大阪の心理カウンセラー アビエルトのブログ

[心理カウンセリング アートセラピー キャリアカウンセリング]
大阪の心理カウンセラー <アビエルト> 代表 もりたひでみのブログです。


テーマ:

 

なたが愛する人や物事について考えてみましょう。

 

男性に尽くしたい?いやいや…仕事だったら頑張れるけど、男に尽くすのは違うかなぁ?」な考えもあるかとは思います(笑)

 

(幸せの形は、人それぞれでありますので♪)

 

とにかく、あなたが愛する人や事柄について、とことん向き合いましょう。

 

そして、人生を思いっきり楽しみましょう!

 

人によっては、仕事や具体的な趣味なんかじゃなくって、余暇の過ごし方なのかもしれませんね。

 

余暇はどんな風に過ごしたいですか?「あんまり働きたくないけど、ぜいたくな旅行とかしたいわね。」といった考えさえあるでしょう。

 

そんな場合は、そういうライフスタイルを一緒に送ってくれそうな高収入な彼を、なんとか探しましょう!(笑)

 

どこかしらで、「そんな価値観を持ったあなたを探している人」はきっといるのだから。

 

そこは、あなたが今存在している行動範囲ではないのかもしれません。

 

今あなたは、どこを中心に生活をしていますか?


まだ見ぬ、憧れの彼の行動範囲について妄想してみましょう。

 

彼はスポーツマン?文化系?お固い職業?

 

例)スポーツマンの場合
スポーツ観戦はしますか?(野球場なんかで出会う人もいますね。)

スポーツはしますか?または、乗り物が超好きですか?
(フットサルやバイクの趣味で出会う人がいます。車好きの女性は車系の展示会に足を運びますね☆)

 

例)とにかく彼の収入が気になる
そういった合コンに行くのもアリですね。

 

医療業界のお客様の声を聴くと、医師の方はバツイチ率が高いとか!(アラフォー以上の女性などにもチャンスです!)

 

そして、バツイチ、バツ2だからって「問題ある人」とも限らないので(…「問題がない」とも限りませんが…)そこはコミュニケーションを取ったうえでとことん見極めましょう。

 

(なには、毎回やっかいな方に出会ってしまい、なくなく離婚に至る方もいますから…。涙)

 

私の実感ですが、男性はそんなに年齢は気にしないですよ~。

 

なかには「20代女子に限る!」な40代男性などもいますが、意外と(本音では)少数派ですねぇ。

 

また、男性が若い女性を好むケースでは、見た目重視!な声もありますが、よくよく話を聴いていますと、容姿は意外と後付けみたいなもの?で、20代が相手じゃないと「自分が精神的に若いから、話が合わないから。」な本音なんかも見受けられますね。

 

(女性で年下男性にこだわる人も、そういうことでは、実は同様なのです。)

 

ちなみに私の(ずいぶん以前の)知人たちの話を持ち出しますと…

 

年上のお金持ちな男性に甘えてきた玉の輿志向の40代女性が、収入の低い20代後半の男性と初婚。

 

また、20代後半の男性が、婚約&同棲していた20代前半の彼女と別れ→同じ職場の40代女性と結婚!な例を知っていますから(笑)

 

その20代後半の男性なんて、過去は「僕の(婚約者の)彼女は、若いですから(笑)」と自慢の日々でしたから(!)

 

人の想いというものは、どう転ぶか解らないものだなーとは思います。

 

ただ、「お見合い登録」のようなものだと、やっぱり「他人同士の出会い」だから、年齢は見られるかもしれませんね?

 

しかしながら、実際に出会う場合だと(お肌などにおける見かけが)若ければOK!みたいなところもあります。

 

なかには世間体?を気にして「年齢が釣り合った人じゃないと…。」と考える人もいるかもしれませんが、そんな人といたって、決して居心地は良くないでしょう?(笑)

 

だからして「私の条件が悪いほど?」相手の心(=人の良さなど)が図れるというか…そんなところもありますね♪

 

 

大阪  カウンセリング|アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪 アビエルト


テーマ:

 

ニッポンの女は、欧米諸国と比較すると「より男性に尽くすようなところがありまして。

 

まるで、明治、大正、昭和…と受け継がれてきている性分というものが、人によっては「ちょびっとな、ひとかけらな要素」でさえ、存在しているようには思えます。

 

そして、欧米諸国の男性のように、多くのニッポンの男はダンスパーティーのお誘いがてら告ってくれる訳でもなく(笑)

 

花束をくれる訳でもなく。

 

「レディーは、お先にどうぞ!」と何かしらを先に、譲ってくれる訳でもないのです。

 

(参照:数々のアメリカ映画などより。笑)

 

だからして、うちのカウンセリングに訪れる女性の方々の…

 

「韓国人男性は積極的だから、素敵!」(韓流映画の影響?)

