天職起業で「人生は逆転できる!」講演家・作家

創業・起業・小さな会社やお店の成功事例
ベストセラー16万部


テーマ:

成功事例DVD・CD  ←冬の勉強にどうぞ!昨日の発送は0本


12/15出雲・16倉吉(一般OK)宮崎・金沢・姫路・小豆島・横浜・福岡・他


◆行ってきましたインド!生涯初のインド人向け英語セミナー。その出来映えは30点ですが、スゴイ経験をさせて戴いた。インドは面積も人口も日本の10倍。今回は南インドのチェンナイ(マドラス)→ビジェヤワダ→ハイデラバード→西インドのムンバイ(ボンベイ)と9/20~27で約1000キロの移動。


1























◆ことの経緯は、姫路・紺屋町のインド料理店「インダスレイ」 女性オーナーのサリタさんと、その友人で兵庫の知的障害者施設のソーシャルワーカー山本忠雄さんから「インドで日本のことを伝えるビジネスセミナーを企画しています。どうなるかわかりませんが、行きませんか?」。インド人向けで英語講演だが、こんな機会は滅多にない。即OKし、飛んで行きました。

1 1































1

◆福岡から台湾・香港経由のキャセイで乗り継ぎ15時間、まずはチェンナイに到着。

ホームステイ先の街を歩いていると、いきなりサイババの寺院が。聖者?か手品師かわからんが、一定の信者を抱えている。同行のエリート系インド人はサイババの話をすると笑っていた。











1

◆バスも列車もこんな感じ。振り落とされたらどうなるの?だが、落ちてケガしても自己責任。絶対、毎日死人が出ているよなあ。落ちたらどうなるんだろうと思っていたら・・・・・・実は最終日の帰国日、私が乗ったバスが行き先と違うとわかり、走り出したバスから飛び降りたところ、引力の法則で後ろ向きに1回転し・・・頭を地面に叩きつけられて死ぬところ・・・背中に担いでいたバッグがクッションとなり、大の字になって周囲のインド人に大笑いされたのだった。私は運がイイ。が、こんな現地バスには外国人や観光客は乗らない。チャレンジ精神もいいが、もう少し注意しないと共同や時事通信で「アホな日本人がバスから落ちて死亡」と配信されるぞ。

が、香港で乗り継ぎ6時間もインド行きを待っている間、ついつい寝てしまい、ふと目を覚ますと待合室に誰もいない。振り返ると、インドへ出発の10分前で最終搭乗の案内が流れていた。慌てて乗り込んだが、本当に私は運がイイ。



◆初日は軽いミーティングで、これは2日目。他に、関西からメディカルツーリズム の新規事業を考えるホテルオーナーも同行。インドは世界で初めて外科手術をした国で、頭も技術も優秀。が、心臓移植がアメリカなら500万円がインドでは50万円でできるという。他の臓器移植や不妊の代理母など、日本では認められない手術も可能。渡航費や滞在費を考えても、実は相当安いのだ。問題や過大もあるだろうが、本人の自由だと思う。



1






















◆右下のメガネの男性↓↓は、京都出身の竹谷さん。インドのチェンナイで不動産事業を2年前から徒手空拳のチャレンジャー。いや~スゴイ!驚いた。アジアで日本人起業家も多数活躍しているが、日本人の長期滞在・移住 が中国12万人、タイ4万人、ベトナム4千人に比べ、インドは3千人程度。人口比で考えるとインドで勝負する日本人は圧倒的に少ない。インドの経済改革解放はまだこの数年のことで、人口の8割は農民で半分弱は文盲。まだまだ貧しい。が、中国と同じく、火は着いた。私は単なる旅人だが、20代~30代はガンガンチャレンジして欲しい。



1

1













栢野様 インド・チェンナイでお会いした竹谷でございます。インドへ来て2年が経ちました。栢野様のブログを拝見しましたよ。ベンチャーサポートをなさっているとは、偶然の出会いに驚きました。少し私事を書かせていただきます。95年バブル崩壊後の不況時に社会に出ました。時を同じく95年学生最後にカリフォルニアへ「米国アントレプレナーシップの旅」に参加したのを鮮明に覚えています。この時の同行者が福島正伸氏でした。最初の山一證券から。マレーシア、シンガポールにゴルフ場を所有する東京の中小不動産会社に転職し、凄まじいそして素晴らしい社長に出会いました。アジアの活気にも触れ、東京の不動産市場で9年間戦いましたよ。魑魅魍魎の世界。右翼に反社会勢力、政治家・大臣や巨体企業の名誉会長まで。その勉強を経て、自ら、任される責任者として事業を拡大する仕事で結果を出しました。でも、何か満足の得られない35歳でした。若くして、会社の大金を動かす私はチヤホヤされるのですが。そんなとき、上海をみて驚きました。驚愕!東京が全てだと感じた自分が馬鹿でした。偶然の出会いから、高級マンションや高級車、高級クラブ通いの生活を捨てて、インドの混沌に飛び込みました。今でも、95年アントレプレナーシップの心を忘れていません。カリフォルニアのピータードラッカー・マネジメントスクールの講演で、教授(講師?)が絶叫していたのを覚えています。僕は英語が解らなかったのですが、1つだけ言葉を覚えました。「パッション=情熱」。ボソボソ話す日本の教授達(失礼!)と違い、旅行者に必死に「企業家の魂」を伝えようとしてくれた講師に感謝しています。昨日、栢野さんの名刺を拝見して以来。また、アドレナリンが沸々し始めたものですから。明日にも倒産するかもわからぬ身の上ですが、私も日本の元気のために働きたい思いです。あまりに、私の関心のある今回の出会いだったので、メールさせていただきました。お見知りおき下さい。お時間あれば、是非お越しください。それでは。益々のご活躍お祈りいたしております。竹谷哲     素晴らしい!

1

1



















◆参加者は建築、コンサル、税理士、保険、旅行、アーユルベーダ、看板、絵描き、民間学校経営など。いわゆる知的エリートばかり。


1




























◆これはキリスト教徒の集会。人生について何か話し合っている(英語+現地語?で全然わからない)。街でこんな風に寝ころんでいるのは普通。まだ国民の平均年収は20万円くらいだ。さらに最下層は1日1ドルの稼ぎ。このハングリーさが明日への成長意欲をかき立てるのだ。

既にある指標では世界第4位のインド経済の成長

1 1













◆これはチェンナイから寝台列車で8時間ほどのビジャヤワダという田舎町。今回のツアーを企画したサリタさんも支援する「ハッピーホーム」という孤児院を訪ねる。

1 1

















1


山本さんが即興で子供らに芸を指導。腕を廻して「クルクルポン!」という遊びに夢中になる。さすがはソーシャルワーカーだ。




下に動画↓








人気ブログランク ありがとうにほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ  ←ヨイショランキング 


成功DVD・CD教材  ←冬の勉強にどうぞ! 新刊

メルマガ ←最新号発行・ブログにない情報流します。

予告映画  YouTube動画  アルバム  日刊メルマガ  携帯版  公式HP  今後の予定

ベンチャー大学    栢野のツイッター ←ひとり2ちゃんねる


◆「豊かな人生は努力の積み重ねしかない」◆「心構えがすべてだ!」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。