが、菅谷さんはホームページを作るということでしたけど、ホームページを作る話はまるでしないんですよ。商売の話をしない。売り込むかなあと思ったけど、たぶん、菅谷さんからすると、この人、お金ないから売り込んでも仕方ないのかなあと思ったんでしょうけど、その時、自分がやってきたことをつぶさに聞いてくれたんです。

鈴木さんが飛び込み営業300件やって、頑張ってるのはよくわかる。ま、やらない人よりはましだけど、戦略がなくて300件飛び込んでも、200キロ300キロ走ってお客さんとこ行った!って、移動時間は無駄ですって。

僕は何も勉強してなかったから、「いや、移動時間が無駄って言われても、お客さんとこ行くのに移動しないといけないから、何言ってるのかなあ」と、スグには理解できなかったんです。そんな話の中で、お金のかかるホームページ作るとかでなく、予想外のアナログ営業の戦略の話を具体的に教えてくれたんですね。

そして話を聞きながら、これをやったら確かに効果が出るなと、話を聞いた時に思ったんですよ。確信しました。コレは確かに効果が出る。と思ったんですねえ。

で、この時に、菅谷さんから教えてもらったのが3つあります。

◆つづきとライブ動画は
http://qvenshop.com/?pid=63531571
起業して4年半になるんですが、1年目で廃業のピンチを迎え、貯金もほとんど底をついて厳しい状況になりました。脱サラ資金は退職金の800万円で、かなり余裕かなあと思ってスタートしたんですが、減るのがやたら早いですねえ。1年もしないうちに800万が底をつき、2年目は家内の生命保険を解約して600万円。それもどんどん無くなり、春日部の家庭菜園で野菜作ったり、もうぎりぎりの生活で食いつなぐような感じでした。まあ、サラリーマンの頃はねえ、上場企業なもんですから給料もそこそこもらえたんですが、生活は一変してしまいましてね。厳しい生活で子どもたちにも小遣い出せないような、ちょっとひもじい想いを子どもたちにさせました。 そんなギリギリの生活をしているとき、あとで話しますが、恩人の菅谷さんと後藤さんにお会いしまして、そっからYouTubeとかいろんな作戦を教えていただき、こうして今、なんとか逆転をしてます。私が何をして、倒産寸前から3年目で累計3億円稼げたのか。大したことじゃないですよ。誰でもできることをしてきました。 私たち夫婦は、自動旋盤という工作機械の販売会社です。自動旋盤は町工場にある小型の旋盤です。3mぐらいある金属の棒の材料を削って、自動車の部品とかブレーキの部品とかを削って作る機械です。 商品はニッチですね。だからYouTube検索でも引っかかりやすい。同業の方は工作機械の総合商社っていう肩書で商売されます。町工場に行って、工作機械ならうちはなんでもできますよ。ってやるんですけど、うちは得意の自動旋盤に絞ってます。 ◆中古で差別化 21年間、スター精密という自動旋盤専門のメーカーに勤務してたので、新品の自動旋盤を売るのが一つ。それと、新品が売れると古い自動旋盤出が出るので中古も扱ってます。 国内で新品の自動旋盤がバンバン売れる時代は終わってます。明らかにアジアに日本の製造業は追い越されつつあるんで、非常に厳しい状況。私も最近は新品ではなく、中古の比率が高くなってきました。 栢野さんのDVDなんか観てて、「弱者や中小零細は新品でなく中古だ!」って言ってますけど、そうなのかなあと最初は疑ってました。でも、言われるように、新品は競争が激しいし、個人商社は信用されない。でも、中古は大手も無視するし、みんなと競合しないですね。中古のほうが確かにいい。それに気づいたのは2年目です。 起業したのが2009年4月。リーマン・ショックの後ですね。今も日本の製造業の状況はよくないんですけども、その当時は最悪で、起業は周りからすごく心配されました。前職のスター精密は一部上場企業で非常に安定してましたから、退職するとき周りからは呆れられました。お前、こんな時に会社辞めて大丈夫なの?と。 僕は起業することをスゴく夢に描いてたもんですから、応援してくれると思ってたんですけど、今、起業なんてそんなバカなことと止められたり、親を説得するの大変でした。やっぱり上場企業で安定した会社から飛び出すなんて、スゴくリスキーでアホらしいと思えるみたいですね。その感覚の違いをすごく感じました。 ■妻:突然、独立すると言われまして・・・。まあ、全部自分で決めてあとで自分で言うタイプなんで、いつものごとく、もう決めたからと。でもどうしてもイヤだと言うんなら独立やめるよって。言われたんですけど、それは、私の一言でやらなかったとか言われちゃうし、お笑い芸人になりたいとかラーメン屋さんとか、まったく異業種を言ってるんじゃなかったので、まあ、屋内プールから屋外プールに出るようなもんかもなので、やってみたらと言いました。自分の保険を解約するまでに追い込まれましたが、それは予想してたので、別にいいかなと。 夫・自分も家内が応援してくれなければ、ちょっとなかなか成功しにくいだろうなと思ったもんですから、家内がやめろと言えば、しょうがないなあと言って、サラリーマンを続けるつもりではあったんです。 サラリーマン時代も仕事は面白かったですけど、やっぱサラリーマンですから、上場企業の販売計画に基づいて、数字が上から降りてきて売れだとツマラナイですね。でも、自分が思うように、自分が好きなお客さんに自分が好きな機械を売るんだったら、もっと面白い。自分が好きなようにやりたいと独立を決めました。 スター精密では関東・東北・静岡を担当しました。社用車で1日1300キロ移動とかやってましたね。非常に過酷だったですが、スゴく充実してました。 スター精密は直販2割ぐらい。大半は商社が絡んでますが、商社は機械のことはわからない。金額だけ。だから、決まると我々が飛んでいって見積もりを出し、商社がマージン乗せて決まりと。 新品の平均単価は1500万円ぐらい。スター精密ってイイ会社なんですよ。従業員の夢を応援する制度なんかあって。45歳の時に独立しました。平成22年2月。会社は大好きでしたし、今もスター精密の機械を売るのは誇りに思ってます。 