幻の酒☆

テーマ:

東大泡盛

こんにちは!フジッコです。

先日仕事で東大へ行ってきた知人から頂いた
東大で作られたというお酒。

「御酒(うさき)」

下記説明東大のHPから抜粋

________________________

(分子細胞生物学研究所発)

御酒(うさき)琉球王朝末期から代々受け継がれ、
齢百歳以上といわれる「幻の泡盛」。
1935年、発酵学の世界的権威・故坂口謹一郎東大名誉教授は
沖縄で 68の酒造所を回り、約620株の
黒こうじ菌を採取、東京に持ち帰りました。

その中に、この「御酒(うさき)」のもとになる「瑞泉菌」もありました。

1945年、3ヶ月にも及ぶ沖縄戦により、
酒造所が集中する首里は壊滅状態に。
百年古酒とともに、戦前の菌はすべて幻と消えたのでした。

そしてそれから長い時を経て1998年、
分子細胞生物学研究所のコレクションに、
奇跡的に「瑞泉菌」が真空保存されていることが判明。
瑞泉酒造が戦前の味 の復活を決断、
東京大学での培養・分離が完了し、1999年年明け早々、
「幻の菌」は故郷沖縄の首里に戻り、
培養、酒造が開始されました。

昔ながらの手間 のかかる手作業を復活・踏襲し、
菌の味を忠実に出すことに多くの時間を費やした結果、
1999年6月1日、ついに「幻の酒」が復活。

父祖の酒に余計な名付 けは無用と、ブランドの
区別がなかった昔にすべての泡盛がそう呼ばれたように、
銘は「御酒(うさき)」とされました。
________________________


歴史を超えて、64年もの歳月をかけて

幻のお酒が復活するなんて、

なんともロマンティックですね~


そして本日のオススメシャツですが


兵庫県の西脇で織られた
サマーコールのシャツ。

サマーコールは普通のコールテンと違って
毛をカットしてないので、畝が出にくいのが特徴です。

ポリウレタンも入っているので少し肉厚で
シャツジャケットとしてもオススメです。

私もニットの上から羽織ってみました!
(Mサイズ着用)

私は167cmですが、お尻が少し隠れるくらいの丈です
(女性の方は参考までに)

河谷シャツ

明日、東京では雪が降るそうですね・・・


☆☆☆☆河谷シャツはこちらでご購入可能です☆☆☆☆

楽●天: http://www.rakuten.co.jp/kawatanishirt/
Yahoo!: http://store.shopping.yahoo.co.jp/kawatanishirt/
facebook: http://ja-jp.facebook.com/pages/河谷シャツ/211740515515248
渋谷ヒカリエ:http://www.hikarie.jp/ ~2/15(日)まで

Shibuya Hikarie

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

AD