11/28

ニューウェルシティ宮崎にて、

宮崎県よろず支援拠点 主催によるセミナー

の講師を務めて参りました。

 

「地域集客を加速されるチラシ・ニュースレター講座」

 

と題して開催されたこのセミナーは、

私にとって、起業した13年を総括した成果を収めることが

できたと言っても決して大げさではない機会となりました。

そのことについて、このブログで話させてください。

 

 

このセミナーは、

講師は私と望月まもるさん。

 

コーディネーターとして、

宮崎県よろず支援拠点島中星輝さん。

 

この3人でセミナーを宮崎で開催することが出来た

ということが、私にとって、

ひじょーーーに価値あることだったのです。

 

 

ご存知の方もいると思いますが、

実はこの3人、

12年ほど前…つまり、私が起業したばっかりの頃からの

仲間なのです。

 

 

2004年頃にブログがブームになったとき、

それぞれがブログを立ち上げ、それをお互いが読んで

気になって連絡したり、そのうち会うようになったり

というブログ仲間なのです。

 

その仲間は、経営者、起業家、起業予備軍などで、

日本全国に100名を超えるほどの仲間が増え、

望月さんはそこのリーダー的存在だったんですね。

 

その仲間と、合宿したり、

それこそ私が東京に住んでいたころに、

島中くんが宮崎から来るとなったら、

大勢で羽田空港へ迎えにいって、

飲んだり、泊まったりして

いろんな話をしたりする間柄だったのです。

 

 

その後、島中くんにも、望月さんには、

THE面白本舗(当時はこの名前で個人事業だった)

の仕事をサポートしてもらったり、

 

望月さんと一緒にセミナーやったり、

望月さんの勉強会の帯同講師として参加させてもらったり、

とにかく、個人事業の喰えない時代に

いろいろお世話になったり、助けてもらった方たちなのです。

 

 

だいたい、個人事業で喰えない時代ってものがあることが

おかしいのですが(笑)

 

 

でも、とにかく今から比べたら、

給料なんかはなかなか出ないし、

ご飯食べに行くにもメニューの値段が気になって仕方ない…とか、

 

今見たいに飛行機や新幹線に乗れない。

出張もなければ、遠出なんてもってのほか。

というか、そんなことできるお金が無いんです。

 

全財産その時点で3000円……という状態で

北海道に行くためにチケット持って

あとは行き当たりばったりで、

移動中にお客さんから入金があることを祈り、

入ったらやっとメシが喰える…

なんていうこともあった時代です。

恥ずかしい過去ですが、実際にあったことです。

 

そんな時代に、

島中くんとは一緒になって広告制作の仕事を試行錯誤

しながら進めていったり、

島中くんに無茶ぶりして、それでも彼は仕事を引き受けてくれたり、

 

望月さんにメシをごちそうになったり、

一緒にゼロから企画した野菜詰め放題の集客イベントの

ポスティングをアドバイス協力してもらったり、

まぁ、いろいろと関わってもらった二人なんです。

 

 

ちょうど、ともつぐ(うちの長男)が生まれるころに、

島中くんとも望月さんとも、やりたいことに変化が生じ、

それぞれがそれぞれの道に進むことになります。

いまからちょうど7年前のことです。

 

それまで私とは関東の仕事を主に進めていたため、

島中くんはここいらで地元宮崎の仕事をやっていきたい

ということだったのでお別れし、

 

望月さんは勉強会の講師を中心に活動したいということ

だったのでお別れ。

 

私は広告を制作することを前面に出した会社にしたい

と思っていたので、それぞれがちょっとずつやりたいことが

変わってきたので、その辺りで一緒に仕事はしなくなりました。

 

 

それから数年経ち、私は縁あって宮崎に移住。

 

 

私は田舎ぐらしや移住などをしたいという願望は無かった

のですが、なんかそういう流れになって、

宮崎に引越し、いまでも宮崎に住んでいます。

 

いまさら利便性も求めないので、

電車の無いちょっと不便な西都市に住み、

代行でも5000円以上かかっちゃうから宮崎市内で

そんなにしょっちゅう飲めないように自分に負荷を

かけ生きています(笑)。

 

 

こっちに住んで、しばらくは、

広告の仕事は宮崎でやらないようにしていました。

いちおう私なりに、島中くんに気を遣ってのことだった

のですが、何名かからこっちでも仕事してほしいと

言われ、動く前に、島中くんに久しぶりに会って、

 

こっちで広告の仕事していい?