開業時は2008年のリーマン・ショックから1年半経過してたんですが、まだまだ厳しかったですね。でも自分がやりたくて仕方なかったわけで、やる気満々でした。会社のためではなく、自分のためですから、ワクワクしてやりました。それまでの人生も最後にはなんとかなったもんですから、今回もなんとかなると楽観的に思ってました。 ◆まったく売れない ところが実際に現場を回り始め、こんなに厳しいのかと愕然としました。それまでは上場企業のサラリーマンだったから売れた。でも、やめたらそうは簡単じゃない。ボクもその程度は想像してましたが、個人というのは信用されないんですね。 考えてみたら、1500万から3000万する機械をあんたから買って大丈夫なの?って言われて、確かにそうかもねと。お客さんとこ、買ってくれそうだなあと思ったとこには3回ぐらい行くわけですよ。ところが、うちは力のない個人からは買えない。個人のブローカーさんとは付き合えないよッて追い返されるんですよ。ひどい言葉でネ。 自分も甘かったんですが、ショックでした。が、もう後戻りはできない。もうやっちゃいましたから。たまにスター精密やめて、もう一度戻りたいっていう人いるんですが、再雇用はないですね。 で、事務所にいても当然、電話鳴らないですよね。機械がまるで売れない。見積の依頼すらない。ただ、外をグルグル回ってるだけ。ほんとに廻るだけ。メーカーにいた頃の自動盤使ってる町工場を毎日回ってたんですね。顧客名簿を頼りに。埼玉県内からスタートして、栃木、茨城、群馬、千葉、としらみつぶしに廻りました。 最初の1年は300件ぐらい飛び込み営業やったんですが、散々な状態でした。初年度の後半に商談をなんとか決めたんですが、それは20年以上前の中古のボロボロ機械2台で儲けはほとんどなし。作業着着て搬出入して。でも、初受注でしたから、めちゃくちゃ嬉しかったですね。さらに年度末、新品をなんとか2台決めました。値引きしてお願い営業して。 こうして初年度売上は2500万円。ところが、採算度外視の受注だったので赤字600万円。退職金800万円がスッカラカンですね。車でサラリーマン時代と同じ感覚で静岡とか東北とか移動してましたので、経費がめちゃくちゃかかるんですね。事務所兼住宅の経費とか経費がかかって。節約してたつもりなんですが、サラリーマン時代とあまり変わってない。サラリーマンの時は自分のお金じゃないから経費使い放題でしたね。でも起業後も生活レベル下げてないんですね。本当はざるそばにしないといけないのに天ざる食うとか。でも、まだ800万円あるし。という感覚でした。初年度は。 が、二年目も厳しい状況で、生活費も底をついてました。情けないことですが、家内の生命保険を解約してもらって、家で育てた野菜を食べて生き延びてたんですね。小学生の子どもが2人いたものですから、かなり不憫な想いもさせました。外食とかも一切せず、映画やディズニーランドに行ったり出来なくなっちゃいましたね。お金ないから。そうならないと、なかなか節約できないですね。子どもたちもその辺の状況はわかるみたいで、お金を使うようなことは言わなくなった。どっか連れてってくれとか、映画行こうとか言わなくなって、ひもじい生活にはなりました。 もう昔の顧客名簿と土下座営業では、生活が成り立たないのはわかってました。追い詰められてましたんで、なんでもしようと思いました。ぼく、アナログ営業だったもんですから、ネットの営業とかしてなかったんです。でもなんか手を打たないと。 ホームページをつくろうと思って、ホームページ会社にあたりをつけたんですよ。でもいい加減な方多いですよね。何社か会ったんですけど、みんないい加減。こっちは崖っぷちに立たされているから、ちょっとしたお金も出せない。藁をも掴む感じで、なかなかこっちの気持ちと相手の提案する内容がマッチングしない。「月額1万円で鈴木さんのホームページを検索で上位表示する方法もありますよ」と。そりゃいいなあと思ったんですが、いろいろ聞いていくと胡散臭い。 ◆出逢いと3つの作戦 いろんな人の話やネットで調べ、菅谷さんの本を読んだ。スゴく内容が濃くて、菅谷さんに興味持ったんですよ。連絡をして、2年目のクリスマスを前に菅谷さんと会ったんですね。その時がボクの転機でした。 皆さんもそうでしょうけど、人と人の出逢いでラッキーになったり、アンラッキーになったりすることってありますよね。いい人と出会うとスゴくいい方向へ行く。相乗効果が出る。ボクはまあ、それが菅谷さんだったんです。 ところが、菅谷さんはホームページを作るということでしたけど、ホームページを作る話はまるでしないんですよ。商売の話をしない。売り込むかなあと思ったけど、たぶん、菅谷さんからすると、この人、お金ないから売り込んでも仕方ないのかなあと思ったんでしょうけど、その時、自分がやってきたことをつぶさに聞いてくれたんです。 鈴木さんが飛び込み営業300件やって、頑張ってるのはよくわかる。ま、やらない人よりはましだけど、戦略がなくて300件飛び込んでも、200キロ300キロ走ってお客さんとこ行った!って、移動時間は無駄ですって。 僕は何も勉強してなかったから、「いや、移動時間が無駄って言われても、お客さんとこ行くのに移動しないといけないから、何言ってるのかなあ」と、スグには理解できなかったんです。そんな話の中で、お金のかかるホームページ作るとかでなく、予想外のアナログ営業の戦略の話を具体的に教えてくれたんですね。 そして話を聞きながら、これをやったら確かに効果が出るなと、話を聞いた時に思ったんですよ。確信しました。コレは確かに効果が出る。と思ったんですねえ。 で、この時に、菅谷さんから教えてもらったのが3つあります。 ◆つづきとライブ動画は http://qvenshop.com/?pid=63531571" width="212" height="300" style="border: 0px; height: auto; min-height: 100%; position: relative; width: 212px;">
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆人生は逆転できる!