 

「イタリアに行って、『君はなんて美しいんだ!』とナンパされてみたいです♪」

 

などの声が、後を絶たない訳であります(笑)

 

そんな願望がおありの方はさておき、やっぱりこのニッポンにおいては…

 

「男性に献身的に尽くしたい女性」

 

もしくは

 

「全く誰にも尽くしたくないけど、ついつい癖で尽くしてしまう女性→後で嫌になって離婚のきっかけになるケース多し=自爆ですね…汗)」

 

が、とても多く存在しておりまして。

 

そんな献身的に尽くす彼女たちはやはり「伝統的なニッポンの女であり、ニッポンの母」の典型的な姿なのであります!

 

ニッポンの男性というのがやはりこれもまた、明治、大正、昭和…と受け継がれてきたかのように、ラテン系ナンパ男なんかと比べると、とてもクールだったりもします…

 

売れっ子のアイドルや俳優さんなんかでも、まさにそんなイメージで売れている方も多くて、長年アイドルの座を牛耳ってきた木村拓哉さんなんて、まさにそうでしょう?(笑)

 

そして、クールでかっこいいニッポン男の顔色をうかがうニッポンの女は、ついつい挙動不審になってしまったり、尽くしすぎちゃったり、彼の顔色をうかがったりするのですが…彼からの愛をどうしても受け取りたくって!

 

しかしながら、多くのニッポンの男たちは女に花束を捧げ、「なんて、美しい君なのだろう!」と、チヤホヤしてくれる訳ではないのです…なんせシャイでクールですからねぇ…。

 

(イメージは…高倉健さんです。笑)

 

そんな「尽くすDNA」を持ったニッポンの女たちは、「男たちを、人を愛するパワー」がとてつもなく大きいようには思えます。

 

まるで感動して、涙が出そうな位の…「大きな愛」でいっぱいといいますか。

 

そして、この手の女性の仕事っぷりが、こりゃまたスゴい…なんせ愛を与え、そして受け取りたいニッポンの女たちは、お仕事においても懸命に尽くしますからね。

 

なので、こんなザ・ニッポンの女性が事業を起こし、「大きく飛躍される方」なんかも、少なくはないですわね♪

 

シングルマザーの方なんかに、多く見られるというか。

(^^)

 

離婚→だめんずうぉ~か~卒業→お仕事で世間に愛を注ぐ、なパターンなんかもあったりはします

 

 

大阪市  カウンセリング|アビエルト
アートセラピー 大阪 本町|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪市 アビエルト


テーマ:

 

自ら海外旅行に行きたいとか、語学を学びたいとかは思わないタイプなんですが。(でも、一時期誘われてスペイン語は習ってました…やめましたが。笑)

 

しかしながら、家にいる時はBSの海外ニュース番組を観たり、軽い内容(コメディなど)の洋画を流し観ることが好きです。

 

どうも、多くの日本のTV番組を観るのが苦手でして。

 

どうやら、(親族の声によると)私の性格は生まれながらの個人主義らしく、また、親とも兄弟とも性格が全然違うらしく(!)

 

あるカウンセラーからは「大陸っぽい。」とも称されたことがある位なのですが、きっとそんな感覚から、(字幕付きの)洋画や海外ニュース番組を観て、ほっと落ち着くのだとは思われます(笑)

 

*    *    *

 

話は変わりまして、カウンセリングの手法で云えば、欧米では「問題が起きたのは、あなたの責任です!=自己責任」に持っていき、日本においては「大変でしたね。=共感」に持っていく傾向があるそうですが。(もちろん、海外であっても日本であっても、カウンセラーによって違うでしょう。)

 

確かに…「何でも自分のせいにしてしまいがちな日本人」にカウンセラーがお説教なんかしても、泣きっ面に蜂になるだけでしょう。(お客さまによっても、そんな助言は変化しますけどね。)

|д゚)

 

なんたって「嫌われる勇気」という書籍が、超ベストセラーになる訳ですから!!

 

しかしながら、この日本において商売で云えば、「嫌われたくなくって、愛されたくって、精一杯サービスしている人」が上手くいってるケースもありますね。

 

自己嫌悪が強い時、私たちは「愛されたい!」と、強く願うじゃないですか?

 

(そんな想いを持っている)商売が上手くいってる人の、パワーってすごいんですよ。

 

相手(=お客さま)に与える愛が半端じゃなくなるというか!

