本音で極める 美ビジネス&ライフスタイル 女性社長幸福論 ジュエルトーク

本音で極める 美ビジネス&ライフスタイル
永遠にタフで美しい経営者であるための女性社長幸福論

ジュエルトークコミュニケーションアカデミー
主宰 川久保奈美(nami kawakubo)

本音で極める美ビジネス&ライフスタイル
永遠にタフで美しい経営者であるための
女性社長幸福論

ジュエルトークコミュニケーションアカデミー
JTCA主宰 川久保 奈美(nami kawakubo)


【ご案内】
ベルはじめましての方は  → こちらの自己紹介をご覧ください
 → 

こちらの自己紹介もご覧ください
ベルメニューはこちら→ 各種セッションをご紹介しています
ベルホームページはこちら →ホームページのリンク
【記事のご案内】
本お仕事に活かして明日をHappyにする記事はこちら →こちらをご覧くださいね♡
本既に経営者の方 本音で相談したい方 →
  経営者様向けセッションのリンク(ホームページへ)
ラブレターわたしへのお問い合わせはこちらからどうぞ♪→ お問い合わせはこちら♪
NEW !
テーマ:

起業家として立ち上げることはカンタンです。

 

でも続けることが出来るのは

ほんのわずかなんですよ。

 

 

あなたは

続けられる人でありたいですか?

 

 

 

本音で極める美ビジネス&ライフスタイル
永遠にタフで美しい経営者であるための
女性社長幸福論
 

コミュニケーションコンサルタント

川久保奈美です。

 

 
 
 
 
 
個人事業主として開業しても
1年後には27%
3年後には62%
廃業に追い込まれているそうです。
 
 
 
こわいですね。
ほんと。
 
 
 
このほんのわずかに生き残れる人は
起業家としてのマインドと
メンタリティが確立している人です。
 
 
働く=稼ぎ
理想=叶えるもの
問題や悩み=次へのステップに変えられる人
 

ほんのわずかに生き残れる人は
言葉に例えると
こんな人だと私は思っていますよ。
 
 
 
 
 
 
私は
私のもとに訪れる方すべてに
起業家としての道はおすすめしていません。
 
 
 
正直言ってしまえば
明らかに向いていない人は
ちゃんとお伝えしています。
 
 
面談では
その気持ちを確かめるために
厳しい質問を投げかけたりすることもあります。
 
 
泣いちゃったりする人もいます。
 
泣いてもいいんですよ。
でも、その先が肝心なんです。
 
 
「それでもやりたい?」
そこに問いかけているのですから。
 
 
 
 
 
 
すでに商品として確立しているものを
持っていたとしても
それを販売しつづけていく
 
「揺るがない気持ち」
 
それがなければ
続かないですよ。
 
 
 
商品が無ければなおさら。
0からの起業ほど
大変なことはありません。
 
 
 
私は安易にリスクを取ることを勧めません。
 
女性が幸せになるためには
いくらでもルートはあります。
 
 
合わない起業をムリヤリ頑張って
数か月はなんとかやれたとしても
その反動がガクッと来るのも分かってます。
 
 
 
 
本当に根っから起業家に向いている人は
「何も言わなくてもやる人」です。
 
「やらずにはいられない人」ですよ。
 
 
 
私は生まれた時から
自営業の父親の家で育ちました。
 
祖父も両家とも自営業です。
 
自営業はどんなものか
目をつぶっていてもわかるくらい。
 
だから当たり前の基準が
けっこうハードなんですよね。



 
当たり前に動く。
 
そんな人たちが
「やらずにいられない人」です。
 
 
 
 
もちろんお勤めの家庭の方でも
起業家に向いている人は沢山います。

 
ただ、どちらも
「やらずにいられない人」
ここに変わりはありません。
 
 
 
 
 
「言われてやっと動く人」
「言われても動かない人」
このタイプは
そもそも向いていないんじゃないかな。
 
 
 


 
もしかしたら
「私は今まで自分が動かない人だったかもしれません」
そんな人もいるかもしれませんね。



「じゃあ向いてないかも…」

あ、そんなことはありませんよ。


 
 

もしかしたらそれは
やりたくないことで生きていませんでしたか?
 


 
だとしたら
その方向を変えればいいだけです。
ここを変えただけで
起業家として成功した人
たーくさんいます。
 
 
 

 
そんな自分を見つけられたらいいと思いませんか?
 