それは、学業・進学に一人悩み、就職・転職で社会の厳しさと自分の甘さを嘆き、天職がわか らず追い込まれて、それでもわずかな淡い夢と希望はあった独立起業も失敗の連続で明日の金もなく、世間には内緒で恥ずかしいバイトや副業で日々を乗り切 り、それでもやっぱり夜になると悲観と絶望の考えが頭に巡り、振り払おうと自己啓発本やマルチ商法や悪徳商法や研修や寺巡りや内観や滝撃ちに行ったがその 日だけのごまかしで終わり、やっぱり神頼みかと神社や寺を見つけると一人涙を流して神様、私を救って下さいと懇願し、それでも人前や家族やお客の前では元 気なフリをしてなぜだか皆が家路に帰り始める夜7時過ぎには虚脱感と同胞感がごちゃ混ぜで安心し、しかし、深夜に散歩して見かける浮浪者は他人事でなく、 自殺者年間3万人の記事にハッとし、このままではダメだが精神科には行きたくないので心療内科やリラクゼーション・癒しのセミナーにこっそり参加し、もし 知人に見られてもいやー、過労で気分転換にという言い訳の練習をし、ありがとう1万回で人生が変わる、トイレ掃除で経営が変わると聞けば実行するも1週間 も持たず、様々な業績アップセミナーに出るも、教材ばかり買わされて効果が出ず、コレがダメならあの先生だと勉強のはしごでますます金がなくなり、追い込 まれたら借金も実力のうちだなんて開き直り、それでも支払いの月末が近づくとポストの街金チラシが気になって捨てず、もっと営業せねばと思っても意欲が沸 かず、考えてばかりで会社に籠もり、たまに外に出たかと思うと公園でさぼり、いや、今はむやみに仕事するよりここはちょっと立ち止まって思案に暮れるが、 考えるのはマイナスのことばかりで、結局お客を廻る頻度が落ちてますます落ち込み、いや、人生は仕事ばかりじゃないとボランティアや所属団体の無償活動に 精を出すが、それを本気でやっている人には勝てず、しかし仕事に手が着かず、なんとなく食えてはいるが1年先はおろか1ヶ月先も収入に不安で、本当に俺の 人生はどうしたらいいんだ!!!!!!・・・・

