と。
前回のブログで明日か明後日といいながら、
2週間があっという間に経つ訳ですよ。。。


気を取り直して更新していきます。



京都北部の天橋立(あまのはしだて)までは
書いたんですね。


そこを出発したのが、15時過ぎ。
この時点では、今日寝泊まりする場所がまだ決まっておらず、
夏休み真っ只中という日程的にも、

「今日空いてますか〜??」

と宿に聞いても、
つれない返事が返ってくるだけという



日本の一年でもっとも宿泊客がホテルや旅館にとまっている一日…



であったりするワケです。
それが8月11日。



じゃあ、どうするか?



しかも、家族全員が馴染みがないエリアなワケです。
北陸から中国地方の北部…


多くの人が馴染みないと思います。
京都が海に面していることを知ったのも、
私たちも今回この旅行が初めてでした。



仮にそんな場所があったとしても、
だいぶ僻地で閑散としてる場所なんだろうとタカを
くくっていたのですが、
天橋立をはじめ、その辺りは、かなりの観光地で、
かなり混んでる……



その場でキャンプ地を調べて、
テキトーに予約の電話をしても、



「あ……今日はいっぱいなんですよ」



と断られる始末。




となると、
どうなるんでしょう?


と、危機感抱きながら、とりあえず、
宮崎の方面に車を走らせるのでした。



43歳男子。
37歳女子。
6歳男子と4歳女子。


親子四人は、不安のまま、
西へとりあえず車を走らせるのでした。



残りあと800km強。
どうする???
AD
この度、旅に出てました。



妻と、6歳と4歳の子どもを連れて、
8/7〜8/14までの7泊8日、
宮崎県から福井県の往復を、
途中、仕事をはさみながら、




車で……




旅をしました。


そのレポートをこのブログにアップしたいと思います。




■何のために旅に出たのか?

いま、私は福井県の上坂会計さんという、
会計事務所に月に一度、
広告の仕事で訪問して打ち合わせをまるっと一日するという
仕事を請けています。

8月に訪問する日程が、
8/10だったため、
夏休みと思いっきりかぶることがわかったとき、
いやだなぁ〜と思ったのが、往復の飛行機。


チェックインに時間がかかるだろうし、
機内は混んでるだろうし、子どもが多いだろうし、
とにかく混雑がいやだなぁと思ったんですね。




じゃあ、どう回避することができるか??



を考えてみると、



1. 行かない…
⇒小学生じゃないんだから、これはNGです。。。仕事ですからね。

2. 飛行機ではなく、電車を乗りついで行く
⇒帰省ラッシュなので、電車も同様。混んでます。

3. お盆休みの間ずっと福井にいる
⇒そんなに長く夏休みに福井にその理由で滞在するのは、家庭に問題が生じてしまうので無理。

4. 車で行くか?


と、幾つか考える中、
車で行くんだったら、家族も連れていけるんじゃないの?


と思い当たり、
そのイメージを膨らましていくと、
これはおもしろい思い出になるかもと
プラスに思考していって、
今回の旅が決まっていきました。



私自身の話なんですが、
子どもの頃の記憶を辿っていくと、
思い出されることの多くが、


夏休みなどに、両親の実家に行く、
その道中のことばかりが思い出されるのです。



・深夜に車で出発した高速道路に乗ったばかりに目についた看板。
「静かに」と「速度おとせ」と書かれているんだけど、
小一の私は漢字を省き、ひらがなだけで言葉を構築。
その看板を「かにおとせ」と読み、高速から蟹を落とす指示が
されている看板だとしばらく思っていたということ


・母の実家長野県は塩尻市への移動中、車のラジオから流れる
小川哲哉の「決定!全日本歌謡選抜」。
西城秀樹の「ジプシー」という曲がいまでも耳に残っている。


・父親が渋滞に巻き込まれるのが嫌いだから、深夜に板橋の自宅を出発
するのだが、逆に早く着き過ぎて、父の実家長野県南佐久郡に夜が明けぬうちに
到着しそうになり、仕方なく清里の牧場の駐車場で夜が明けるのを待ったこととか。
アイスを食べたかったけど、朝5時では店はやってなく、仕方なく私は
草原をずっと眺めていた…