 

と確認を取りました。

 

 

彼はそのときには、すっかり宮崎の地域に根ざした仕事を

いくつもやっていて、広告だけの仕事ではない、

地元に求められる存在になっていました。

なので、私が広告の仕事をやろうが競合にはならないよ

ということだったので、

これで胸のつかえが取れ、精一杯やってみようと

思えるようになったのです。

 

そんな島中くんが、

宮崎よろず支援拠点のコーディネーターとして、

私と望月さんを講師として招いてくれて、

ニューウェルシティなんて駅前のごーかなホテルでセミナーが

出来たのですから、私としては、

 

なんていうのかな…

 

 

これまでの頑張ってきたことが

こんな良い形で報われた瞬間

 

っていうんですかね。

そんな機会になったのであります。

 

 

当日は定員50名のところ、それを超える58名が参加。

 

第一部は望月さん

 

第二部は私です。

 

第三部はトークライブみたいに3人で話しました。

もちろん望月さんが8割喋ってます…

 

 

参加されたのは、

 

地元宮崎の初めてお会いする方

 

オモシロホンポのクライアントさん

 

 

をはじめ、望月さんが全国で開催している勉強会の生徒さんが

バンドのおっかけのように10名ほど来てくれました。

 

なので、宮崎のセミナーだったのですが、

参加者が

 

 

宮崎県

広島県

兵庫県

京都府

東京都

埼玉県

茨城県

 

など、あちこちからの参加。

よろず支援拠点の理事長もびっくりされてました。

 

この方たちとセミナーが終わったあと、

宮崎のメシを堪能してもらうために、

セミナーに参加された居心地屋「やまぢ」へ。

 

 

美味い楽しいと

18時から始まって1次会がなんと22時半まで…

ずっと、みんなそれぞれがそれぞれ喋ってました。

 

 

 

翌日は、

京都から来てくれた株式会社コラボレの藤田社長と太陽桃子さん。

二人にオモシロホンポ事務所に来てもらい、

彼らの仕事論をうちのスタッフに語ってもらいました。

 

コラボレの二人も、望月さんや島中くんと同じブログからのご縁。

仕事はオモシロホンポと同じ広告制作を軸にした、

会社の問題をいろいろと解決するための会社。

考え方ややろうとしていることが似ているので、

私も普段から仲良くさせてもらっているし、

仕事も少しですが現在でもからんでいます。

 

 

この二人が普段考えている仕事についてを、

真剣に話してくれ、

あっというまの2時間となりました。

 

 

 

この二日間を通して思ったことは、

自分の考えていること、

広告について伝えたいことは

まったく変わってないし、

望月さん、島中くん、コラボレの二人も変わってない。

 

それぞれ、前より仕事のレベルが上がったり、

規模や責任が大きくなってきているけど、

考えていることは一緒。

 

変わらずにいるんだけど、

進化はしている。それもみんなそれぞれがそれぞれの場所で

進化しているということを目の当たりにでき、

ほんとにこの会を宮崎で開催してくれた

よろず支援拠点さんに感謝したのでありました。

 

 

この先、私はどんな人たちとどんな仕事をしていくのか?

いまからはまったく想像が出来ないものです。

ずっと一緒にいるかもしれない。

ずっと一緒にいたいなと思っていた人も、

ある日突然別の道を歩むことになることがあります。

 

どんな出会い。どんな別れがあるかわからないけど、

自分はとにかくいまの自分というものを、

たんたんと感情を大きく揺らさずに、毎日毎日

磨いていきたいと思います。

 

その先に、一昨日と昨日のような

ご褒美のような時間がまた訪れるんだろうなと思い、

やる気がわいてきた11月の終わりでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

AD

ここ最近、

 

「いまここにある仕事」

 

ばかりを手がけすぎていたために、

オモシロホンポは何を目指している会社なんだっけか?