と悩んでいた44才までの自分、就職に失敗した23歳の自分、転職も失敗した26歳の自分、3度目の転職も失敗し、婚約破棄して自殺未遂した 29歳の自分、明日が見えずに自棄になって不倫した32歳の自分、脱サラしたが半年で資金が無くなり風呂なし木造アパート移転して節約のために台所で体を 洗い、食費が無くなると百貨店の試食コーナーで食いつないだ自分、しかし、作家は貧乏な境遇から生まれると、当時バイトしていた出版社で椎名誠のようにな りたいと淡い夢を見るが実家の破綻で都落ちせざるを得ず金がないのでフェリーの3等室で雑魚寝し、翌日の朝にドス黒い暗雲が垂れ込める関門海峡をくぐると きにいよいよ俺の闘いが始まると誓った33歳の自分、そしてその後の福岡で阿修羅になった自分の性を再発見してやっぱり俺は高校生の鬼の子時代と変わって ないのかと恐ろしくなった35歳の自分、2度目の脱サラするもまた半年後にはウツになり、好調だと思った我が世の春も1年持たず落ち込んだ41歳 の自分、それから3年もヤル気が起きず、本は出したが売れるはずもない、いったい俺は何をしたらいいのかと嘆いていた44歳になったばかりの自分に言いたい。

大丈夫だ、人生は逆転できる!

今の苦しみは試練だ。こう言っても信じないかも知れないが、過去は未来で変えられるんだよ!さあ、一緒に歩こう!という話を、同じ経験をしたあなたに話したい。 

つづき
http://yumesenkan.jp/modules/guidebook/index.php?cat_id=1#mokuji

◆栢野克己/【裏】のプロフィール
新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年~今までの人生への復讐スタート。お楽しみはコレからだ。

◆栢野克己/【表】のプロフィール
ベストセラー「やずやの秘密」「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「大逆転バカ社長」はお陰様で17万部。日本・中国・韓国・タイ・インドネシア語版も。「小企業・起業☆人生逆転」の講演・執筆・勉強会主催。(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」「経営人生計画」「早朝サロン会」は18年1000回以上で累計約1万人が参加。ブログ「人生は逆転できる!」は年間約100万アクセス・年間講演約100回・2007年に世界一周。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全国へ。ついでに前後で呼んで下さい。講師で。

■飯塚市で3/14にセミナー交流会を2つ
・15時~マジメ系http://tsurudome.jp/seminar/jinjibrain/
・19時~バカ者系https://www.facebook.com/events/1467476616804231/

■名古屋で3/30+31+4/1セミナー講師。4/2~誰か主催お願いします。
・3/30ホエール社内研修http://qvenshop.com/?pid=10110053
・3/31主催はhttp://www.yell-consulting.com/seminar/rebirth/9.html
・4/01主催はhttp://www.autonet-world.com/
・4/02どこかに講師で使って下さい!
・4/03どこかに講師で使って下さい!

■岩手県盛岡で10/2へ。前後で東北やロシアやウクライナ希望。

□最近のカヤノ講義動画 http://youtu.be/dx1mJEmgzdw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第215回・九州ベンチャー大学(3月)

 あの皇潤エバーライフ創業者が登場!

一般サイト http://bit.ly/1eHs9zi
FBサイト http://bit.ly/N2kxBw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/x0iCND
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新刊「35歳から一生負けない生き方」立読み10P↓↓
アマゾン   http://amzn.to/19sX8i1
楽天ブックス http://bit.ly/1apVmz9
読者プレゼントhttp://bit.ly/1bUFVmt
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■夢を叶える質問 http://bit.ly/1iNJL51
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■個別の面談や相談は http://bit.ly/1f6Aj53
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

栢野克己(かやのかつみ)

年中無休!24時間受付!
メールはもちろん携帯も!