良い想い出か、そうでないのかは置いといて、
そんな道中の記憶ばかりが残っていて、
実際に、到着したあとに遊んだことなどは
あまり覚えていない。


そのことを思い返してみて、



『福井までを車で子ども連れて往復したら、
彼らの記憶に(良い思い出かどうかは置いといて)
刷り込まれるんじゃないの?』

という仮説を立て、
今回の旅を決行したのであります。



お父さんとお母さんと一緒に行った
なんかよくわからない旅


に子どものころに行った
ということを、
うっすらとでいいから覚えていてほしかったんですよね。





で、そんな馬鹿げた旅を、
ともつぐが素直に受け入れるであろう


小学校低学年のうちに実行しとこう


というのも狙い。


高学年になると、
面倒くさいとか言われて却下になりかねないからね。
チャンスはあっというまに過ぎ去るようですよ奥さん。





で、実際行ってみました。



こんな行程。




8/7
西都市の自宅を出発⇒宮崎港からフェリー(走行距離 28.5km)
フーデリーで買っていったお惣菜と、お酒でほろ酔いで大部屋で眠る。

8/8
神戸港までフェリー⇒突如思い立って、制作パートナー企業である「株式会社コラボレ」訪問(走行距離 72.7km)
コラボレさん滞在時間20分ほど。そこから福井県の六呂師高原キャンプ場へ(走行距離 193km)
福井の肉の卸&焼き肉屋を営む立力さんでBBQセットを購入し、コンロを借り、肉を喰らう。

8/9
六呂師高原キャンプ場にて宿泊。恐竜博物館を経由して上坂会計さんへ(走行距離 54.6km)
私は上坂会計で仕事。妻と子どもはそこからあらわ温泉にある「ホテル八木」へ(走行距離 24.3km)

8/10
私は朝、電車通勤で上坂会計さんへ
お昼過ぎに仕事が終わる頃に妻と子どもが車で上坂会計までお迎え(走行距離 24.3km)
家族で、福井名物「ヨーロッパ軒」にてソースカツ丼を食べて、そのあと東尋坊へ。で、あわら温泉「ホテル八木」泊(走行距離 35.6km)

8/11
朝、ホテル八木のダイレクトメール制作の打ち合わせ終了後、チェックアウト。

このチェックアウト後は、一切計画を立ててなく、またこの夏休みでどこも宿が取れない状態の中、宿やキャンプ場の予約も取らずに、宮崎まで向かうことになります。


こっからが旅本番。


まずはあわら温泉から、高速で移動。
途中、サービスエリアで休憩しながら、
なんとなく聞いたことある場所、京都北部にある「天橋立(あまのはしだて)」
へ思いつきで行く(走行距離 216km)

まぁ、サービスエリアにしても、天橋立にしても、めちゃ混雑していて、
今日の宿どうするか??と不安になってきました。



車で移動。鳥取を目指すものの、そこまで行っちゃうと日が暮れる。
日が暮れてからテントを張るのも一苦労だろうから、
まだ明るいうちに宿、キャンプ場の確保がほしいところ。


ひとまず天橋立を出て、
走っているうちに、看板で
「キャンプ場」か「泊まれるスパ」かがあればいいなと
期待しながら、京都を出て兵庫に向かうのでありました。

天橋立を出発したのは15時過ぎ。
大丈夫か??俺たち…




なんか長くなりそうなので、
今日はこのあたりで。

また、明日か明後日に更新しますね。








AD

ブログ更新、今年2回目…

テーマ:
お久しぶりです。

7ヶ月ぶり。
今年2回目のブログ更新で…ございます。

事務所を持たない会社としても、
だいぶ、環境が整ってきまして、
自宅の2階、一部屋半が仕事のスペースになりまして、
自分はそこで仕事してたり、
スタッフも、用事があればちょこちょこ来たりして
なんかしっくりきた感じで業務は進んでおります。

やっぱり、オフィスというものは私には不要。
この感じがすごくしっくりきているので、
当面、自宅オフィスで進めていくと思います。


前回、お正月にブログを更新して、
それ以来になってますが、その間わたしは何をしていたか???

