1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-09-28 17:06:13

0928今日の相場

テーマ:今日の相場
アメリカの経済指標が改善して不意に上がった相場に乗り遅れたかたちになってしまった。また今後のFRBメンバー交替で投票権保持者にタカ派が多くなるなどという評判も飛び出し、アメリカがそろそろ利下げに転じるという見方も怪しくなってきてしまっている。混沌としてきた。

テクニカルはドル、ユーロとも再上昇を告げている。しかし、ユーロ圏当局はそれを座視できないだろう。

なお安倍新政権を、私は内心円に不安要因ではないかと思っている。大臣の陣容を多くのメディアに「論功行賞」「妥協」「腰砕け」などと酷評され、来年の参院選はかなり苦しいと専らの下馬評。また日銀の利上げに理解を示した与謝野・元金融経済担当相は去り、日銀も微妙な立場に立たされるかもとのこと。経済閣僚は財政の健全化よりも経済成長の促進を重視する陣容とのことで、海外投資家からは嫌気されそう。海外からは評価の良い竹中平蔵氏も去った。
もっとも、それも実績次第ではあろう。政府が腰砕けでも、経済は政治とは独立に改善の道を辿るかもしれない。

値動きが少し大きくなっているように見えるから、短期で小幅の利益を出して行くような取引、という選択肢もあるが、当面は静観しようかと思う。本業も忙しくなってきた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-26 11:43:10

0926今日の相場

テーマ:今日の相場
狭い範囲でのレンジ相場が続く。米経済で良い数字が出て、ユーロ圏に悪い数字が出る。予想する流れとは正反対。これだから数値はどうにもならない。個々の数字に振り回されないように、という姿勢は絶対必要だ。

新規材料という程のことは無く、様子見の方針維持。

ポールソン米財務長官が対中強硬派のシューマー・グラム両議員と、今夜話をするようだ。どうやって中国をトッちめるか相談するとでもいうのか、それとも血がのぼったご両人を、ポールソン先生がなだめるということか。識らず。どうせ中国は動くまい、と高をくくる。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-25 20:05:17

0925今日の相場

テーマ:今日の相場
今日の日中は円がじりじりと値を上げたが、順当な範囲内であり、レンジをブチ破るということはなかった。ゴトー日需要の影響も微々たるもの。下落幅はドル>ユーロ>ポンドでポンドはほとんど動かず。長期的な展望については、ドルの前途に悲観的なのは共通するものの、どこまで強い悲観論を取るかはまちまち。目先は、けっきょく経済指標に左右される相場ということになるだろう。

なお気になる材料としては、円のみならずスイスフランも値を上げていることから、円やスイスフランなど低金利通過を売って米ドルなど高金利通過を買うことで金利差による収益を上げる、いわゆる「キャリートレード」が撤退に向かっているのではないかとの指摘があった。これは先週末に私が指摘した内容と同方向。

またイギリス当局から「ポンドは利上げを真剣に検討中」とのこと。ユーロとポンドは相変わらず利上げ基調か。

中国は、噂ばかりで今回も動かない、を基本予想に。

いずれにせよ様子見になる。週末、月末、期末に向けて、円高予想でユーロの買いどころを探す。あるいはポンドで遊んでもいいかという気になるが、日本の8月消費者物価指数も見極めたい。やっぱり様子見。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-23 13:30:08

0923今日の相場

テーマ:今日の相場
昨日朝、利益確定の指し値売りを指定して仕事に行きましたが、帰宅してびっくり。注文が成立していました。長期戦の覚悟だったのに……超小幅ながら、利益を確定出来ました。しかもそれは最高値拾いだった様子。珍しいくらいの運に恵まれました。今回のポンド、ドル、ユーロ三連戦は、すべて勝利に終わりました。これも、珍しい幸運。

さぁ、新たに相場観を形成して、今後の相場に臨みます。

ドルがこのところでズルズルと値を下げましたが、下値はまだサポートされているとのこと。ユーロ円は150円はすぐには狙えそうにないものの、148を下に抜けるというような気配もなし。ポンドは221.00~222.00が値動きの中心で、週明け数日間はボックス相場が続くかも知れません。ただし要人発言など政治動向で大きく動くことが多いのが近ごろの相場で、そういう隠し球が出ると1%くらいはスッと動きます。