をすっかり忘れていたようです。

 

 

 

昨日、関東出張中のスタッフはるえちゃんと

取材帰りの電車の中で話をしていて、

それに気付き大いに焦りました。

 

 

桃太郎に例えていうのなら、

 

「鬼ヶ島に行って鬼退治をするんだ!!」

と宣言して舟を海に出したのに、

しばらくしたら舟を漕ぐことに夢中になって、

確かに漕ぎ方は上手くなったり、

漕ぐ楽しさ・面白さを見出したりは出来るようになった。

夢中で漕ぐあまり、ふと、

「あれ、どこに行くんだっけ?」

って、忘れて海の真ん中で呆然としましたとさ…

 

というエンディングになっちゃう感じ。それが昨日の私でした。

 

 

 

夜、関東のスタッフと

宮崎のはるえちゃんを会わせるための食事会だったので、

その場を緊急ミーティングにして、

うちの会社は「何を目指して」「何を目的にする集団なのか」

を、いろいろと話しました。

 

 

 

話しているうちに、過去に目指していたことを徐々に思い出してきて、

 

「そーだった、そーだった」

 

と芋づる式にビジョンや目的を思い出して、

シンプルにスタッフに伝えることが出来て

事なきを得たのですが、

 

 

この1年ちょっとのあいだ、

利益率をアップさせるためと、

現場の問題をプックアップして改善していくため、

顧客満足をアップさせるために、

私も積極的に現場に入っていたのですが、

これが度を過ぎると、

将来のビジョンや目的を忘れてしまうという

ことを経験しました。

 

 

 

反省。実務しすぎ(笑)

 

 

適度に、未来を思い描き人に伝えることをする時間を

取り戻していきたいと思います。

 

 

ではでは、かわけんでした。

 

AD

特に関東エリアの出張だと意識していることがあります。

 

それは、

一筆書のように移動する

ということ。

 

 

 

どういうことかというと、

宮崎から羽田空港に移動して、

そこから、

なるべく無駄な動きがないように予定を入れていく

それをゲームのように楽しむということであります。

 

 

関東に来たら、

・クライアントとの打ち合わせ

・クライアントの取材撮影の同行

・問い合わせや新規相談など

・こちらからの営業活動

・業者や提携先、外注パートナーとの打ち合わせ

・友だちや現在取引はしてないけど仕事仲間との情報交換

・お父ちゃんとの食事

 

などなど、やることがたくさんあります。

それらの予定を、

相手の迷惑になるべくならないように、

予定を上手に入れていくことを

楽しんでやるのです。

 

 

現状の私は宮崎に住んでいて、

関東には月に4~5日しか来ない

 

 

ということを、知っている方が多いので、

相手も日程を協力してくれることが増えたし、

私からいくつか提示する日時に合わせてくれたりします。

 

ほんとありがたいことですし、

仕事を始めたころのペーペーの私では、

そんなことさせてもらえませんでした。

ありがたや。。。

 

 

だけど、自分なりに気をつかっているところもあって、

一筆書を優先させすぎることで、

強引な日時の提案(「この日しかありません!」的なもの)

をしちゃうと、

相手に不快感を持たれてしまいます。

 

 

そうならないよう、

そこは、あくまでも謙虚に。

「その辺りに予定が入れられたら嬉しいな」

くらいの気持ちで予定を入れていきます。

 

 

不思議とそういう気持ちで提案していくと、

意外と上手くサクサクと予定が入るものでして、

 

 

いま出張が終了したばかりなのですが、

今回の出張も良い感じでスケジュールをこなすことができ、

けっこう上手くいったなと思えている

ホカホカの状態なので、

 

今回は、

私が出張しているスケジュールとか、

どこで何をしているかについて

ここに書いてみようと思ってます。

 

 

この先は、

興味がある方だけ読んでください。

マニアックな世界になります(笑)

 

もしかしたら、

ノマドワークの参考になるところが、

一瞬くらいはあるかもしれませんが、

多くの方にはまったく役に立たないと思います…(笑)

 

 

 

 

 

=====出張日記的なものを以下に=====

■10/19(水)

5:00 起床。

6:15 自宅(宮崎県西都市)を出発(家から空港までは50分くらい)

7:50 宮崎空港発

⇒空港で10年来の友人 島中くんと、市内のよく行くバー「赤煉瓦」のバーテンじん君に遭遇!!

