河相智志 Official Blog

広島県福山市出身のプロバスケットボール選手、河相智志のオフィシャルブログです。
本人からのメッセージ他、試合のレポートやイベント等、河相選手に関する情報を発信します!


テーマ:

第1話

初めての講演会①~オファー編~

http://ameblo.jp/kawai20satoshi/entry-12292129425.html


第2話

初めての講演会②~河相さん、過去を語る~

http://ameblo.jp/kawai20satoshi/entry-12292320793.html


第3話

初めての講演会③~講演会、前夜~

http://ameblo.jp/kawai20satoshi/entry-12300884790.html


第4話

初めての講演会④~河相さん、講演会で語る~

http://ameblo.jp/kawai20satoshi/entry-12301585104.html


----------


学校より、講演会の感想が届きましたので、一部ご紹介させていただきます。

※掲載許可済

 

----------

 

▽加茂中学校 藤田岳士校長先生

河相さんの生き様に触れさせてもらい、私自身も元気をもらいました。

一生懸命生きていれば、厳しくも温かい声をかけてくれる人と出会えること。

そのことに感謝の心を持ち、行動化していくこと。

目標達成に向けて、好き嫌いではなく、何が必要かを考え、判断すること。

私も生徒たちに伝えていきたいと思います。

 

 

▽生徒の皆さんから

私は、今まで部活動などで「周りに支えてもらえるのが当たり前」となってしまっていた。今回の講演会で、強くなるためには「支えてもらえる」ことに感謝することも大事なのだとわかった。

また、お話の中で「強くなるには、つらく苦しいことからただ逃げているのではなく、本当に必要なことは小さな目標を立てて少しずつ努力して達成していくことも成功するためのコツ」ということを学び、とても納得することができた。

この講演会は、私には何が足りていないのかを学ぶことができたいい機会になった

 

 

河相さんがプロになれたのは、生まれながらの力ではなく、河相さん自身が努力したからだと思った。

 

 

私のお母さんが河相さんと同い年で、前々から話を聞いていました。

河相さんはとても楽しそうに自分の人生について話されていて、自分の夢が叶えられることはとても良いことなんだと思いました。

 

 

今回、講演会を聞いて僕がやろうと思ったことは、バスケも勉強ももう一度最初から勉強することです。自分の夢を広げられるように頑張ろうと思いました。

 

 

河相さんは25歳になるまでの間、何度もテストを受けて全てダメだったとしても諦めず、続けていたことに感動しました。

河相さんが「両親や家族に迷惑をかけてきたので、試合を観に来てくれることがうれしい」と言っていて、私も両親と口ゲンカをするけど行事などに来てくれた時はうれしいし、頑張ろうと思えたので、一緒だなと感じました。

 

 

河相さんの話を聞いて、部活を頑張ろうと思いました。

「昔、もっとこうすればよかった」「なんでああしなかったんだろう」などと、昔の自分を悔やみたくないからです。

 

 

河相さんの話を聴いて、学生時代は誰もが進もうと思えば進める道を歩んでいて、夢を叶えるためには学歴も必要だけど、一番大切なことは自分の思いや意志なんだと思いました。

 

 

僕も人に応援してもらえるような人間になりたいです。

 

 

----------

 

河相選手の母校・福山市立加茂中学校で行った講演会の記事は以上になります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

今回このような貴重な機会をいただけたことを感謝しております。

PTA会長の勝岡様、藤田校長先生はじめ関係者の皆様、生徒の皆さん、時間を割いて来てくだって花束をくださった河相選手の同級生の皆さんに心からお礼申し上げます。

 


Satoshi KAWAI Official Website

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第1話

初めての講演会①~オファー編~

第2話
初めての講演会②~河相さん、過去を語る~

第3話

初めての講演会③~講演会、前夜~

http://ameblo.jp/kawai20satoshi/entry-12300884790.html


-----


迎えた講演会当日。

緊張が止まらない河相選手をよそに、講演会の時間は刻々と迫ります。

 

