1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-10-24 15:48:09

人によりけり……

テーマ:今日の相場
人によっては今週中に117円行くとか言っているんですよねぇ。
確かに、こうしっかり高値圏に踏み止まって値崩れを拒否していると、さらに上がりそうな予感ではあるんです。

いや、でも。

見続けますよ!!

ランキングバナー人気blogランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-18 19:36:31

外為誰がかっているんだ?

テーマ:今日の相場
いまの外為相場、理解できん。誰がかっているんだ? ドルを買っているのは誰か。それによって勝っているのは誰か。私の見ている幾つかのアナリストの分析には、かなりの戸惑いが滲んでいるのだが。「今週中に112円くらいまでの調整が入る」と宣言した者。「様子見でいく」と宣言して「一日様子を見た結果、ますます違和感が膨らんだ」と言う者。これほど調整が囁かれ続けているのに、買い続け勝ち続けているのは、どこの誰なんだ。

投機筋の動きだろう。私は実経済・政治イベントの分析には自信があるが、投機筋の動きは予想がつかない。安全策として、僅かでもドルを持っておけば良かったのかも知れないが……まぁ、僅かだと、利益も僅かだし。

具体的なストラテジーだが、ここは徹底的に様子見に徹する。こうもドルが強気だと、つい乗って買いたくなる。それは人情だ。しかし、本当に勝つ人間は、もっと早くからこの波に乗っており、私より早く波から去っていく。そしてグズグズしている人間は波に飲まれるのだ。
証拠金取引でデイトレードをしているならともかく、中長期取引がメインの私は、ここで追撃して波に飲まれることを恐れる。潔く、ここは首を突っ込まずに見続けよう。

相場が一本調子で上がり続けることは有り得ないのだ。必ずどこかで崩れる。そこを掬い上げる。

ランキングバナー人気blogランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-18 09:32:23

いいことなし

テーマ:今日の相場
買い損ねているうちにドル上昇。
こりゃ116円台狙うと見て白旗。素直にドル買います。
114.25を狙ってみましたが、戻ってくれないかな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-13 11:31:43

10/13相場分析

テーマ:今日の相場
昨日ドル安に傾いたのに、またしっかり114円台後半に載せている。ドル強気だなぁ。どこまで強気なのか。どこで一段落つくのか。

なお昨日「12日、米国のスノー財務長官が「人民元に目標設けず」と発言。つまり当面圧力はかけない、といことか?」と書いたが、これは間違い。「ここまで行けば合格点という基準は設けない」という意味だったらしい。つまり進めば進むほど良いという趣旨の発言だ。サウジが何故中国の肩を持ったのか謎だが(単純に原油消費の伸びを期待したのか? それとも何か政治的取引があるのか?)とりあえずその他の動きは対中自由化圧力で一致している様子。よってG20の見方を訂正し、場合によっては来週まで待つことも検討する。ただしドルが思ったより強気なため、様子を見つつ113.50円付近で即買いに、買いの水準を上げることを検討中。

また、日銀の金融政策緩和は、6年度中を考えるとのこと。そんなに余裕があるわけでもないですね。

ランキングバナー人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-12 22:21:55

相場分析10/11・10/12

テーマ:今日の相場
少し忙しくしている間に、相場が動いてしまった。

10/11
ドル円相場、また1ドル=114円に乗せてしまいレンジ相場継続。各種レポートも相変わらずまちまちな見方。しかし、従前の「金利差によるドル高トレンドは変わらざるも一時的な調整によるドル安には注意」という共通見解が、もしかすると捨てられつつあるかもしれない。調整が入るなら、もういいかげん落ちていてもいい気がする。一方で、いつまでも調整が入らないのに上がろうともせず「ドル高トレンド本当に継続なのか?」という疑念も芽生えているのではないか。