 

時には、自分を犠牲にしたりもするというか。(そして、億万長者になれたりもするのですが♪)

 

そうそう…だからして、時には自己嫌悪さえも幸せへの架(か)け橋となりますから♪

 

たとえ自己嫌悪であれ、何でも「自分の個性の使い方次第」なのです

 

 

大阪 本町 北浜 淀屋橋 カウンセリング|アビエルト
アートセラピー 大阪市中央区|アビエルト
キャリアカウンセリング アビエルト|大阪

 


テーマ:

 

自らの意思で「旅行に行こう」とは思ったことはないのですが。

 

そういう訳で、今まで行った旅行はぜーんぶ「誘われて行った旅」でありまして。

 

それはそれで嬉しかったりします。

 

自分自身では「旅行に行こう」とは思ったこともないくせに、行ってみればグルメに、風景に、建物に…色々と楽しめるからです!

 

そんな、自らの意思ではない「影響を受けること」って、とても大切ですよね♪(カウンセリングだってそうです。笑)

 

私自身、高校生の頃から断然好きなのは「音楽ライブに行くこと位のみ」でありまして。

 

かといって、自分自身では音楽を演奏するなんて…トンデモナイ…なんせ学生時代、音楽の授業は大・大・大キライでしたので。

( ゚Д゚;)

 

そして、私の夢の1つは、海外へ好きな洋楽(ラテン音楽など)の音楽ライブに行くことであります。

(^^)/

 

まぁ、私が好きな趣味と云えば…「音楽ライブに行くことだけ」ですので…なんて乏(とぼ)しいのでしょう(笑)

 

そもそもが私、心理カウンセリングにしたって元々は全く興味がなかったものの、色んな人からの助言でこの世界に進み、今となっては私にとってハズせないライフスタイルの1部となってる位ですから(もう、私にとっては無くてはならない存在です!)

 

ですが、キャリアカウンセリングに関しては、小さな頃から「頭で考えていたこと」が形になってるかな、とは思います。(キャリアカウンセラーみたいなものになりたいとか、そういう具体的な意識はありませんでしたが。笑)

 

小学生の頃から「義務教育というもの」の存在に関しては疑問を持っていましたし、「その人に合った適正なるものを身につければいいんじゃない?」とはずっと考えてましたから…塾通いをサボりながら、友人と知らない街に繰り出したりするのが好きでしたね…子どもが歩いて行ける範囲でしたが…きっとただのご近所だったとは思われます(笑)

 

その当時はまた、「こういう仕事につきたい」などの具体的な想いは無かったものの、何かしらのクリエイティブな仕事で、フリーランスで、どこかの都会のど真ん中でオフィスを構えたいなーとか、マスコミと関わりたいなとか(あ、マスコミがどうとかは知らなかったですが、少女漫画雑誌は好きでしたね。笑)そういうことを考えていたのですが、数年前にひょんなことから本当に「都会のど真ん中のオフィス」を構えることになって、我ながらびっくりはしました(笑)

 

今年はそういう訳で、当時の夢(!)を叶えるべく、色々営業活動に励もうと思います。

 

ですが、マスコミ=「TVに出る」のは違いますね。(たまにそういうオファーが来て、ボツになったり、断ったりしましたが…。)

 

かといって「本を出す」のも違うし、やっぱり幼少の頃より「雑誌」が一番気になります…ただのこだわりですね(笑)

 

そうそう…最近(ボツになるかもしれませんが…?)、某海外より来日する団体からの通訳付き講演のオファーをいただいたのですが、そのお話を頂いて「え?語学が全然できなくてもありなの?」と、そういうのもアリなのですかー!と、非常に目にウロコではありました。

 

なので、今の目標としては…

 

「雑誌への掲載」:こつこつ営業していきますよ。

「世界中の方に対して、自分らしい人生を選ぶための話がしたいです。」:これには書籍の出版が重要?

 

の2つであります!

 

 

大阪の心理カウンセリング|アビエルト
アートセラピー 大阪市|アビエルト
キャリアカウンセリングのアビエルト|大阪


テーマ:

 

ちょこまかとこのブログの整理をしておりますと、キャリアカウンセリングを開始した頃の日記を発見しました!(たった2年位前ですね。)

 

キャリアカウンセリングのサイト >>

 

当時の私の私の日記を見ると、996職種の情報をかき集めたとかで。(自分でやっていながらも、ひとごとですが。笑)

 

あれは、1年がかりで996職種の情報を収集したうえで→キャリアカウンセリングを立ち上げることになったのですが、現時点においては1026種になっております!

