BLOGkayaki1

http://ameblo.jp/kayakiyusui/

※更新は絶賛停滞中。
 今年中に、再開したいとは思います。
  その間、「BLOG2」 はほぼ毎日更新しています。

テーマ:


 本件、ブログ2「【ETV】ウルグアイ・コシヒカリ・ラウンド」の転載です。


・ETV特集「地球の裏側で“コシヒカリ”が実る」を観ました。
 面白かったです。
 気になった点は、以下、箇条書きで。

・世界進出を果たした「スシ」だが、いままでは
 中粒米などのパサパサしたお米が使われていたのか。
 ひょっとしたらそれで寿司など日本食を勘違いされたり、
 日本食嫌いを生みだしているとしたら由々しき事態だ。

・アメリカでおいしいコシヒカリがたくさん作られている。
 アメリカで、おいしい日本食が食べられるという恩恵を
 もたらしめた日本人や日系人の努力に脱帽。

・アメリカで効率優先で作られた安いコメが
 自由貿易化で日本に入って来ると日本の農業は打撃だと
 言うのは然りだ。しかしアメリカのコメも 日本と同じくらい
 手間暇と高度な技術が使われて初めて収穫されているのだとわかると、
 アメリカのコメもちょっとは食べてみたいものだ。

・ウルグアイで作られたコメが、台湾にめでたく出荷となった。
 台湾もコメが主産業だ、わざわざ日本のコメを、しかもわざわざ
 ウルグアイから持ってくるなんて、という抗議運動が
 起きそうな気がするが、さてどう折り合いをつけようか。

・日本から台湾へコメを輸出するよりも、ウルグアイから台湾へ
 輸出した方が安いとは驚きだ。それは生産コストのみならず、
 輸送コストが比較にならないくらい安いという。
 その理由については大いに驚かされた、なるほどなぁ。

・中国や台湾から工業製品を大量に輸出する。
 しかし持って帰るものが少ない。輸入量が少ない。
 工業製品を大量に詰め込んだコンテナ船は、時に手ぶらで
 帰って来るのだと言う。だから帰りの便は安い。
 そういえば、行きはナイルパーチを詰め込んだ飛行機は、
 帰りに別のものを詰め込んできたという映画があったなぁ。

・日本の農学は、農学部にいたときから「農学栄えて農業滅ぶ」
 という言葉を聴いてきたくらい、農業に貢献できていない。
 そもそも、米が余って減反までしている国に
 ミラクルライスなんていらない。だが世界的に見れば
 食糧危機はもうすでに起きており、ミラクルライスの開発が急がれている。

・ブラジルでも日本食ブームは高まり、日本の高品質米の需要は
 増えているという。だが、関税によって日本米の輸入が阻まれている。
 なんてことだ、自国のコメ生産を守るためにコメの関税を
 かけているというのに、それによって米輸出が阻まれているとは。

・ウルグアイで生産すれば、ウルグアイと貿易協定を結んでいる国々に
 無関税及び低い関税で米を輸出することが出来る。
 日本がコメの関税にこだわっている間に、米の輸出ビジネスが
 他国によって抑えられてしまうことを考えると末恐ろしい。

・だから今すぐに関税撤廃をセよというわけではなく、土壌整備が必要。
 たくさん輸出できるくらいコメの生産量を増やす(規制緩和する)ことで
 余剰生産米を「確保」したところで撤廃していけばよいのではないか。
 ただしそのためには日本米の高品質、ブランド化を確立させておかねば。

・日本のお米が、低質化しているという。なんてことだ。
 確かにコンビニや外食産業のお米は、「国産米」は謳っているけれども、
 古米だったり高品質からあぶれたコメを安く仕入れて使っている。
 国産だからいいというわけではない、一つの事例なのだろう。

・日本のお米が低質化しているというのは、今後のコメ輸出を考える上では
 あまりにもマイナスなのはもちろんのこと、味覚に対する
 日本人の感性が変化(もしくは「劣化」)していくという
 おぞましき文化的廃頽が待ちうけている。非常に問題だ。
 あと、外国人観光客の方が舌が肥えていて、何だ本場の食はこんなものかと
 思われてしまっては、観光業としても大打撃ではないか。

・日本の高品質なコメを生産し続けていくために出来ることは何であろうか。
 美味いコメを食べること、だから美味いコメを選んで買うことだ。
 美味ければ2倍くらい高くったて買うといい。どうせコメ消費量は昔と比べて
 半減したんだ、ならば2倍くらい値が張るお米を買っても差し支えない。