学校到着後、会議室に通していただき、今回講演会を依頼してくださったPTAの方々、そして校長先生とご挨拶。河相選手のことを色々調べて下さっていて、バスケの話、プロの話、そして地元トークに花を咲かせていました。

 

「河相さん、会場の準備ができました。行きましょう!」

 

先生に声をかけられ、席を立つ河相選手。

 

「いよいよか

 

河相選手の顔には緊張が。

着ていたポロシャツは汗でシミになっていました…()

 

----------

 

1420分。

生徒の皆さんの拍手の中、入場し、講演会スタート。

広島弁全開で喋り出す河相選手()

 

夜な夜な考えた河相選手の質問に、生徒の皆さんは手を挙げて応えてくださったり、マイクを持って話してくださったり、皆さんに支えられながら講演会は進んでいきます。


ここからは講演会の内容を一部抜粋して紹介します。

 

-----

 

目標達成に大切なことは考えること、というお題でお話しさせてもらいます。

 

僕がプロバスケットボール選手になりたいと思ったのは、今から13年前。22歳の時でした。

「バスケが楽しかったし、他にやることがなかったから、それを職業にできたらいいな」という適当な軽い気持ちで考えていました。

 

今、広島ドラゴンフライズで社長をされている浦さんと僕の友人と僕の3人は当時プロ選手になるために活動していて、3人で色んなチームの入団テストを受けに行っていました。

 

浦さんと友人は入団テストに合格して、プロ選手になりました。

僕はというと、落ちまくりました。

でも、「そのうち受かるだろう」という気持ちで、ずっと入団テストを受け続けました。

 


そこから25歳になるまでの3年間。

20回以上の入団テストを受けました。

しかし、どこのチームからも合格の連絡をもらえませんでした。

 


両親とは、

「25歳までにプロ選手になれなかったら就職する」

と約束していたので、僕はプロバスケ選手になるという目標を達成できないまま、就職することになりました。

 

-----

 

しかし、河相選手はここからもう一度「プロになりたい」と思い、苦労と努力を重ねました。


約3年。


それは河相選手にとって、とても大切な期間だったと生徒の皆さんに語ります。

紆余曲折あってプロ契約を勝ち取った河相選手。当時の思いはこのようなものだったそうです。

 

-----

 

29歳の時に、兵庫ストークスというチームの入団テストを受けて、合格しました。

 

「プロバスケットボール選手になる」

という目標を達成した瞬間です。

その時は達成した喜びより、本当なのかなと信じられない気持ちの方が、強かった気がします。

 

なぜなら、プロバスケ選手を目指してから7年もかかったからです。

 

-----

 

内容は中盤へ。

目標を達成するために大切なことを、自身の経験を踏まえながら話す河相選手。

ここまでスラスラと話していた河相選手が、突然言葉に詰まります。

 

-----

 

僕が「プロバスケットボール選手になりたい」と言った時。

 


。。。(言葉に詰まる)。。。

 

 

ふーっ!!!!

緊張するぅっーーーーーーー!!!!!

※お茶をがぶ飲み。場内からは笑い声。

 

 

僕が「プロバスケットボール選手になりたい」と言った時、

両親は「不安定な仕事にはつくな。安定した仕事にしなさい」と言いました。

 

僕が達成したかった目標とは逆のことを言われたんです。

「うるさいな」「なんだよ」と思いました。

 

その時は、両親からのその言葉の意味を考えていなかったからです。

 

でも、

「あの時、両親はなんであの言葉を言ったんだろう?」

「どういう意図があったんだろう?」

と、よく考えてみると。

 

それは、

「僕がつらく、苦しい思いをしないようにするため」

「僕が真剣にバスケに向き合っていなかったから」

だったんです。

 

僕のためを思って、言ってくれていたんです。


力を貸してくれる人たちに、感謝の気持ちを持つようにしましょう。

真剣に目標に向き合えば、その人たちは絶対に自分を応援してくれます。


僕の両親も今は、

「少しでも長く選手を続けられるように頑張れ」

と全力で僕を応援してくれています。


 本当にありがたいことです。

 