■講演家・作家・起業コーチ
■著書一覧http://amzn.to/w0nCmx
■携帯:090-3604-6735 kayano55@gmail.com
■TEL:092-781-5252 FAX:092-781-5354
■DVD事例 http://qvenshop.com
■フェイスブック https://www.facebook.com/kayano55
■YouTube動画http://bit.ly/15m8UL3
■公式HP  http://yumesenkan.jp/
■ブログhttp://ameblo.jp/kayano55/
■〒810-0073福岡市中央区舞鶴1-2-33-304
■九州ベンチャー大学・(株)インタークロス
□福岡空港→博多駅→天神駅から徒歩5分
□ライオンズマンション天神・地図 http://bit.ly/SKATtG
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

650kayagento9-3.jpg

 

650kayagento9-2.jpg

 

 

 

「ところでランチェスター戦略ってなに???」

 

 

ランチェスターの法則とは、イギリス人のエンジニアだったフレデリック・ランチェスター氏が戦争で勝ち抜く為の法則をはじめて科学的に体系化したものになります。

 

 

このルーツを基に企業間での競争に勝ち抜く為に体系化されたものが「ランチェスター戦略」になります。日本ではソフトバンクの孫正義、HISの澤田秀雄、タリーズコーヒー・ジャパンの松田公太、アサヒビールの中條高徳、アシックス、オートバックスといったあらゆる企業が経営戦略として取り入れていたことで有名です。

 

 

竹田ランチェスター経営戦略とは、上記のランチェスターの法則を基に、中小企業(特に従業員30人以下)が勝ち抜く為に、商品・地域・客層などをできる限り絞り込むことによって、その分野におけるナンバーワンを獲得することで『小規模1位主義』『部分1位主義』といった自社だけのポジショニングを築く『弱者の戦略』として多くの中小企業が応用導入しています。

 

 

そのランチェスター法則もフレデリック・ランチェスター氏が1914年10月2日に発表してから今年で100周年となります。この100年を機により多くの方にランチェスター戦略を知って頂き、人生・経営に活かして頂きたいと思っています。

 

 

650kayagento9.jpg


 

栢野さんの辛口マシンガントークは生のライブでならではの醍醐味があります。ランチェスター戦略をベースにして人生大逆転の事例満載!最新の事例を交えて一挙大公開していただきます!

 

 

 

 

このチャンス

 

 

お見逃しなく!

                

                ※申込みフォームは一番下にあります。

 

 

 

 

【当日の想定スケジュール】

 

18:10~受付開始

18:10~ごあいさつ 司会:麻井克幸

18:15~「人生は逆転できる!小企業ランチェスター戦略2014最新成功事例100連発セミナー!」講師:栢野克己

21:00~終了(質疑応答も予定)

※上記のスケジュールは当日変更になる場合がございます。予めご了承ください。

※懇親会も予定しております。(別途4000円が必要になります。)

 

【日時】

3月31日(月)18:30~21:00(受付は18:10から)

 

【会場】

コネクト栄』名古屋市中区栄3-23-11 モリシマビル5階 地図 (地下鉄名城線 矢場町駅5番出口徒歩7分※ロフトのすぐそばです。)詳しい会場案内は→コチラ

 

【定員】

30名

 

【参加費】

お一人様4,000円

※お手数ですが返信メールに記載してある指定口座にお振込をお願い致します。

 
ご不明な点があればエール・コンサルティング麻井まで。
052-212-7923/080-8251-3974
メールアドレス:info@yell-consulting.com
 
 
当日皆さまにお会いできることを心から楽しみにしています。
 
 

 

≪お手続きの流れ≫

申込フォームに必要な情報を入力して、送信して頂いた後に、お申込みいただいたセミナーの内容、受講料のお振込先、キャンセル規定などをエール・コンサルティングよりメールで返信致しますので、その内容をセミナー終了時まで大切に保管ください。

※誤ったメールアドレスをご入力されると、お申込み受付のメールが返信できませんので、お間違いのないようにご入力頂ければと思います。尚、お申し込み後の返信メールが、迷惑メールフォルダに入ってしまうケースもあるようです。もしメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認下さい。ご不明な点があれば、052-212-7923にお電話頂くか、メールにて、info@yell-consultingu.comまでご連絡ください。

