少し失礼なタイトルを付けてしまってすみません。

名前のない人なんていませんね^^



なんでこんなことを言ったかというと

名前のない人はいないということを

改めて認識して頂きたいと思ったからです。



名前のない人がいないということは

誰しもが名前を持っているんです。

当たり前ですよね?



一人一人が異なる名前を持っているので

私達は初めて出会った人の名前は

その場で覚えないといけません。



後日ではなくその場で覚えるんです。

後日覚えれるのならそれでも構わないのですが

ビジネス上で出会った人の名前をわざわざ休日に

覚えるために時間を割く人がどれだけいるでしょうか?



そんなことする人はかなり少数派だと思います。

初めて出会った人の名前はその場で覚えてしまいましょう。



名前を覚えるということが非常に大切なことであるということは

言うまでもありません。



名前というのは自分にとって特別な言葉の一つであり

最も身近で大切な響きを持つ言葉なはずです。



その名前を一度しか会ったことのない人が覚えてくれていたら

嬉しいですよね?



相手にとって特別な言葉を覚えるということは

相手に良い印象を与えることができます。



とは言っても、名前を覚えるのが苦手という人もいます。

実際に私がその一人でもあります。。。



なので私が実践している相手の名前の覚え方を

いくつか紹介したいと思います^^



皆様の御協力のおかげで強豪ひしめく
社長ランキング川瀬が ◯位 に!!
御協力有難うございますm(__)m

現在の順位はコチラをご覧ください!
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓



一つ目は名前から連想されることを絵として

思い浮かべるということです。



相手が日本人ならほとんどの場合に名前に漢字が

使われていますよね?

その漢字に連想される物事を絵として連想してみてください。

人は言葉だけで覚えようとするよりも

絵などを合わせて覚えた方が記憶に残るものです。



二つ目は心の中で相手の名前を繰り返し呼ぶことです。

頭にしっかり刻み込まれるので何度も呼びます。

この時にその人のイメージも絵として連想しながら呼ぶと

相乗効果を呼んで覚えやすいと思います。



最後に一度に大勢を紹介されたようなときは

名前がハッキリと聞こえないこともあります。

こういうときは迷わずに

「お名前をもう一度聞かせてください」

と、頼みましょう。



これは決して失礼なことではありません。

むしろ自分がアクションを起こすことによって

記憶に残りやすくなり、さらに

相手にも自分の顔をより印象づかせることができるので

聞こえなかったときは正直に聞き直しましょう。



あなたも相手の名前を覚える際になにか

意識していることはありますか??



最後まで読んで頂いてありがとうございます♬

コメント・感想を頂けると幸いです。


これからもあなたにとって有益な情報を発信していきます!!

いつも読んで頂き本当にありがとうございますm(__)m


川瀬喜皓

AD