9:25 羽田空港着

⇒到着口出たすぐのベンチでPC開いて、チャットワークの返信と電話で仕事の指示を45分くらい。喫茶店とかに入っちゃうとケータイで電話がしづらいので電話をするときはベンチとかのほうが良いと思ってる。

京浜急行に乗って東銀座駅まで。そこから歩いて築地まで。

11:15 協和録音さん訪問

⇒はたちの頃バイトをしていた会社。代が変わってそのころ営業として働いていた慎さんが社長になって12年。映像の撮影編集からダビングなどをおこなう会社であり、オモシロホンポも来年セミナーDVDを作ろうとしていることもあって、その件についても相談させて頂きました。慎さんに焼き鳥丼をごちそうになりました~

協和録音で私がバイトしていた24年前にも在籍していた下田のおっちゃんが来年定年。で、いまのオレが下田のおっちゃんの年齢になってしまったことにびっくり。もっと人生やりたいことを次々やってかんとあっという間に60歳とか70歳になるんだなと本気で焦る。良い気付きでした。

14:30 六本木に移動

⇒ミッドタウンの1階カフェスペースで仕事。天井が高い(もしくは無い)場所が好きなので、外にもテーブルがあるここはベストスペース。スタバは混んでるので、コーヒーはマズいが別の店へ。2時間ほど原稿作成など。

17:20 黒ちゃんとサシ飲み

⇒年に一度の男サシ飲みの相手であって、10月1日に飲んでいるんだけどワケあって1ヶ月以内に再度サシ飲み。奥さんのお義父さんがやっている寿司屋へ。〆にザボンのラーメン食べて電車で川越に向かいます。大江戸線乗車途中、強烈な便意を感じ、国立競技場前駅で下車。判断力抜群のギリギリセーフ…(汗)。あれ新宿まで乗ってたらオレは車内でウン◯もらしてたと思う。その判断力のご褒美としてそこで下車。そこからタクシーで西武新宿駅まで。さらに西武新宿駅から特急小江戸号に乗って本川越駅へ。

0:00 川越ケセラへ

⇒川越に戻ったら一度は寄りたいバー。すでに眠いが、「一杯だけ」と決めて寄って3杯いただきました…

2:00 川越の実家へ

 

 

■10/20(木)

7:30 起床

⇒準備。父親と妹がいたので珈琲入れながら少し話を。ここでも ちおり の話をするとウケる。最近のちおりは実家でもテッパンネタ。家で少しの時間チャットワークとメールの返信をする。

10:00 川越駅前にある銀行へ

⇒借入をしている銀行との面談。決算書を持ってこの1年のこととか、この先の1年のこととか。

11:30 和光市 早紀ちゃんとランチ

⇒8年くらい前に主催したライブハウスセミナーでバンドをやった際、ボーカルになった娘。久しぶりに会いたいとリクエストもらったので、ちょうど川越から移動途中なので途中下車してランチ。子連れのランチとなりました。

和光市から副都心線に乗って武蔵小杉。

南武線で川崎。京浜東北線で鶴見駅まで。

副都心線が出来たから成せる技。カルトな行き方に挑戦。

16:00 鶴見(横浜市) 水晶院さんへ

⇒5~6年ぶりの会社への訪問。久保さんとの再会となりました。以前、系列会社の単品通販のウェブサイト作成や、新事業のニュースレター、新規事業の立ち上げプロジェクトなど、いろいろと関わらせてもらってましたが、ここ数年お会い出来てなかったので久しぶりに「こんな仕事をこれまでしてきました」という、いわゆる営業に行ってきました。久保姉ぇは岡崎太郎さん主催の勉強会itmの仲間でもあり、通販会社の中でもしっかりマーケティングしている会社でもあるので、胸を借りるつもりでうちのサービスの話をさせてもらいました。

18:30 鶴見の満州園へ久保姉ぇと

⇒鶴見に来たら必ず寄りたい店が駅前にある満州園。20歳のころから通う餃子の美味い中華屋でございます。久保姉ぇも満州園大好きとのことでお誘いしてビールと餃子を食べました。美味かったなぁ。久保姉ぇに、良い経営者になろうとしすぎているようにみえるから、もっとやりたいことをすぐやるくらいのかわけんのほうがかわけんらしいと思うよと言われる。昨日の下田のおっちゃんのこともあって、今回の出張のテーマは「人生やりたいことをもっと次々やっていこうぜを気づく日々」に決定。

21:30 相模原のホテル泊。

移動は電車で、京浜東北線 鶴見駅~東神奈川駅。横浜線で相模原駅へ。起業当初にある企業のスタッフと小冊子制作したり社内勉強会したりのために相模原に良く来ていたことを思い出し、駅前から見えた月で一瞬やわらかい気持ちになる。ホテルにチェックインの後、すぐ寝る