※お申込みは受講料のお振込みを持ちまして【お手続き完了】とさせて頂きます。

 

≪当日の受付の流れ≫

本セミナーはチケットなどの発行はしておりません。当日は受付にてお名前の確認をしております。初めてご参加いただく場合はお名刺を頂いておりますので、よろしくお願いします。

※名刺をお持ちでない方は必要ありませんので、お名前だけ受付にてお願いいたします。

 

≪キャンセル規定≫

お客様のご都合によりキャンセルをされる場合は、セミナー当日の5営業日前(土日・祝日を含まず)までに当事務所(052-212-7923/080-8251-3974)までご連絡ください。その際、受講料からご返金に必要な手数料を差し引いた上でご返金させていただきます。5営業(土日・祝日を含まず)以降前日までのキャンセルの場合、受講料の半額をキャンセル料として頂きます。当日のキャンセルにつきましては、全額をキャンセル料として頂きます。ご理解ください。

 

 

【動画による告知】

※準備中。。。

 

懇親会

講演終了後、有志で懇親会(21:10~120分程度)を行います。費用は4,000円です。

※8品コース、飲み放題

セミナー会場近くの「土間土間名古屋栄三丁目店」を予定しています。意識の高い方同志でぜひ交流しましょう!

ご希望の方はお手数ですが申込フォームにて「参加」にチェックを入れてください。

≪懇親会会場の住所≫

土間土間名古屋栄三丁目店 : 愛知県名古屋市中区栄3-12-6 インペリアルプラザビル1F

※大変恐れ入りますが、当日場所を急遽変更することがございます。(料金は変更しません。)
 

講師プロフィール

■栢野克己/Katsumi Kayano

プロフィール
危ない講演家。ランチェスター経営戦略×夢やる気成功哲学のベストセラー「やずやの秘密」「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「大逆転バカ社長」はお陰様で17万部。日本・中国・韓国・タイ・インドネシア語版も。「小企業・起業☆人生逆転」の講演・執筆・勉強会主催。(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」「経営人生計画」「早朝サロン会」は18年1000回以上で累計約1万人が参加。ブログ「人生は逆転できる!」は年間約100万アクセス・年間講演約100回・2007年に世界一周

◆裏のプロフィール
福岡市出身・西新小・百道中・小倉西高・立命館大学卒・新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年~今までの人生への復讐スタート。お楽しみはコレからだ。ステイハングリー!ステイフーリッシュ!

著書

  • 第9回限界突破セミナー※ゲスト講師:栢野克己氏弱者の戦略
  • 第9回限界突破セミナー※ゲスト講師:栢野克己氏小さな会社儲けのルール
  • 第9回限界突破セミナー※ゲスト講師:栢野克己氏35歳から「一生、負けない」生き方
  • 第9回限界突破セミナー※ゲスト講師:栢野克己氏逆転バカ社長

    申込はコチラ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【ある平凡な新聞販売の話】 彼がトップの理由

「社長、そろそろ優秀販売員の表彰式の時間です」『分かった』
社用車であるクラウンの後部座席に普段通り乗り込み会場の控室に着くと、
その年に最も新聞の勧誘に成功した販売員10人が集められていた
(あの、いかにも自信ありげな若者が1番だな・・・)
『君、今年の1番は彼だろう?彼の落ち着きぶりを見たら分かる』
『それに引き換え彼は本当に優秀な販売員なのか?身体も小さいし
酷く緊張しているように見える。』
「社長、実はあの身体の小さい彼が本年度の一番です。それもダントツの・・・」

『何?本当かね?一体彼はどんな男なのかね?』

「はい、彼がいる販売所の所長が一番、この事をに驚いており、
所長は彼が何をしてTOPになったのか聞いたそうです。すると、

『すると?』

「彼自身の口からは、彼がTOPになる理由らしきものは見当たらなかったそうです」

『一体どういうことなんだ?私が直接彼に聞いてみよう』

彼に直接話を聞いてみたが、彼がトップになった理由は私でも見つけられなかった。

一目見た印象の通り、身体の小さな、
特に何か光るものがあるわけではない、いわゆる平凡な青年だった

そんな彼がなぜ日本一の販売員の座を手に入れたのか?