※元記事および番組内容は、「ウルグアイ・ラウンド」と何も関係ありません。
 だからブログ2の題を改めた上で転載した次第です。

※日本のコメ以外のコメはまずいのか。日本人からすれば、まずいですよね。
 この間の中国の機内食はまずかった。実にパサパサした米だった。
 しかし逆に言うと、粘り気の無いコメはチャーハンにすると美味しい。
 日本のコメでチャーハンなんて作れない。日本のコメ以外のコメも、
 各地域の食文化に必要だから、各地域で作り続けられるべきである。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:


久々に1分動画。

2月上旬、
沖縄の桜、満開ですよ。

メジロだって来ますよ。

今回もHD撮影なのに
アメバさんのスペックが
低い件について。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『明六社』大久保利謙/2007.10

 最近のテレビや雑誌は、明治時代をよく取り上げている。
 特に最近になって感じられるのは、明治時代が、平安時代や江戸時代と同じような歴史的位置づけで語られていることである。(気のせいかもしれないけれども。)
 つまり、明治時代とは「近代」であって、江戸時代の「近世」とは異なる次元で語られてきた。いや、正確にいえば、明治が今と同じ次元で語られ、江戸以前はどこか今とは異なる遠い昔として語られてきた感がある。

 しかし今や、明治は今とは異なる世界の話として扱われるようになった(気がする)。
 昨今のIT革命など、科学技術が進化しすぎて、2000年前後をいったん歴史的節目として切り離す必要が出てきたことと関係があるのではなかろうか。
 また、明治生まれの方が、10年ほど前は珍しいけれどもそう遠くない存在だったのが、今では本当に珍しいことになってしまったこともあるのではないか。(生年月日の記入欄に、最近は「明」もしくは「M」を見なくなった。)

 それでいて、今日の明治時代回顧ブームである。
 激動の時代、国家再構築及び世界埋没の危機的状況にある中で、いかにサムライたちは乗り切ってきたのだろうか。
 それはあたかも、織田信長やナポレオンのような英雄伝探しや神格化し奉っている印象を受けている。
 坂本竜馬に端を発したブーム(正確にいえば前々年の篤姫からか)だが、今や竜馬の足跡は、弘法大師の足跡のごとくにありがたく巡礼する人々で絶えない。(単に、江戸時代から日本人お得意の「観光資源」と見ることもできるが。)

 そう簡単に「英雄」として、その時代の人々を褒め称えるだけでよいのか。
 彼らも一個人の人間であり、今と時代は異なっても、確かに今の時代と通じる、今の次元と同じ世界の中にいた、我々と変わらない人物である。
 それゆえ、もっと「英雄」と同じ立場に立って、何を考え、何を学んでいたかを、知る必要があるのではないか。
 今の時代に必要なのは、「英雄」という他人任せや懐古ではなく、その時代の人々が考えんとする「意(こころ)」ではないだろうか。

 それを強く意識して、本書を手に取った。
 本書については、明治6年結成のの学術結社「明六会」の設立から自然解散に至るまでの、学術的資料を提示したものである。
 やや資料的要素の強いものではあるが、しかし文章は当時の明治人が、森有礼や福沢諭吉が記した本音の文章が、ふんだんに掲載されている。
 正直、読み物としてはやや詰まらないものだったが、「文明開化」と一言で括られがちな激動の時代で何とか指針をこの国に示そうとした「明六社」の活動、およびその思想の手掛かりを知れる、良い本であった。
 さらに「明六社」研究およびその啓蒙思想の中身を解説した本を待ち望む。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 12月17日、那覇市さいおんスクエアにて、「蔡温シンポジウム」が催されていたので行ってきました。
 蔡温(さいおん)とは、琉球王朝時代に三司官を務めていた政治家です。特に森林政策に長けていたとして、特に戦後のアメリカ人が注目して以降に再評価されている偉人です。
 このシンポジウムは、その蔡音が亡くなって250年の節目であり、また国連の定める国際森林年を記念して催されたものです。

 以下、ここで聞いた講演並びにシンポジウムの内容を、速記メモと偏見を頼りに書き出す次第です。
 沖縄の方は、26日に琉球新報で特集が掲載されるということで、そちらをご覧されたし。


●基調講演:琉球大学仲間先生「蔡音の山林思想とその実践的意義」

1.山林思想を貫いた論理とは
   現在でいう森林科学の考え方をどこで手に入れた?

 →「風水的自然観」と「地形概念」
  蔡音は中国へ地理学を学びに留学、そこで手に入れた考え方か

 →同時代の宮崎安貞(江戸時代『農業全書』著す)は、
  植林の考え方に土壌の肥え方に注目した「適材適地」を取り入れた。
  しかし蔡音は山形の状態を見た、つまり地形を見て樹木の影響を考えた


2.「抱護」の世界観
   村の周りを植林して囲み、村を災害等から守る。
   風水に基づく考え方だが人々にどう受け入れられた?