そうと断言する理由はないが、ちょっとそんな気がした。どちらかに振れる前触れか。

なお、徐々に下がったドルが再び1ドル=114円に乗せてしまった理由については、ドイツ政情不安が、大連立内閣成立の見通しで安定したことに関係して、ユーロドル相場でのドル買いが入ったことが引き金、とする見解が勝っている様子。しかし、説明の細部では見解が別れる。「政情安定をきっかけに利益確定の売りが集中した」とする見解、「政情は安定したものの、構造改革が遅れる見通しになりユーロ経済に暗雲と見てユーロ売り」とする見解、あるいは正直に「しばらく前にユーロが売られた原因であった政情不安が解決してユーロにはポジティブな材料のはずなのに、なぜ売られるのか理解できない」とする見解などなど。


10/12
ドル一気に値上がり114円台後半。米FOMC議事録内容が強気だった模様。本日は終日堅調に推移。
これはしくじった! FOMCの内容が強気になることは容易に想像できた。しかもその前にすっとドル安に流れるシーンがあった。これはしっかり捉えられたはずの動き。FOMC議事録発表の存在を見落としていた。ただただ、真面目に見ていなかったことが裏目に出た。調整がさほど入らず1ドル=114.00円を超えることは複数のアナリストが予見し損ねたことなので、私がこのトレンドを捉え損ねたとしても良しとすべきところだったが、今回のFOMC見落としは明らかに失敗だ。

今後の方針だが、一旦これまでの方針を撤回してドル買いを入れることを検討している。人民元改革による年内のドル安の可能性はまだ捨てていないが、どうも「115円台を攻める」という言葉が、かなりの期待感を込めて囁かれているため。相場が過熱しそうだ。
ただし、目先数日中にはドルが値を落とす局面があるかもしれない。これは「113円台からでロングポジションの含み益が十分になってきたので、この辺で一部利益を確定して、余裕をもって上をねらいたい」「114.90は突破困難で一旦調整が入ると見て、ドルを売っておく」といった文言が広く見られるようなので。買いのタイミングは、G20でのドル安はあまり期待できないと見て、それより前の今週中。狙うレートは、113円台前半まで落としていたら即買い。そうならなかったら週末までに113円台後半をつけることを期待する。なお今夜はグリーンスパン氏、FOMCで唯一利上げに反対したオルソン氏など米国高官の演説が集中。大きくドル安に貢献するような発言は期待できないと見るが、一方でこのタイミングでドル高を煽る演説をして一気にドル高を進めるようなことは避けたいのではないだろうか。従って当たり障りのない発言に終始すると予想する。すると、市場としては買った直後の高官達の慎重な発言に、これ以上のドル高すぐには望めずとして利益確定に動く向きがあり、多少ドル安なムードが醸成されるかな、と期待している。

なお中国人民元だが、11日のレポートでサウジアラビア中央通貨局(中銀に相当するらしい)のサイヤリ長官が「元の急激な改革は中国経済に打撃を与え、世界経済に問題を引き起こす」と米国の対中圧力を牽制したとのこと。この手のレポートで中国元改革に反対する高官発言を初めて見たように思い、気になった。同じころにブラウン英財務相は「アジア通貨制度の柔軟性向上」を要求する発言をしていた。こちらは従前どおり。
そして12日、米国のスノー財務長官が「人民元に目標設けず」と発言。つまり当面圧力はかけない、といことか?
これらの雰囲気を鑑み、G20そのものに大きなドル安は期待せず。

また、日銀が金融政策を緩和的に舵取りするとの以前紹介した話だが、否定的な動きが相次いだ模様。そうでなくては外貨がやりづらい。ありがたい話。

ランキングバナー人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-10-08 12:05:30

週末

テーマ:今日の相場
ドルが値を戻した。113円台後半。
週末、米雇用統計が注目されていたようだから、良い数字が出たのかな。
レポートは相変わらず見解まちまち。「金利格差を背景とするドル買いはまだまだ続くが、現状はドルが買われすぎているので、この辺りで一気に崩れる可能性も否定できず」というラインのみ一致。