私はとうとうその理由が気になって仕方が無くなり、
彼が在籍する販売所の所長に電話を入れた。

『・・・では、君も彼が日本一になった理由がわからないということなんだね?』

「・・・はい、すみません。社内でも地味な存在というか、
あえていうなら真面目だというくらいで・・・」

『いや、分かった。ではこうしよう・・・』

私は所長にひとつの指示を出した。

その指示とは、彼を尾行すること。

そうすれば彼の秘密に近づけると考えたのだ。

あまり、品があることとは言えないが、これも当社の発展の為。

本音を言えば私の好奇心を満たす為にこのような行為に出た。

・・・

彼を尾行をさせた3日後。

所長から電話が入った。

「社長!彼が何をしていたのかわかりました!彼は・・・」

『分かったのか!彼は一体何をしているんだね!?』

「はい、挨拶です!」

『アイサツ?挨拶なんてするのが当り前だろう!
それがどうしたというんだ!?』

「いえ、単なる挨拶と言えば挨拶なんですが、
彼は行きかう人、全員に挨拶をしていたんです!」

『全員?それはどういうことだ?』

「はい、朝から晩まで、通勤時も、昼食で外に出る時も、
自宅に帰る際も・・・移動中、ずーっとすれ違う人に挨拶をしているんです!」

『そんなことするやつが本当にいるのか?
それで君、それと新聞勧誘が上手くいくのにどう関係するんだ?』

「社長、それは・・・」

いかがでしたでしょうか。

工藤さんのメルマガでは見られない、
ビジネス小説風にしてみました。

この話は実話なのですが、
先生はなぜ、見た目が平凡な青年がなぜ、
日本一新聞の勧誘に成功したかわかりましたか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本一の新聞勧誘員はどこにでもいそうな平凡な青年だった。