 

 

■10/21(金)

6:00 起床

⇒だいたい朝起きてからシャワーだったり髭そったりして1時間半で準備は完了します。ゆっくり落ち着きながら、今日の流れとか、なんとなくイメージしながら準備。

7:30 チェックアウト~移動

急げば30分強で相模原から着くだろうけど、ゆっくり移動。これを川越の実家に戻って早朝に家を出るとしたら、いろんな路線のラッシュにまみれることになります。ラッシュが嫌で打ち合わせは基本午後からにしてもらっていますが、どうしても午前を希望されるときは打ち合わせ先の近くでホテルをとってしまうことが増えました。44歳にもなると体力と気力には限りがあることがわかってきます。上手にその気力を有効につかうには、こういう手段を使うのです。

8:30 多摩センターのクライアント訪問

年賀状ニュースレターの制作依頼があったクライアントとの紙面企画打ち合わせ。A4両面にどんな内容を入れるかについて、早朝ですが意見アイデアがガンガン出てきて1時間半ぴったりでまとまりました。打ち合わせは1時間半以内にすることをいつも目指しています。毎回それを意識しているので、時計をみなくても打ち合わせがいい感じでまとまるのが1時間半後ぴったりであることが増えました。

京王多摩センターから渋谷へ移動。明大前で井の頭線に乗り換え。約1時間で到着。電車は座れなかったので、読みかけの本を読みながらの移動。

11:00 渋谷駅に到着

ヒカリエでランチの約束が30分後。ショッピングとかあまり興味なくなってきてるので、6階にあるベンチに直行。そこで仕事。チャットワークの返信やスタッフへの指示。

11:30 山本大介さんとランチ

8年ぶりの再会。それまで二人で話をする機会がなかったけど、以前名刺交換はしていて、なにかの機会でFacebookでみつけて友達申請したあと、大ちゃんは関東で農業を積極的にやっていて、私は6家族と田んぼをやっていて、なんとなくいつか会って話したいなと思っていたことが実現。大ちゃんのほうが人生かけて農業やっているので、いろんな話が勉強になりました。大ちゃんは関東のどこかで農園やろうと企んでいるので、それが出来たら遊びにいこうと思ってますし、その過程でも力になれることがあったらサポートしていきたいと思います。

14:00 渋谷の路上で電話

暑すぎず寒すぎず、風もそんなに吹いていないので、渋谷警察署の近くで電話対応。ベトナムで起業されている方から電話。その他、スタバの前でスタバには入らず路上でiPhoneからチャットワークの返信や指示など。コーヒーなど飲みたくなかったのでストリート系。

15:00 はらしま会計のニュースレター取材

はらしま会計のお客様を紹介するコーナーの取材。ベンチャー起業の31歳の社長を取材したのですが、その彼のビジョンやモチベーションの高さに圧倒されたのと、その方の人を巻き込むパワーをみて単純にすごいなと感動しちゃいました。オレもそこそこ人を巻き込む力あるぜと思っていましたが、比にならないくらいの若者との出会い。圧倒的な存在をみると、オレもまだまだやれることがあるはずだから、どんどん積極的にやっていこうと前向きになれました。年下の方に教えてもらうこと、気付かされることが増えてきましたわ。

16:30 車で移動

カメラ担当として、オモシロホンポの大塚さんも渋谷に車で来ていたので、蒲田まで送ってほしいと頼んでみました。代わりに駐車料金を払ってあげるねとコインパーキングの精算ボタンを押したら2,400円との表示。2時間弱停めてこの料金。おっかないねぇ渋谷。

18:00 蒲田で大塚さんと打ち合わせ&メシ

そのまま帰すのもアレなので、「ご飯食べて行くかい?」と訪ねたらワンというので蒲田の焼き鳥屋でご飯。大塚さんはお酒が飲めないのでこうして彼は食事、オレはお酒ができるので助かります。近況をじっくり聞いたり、来年の行動について話をしました。大塚さんの得意分野の営業展開をしようかねと決めました。

20:00 蒲田のホテルにチェックイン。23時就寝。

 

 

■10/22(土)

5:30 起床

6:20 チェックアウト

今日は打ち合わせが無いので、さっと簡単な準備。髭も剃らずにチェックアウト。

6:50 羽田空港へ

蒲田駅近くに泊まれば、歩いて京急蒲田駅まで行ってそこから羽田空港まで10分程度なので楽ちんなんです。よく蒲田に泊まります。羽田空港寄りのホテルだとちょっと高いし混んでるんですよね。なので私は蒲田駅派です。ANAなので第二ターミナル出発ゲートD側だったら、ゲート内にある「あずみ野」の豚つけ蕎麦とかき揚げを食べるルールになっていて(勝手に決めたマイルールね)、今回めでたくそっち側だったので時間が無かったけどあわてずに蕎麦を食べる。

7:30 フライト(羽田空港⇒宮崎空港へ)

蕎麦を食べて68番ゲートに向かったら、ちょうど機内への誘導が始まっていたので最後に乗りたいのでそこでFacebookの更新と妻に迎えにきてほしい旨をLINEで送る。

9:15 宮崎空港着

9:25の宮崎駅発の電車にギリギリ運良く乗れたのでそれに乗って宮崎駅まで。駅の中にある「ケン&ミチ珈琲店」へ。ここは、株式会社マスコが運営しているお店。ここで絵画の展示会をやってるんだけど人に多くみてもらうためのアイデアがあったら教えてと社長に言われているので、ここで仕事をしながら数時間滞在することでイメージを膨らましている最中(いまここ)。

12:28 宮崎駅発

12:48に高鍋駅到着予定。駅まで妻が迎えに来てくれる約束をとりつけたので、それで西都の我が家まで帰ります。 

 

 

これが今回の出張の全行程となります。

意外と日々やっていることは地味なんですよ。

 

 

移動距離は多いんだけど、今回は重複するエリアを往復することなど一切なく、

この電車の移動を地図で思い浮かべられる方がいたら、

けっこう褒めてもらえるスケジュールだと思います(笑)

 

 

参考になるかはまったくわかりませんが、

出張や移動などの参考のひとつにしてもらえれば嬉しいです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

AD

西都に住んで4年経ちました

テーマ:

夕方、不動産屋にいって、

いま住んでいる借家(今年から事務所機能も搭載)の

契約更新にいってきました。

 

これで、また宮崎のこの家に

2年間は住むことが出来ます。

 

 

今月までで丸4年ここに住んでいることになります。

 

 

元々、私は引越し好きといいますか、

一箇所に長く留まることが出来ない性質でもあって、

親の代からそれがあるようで、

生まれてから、

これまでに引越しを15回くらいはしています。

 

 

だから、宮崎に移住をすることも抵抗なく

進められたのでしょうが、

この西都の家は、引っ越す理由が思いつきません。

 

広いし、

関東で家を借りるよりは断然安いし、

家の前にはほぼ貸し切り公園はあるし、

それでいて、町の中心だから役所や銀行などは

近くにあるし、

災害にも強い。台風や大雨などもかなり平気です。

 

宮崎は遠いと思われがちだけど、

住んでみて、飛行機で関東や関西、東海などに

いく機会が多いからわかったのですが、

空港から中心地も近いのもあって、

かなり便利。

 

西都を午前中に出て、

市内で打ち合わせをひとつふたつした後に

空港に行って関東へ…ということを出来るし、

 

 

大阪などから宮崎に戻る際、

空港のラウンジまで来てもらって、

そこで宮崎のクライアントと打ち合わせを

したのち、家族に迎えにきてもらうことも

ある感じです。

 

 

家は引っ越す理由がないから、

来月から5年目になり、

宮崎も予想をはるかに超える便利さ(不便さがない)

もあって、当分この生活は継続していきそうです。

 

 

 

 

さてさて、旅のブログもいよいよ最終回。

 

 

8月14日

前日、車中泊だった我々は、

ゲストハウスでぐっすり眠り、

朝早くに荷物をまとめ、別府をあとにしました。

 

いよいよ、あとは宮崎の我が家に帰るのみ。

 

今日の夕方は、

心から楽しみにしていた、

田んぼ仲間との飲み会が久しぶりにあります。

 

 

いまは、朝の9時別府なので、

その会合には余裕で間に合いそうです。

 

 

 

鳥取あたり(8/12頃)の時点では、

 

「もしかしたら、日曜日の夕方までに宮崎に戻れないんじゃない?」

 

と不安になっていたくらい、

先に進まぬ、車での家族旅だったので、

ゴールが見えてきた安堵感が、

いまの我々にはあります。

 

 

しかも別府9時出発。

 

 

{3946B61A-13CF-42C0-B31F-205E22FC8D09}

ちおり余裕のV4ポーズ(注:写真は旅の模様とは一切関係ありません)
 

 

 

余裕ですよ。余裕。

 

 

 

なので…

 

 

 

 

別府のゲストハウスを出発した我らは、

 

 

 

 

 

別府湾沿いにある公園を散歩。

 

 

{E2543A6B-2D81-4075-88A7-E170F4710B7D}

別府タワーとりんごをかじるちおり

 

 

 

 

 

 

 

{BB9F96BE-84C5-4970-9386-FCD4633795C9}

大分駅前にて。駅の大きさに感動している母とりんごをかじるちおりと、朝に弱いともつぐ。

 

 

 

 

さらに大分駅前のドトールで、

余裕のジャーマンドックや

ミラノサンドでモーニングを決め、

 

 

 

大分駅から10号線を南下していたら、

いつの間にか、

国道326号という山道に迷い込み、

 

 

 

宇目(うめ)には、道の駅やトトロの森キャンプ場なんて

あるもんだから、

 

 

「もう一泊ここでしますか」

 

 

という迷いが起きたり、

 

 

我々家族は、

一直線で帰る気ゼロ。

 

すっかり放浪家族です(笑)

 

 

 

 

あげくの果てに、

宮崎県に入ったのちに、

 

 

延岡からちょっと北上して、

北浦の海水浴場で泳いだり、

その海で俺はクラゲに刺されたり、

 

 

泳いだあとに、

延岡名物「天領うどん」を食べたりと

寄り道のオンパレード。

 

 

 

さすがに遊び疲れたようで、

最後の移動である、

延岡から西都市までは、

他3人はとっとと眠りやがって、

俺がいまにも眠りそうになりながら、

西都市の自宅まで車を運転してゴール

となったワケです。

 

 

一人で最後の感動を噛み締めた訳です…

 

 

{F1CFADAB-A297-47B9-99FD-F3634B8C3D24}

自宅にたどり着いたときのともつぐ。シートベルトの使い方間違ってます…

 

 

 

 

まぁ、なんてことない旅なのですが、

子どもが6歳4歳と小さいときに家族と、

ノープランで旅が出来たこと、

 

そして、それを仕事とからめて、

かなりの遠距離を移動できたこと。

 

 

遠くに存在する、

仕事で関わる人たちを子どもたちに

見せられたこと

 

 

非合理な旅だからこそ出来た、

こうした企画が、

2ヶ月経ったいまも、自分の心に

良い想い出として、残っているのであります。

 

 

きっと、もうすぐ7歳になるともつぐの記憶には、

ほんのちょっとくらい、

 

「なんかわかんないけど、お父さんとお母さんと

車に乗って、色んな人にあったり、

砂丘にいったりしたことがある」

 

 

と残ってくれると思うし、

その記憶が、イヤな記憶ではなく、

心にちょっと引っかかる甘い想い出と

なっていることを願っています。

 

 

4歳のちおりには

潜在的に良い体験として刻まれればいいなと

思っています。

 

 

とにかく、

長い時間移動しながら家族とずっといれたことが

良い出来事でありました。

 

 

結果、

目標であった旅の道中でケンカをしない

というミッションも達成。

無事に最後まで仲良く、家族過ごすことが出来ましたとさ。

 

 

おしまい。

 

 

========

(前回ブログで距離を公表してなかったのでここに

「宮崎から福井の往復、車での家族旅レポート006」の分も記載)

8/13 16時〜17時半(1.5時間)

北九州市の「資さんうどん」⇒別府のゲストハウス(走行距離 106km)

 

 

========

8/14 9時〜15時

別府のゲストハウス⇒大分駅⇒宇目経由で北浦海水浴場⇒西都の自宅(走行距離 249.6km)

 

 

 

 

 

8/7(日)の14時頃に宮崎県西都市の自宅を出発して、

8/14(日)の15時過ぎに宮崎県西都市の自宅に

到着するまでの走行距離 1,689.4km

 

 

以上。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

{72DA9832-88BE-4996-B49C-91549B197671}

最後、起きた後にゴールを喜ぶ姿をやらせで撮影。