ということを、ここで書いてみたいと思います。


去年の末(もっというと去年の9月)から、
オモシロホンポの業務で、
いくつかの新たなる挑戦をしていました。

それが、以下の6つのこと。



1. 日本全国のお客さんの所に顔を出していた(広告依頼主のところ)
2. 要望があれば、そのクライアントの広告原稿を書いていた
3. 現場に行ったり、原稿を書いたりして、気になったことを改善していた
4. 利益率を上げる努力をしていた
5. 経費をなるべく抑えていた
6. お金のことが得意じゃないと自覚して、素直にいろいろ学んでいた


2012年くらいから、
一気に売り上げを伸ばしたため(といってもタカが知れてる金額ですよ)に、
社内の仕組みがガタガタきてて、
顧客満足度も薄くなっていた…気がしたんですよね。

なので、
クライアントに教えを乞うために。
現場にヒントを拾いにいってたのでありました。



そうしたら、やっぱり、
たくさんのヒントがそこにはあって、
現場で得ることができたヒントを、
自分なりに改善テーマにして、
業務を変えていったんですよね。


例えば、
ニュースレターを年4回制作しているクライアントさんが、
『読みやすさ』
を最優先に考えた紙面作りを求めていると、
勝手にオモシロホンポが判断して、
それを実現させるために制作を進めていたとしよう。

でも、クライアントさんが、本当に本音の部分で求めていたのは、



『スタッフが能動的にニュースレターづくりに参加する状態』



だったとしたら、
キレイな、読みやすい紙面作りを、こちらで全て担っては
いけないんですよ。

紙面づくりの前段階から、
一緒に作っているような感覚を
スタッフに持ってもらうための
場作りをするのが、我々の役割であって、
それが無くては、潜在的なニーズを満たすことは出来ない。


そんなミステイクを繰り返していると、
なんかしっくりこなくなって、
ニュースレターの発行間隔が延びたり、
やがて休刊・廃刊になってしまうのだ。


そんな、潜在ニーズの抽出と、
広告制作のライティングなどに精を出したのが
今年の前半の多くの仕事。


おかげで、すごく忙しかったし、
正直しんどいことが多かったです。


私は遅筆で、〆切も守れない…
原稿はサクサク書けるタイプではないし、
一番得意な仕事は打ち合わせ。

それ以外は私より上手なプロが
周りにはたくさんいるのに、
その人たちに任せず原稿を書いているワケですから、
私としては、非常にもどかしい、ストレスフルな数ヶ月だったのです。



でも、その甲斐あってか、
現場での問題もよりみえてきて、
どう改善していけば、
いろいろとオモシロホンポの問題が解決していくのかが、
だんだんとわかってくるようになったのです。


12年も事業をやっていると、
ただ、案件が増えたからといって、
がっぽりがっぽりとお金が貯まるワケじゃないということも
わかってくるものです。

すぐにわかる人もたくさんいるのでしょうが、
私はその辺は得意じゃないようで、
実際にヤケドをしないとわからないようです。。。


そういった上の6個を取り組んできて、
変なところは改善する方向になったワケですから、
この先、良くなることは間違いないんじゃないかと、
そう思いたい今日この頃なのです。


なので、ずっとこの間、仕事していました。
今年は、
身体のケアや、
いちばん取り組みたい「田んぼ」の色んなことが、
まったく出来ていません。

それがすごくストレスなんだけど、
歯を食いしばって、やらないよう努力しました。


田んぼは、仲間がたくさんいて、
みんなが、能動的に動いてくれます。
ほんと助かるし、自分が関われていないことが、
すごく申し訳ないと思ってもいるんだけど…


会社については、
私が動かないと、今の段階では、簡単に沈没しちゃいます。


田んぼよりも危うく、
いま、私の周りにあるもので、
何よりも不安定なのが、オモシロホンポなんだと自覚しています。


その状況を良くするのは、
いまは私しかいないので、
誰になんと言われようが、思われようが、
ここをしっかり取り組んでいくのが、
私にとって最重要課題なのです。


そんな7ヶ月でした。


ようやく光が見えてきた感覚があります。
クライアントとの関係も、
がっちり強くなったオモシロホンポ。
これからの展開を楽しみにしています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


次回の更新は、
来週あたりに(笑)




AD
2016年スタートしました。
今年もよろしくお願い致します。

ブログもボツボツとやっていきますね。
適当に。マイペースで。


去年の末、22日ころに、
宮崎市にあった、自社(株式会社オモシロホンポ)の
オフィスを撤退しました。

これまで約2年間、宮崎で開業するにあたり、
オフィスを持って仕事をしてきましたが、
経費を削減したい考えと、
それまでオフィスを持たずに仕事を展開してきた
ノマドワーカー的性質の自分を改めて顧みて、