 
 
 
私はそんな人のために
自分とのコミュニケーションを強化する
ジュエルトークコミュニケーションアカデミー
これがあるのだと思っています。
 
 
 
 
「がんばりたい」
それは自分とのコミュニケーションを
取ることで見えてきます。
 
 
 
その気持ちを持った人には
本気で向き合っていますよ。
 
 

私はその人が
得意とする部分(他者目線)
やりたいと思う部分(本人目線)
両面から見ていきます。
 
 
 
今まで
営業マンを教育したり
多くの新人を教育してきた中で
どう育てていったらいいかは
身にしみついているんですね。
 
 
目を見るとわかるんです。
本当にやりたいのか
そうでないのか。
 
 
言葉と表情と行動が伴わない人なんて
いっぱいいいます。
 
 
それはなにか抵抗の現れ。
 
 
 


続けられる人は
ほんのわずかです。
 
そのほんのわずかに入りたい。
 


そんな人を応援したいと思い
2月の1Dayセミナーを開催します。
 
 

今回初、ディスカッション形式です。
小人数制なので
質問しやすいです。
いままでモヤッとしていたことが
すっきりするかもしれませんよ。
 
 
 
ぜひ逢いに来てください。
起業家としての成功のヒントが
見つかるかもしれませんよ。
 
 
 

 


 

ビジネス初期でも上手くいく!

起業家マインドメンタリティを手にする

Dayセミナー

 


 

《開催日時》2月11日(土)13:00~16:00

 

《場所》東京都内会議室

 

《金額》8,000円(税込

※お連れ様とご一緒にお申込みの場合おひとり様5,000円となります

 

《持ち物》筆記用具、お飲み物等

 

 

 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 アドラー心理学のドラマ
「嫌われる勇気」
ご覧になった方、いらっしゃいますか?
 
 
 
《嫌われることに勇気を持ちましょう》
そんなテーマでこれから展開していくようですよ。
楽しみですね。
 
 
 

 

本音で極める美ビジネス&ライフスタイル
永遠にタフで美しい経営者であるための
女性社長幸福論
 

コミュニケーションコンサルタント

川久保奈美です。

 

 
 
{D19461A1-23C0-4BD4-8BCB-6B8F58792879}


 
 
あなたは嫌われること、怖いですか?
 
 
ドラマの中では
生まれつき「それ」が怖くない人のことを
「ナチュラル・ボーン アドラー」
そう呼んでいました。
 
 
 

 
生まれつき人に嫌われるのが怖くない
なかなかそんな人はいないかも知れません。
 
 
 
どこかのタイミングやきっかけで
そう変わった人もいます。
 
ただ、今のところとっても少数派です。
 
 
 
 
 
大人になっても
「嫌われたくない」
 
そんな気持ちをずっと大事に
そして大切に持っている人なんて
世の中にものすごく沢山います。
 
 
だからこそ
「嫌われる勇気」の本が
これだけヒットしたんですよね。
 
 
 
{9C8ACE79-967D-4091-8835-7A255D53AEAD}


 

 
私は
嫌われても
嫌われなくても
どちらでもいい、そう思っています。
 
 
これは
嫌われても傷つかないし
自分を貶めることも無いという
そんなことを意味していますよ。
 
 
 
 
実はそれ。
あることをとっても大事にしているからです。
 
 
 
それとは
私にとってのエレガントさ
美しさを表現できることでもあるんです。
 
 
 
 
 
「言いたいことをぶつけるだけ」
こんな形で自分の思いを伝えるのは
私はとても短絡的だと思っています。
 
 
 
そしてエレガントじゃない
そう感じているのです。
 
 
 
 

私が大事にしている
「あること」



それは
どうすれば本音を上手に言えるか
方法を知っていることです。

 

 
ムダに傷ついたり
自分を貶めたりすることがないんですね。
 
 
 
 
{FEC6963E-8F56-46BE-ADCC-D5A842AD9DEB}

 
 
 
このブログをご覧いただいている方は
社会の中で人との関わりが
とっても多いんじゃないかな。
 

ビジネスで頑張っている方は
特にそうだと思います。
 
 

 
そのビジネスの場で対面するのは
多数派である
「嫌われたくない人」
 
 
 
いわば「嫌われてもいいと思う人」にとっては
完全にアウェイなんですよね。
 
 
 
 
そんな中で
嫌われてもいい!と
特攻隊のようにズバッと切り込んでいく人は

本当に…。
 
 
「嫌われます」
 
 
 
 
大切な場面で
場の空気を乱すような発言であったり
誰かを深く傷つける発言や態度は
やはり誰が見ても不快に感じるでしょう。
 
 
 
 
まあ、嫌われてもいいから、と
そう思って実行に移している人は
 
周囲の人が去ってしまっても
本当に嫌われることが怖くなくなれば
それもありなのかも知れません。
 
 
 
 
 
 
 
 
嫌われてもいい。
 
 
 
実はそう思った上で
自分のランクを上げる
大事なポイントがあるんですよ。
 
 
 
 
 
 知ってましたか?
あるカテゴリーの人は
同じ本音を伝えても
「逆に好かれます」
 
 

本音がいくらすっごいことでも
好かれちゃってるんです。
 
 
 
 
えー!?そんなことあるんだ
って私は最初衝撃を受けましたよ。
 
 
だって私も
「嫌われるのが怖い派」
だったんですから。
 
 


 
ちなみに
「本音を言ったら嫌われるかも」
そう思っていることは
思い込みであることも多いです。
(あ、そうではない場合もありますよ)
 