いましばらく、静観。

ランキングバナー人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-07 13:49:12

10/7じりじり調整継続

テーマ:今日の相場
一気に落ちるでもなく、かと言ってレンジ相場に留まるでもなく、じりじりとドル安が進んでいる。今朝早朝、ソニーバンクのレートで1ドル=112.99円に達した模様。現在は113円台前半。

この調子なら、いったん112円台でしばしレンジ相場を続けてから、更に続落、などという展開を狙えるかな。

なお渡辺財務官発言で「(今月15日の)G20では人民元政策に大きな変化はないだろう。先のG7の声明通り、(既に中国政府が行った改革の結果である?)新しい制度を活用する」との発言。しかし一方でスノー米財務次官は「中国政府に為替の一層の柔軟化求める」さて今後をどう見るか。G20では中国に圧力はかからないが、それは自由化しなくて良いという事ではなく、それなりのペースで自由化へのスケジュールをこなしていく事が要求されるのだろう。中国もはやくWTO加盟条件を満たさねばならない。やはり年内にもう一発くるとの予測は堅持。

なお政治要因をいくつか指摘すると、NYテロ懸念でドル安要因。しかしテロは飽くまで象徴的な攻撃であり、テロで国家が崩壊する事はあり得ないので、大したドル安要因とは見ない。ドイツ政局不安が解消へ向かっており、またトリシェ欧州中央銀行総裁の強気な利上げ発言があったとかでユーロ高。一気にユーロ高に走った事で更なるユーロ高を攻められるか、と言う期待があるようだが、どうかな。週末だし、一気に上がった相場を不安定と見て利食う筋もあるのではないか。一日で1%以上、二日で1.5%以上の値動きがあったら、私ならいったん利益確定を検討します。

いずれにせよ、11月までに中国元絡みでのドル安111円台ないし110円台を狙ってドル買いという戦略は変わらず。

ランキングバナー人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-06 11:06:07

10/6ドル根強い

テーマ:今日の相場
昨日の相場でドル円は50銭ほどドル安に傾いたが、レンジが下がったと言うだけで一本調子の下げにはならなかった。なおしばらくレンジが続くと見るか。ポジションの偏りから急落のリスクには注意、と複数のリポートが述べているが。

ランキングバナー人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-05 18:09:36

10/5ようやく調整か

テーマ:今日の相場
ドル円相場、今日一日でかなり下げました。現在113.55円。ようやく待っていた調整でしょうか。
一応、年内の中国元の動きを切っ掛けとして狙い、第一目標は3円下げの111円台、第二目標は4円下げの110円台として、111円台に達したら全資産の半分ほどをドルに投入。110円まで下げたらさらに半分追い買いするつもりです。元が動いても111円に達しなかったら、あるいは元が動かないうちに111円に達してしまったら、ドル高要因として機能すると思われる年末グリーンスパンスケジュールまでの残り時間を勘案して、残り時間が少なければドル買い。

※18:24追記
二三のレポートを流し読みしたところ、まだ完全な調整地合とはならず、ドル強いトレンドは継続との見方あり。やはり金利とインフレ懸念が強いのか。確かにファンダメンタルズを見るとアメリカは強い。まだ一本調子のドル安にはならないか。ま、危険な買いはしたくないので、調整を待つ基本方針は変わらず。

※21:38追記
レポートによって「調整に終わらず一気にドル下げるのでは」「トレンド変わらず。ドルは強い」と論調が異なる。どうやら共通見解は「金利格差を背景とするドル買いはまだまだ続くが、現状はドルが買われすぎているので、この辺りで一気に崩れる可能性も否定できず」といったところらしい。基本方針変わらざるも、近日中のドル安は望めずか。

ランキングバナー人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-05 11:03:34

ドル金利タカ派発言相継ぐも……

テーマ:今日の相場
ドル金利について「インフレの危険が高まっている。金利上げるゾー」という発言が相次いだ模様。ドル高要因。また円の量的緩和政策撤回の話は、もうちょっと先だ、というニュアンスの報道があった様子。円安要因。

でもドル高にはならなかったようですね。
そろそろ調整が入るかなぁ?
わくわく。

ランキングバナー人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。