-----

 

ご両親への思いを語るシーンでした。

実はこの日、河相選手のご両親も講演会を聞きに来ていました。当時の思いを初めてご両親に伝える場にもなったのです。


河相選手は常々、「両親には本当に迷惑をかけてきた」と口にします。当時のことが思い出され、溢れて、言葉に詰まってしまったようでした。


お茶をがぶ飲みした後は、一つひとつしっかりと力強い言葉で生徒の皆さんに熱く語っていました。


河相選手のご両親は、その言葉を静かにじっと聞いていました。

  

-----


さて、今日は 「目標達成に大切なことは考えること」について話してきました。

大切なことは3つあると言いました。


   今の自分の状態がどうかを考える

   大きな目標に近づくための小さな目標を考える

   力を貸してくれる人たちが本当に伝えたいことは何なのかを考える

 

どれもすぐに上手くできるものではありません。

僕もたくさんの失敗を繰り返してきました。その度に考えました。

 

「目標を達成できたから、えらい」

「目標を達成できなかったから、えらくない」

ということではありません。


どれだけ考えたか。

どれだけチャレンジできたか。

どれだけ行動できたか。

どれだけ真剣に向き合えたか。

 それが大事です。


日々生活していれば、目標が変わったり、変えたりしなければならないこともあります。

それは、決して悪いことではありません。


何歳からでも、頑張ることはできます。

真剣に考えたり、行動したり、チャレンジすることはできます。

失敗した時に諦めてしまうのではなく、どうしたらいい結果が生まれるかを考えて行動してみてください。

 

すぐに上手く行動できなくても、考えることを意識するのは今日からでも、今からでもできます。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

みんなが心に持っている色んな目標や夢を達成できるよう、心から応援しています。    


-----

 

こうして、河相選手の30分間の講演会は終了しました。

最後に生徒代表として、男子バスケットボール部の生徒さんが河相選手に感謝の言葉を下さいました。

 

 

あたたかい拍手の中、会場を後にした河相選手。

ポロシャツは、やっぱり汗ジミでいっぱいでした。

 

「無事に終えられた!」

 

という河相選手は、安堵でいっぱいの笑顔でした。



Satoshi KAWAI Official Website

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
第1話
初めての講演会①~オファー編~

第2話
初めての講演会②~河相さん、過去を語る~

-----


試行錯誤しながら内容をまとめ、原稿を読む練習を始めた河相選手。

「調子はどうですか?」と聞くと、「まあまあ」という答え。

このまま余裕を持って講演会当日を迎えると思っていました。

 


が。


 

6月8日。講演会前夜。

 

「あのさ。中学生に向けての講演じゃけえ、やっぱりおもんないのはダメよな。ちょっと考え直すわ」

 

と、河相選手。

PCと向き合う時間が始まります。

読んでは打ち、読んでは打ち。

それをひたすら繰り返しました。

 

「これは笑う?いや、俺しかおもんにゃーか。。。」

「みんなにも動いてもらった方がえーかな。質問してみようか」

「でも、質問に答えてもらえんかったらどうする?」

 

中学生向けにした後は、再度内容の確認です。

何度も読み返しているうちに、

 

「広島弁で喋った方がみんなに伝わりやすいかな」

「この言葉じゃなくて、こっちの方が合っとる気がするわ」

 

など、色んなことが気になり出し、PCとにらめっこの時間が続きます。

 

そしてようやく。


 

「これで大丈夫じゃわ!」

 

全て終わったのは、深夜3時でした。 

河相選手の思いが、ぎゅっと凝縮された原稿が出来上がりました。



講演会まで、あと半日。

河相選手は緊張せずに講演できるの…か?



-----
Satoshi KAWAI Official Website

▼Twitter
S.KAWAI Website 事務局 (@SKawaiOfficial)


チーム公式:アースフレンズ東京Z (@eftokyoz)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。