 
 




 
先ほどの
「本音を言っても好かれてしまう人」は
ビジネスでも
とてもうまくいっています。
 
 
 
嫌われる勇気を持ちながら
あることを学んだ人は
ビジネスで、より成功していくのです。
 
 
 
それが
「本音の伝え方」
 
 
 
伝え方ひとつで
攻撃的でキツイ人という印象が
正直でまっすぐな人になる。
 
 
命令されているような
威圧感のある伝え方ではなく
 
気持ちを汲み取って
心に訴える伝え方ができるようになるんです。
 
 
 
 
 
「自分の気持ちに正直な人」
 
 
 
そんな人になりたかったら
「本音の伝え方」
ここをぜひプラスして欲しいな。
 
 
 
だって
本当にただ嫌われるより
同じこと言ってるのに
なぜか
 
 
「あの人正直でいい!」
「あの人は本音で話せる」
「あの人は信頼できる」
 
 
そう思われた方が
ずっとビジネスがうまく行くのですから。
 
 
 
 
 
今日はその
「伝え方」のレッスンを
アカデミーで開催していました。
 
 
 
「はぁ~、同じ内容なのに違いますね!」
「ほんとだ!なんか心が動きます」
「わぁ!私 本音言えました!」
 
 
 
そんな言葉が出てきた一日。

さっそくビジネスで使っていくそうですよ。
 
 
「本音の伝え方」ひとつで
その後のビジネスも人生も
大きく左右しますよ。
 
 
 
 
 
体験版は1月そろそろ締め切りになります。
 
 
 
 
 ■1月個別セッション■

ジュエルトーク体験版詳細はこちら

 女性起業家向け成功のためのコミュニケーション術

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

教えるってここが大事。



 誰かに何かを教える職業の人は

ここを意識出来てるか

出来ていないかで

大きく結果がかわるんですよ。


 

 

本音で極める美ビジネス&ライフスタイル
永遠にタフで美しい経営者であるための
女性社長幸福論
 

コミュニケーションコンサルタント

川久保奈美です。

 


{C837AEF9-B83C-45E9-8DF4-E6616F670C24}

※表参道の木に囲まれた場所にあるレストラン


昨日は

特別なお料理教室に顔を出してきました。

 

 

 

フランスで外国人最年少で一ツ星獲得

その後10年連続星獲得し
先日、フランス農事功労賞を受賞された
「KEISUKE MATSUSHIMA」のオーナーである
松嶋シェフから直々にお料理を学べる

特別な機会とあれば

行かない手はないでしょう!

 


はぁ、すごいです。 

 


ということで

私にとって大の苦手分野

 

お裁縫と並んで

最弱部門である 笑

お料理教室に行ってきたんです。




このお料理教室

すっごく斬新!



なぜかって?

「自分は一切手を出さない」から 笑


なんと「見てるだけ」なんですよ。

だから「楽しそう!」って気軽に行けたのかも。

 


{9967CD87-3A30-407A-AF0F-522395E9646C}

※真剣に学んでます

 

 

その中で学んだことは

もちろんお料理!

 

これは当然ですよね。

 


 

そして

「おおー、やっぱり!」と

気づいたことがあったんです。

 

 

 

それが

講師としての

「伝え方、教え方」

 

 

 

 

お料理の専門家だから

専門的なことをやればいいし

かっこいいキーワード

専門用語を並べれば

一般の人は

「おぉー!!」 となるわけです。






と、思ってしまう人が多い。






ここは教えるのが本当に上手な人は

「真逆」です。




当たり前によく聞くキーワードで

初心者でもできる簡単なことを

身近な例えで心に訴えて

プロの出来栄えにするわけです。




もちろん所々には

専門家でしかわからない

「なぜそうなのか?」の理論は入れます。


ただ、そこはサラッとです。

あくまでも補足程度。




最終的なゴールは

「私でもできるかも?!」と思わせる

行動をうながし

変化を起こさせる


そんな「教えるマジック」なんですよね。




教える側は

「自分の当たり前」を

どれだけ



簡単に

わかりやすく

行動に移せるように

伝えられることができるか?




そこをできる人が

本物の

「教えるプロフェッショナル」

なのだと思いますよ。


{F7CD0ECA-0C05-4FEE-8BA9-C345DCCEBC71}

※プロは名入の包丁なんですね



さすがでした!

松嶋シェフ。



私にとっての

3大苦手部門である料理。

(自慢にならない 笑)



そんな私でも

「あれ?私でも簡単にできるかも♡」

しかも

「やってみたい!」


そう思わせてしまうのですから。




教え方=伝え方

相手とのコミュニケーションですよ。

ぜひ高めること、おすすめします。


{EC121685-58FE-475A-8CB3-68C3DF5DE241}


 

 
 ■1月個別セッション■

ジュエルトーク体験版詳細はこちら

 女性起業家向け成功のためのコミュニケーション術

 

 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)