その場合、ドルは下落相場に突入する恐れがありそうです。アメリカの経済指標は、いかにも弱い数字が並んでおり、利下げの噂もちらほら出始めている。(ただし市場が利下げの噂に神経質な間は、派手な動きはしにくいでしょうが)また、このところ原油を始めとする商品先物市場で価格がすっと下がったことで各所のファンドが打撃を受けていることもあり、「羹に懲りて何とやら」金利差を狙う取引、いわゆる「キャリートレード」による円売り外貨買いに対しても弱気姿勢で早めの決算に動いてくるかも。さらにキャリートレード自体の中にも波乱要因があり、南アランドの値が崩壊しているとか。売られていた低金利通貨が買い戻されるかも知れません。その示唆するところは円高。

また、来週は木曜金曜に日本の小売売上高・消費支出・消費者物価指数など、日本の景気を占う指数がいくつか。私は今でも、前回の消費者物価の落ち込みは激しすぎた、実際はじわじわとインフレが生じていると思っているので、このあたりでも日本経済が見直されるのではないかと思っています。また、日本企業の中間期末レパトリもようやく話題に上り初めています。

そしてもう一つオマケを付けるなら、ポールソン米財務長官が中国当局と「元改革の時期について見解の相違がある」と発言。最近は各方面から「元は急いで改革しなくても良い」と声が上がっていたのですが、圧力再燃? まぁ、これは予想できませんが、まだ大きくは動かないかな。

とりあえず、不確定な要素も多いながら、一段の円高ドル安を基本予想に据えてみます。


ただし、これらはドルの話。ドルは米経済の不安もあり、利下げの噂もあり、ブッシュ政権の不安定なぞも背景にはチラついており、いくらポールソン長官が強いドルを支持したところで買いづらいというのが正直なところで衆目一致。
しかしユーロに関しては、まだまだよく分かりません。

とりあえず、週明けの相場を見守り、アナリストたちの気分を見極めます。月末にかけて円が強含み、その後ECB絡みで改めてユーロが買い直される展開を期待。ただしECBでの利上げは織り込み済みなので、そこまで強い反応は期待できません。行動するなら手際よく。148円台前半でのエントリーを狙い、数日内で149に載せたらすぐに決算する程度の、テンポの良い売買で。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-22 09:48:05

0922今日の相場

テーマ:今日の相場
ドルはレンジを下抜けた。これが再びダマシに終わるのか、定かではないが、売り逃げたのは正解だったと結論。惜しむらくは、もう80銭高かった時に満足して利益確定していればよかったが。難しいものだ。

一方のユーロはドル安に釣られることもなく前日の水準に留まっている。こちらは強さを確認。

アメリカは経済指標に悪い数字が目立っている。この景気減速がソフトランディングに失敗して世界に波及したりすると、債券市場に波乱がありそう。株をやっている人は長期展望にも要注意です。一方の為替は、最終的には国家が後ろ盾だから、そう壊滅的なことにはならないと思いますが。
ただし、目先的にはさんざん積み重なっている円売りポジションが一気に解消され、さらに一段の円高になる可能性を示唆する声も。確かに、気になります。

今後の流れはなかなか予想出来ませんが、ユーロ高牽制発言に素直にユーロが1円以上下がってしまったところを見ると、政府にたてつくことは出来ない、実経済からあまり乖離は出来ないということでしょう。当面1ユーロ=150円は超えにくいと考えて、基本的には10月の次回ECBあたりを狙ってユーロも決算したいと思います。
円売りポジションの解消過程でユーロも耐え切れずに値を崩してしまうというシナリオも有り得るので、値が改善してきたら10月を待たずに決算します。目標は149.00。これでもやや希望的な目標設定かも知れません。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-21 22:23:10

0921今日の相場(夕刊)

テーマ:今日の相場
ドルが116.80を切っている。これはレンジを下に切りそうだ。
早めに決断して売り逃げたことに、胸をなで下ろしています。

今度は何処でエントリーして良いかですが、当面は様子見でしょうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-21 12:21:11

0921今日の相場

テーマ:今日の相場
FOMCに関する読みが外れてしまった。
文言に景気減速、利上げ完全打ち止めをイメージさせる修正が二、三。
ドルは売られ、今朝早朝少し買い戻され、更に僅かに売られた。
現在は117円台前半で死んだように動かない相場。