その青年に「日本一になれた秘訣」を聞いても、
秘訣は特に無いと言う。

それにしびれを切らした新聞社の社長は
日本一になった青年に尾行を付けた。

という内容でした。

そして、彼が行っていたことがとうとう発覚するわけですが、
彼がしていたことは、

「道ですれ違う人全員に挨拶をしていた」

ということでしたね。

この社長が営業畑出身であれば、
すぐにこのことの凄さに気が付いたでしょう。

しかし、どうやらこの社長は彼の凄さが分からず、
尾行をさせた営業所の所長に、

「挨拶することと新聞の勧誘に成功することにどう関係があるんだ!?」

という質問をしたのでしたね。

ここでようやく、
前回のメルマガの最後に出したクイズの
答えとなるわけですがその答えは、

「人は知らない人よりも、知っている人からモノやサービスを買いたい(受けたい)」

もっといえば、

「人は知っている人よりも好きな人からモノやサービスを買いたい(受けたい)」

ということです。
図にするとこんな感じです。

知らない人<知っている人<好きな人

ここで日本一の新聞販売員の話に戻ります。

彼は新聞勧誘のセオリー通り、一軒一軒、飛び込みで回るわけですが、
365日すれ違う人に挨拶をしているわけですから、
インターホンを押すと結構な確率で、

「あれ?いつものあなた!どうしたの?」

と、なるわけです。

知らない人なら新聞の勧誘だと解った瞬間に
ドアは閉じられるものですが、彼の場合、
既に顔なじみな為、むげに断られることが少ないのですね。

その結果、彼は日本一の座を手に入れたというわけです。

面白いのは日本一の彼は「すれ違う人に挨拶をする」
という行為が特別なことだと自覚していなかったことです。

ここからがポイントになります。

では、このエピソードを治療家であるあなたに
どのように活かして欲しいのかと言いますと、例えばこうです。

・毎朝、町内でやっているラジオ体操に参加して参加者に「おはようございます」を言う

・毎朝、院の前を掃除して通りがかりの人に「おはようございます」を言う

・スーパーやコンビニなどあなたが接点を持つ人に「こんにちは、ありがとうございます」を言う

理想を言えば、日本一の彼と同じく、
昼夜問わず、すれ違う人に笑顔で挨拶をされるようにしてみて下さい。

そして、接点が増えてきて、顔なじみになってきたら、
チラシを渡してみましょう。

口頭であなたの治療の良さをPRすると、
よほど口達者な先生で無い限り、
売込だと思われてしまう可能性が高いです。

しかし、チラシを渡すだけであれば、売込臭さも口頭よりも出にくいですし、
何よりも先生が口下手な場合でも、
チラシが代わりに先生の院の良いところを伝えてくれます。

例えるならば出来の良いチラシは優秀な広報マンなのです。

※チラシを渡すのも気が引ける・・・という先生にお薦めなのはニュースレターです。

ニュースレターは基本的に売込要素は無くお役立ち情報オンリーな媒体ですので、
これならどんなご性格の先生でも気兼ねなく会う人皆に配れるはずです。

ここで少し、話は集客からリピート獲得に変わりますが、
今日から絶対に先生に実施して頂きたいことがあります。

それは次回の予約を取れなかった患者さんにリピートを促すハガキを1枚送ることです。

内容はざっくりいうとこんな感じです。

「○○様 前回の来院から21日間が経ちました。治療効果を出すには・・・」

このハガキの目的は、このチラシを見た患者さんが

「あー前回からもう○○日も経ったのかー 忙しくて忘れてたなぁ。 
先生からは治したいなら最低5回は通って下さいっていわれたなー 予約入れるか―」

という思考プロセスを経て、予約の電話を掛けてもらうことです。

美容室なんかがこれは良くやっていますね。
そして、ココがミソなんですが、ずーっと続いている広告は
効果があるから出し続けられているのです。

是非今日から新聞の広告枠や折込チラシをみてください。
あるいはダイレクトメールでもいいです。

数ヶ月、半年、一年見ていくと、殆ど同じ広告が掲載され続けていることに気が付かれるはずです。

※ちなみに、このような広告には必ず人の心をつかむキーワード等が含まれています。
自力で良いチラシやホームページを作りたいと思われる先生は今後意識して広告を見てみて下さい。

話を戻しますと、是非今日からハガキ1枚出す習慣を付けて下さい

ハガキの内容がよほど酷いものでない限り、
10枚出せば1枚くらいの反応でリピートしてくれるものですので
やらない理由はありません。

費用対効果で考えるとハガキ10枚×50円=500円 

たった500円の投資で患者さんが5,000円の治療を受けてくれれば、
万々歳ですよね?

是非、リピーター獲得の為のハガキを出してみて下さい。
自然と来院数は増えてくるはずですよ。

このように、知恵を使えば、
お金なんて掛けなくても集客はできるものなんですね。

さて、ここで先生(あなた)の心の中をズバリ当てて見せましょう

ズバリ先生は今、こう思っているのではないでしょうか。

「こんなことをしている院に、患者さんは通いたいと思うか~?」

・・・

しかーし!先生、これは誤解ですよ。

実際にクドケンのお客さんで東京は二子玉川に治療院がある、ほづみ先生も

「院長自らが駅前でビラを配っている治療院なんかに行きたいと思う患者さんはいるんだろうか?」

と思っていましたが、クドケンのスタッフであり、
コンサルタントである斉藤君と一緒に駅前でチラシ配りをしたところ、
ほづみ先生の予想は良い方向に外れて、

「チラシを診たんですが・・・」

という人が沢山来院されました。

中には

「チラシを配っている人が診てくれるんだと思って安心できました

「良い人そうなので安心できた」

という声もあったほどです。

つまり、治療家さんたちが思っている程、
治療家さんが集客活動をしていることを
患者さんは気にしていないと言うことですね。

話を戻しますと、確かに上記の集客方法は
スマートとはいえないかもしれません。

先生が独立開業される際に思い描いていたことではないかもしれません。

でも、現実をみて下さい。
だまっていて患者さんはやってきますか?

きませんよね。

広告宣伝が上手な近隣の治療院に
ガンガン患者さんを取られているのが実情だと思います。

だまっていれば、ジリ貧のこの状況。

先生はどうなさいますか?

治療院経営は完全な地域ビジネスです。

地域の人との交流。
出来ていますか?

地域の人と良い交流が築ければ、
自然と患者さんは増えてきます。

「患者さんが来ないなー」 

なんていいながら、何もしない先生は本日、
明日からどれかひとつでも試してみて下さい。

そして、最低でも3日間続けてみて下さい。

きっと変化が起こりますよ。

以上の抜粋もとは
http://ameblo.jp/kudoken1/archive11-201301.html#main

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/x0iCND
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第215回・九州ベンチャー大学(3月)
 あの皇潤エバーライフ創業者が登場!
一般サイト http://bit.ly/1eHs9zi
FBサイト http://bit.ly/N2kxBw
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新刊「35歳から一生負けない生き方」立読み10P↓↓
アマゾン   http://amzn.to/19sX8i1
楽天ブックス http://bit.ly/1apVmz9
読者プレゼントhttp://bit.ly/1bUFVmt
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「夢を叶える質問」http://bit.ly/1iNJL51
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。