 →土着信仰が強い沖縄、風水も最初は馴染まなかったろう。
  だから、土着の世界観と融合させた新たな世界観を作った。
  もともと沖縄には「包んで守る」概念があった、
  御獄(ウタキ)の周りを木々が覆っているのはその表れ。

 →風水も、韓国では龍脈上の人工林、中国では集落の入り口
  (部分的)に人工林を作る考え方。
  沖縄の「気を密閉する」抱護の考え方は独特。
  沖縄土着の考え方と折衷したためか。
  「カミンチュ」の世界観をうまく利用して、人工林を形成させた。


3.風水的人工林の景観
   独特の植栽法はどこから持ってきたのか、編みだしたものなのか。
   現代的視点から評価する価値はあるか。  

 →魚鱗形という、魚鱗よりはレンコンの穴みたいな形で
  畑の部分の周りに人工林が植えられ、もしくは天然林が残される。
  これらは防風林の役目を担うが、樹木高の5倍の長さだけ畑にした、
  この5倍は現在の森林科学における防風林効果と一致。

 →家や集落を囲む形の防風林は、台風を意識してのことか。
  風水的であると同時に、実用的で合理的。
  沖縄の自然環境に適応する形にしたものであり、科学的でもある。


●パネルディスカッション、気になった話題をいくつか

・蔡音はバランス感覚が長けていた

  人間の消費活動と自然再生能力とのバランス。
  ただ、森を守るだけでなく、木材生産や開墾も必要と認識。
  →現在でいう街及び国土の「グランドデザイン」、
   森林の「ゾーニング」の考え方を取り入れていた

  現在の沖縄も、日本政府からの補助や米軍依存から
  どう脱していくか考えなくてはいけない。
  →自給のためには、持続可能な開発と、消費と生産力のバランスを。

  この観点から、蔡音は「消費環境主義者」と見る人もいる。


・なぜ今、蔡音が見直されているのか

  沖縄は、歴史的に古い森林文化を持っていた。
  にもかかわらず、戦前の沖縄は急速に森林が減少した。
  →占領軍はこれに危機感を抱き、森林再生の研究に乗り出した。
   ここでリースカが蔡音の著した書物に注目した。

  しかし蔡温研究は、まだ少なく、整理されていない。
  →今、やんばる(沖縄q北部、山原)の森が開発か保護かで
   揺れているが、有史的評価が追い付いていないから混乱している。
   現在の森林政策ゾーニングするためにも、科学的および歴史的
   調査が緊急に求められている。


・本当は迷信嫌いの蔡温

  沖縄の御獄崇拝やユタを猛烈批判していた蔡温
  しかし御獄を保護したり、「抱護」を取り入れたのはなぜか。
  →御獄は「公共物」であり、集落の中心的シンボルで起源でもあり、
   集落の人々のアイデンティティであることを理解していた。
   迷信を批判しつつも、それらをうまく利用した、合理的な考えだった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『絵画で読む死の哲学』佐渡谷重信/1998.10

「生と死の究竟を描く彼らの絵画芸術を、私は「哲学絵画」と呼んでいる。」(本書9頁)

 殊にヨーロッパの「死」に向き合う真摯さは、日本のそれを凌駕しているように思える。
 中世のヨーロッパは、常に他国との戦争を強いられた時代だ。外圧に加えて、カトリック独裁による恐怖政治、そしてペストの蔓延、果ては魔女狩りといった隣人殺しの正当化まで。死と向き合わない暇がないほどに、迫りくる死の恐怖。
 多分にこれは現在のわれわれには想像する手掛かりすら掴めない。もっとも直近の第二次世界大戦により、日本人の中にもこの極限状態を経験する人が不幸にも現れた。香月泰男の「シベリアシリーズ」が紹介されている。

 極限状態に陥った時代の中で、人々はいかにして希望を見出したのか。生きる意義についてどう咀嚼し解釈し実践しようとしていたのか。
 また、追い込まれでもしないと、人間というものは生と死という究極かつ最も身近なテーマに考えを巡らせる契機を掴めないのか。
 この「平和」と呼ばれる時代に、己の生きる価値を見いだせずに自殺を嘆願する者が大発生することと関係があるように感ぜられる。

 人間が生命活動の躍動を取り戻すためには、戦いが必要であるという話を聞く。それは禁断の事実なのかもしれない。
 しかし戦いを経ずして、生きる意味について考えさせてくれるものが、ある。それこそ、極限状態に追い込まれた人々の声であり、表現ではないか。
 今日の世界に必要とされているものは、まさに命の尊さや人類の存在意義についてを極限状態で問い詰めようとした、芸術である。冒頭の、「哲学絵画」そのものである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。