『なるべく持たない主義』

に戻ろうと決意しました。
これからは、拠点は宮崎県西都市の自宅になり、
スタッフたちの仕事は自宅で。
月に数回、食事をしながら打ち合わせなどという
スタイルにしたいと思っています。


宮崎に来て、もっと県に根ざして仕事するものと
イメージしていたものの、
そこまで宮崎県の仕事に特化しない方が良いことが
判明し(それは、自社スキルと自社リソース然り、会社全体としてみたときに、もっと日本全国を見たいという欲求然りという感じ)、
ならば、打ち合わせなど、宮崎で便利である必要
もないし、市内に事務所がないと信用できないと
いうお客さんもいないので、
ここは一層のこと、自分がストレスの無い、
ノマド的かつフリーダムな世界に戻ろうと決意
した。そういう流れなのでございます。


といっても、
ノマドはシビアな世界でして、
日本全国に通用しないサービスを売っていては
とたんに淘汰されて、世間から消されてしまう
のであり、そこは慎重に、そして丁寧に
お客さんが欲しいものを、欲しい価格で提案
するために、研究と提案と、トライアンドエラーな
日々なのでございます。

今年も、今日からとっとと仕事。
丸一日、今年の計画から、溜まっていた企画を練る仕事を
次々こなしていきました。
事務所はないので、家で仕事ね。

理解ある妻が、
お昼頃を境に子どもを連れて家を出てくれて、
映画みたりしてくれています。

そのあいだ、集中しながら、
来年の構想と、その構想にマッチするスタッフの
キャスティングなどをいろいろと
考えておりました。

絵に描いた餅はいらない。
人があつまる餅にする為に、
かなり集中して、
お正月気分ゼロで、企てている1月2日なのであります。

明日も、もちろん仕事です。

熱中することが、何よりも精神が安定し、
熱中することを、子どものころから
切実に求めていたため、
いまの、この感じが、すごく気持ちいいのであります。


今年は、身体を休めながら、
仕事をする方法をマスターし、
人に協力をし過ぎてもらいながら(笑)、
それでもその人たちが、
「オレ(または私)関われて幸せっす!」
と言ってくれ、嬉々としてその仕事を
進めてくれる。そんな人たちにまみれて
業務・プロジェクトを進めていきたいと
思っています。

いつでも強気で、
ダメなら破産。

それくらいの気持ちをもって、
2016年も過ごしていきたいと思っております。

どうぞ、今年もよろしくお願いしますね。
今週、埼玉と滋賀で
ニュースレター取材をおこない、
本日夕方、宮崎に戻ってきて、
コンサルのような仕事をした後、
宮崎市内で一人でご飯を食べて、
いま、家のある西都まで、
バスに乗って帰っている最中です。

最近は、出張の期間が長いのもあり、
スタッフと車を共有することで、
無駄なコストを抑えているのもあり、

前は代行や、タクシーで帰っていた
この25kmほどの距離を、
バスに乗って帰っているところです。

宮崎は車は一人1台と言われて
それが通説になっているフシもありますが、
そんなことないんだもんね…
という反骨精神で、
やれるとこまで、シェアしたり、
工夫しながら、限界まで挑戦したいと
思っています。


ただ……


俺がバス乗って帰るときは、
だいたい市内で酒飲んで帰るから、
バスで尿意をもよおすのが難点ね。

今日も、まだ1/3くらいの位置ですが、
おしっこしたくて、
途中下車したいです。


バスが一時間に1本なので、
奥歯噛みしめて、終点まで向かうのが、
漢(おとこ)と言い聞かせています。

メゲそうですが…


ここ最近は、
一ヶ月の半分を宮崎にいるのと、
残りの半分は、
埼玉、東京のもともとの拠点と、
あとは、名古屋、大阪、滋賀、福井、金沢という
東海、近畿、北陸を強めに
活動しています。


もっぱら、
ニュースレターの制作をメインにした
広告制作の仕事をしながら、
会社全体の集客、告知サポートとか、
そのアドバイスをしたりして、
うろうろと日本を移動しています。


あーーーいかん。
トイレ行きたい…