米経済の先行きが暗くなってきた。
しかもポールソン米財務長官の「強いドル支持」発言が無視された。
現在も、下がってもすぐに買い直してやろう、という勢いが無い。
FOMCの過去の行動を見ると、利上げ中止から利下げへの転換は
割合迅速に行われている。ドルを持ち続けて良い期間は数週間。
明確なドル上昇イベントの期待は無し。
経済指標が米経済堅調に出れば、まだ無視はされないだろうが。

なお、金利上昇局面でもドル安は有り得るし、
金利下落局面でもドル高は有り得る事は、過去の経験則から言える。
ただし、ドル金利が下がった瞬間には、やはりショックが来るだろう。
やはりその前には売り抜けておきたい。

三極通貨の強弱は「ユーロ>ドル>円」という主張もあったが、
あまり期待はしないことにする。

そこで売り場探しだが、現在は一度見てしまった高値の期待に、
つい「あの高値をもう一度」という気分に流されやすくなっている。
経済指標はあっちこっちへ転ぶもので、慌てるのは禁物ではあるが、
かといって明確な高値を狙えるタイミングも見えてこないのが現実。
むしろ、この情勢では月末にかけてレパトリにやられる恐れも。

そしてもう一つ。先行きが見えなくなり、自信を持てず、
その結果として相場ウォッチが負担になってくる。
ここは何も言わず、小利で利益確定と動きたい。決算。



ユーロも打ち落とされたが、こちらは10月6日のECBがある。
ただしこちらも私の予想とは裏腹に、口先介入は割りと効いている。
油断は出来ないが、もう少し、様子を見たい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-20 21:36:16

0920今日の相場

テーマ:今日の相場
想定外の値崩れが元にもどってくれない。ドル堅調との相場観を撤回するという向きもある。もうしばらく様子を見るべきだと考えているが、苦しい展開。やはりこの間は腰が重すぎたのだろうか。しかし軽挙も謹まねばならない。バランスは難しい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-20 09:39:10

0920今日の相場

テーマ:今日の相場
昨夜は完全に売り損ねたと言わざるを得ない。
日中のユーロ高牽制に、海外時間の予想外に悪い数字が
想定外の円押し上げに繋がってしまった。
タイのクーデターに救われた形だが、あの国には知り合いがいる。
さほど親しくないので連絡もとれないが、心配だ。

さて、今後だが、まずひとつひとつの数字に慌てるのは愚かだ。
長期的な展望を踏まえなければならない。

タイの動乱でアジアの動きに注目が集まっている。
しかし中国がすぐさま動くとは考えにくい。
金融制裁を切っ掛けに北朝鮮で何かあると予想することも出来るが
中国とロシアが慎重姿勢を崩しておらず、成果は未だ疑問。
アジアが動く可能性は、そんなに高くないと見て急がない。

数字はどうか。
欧米共に悪い数字を出した。
アメリカの景気減速と関係して全世界的に景気は下降気味なのか。
だが、それなら円ドルユーロで一方的な相場が生じることはない。
足並み揃えて対中国元で下落、とでもいったところだろう。
ただし、このままいけば、円一人売られまくる事態は沈静化か。

よって利益確定レベルを引き下げて様子見、といったところか。
ユーロは当面150円を大きく超えさせてはもらえない。
連動してドルは118円を大きくは超えられない。
昨日は150、118をしっかり超えたら即座に利食いとしたが、
今日は少しでも超えたら利食いとしたい。
ただし今日中にそこまで回復することは見込まない。
もう一、二週間持ち続けることを余儀なくされるかも。
利子を喰って待つ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-19 18:52:15

0919今日の相場(夕刊)

テーマ:今日の相場
ユーロが口先介入で打ち落とされてしまった。
150円はそう簡単に超えさせないつもりらしい。
予想通りといえば完全に予想通りだが、下がると悔しい。
一部に「口先介入による調整でユーロ軟調」との予測もあるが、
これは採用しない。あくまで基本は堅調と見なす。
利益確定水準を下げようかと悩むが、とりあえず据え置き。

ドル円はユーロ円に釣られて下げたが、さほどの下げ幅でもない。
引き続き見守る。

明日のFOMCは注目されているが、その予想の文言を見るに、
おおかた「目新しい内容なし」で相場は動かないだろう。
以前の「下落要因」とする見方は訂正する。

よって、当面は見続け。
ただし、レンジをゆっくり切り上げるようでないと、
つまり上値を攻めあぐねていると、
伸びきった円売り戦線に不安が広まって撤退の動きが危惧される。
レンジの微細な動きに注意を払いつつ見守る。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。