【ヒーラー養成】本気でヒーリングを身につけるならKAYAMへ

感じない、思考タイプさんもヒーリングできる!
サイキック能力や精神修業は不要、過去の癒しさえもいらない!
新時代のヒーラーになる方法、教えます。
【本気でヒーリングを身につけるためのマンツーマン・オンラインゼミ】


テーマ:
「From Breathing Body to Breathing Life」@スペイン日記

コースが始まりました!


昨日の夜からスタート、と聞いていましたが

予定は未定という言葉のとおりに(笑)


でも、誰も文句をいう人はいません。

いいユルさ加減です。


さて、初日に行ったのは

参加者ひとりひとりのシェアリングと

呼吸にフォーカスした交換セッション、


そして最後に瞑想をしました。



私は瞑想から、多くを学び

そして今も学んでいます。



瞑想を始めた頃は


「こんなことして何になるの?」

「瞑想したって、何も変わらない!」


そんな声がうるさいものでした。


でも、

「とにかく、やるんだよ」


そう思えたのは

瞑想をしている人たちの佇まいが

素敵だったから。


瞑想をすることで

今とは違った景色が見えるような

気がしたから。



私がしているのは

インドの神秘家OSHOが考案した

アクティブ瞑想と言われる

まず最初に身体を動かす瞑想です。



身体をシェイクしたり

ジャンプしたり

ダンスしたり


その後で静かに座るのですが

マインドがいっぱいの現代人が

自然に瞑想の状態に入れるように

科学的に考えられているそうです。



そうして続けていくうちに

ひとつの答えがやってきました。



瞑想が難しいのは

苦しいのは、退屈になるのは

結果を求めているから。




瞑想を味わうということは


一瞬一瞬ををトータルに

楽しむことなのでは?



それに気づいたら

あとは

思いっきりやるだけでした。


その瞬間の身体を感じて

感情を、思考を

見逃さないように意識的に


そうすれば、

結果を見て、今ここにいなくなる、

ってことは起こり得ませんでした。


今に存在することができるのです。


そして

瞑想の時間が終わっても同じように

意識的にいることができます。


結果を追い求めて

今を逃すことなく。



今を逃さないということは

自分と一緒にいるということ。


自分と一緒にいるというのは

どんな自分も拒否しない、という姿勢です。


私は瞑想から

そんなことを教えてもらいました。



「瞑想が苦手です」

「瞑想ができません」

とよく相談されますが

上手にできるとか、できないとか

そういうものではないのですよね。



瞑想が難しいって言われるのは

瞑想=無になること

瞑想=何かと繋がること

と理解しているからでしょう。



もちろん、深く瞑想に入るとき

無になることもあります。

メッセージがくることもあります。



でも、それを目的に瞑想することは

瞑想ではなくなってしまうのです。




そう言う私もかつて、

瞑想が難しいと思っていました。


だからこそ、その誤解をといて

瞑想の面白さをお伝えしていきたいなって

久しぶりに思ったコース1日目でした。

(KAYAMメルマガより抜粋)


メルマガ【Don’t Think. Love!瞬間のギフトと遊ぼう】登録はこちらから



いいね!した人  |  リブログ(0)

【マンツーマンゼミ】ヒーラー養成スクールKAYAMさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります