ナマコが如く

Nurse Tracker かやちゃんのボヤき。
第1部 病棟に迫る鈍い影
第2章 ナマコ型鉄砲玉



テーマ:
連休をもらい、リフレッシュなう。
明日から、また業務に乗り込む。

それにしても、この暑さは、身体・精神の両面において、体力を奪ってしまう。
もう、少し動いただけで大汗が出て、フラフラになってしまう。
まぁ、年なのもあるだろうけど、やはり暑さは冬生まれの自分には地獄そのものである。

今、仕事の猛烈な勢いで増えている。
並行して、その他の勉強も量を増している。
ただでさえ疲弊しかねない状態にこの暑さ。

タイトルの如く、毎日が持久戦じゃ。
時々、ウェイトトレーニングに出かけることもあるが、それもまたハード。
重量は確実に上がっている。

無茶に思えるかもしれないが、こうでもしないと、バテてしまう。
それだけは絶対に阻止しないといけない。

ここから先は、誰も味方してくれない、たった一人の戦いになる。
またハードになるな~。


豚の角煮を食べてもなお中華料理が食べたいかやちゃんより。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
1945年の今日。
日本は終戦を迎えた。

日本国の歴史の節目。

多くの犠牲と悲劇は、後世に余りにも大きすぎる課題を残した。
歴史問題は、今もなお、海と国境を越えて火花を散らしている。

多くの英霊たちの戦いが、日本を守った。
この事実を知らない人間が、残念ながら存在する。

どれが真実か。どれが虚偽なのか。
解明されない謎や記録が、今なお、この地上のどこかで眠っているのかもしれない。

自分は写真でしか見れない世代なので、どれほど壮絶な真実があったのかは分からない。
ばあちゃんに何度も聞いたことがあるが。。。

それ以上に凄まじいものが存在していたのは確かだろう。

同じ悲劇は、永久に起こしてはいけない。


戦争はもう、ゲーム画面で十分だ。





Posted by Nurse Tracker "Kayajoe"
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
入職4ヶ月目。

なんとか仕事にも慣れてきて、ぶっ倒れたり、フラフラすることも無くなった。
かなり屈辱的な思いも味わったが、これも通過儀礼のひとつだろう。

それしきのことでシケるほど、おいらはヘボではない。

とにかく、覚えることはまだまだ沢山ある。
今は、地道に勉強あるのみじゃ。

さてさて、おいらの所属部署には、専門看護師(Certified Nurse Specialist)を目指し、大学院に通う先輩がいる。

専門看護師は、認定看護師と同じく、看護師の上級資格として名高い。
両者の違いは解説記事に譲るが、簡単に言えば、看護師という職務の最高峰に等しい。
※考え方は人それぞれだけど。

研究が相当ハードなのだろう。
出勤日は、週1回である。

おいらは、入職当時から、何回か担当を組ませていただいた。

この先輩。

とにかく、動き・観察力・技術のすべてにおいて、別次元のオーラを放っている。
一切の無駄がなく、スピーディーかつ的確にこなしている。

どんなに状態の悪い患者との対応においても、全く動じることなく、完璧にこなしている。
その姿は、単に仕事を捌いているというものではない。

真剣とか真摯とか、そういう言葉の意味を超えたレベルでの姿勢で向き合っていると感じる。
今日も、その姿を間近で見せてもらった。


聞くところによると、かなりのキャリアを積んできたとのこと。
話しの節々に、見識の高さが出ている。
記録を見ても、観察点や考察にブレがない。

まさしく、歴戦の猛者である。

その人が今、一つの最高峰・到達点に向かっている。


この人は、今、おいらがその後ろ姿を追う、ひとつの目標である。
(ストーカーという意味ではありません!!)

人間というか、免許を持って仕事をするProfessionalは、とにかく上を目指して研鑽を続けている。
両親も、循環越しからスタートし、一定の職位を得た。
そして今、大学院で学位取得を目指している。

オカンも今、大学院で認定看護師の資格取得を目指している。
親父は、既に修士号を取得し、今は博士課程に身を置いている。

両親は言う。

この世界で勉強しない人間は遠からず脱落する。勉強をやめたときが、看護師引退の瞬間や。

看護師養成の学部とか学校が、今、ものすごい数になっている。
しかし、その中で使い物になる人材が出るかどうかは別問題と、親父が言う。

そしてこう続けた。


不況で安定を求めて看護師になる人間が増えているのは間違いないやろ。
免許を持った仕事は、確かに安定するかもしれんが、それは技術と知識が伴っての話。
それを知らないどころか、考えもしないアホがあまりに多すぎる。
こんなのが人命に携わることほど恐ろしいことはない。


身内贔屓という意味は全くないが、これは的を得た言葉だと思う。
実際、入職後にすぐ辞めていく人間は、こういうのがほとんどなんだとか。

・・・と、話が脱線したが。


とにもかくにも、先に述べた先輩。
おいらが病棟で記録に追われて奇声を上げている間に、膨大な研究書類を読破し、考察しているのは間違いなさそう。

そして、その先にある試験を経て、晴れて最高峰の資格を勝ち取るのだろう。

おいらも、免許を持った今、その先輩の領域に立つことが出来るだろうか?
専門か認定かは知らない。

もしかしたら、意外な形で、同じレベルの領域に立つのかもしれない。

この先、何が怒るのだろうか。
何が待ち受けているのだろうか。


何年も先に、到達点が待っている。


この先輩の後ろ姿を追う日々が続く。(何度も書きますが、ストーカーという意味ではありません!!)


眠い目をこするかやちゃんより。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今、やむを得ない事情で、予定変更を余儀無くされている。

詳しくは伏せるが、今回の予定変更は、年間の予定に、大幅な狂いが出てしまった。

年始に立てた計画も、今では見る影もなく変わってしまった。

仕方ないとはいえ、大勢の人にご迷惑をおかけしている。


シケても仕方ない。
とにかく、事実と向き合い、的確に処理して行こう。


予定表を書き直しているかやちゃんより。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今、複数の勉強を同時進行中。
分かったり、分からなかったり・・・。
散歩進んで二歩下がるという日々が続いてる。

分からないことが出ると、とにかく探すのだが、これがもう暗中模索そのもの。
暗い中を、ひたすら模索するというもの。

答えが見つからない。
いや、答えがあるのかすら分からない。

今の自分はどこにいるんや?
これから何が待ち受けているんか?

それすらも分からん。

これって、結構体力をすり減らすんだよな・・・。
あ~、参った。

とにかく、シケないようにしよう。

答えが見つかれば、またそれが自信に繋がると信じよう。
今は、自分にそう言い聞かせて、風呂に入る。


壊れそうなかやちゃんより。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ネタが無いので、ゲームのキャラクターみたいに、おいらのステータスを書いてみよう。
ただし、完全に独断と自惚れです!!

名前:かやちゃん
種類:疫病ポケモン
タイプ:悪/ゴースト/炎
特性:逆ギレ
高さ:174cm
重さ:68kg
レベル:28
HP:32768
MP:30000
攻撃:550
防御:400
素早さ:500
特攻:400
特防:450
基本技:猛毒舌/自爆/怒髪天頭突き
必殺技:ゴキブリの極み/ナマコの逆鱗

説明:
①炎の様に逆立つ髪型を振り回し、あらゆる存在を威嚇する。20世紀が生んだ、最凶の疫病神である。

②背後霊の如く近づき、ひっそりつぶやく。
燃える様な髪型は、戦闘時に、凄まじい力を解放する。

③燃える様な髪型は、地獄の業火を表すという。プリンを食べると、手が付けられない程の戦闘力を解き放つ。

④ゴキブリ並みの素早さと、ナマコの様な生命力を宿す。地球最強の歩くパンドラの箱と名高い。



、、、と、こんな具合。
かやちゃんとは、こういう生物であると、イメージしてください。


暑さが最大の弱点であるかやちゃんより。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
暑い!!!
なんざこの暑さは!!!

もう、湿気が凄まじいから汗が蒸発しない!!

汗の雫がボタボタ落ちまくりじゃ!!

ムカついてきたから、プリン食う!!
{6A8C03A1-734E-4CFB-B6F2-51AAF2E5D49B:01}

オラオラオラオラ~!!!

甘党であり辛党なかやちゃんより。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ここ最近、急対応にも大分慣れてきた。
書類の動かし方、患者さんとの接し方についても、感覚をつかめてきている。

だけど、何処かで見落としがある。
確認のズレ、誤字と訂正の連続、スタンバイにおぼつく、聞き違える…、

失速している。

どうも上手くいかない。
同期とも、大きな差が見えている。
自分の居場所が無くなりそうな気がする。

自分の存在価値を問われている気がする。

くそっ…。

今日はもう、コーヒー飲んで寝よう。
明日は休み。

首が痛いかやちゃんより。


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今日は、少し時間が出来たので、ジムで泳いで来た。
レーンに人が何名かいた関係で、平泳ぎのみに専念。

いや~、久々に泳ぐと、なんともスッキリじゃい。
猛暑で身体が熱かったから、余計にスッキリした。

久々のトレーニング再開だから、今日はいつものようにハードにはしなかった。
詳しい時間は伏せるけど、まあまあ泳いだ感覚が全身に残る程度でござる。

ちょっと、パワーダウン気味だが、これから少しずつ慣らして行くべ。

プロテインも飲んだし、これからバリバリブチ抜くのみじゃ。

連休も出勤のかやちゃんより。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
医療は、患者の生命に直結するものであるため、どんなに些細なことであっても、必ず理論と根拠が根付いている。
これを疎かにするということは、患者の生命を脅かすことになる。
学生時代から、先生に「これでもか!!」というほど、根拠の大切さを叩き込まれた。

とにかく、理論を徹底的に理解し、根拠を明確にするようにいわれた。

正直、学生時代は、「めんどくせ~」と思っていた。
しかし、実習へ行くようになってから、その意味を痛感した。
試験に合格して、働くようになった今なら、尚更である。

やっぱり、実際の人を相手に仕事をするとなれば、絶対に失敗は許されない。

ひとつのミスが、重大な結果をもたらしてしまう。

どんなに高度で難解な理論であっても、それは患者の命を守るためにあるものである。

仕事に慣れてくると、ついつい疎かになるという。
事故とは、そのときに発生するものである。

そうならないように、重々気をつけなければならん。

音楽もそう。
音楽理論というものは、いかに自然に聴かせるかの根幹を成している。

今まで面倒だと思って、自分の感覚だけを頼りに作曲していたが、それにはもう限界を感じてしまった。
だから今、理論の勉強を始めた次第である。

それに基づいて音の並べ方を考えていくと、今までとは違った一面を知った。
シンセのサウンドの響き方が、大きく異なってくる。

同じ音なのに、響きの印象が全然ちがってしまう。

音の持ち味を、さらに引き出した感じである。
より、理解を深めれば、限界以上の持ち味を引き出せるかもしれない。

勉強は大変といえば大変だが、同時に面白い。

やはり、理論は大切だ。
これから、今まで勉強しなかった分を取り戻そう。

やることは、まだまだ膨大に存在する。


大汗をかいたかやちゃんより。
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード