幸福実現党 山口県本部副代表 かわい美和子 オフィシャルブログ 

幸福実現党 山口県本部副代表 かわい美和子 オフィシャルブログ

NEW !
テーマ:

 総務省統計局が平成28年7月の家計調査の速報を公表しました。(下記URL)
  
http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/  


 2人以上世帯の実質の消費支出は、前年同月比でマイナス0.5%で、5ヶ月連続のマイナスとなりました。前月比では2.5%のプラスにあったものの、相変わらず家計の財布の紐は固いようです。


 下記グラフは、2人以上世帯の実質の消費支出の推移を示します。2014年4月に行われた税率8%への消費増税以来、低迷した消費支出は未だに回復しておりません。

  

 報道によると、月の最終金曜に午後3時に退社して買い物や旅行などの余暇を楽しむ「プレミアムフライデー」という構想が検討されているという話もあるようです。
 でも、これで本当に消費は回復するのでしょうか。財布の紐が固い限り、ウィンドウショッピングだけが増えるような気もします。


 消費低迷の大きな原因は消費税です。


 消費を喚起し景気を良くするためにも、消費税の凍結ではなく、減税を行うべきです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

我が家のネコ、さんちゃん(♂)です。

約1歳3か月になりました。

凛々しい顔になってきたさんちゃんです。

  
  


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 8/28配信のHRPニュースファイルより、幸福実現党 政務調査会の佐々木勝浩氏の寄稿を紹介いたします。
 http://hrp-newsfile.jp/2016/2880/


幸福実現党・政務調査会 佐々木勝浩


◆「中共の対日戦争5つのステップ」とは
 ここに、2013年12月10日、人民日報主宰の強国論壇「博訊新聞ネット」に掲載された「中共の対日戦争5つのステップ」(「月刊中国」2014.1.1号)というものがあります。
 【第1ステップ】 海洋警備隊を尖閣に派遣し領海を守るために空軍と海軍が厳しい監視を行い、中共の了解がなければ、いかなる国の艦船・航空機・人員も尖閣に接近させない。中共の警告を無視する者は、中国領空・領海を侵犯したものとして攻撃し逮捕する。
 【第2ステップ】 香港・マカオ・台湾の中国民間人および公務員は、自由に魚釣島に上陸しても良い。
 【第3ステップ】 魚釣島の海域を「ミサイル発射訓練基地」とする。これは事前に国際社会に通告し、その後24時間以内に訓練は開始される。
 【第4ステップ】 日本側との魚釣島に関する協議は無期限に中止し、沖縄海溝までの大陸棚を中国と日本の国境とすることを公表すると同時に、日本すべての船舶を中国の領海から追放する。
 【第5段階】 第二次世界大戦でアメリカと蒋介石が了解した「ポツダム宣言」により、琉球群島の国際地位(貴族)は未定であり国遼東半島と東北地区に配備したミサイルで日本本土を照準にした臨戦体制で、この交渉は行う。また同時に、内陸部の長距離ミサイルも第二弾として準備する。
(引用、終わり)


◆中国の尖閣上陸はカウントダウンに入った
 現在、中国海警局の公船は、毎日のように尖閣海域を航行しています。最近は、十数隻の公船が尖閣諸島にせまり、中には武装公船(実質の軍艦)が含まれています。
 中国当局は同時に300隻もの中国漁船が尖閣海域で操業させ、その中には軍事訓練を受けている「海上民兵」もいます。
 空では、東シナ海で中国軍機が日本の自衛隊機に正面から威嚇、前例のない接近(6/30産経)を行なったと報道されています。
 中国は、数年前に尖閣の観光ツアーの募集もしているので、近年中に海警局の公船、漁船だけでなく、尖閣海域で中国の観光船が航行することになるでしょう。
 8月27日の産経新聞では、「中国が国内法で日本船を摘発するために尖閣で法執行の規定を設けた」とも報道されています。中国から言わせれば、尖閣海域は自国の海なので、日本の船を入れさせないというものです。
 そして、ある日突然、尖閣諸島、魚釣島に中国軍が上陸し、【第3ステップ】「ミサイル発射訓練基地」を完成させ、【第4ステップ】として、日本の艦船を排除し、【第5ステップ】、ミサイルで日本を脅して「沖縄を中国のもの」にする、これが中国の計画です。
 一方で左翼陣営は、沖縄の米軍を追い出す運動を繰り返しています。それは中国による「琉球自治区化」の工作に手を貸すようなものです。これは沖縄県民を中国による人権弾圧の悲惨な運命に導くものです。
 そのようにしないために、ここで、尖閣諸島と沖縄を守るために、ちょっと斬新な提案をします。


◆尖閣・沖縄を守るための提案
 かつて1964年の東京オリンピックの際、まだ沖縄はアメリカの統治下にありましたが、沖縄の声として日本人として東京オリンピックを迎えたいという声が湧き上がりました。
 その結果、オリンピックの聖火の日本の最初の上陸地が沖縄に決まったのです。こうしてオリンピックの聖火は日の丸を振る沖縄の人々の歓喜の中で迎えられました。
 そして4年後の2020年東京オリンピックもまた、聖火の最初の上陸地は沖縄でなければなりません。
 そこで提案です。
 国際法上では、実効支配している国が、その島の領有を主張できます。日本の尖閣諸島を固有の領土と主張する根拠は、かつて魚釣島で明治期に260人もの日本人が鰹節漁を営んでいました。
 しかし中国人が住んでいた記録はどこにもありません。中国は古代の中国の地図に尖閣諸島は載っているから中国の領土だと主張しますが、それは国際法上認められないのです。
 そこで中国は国際社会で尖閣は中国のものだったという主張を繰り返し、公船や中国漁船を頻繁に出して、タイミングをみて魚釣島への上陸を実行し既成事実化を狙っています。
 これを防ぐには、一日も早く日本が尖閣に公務員等を常駐させ、日本の領土であることを実質化させることです。日本人が住んでいる尖閣諸島に、中国は軍事基地をつくれば、それは明らかな侵略です。
 そして尖閣に公務員等を常駐させたところで、東京オリンピックの聖火の最初の上陸地を尖閣諸島の魚釣島にします。平和の祭典であるオリンピックは世界が注目しているので、中国がこれを阻止しようとすれば非難されるでしょう。
 さらに、それとは別に、釣りのオプションも入れた船からオリンピックの聖火を迎えるツアーを企画します。
 石原慎太郎氏が都知事時代に尖閣諸島を買うために集めた寄付金はどこに行ったのかわかりませんが、東京都主催で、そのツアーを企画することは可能ではないでしょうか。
 こうして、聖火は尖閣、八重山、沖縄本島のルートを通って九州に入ります。これが出来ればオリンピックを通じて国際社会に、尖閣、沖縄が日本であることをアピールできます。
 いまは海上保安庁の方々が尖閣諸島を必死で守ってくださっています。しかし中国の攻勢は日増しに高まっています。尖閣諸島を守りきるためには、日本政府、国民が一丸とならなければならないところまできています。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 本日8月28日(日曜日)、防府市と周南市にて、幸福実現党 釈量子党首の講演会を開催いたしました。

  

  
 党首の講演の前に、私もご挨拶をいたしました。

  
 こちらの写真は、防府での講演の写真です。(前記は周南での講演の写真になります)

  

 講演会終了後、党首はご来場の皆さまと握手しました。

  
  
 幸福実現党 山口県本部、これからも 釈党首とともに頑張ってまいります!

  

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月28日(日曜日)、防府市と周南市にて、幸福実現党 党首 釈量子(しゃくりょうこ)の講演会を開催いたします。


開催日 平成28年8月28日(日曜日)


第①回目 10:30開演
 デザインプラザHOFU イベントホール

   (防府市八王子2丁目8−9 駐車場(約100台))


第②回目 14:00開演
  ピピ510 Lホール
  (山口県周南市糀町1丁目17 駐車場(510台))


 <入場料 : どちらも1,000円>


主催 幸福実現党 山口県本部


  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)