 

とは言いましても、現在も常に収集中でして、今月も更に増やす予定ではあります。

 

なんせ日々、新聞やTVをチェックしておりますと、新しい業種が増えておりますからね…その度に追加、追加しております(笑)

 

また、あの頃と比較すると、私が開発したキャリアカウンセリングの手法はどんどん変化しておりまして…あの頃よりも短時間で、さらにあの頃よりも多くの、更に開発した独自のオリジナルツールを数点使いこなせるようにもなりました。

 

初期の頃は職業適性診断に、90分から時には120分かかってましたが、今は60分での判断が可能になりました。

 

今のところ、女性に一番人気のある仕事は、「美容と健康」に関する、あらゆるお仕事ですね。

 

(あらゆる女性というのは、美と健康の女神なのでしょうか。笑)

 

たとえば、私自身が持ってる資料ですと…

 

医療・福祉・介護だと(66職種)
美容・メイキャップだと(20職種)

 

なのですが、これらの仕事だけに限定しても、どんどん業種は増え続けていますねー。

 

なので、実際にキャリアカウンセリングで、何らかのお仕事を勧めますと「え!こんな仕事があったんですね!」な反応を頂くことも、とても至福であります(笑)

 

 

大阪で心理カウンセリングなら、アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト


テーマ:

 

既に1月6日でありますが…(笑)…あけましておめでとうございます。本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

m(__)m

 

上の写真はこのお正月に、京都府の間人(たいざ)という地にて、温泉旅行に行った際の風景写真であります。

 

超綺麗な、船着き場の風景だったんですよ~~!!まるでTVの旅番組に出てくるような…リアルで見ましたが(笑)

 

どうも私自身、ヨットハーバーを含めての船着き場の風景には惹かれるものがありますね。

 

*    *    *

 

ところで…みなさま、今年の目標は何かおありですか?(皆様から目標をひねり出すのは、私の得意分野でありますね♪)

 

私はあまり大きな目標は立てたことがないのですが、(私自身は、その場その場での思い付きを実行するタイプなんです。)このお正月、考えもしていなかった案件がどどーんと舞い込んでまいりました。

 

とはいいましても、まだまだ不確定ですので…ある時は、TVの深夜のバラエティ番組?の出演依頼も来たことがありましたが…それはボツになりました(笑)

 

しかも、それは「深夜だからきっと誰も見ていないでしょう?」な理由で引き受けたものでしたが。ww

 

さて、お正月に舞い込んできました、今回の案件は果たしてどうなるやら?

 

また、確定してもまた私のいつものこと…きっと「ホームページのどこかのページ」に、いつの間にか実績として載せてることでしょう…そのお仕事を終えた後に!?(笑)

 

*イベント情報*

 

今月(2017年1月)の「お客さまとの音楽と踊りを楽しむ会」は、某金曜日の某ジャズライブを予定してるのですが、ご興味のある方はアビエルト までお問合せください。

また、まだ日程は未定ですが、某ブラジルレストランに繰り出すことも予定しておりますので…お楽しみに

(※イベントへの参加は、これまでに1回でも、カウンセリングを受けられたお客様のみの限定となります。)

※また、カウンセリングのリピートの強要はいたしませんので、ご安心ください。

※入場料および個人でお支払いされる飲食代以外の料金は、一切かかりません。

※なお、こういったイベントの際に関しましてはカウンセリングは行いませんので、ご了承ください。

 

 

大阪市 心理カウンセリング|アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト


テーマ:

 

カウンセラーを目指す前の20代や、カウンセリングを学んでいた30代の頃などは、「カウンセラーみたいな人ですね。」と、しばし言われていたものの…

 

(まぁ、そういうことがキッカケでカウンセラーにはなったのです。元々からなりたかったというよりは。)

 

なんとまぁ、実際にカウンセラーになってからは、初対面の私の職業を知らない方から「カウンセラーみたいな人ですね。」とは、言われなくなってきました(笑)

 

最近、初対面の方から、ちょこまか言われるのは…(あ、私の職業やブログを全く知らない方々から言われる言葉です。)

 

「なんか楽器やってますか?」

 

(あー、音楽はからっきし駄目です。なんせ学生時代、音楽の授業は苦痛で仕方がなかったのですよ。ww)

 

というのと、または…

 

「文章書く仕事をしてますか?」

 

ですね。(ってか、両方ともカウンセラーとは全く違いますけど。笑)

 

ちなみに、文章を書く事で云えば、カウンセラーになる前の…学生時代の方が断然好きでしたね。

 

とは言っても、ただ学校の授業で書く「作文」や友人などに宛てる「手紙」を書く事が好きだった程度で、本当に文章が好きな人からすると「え?」という感じでしょうが(笑)

 

ですが、20代~30代に「文章書く仕事をしてますか?」ってもしも言われていたら、その頃は何らかの「文章のスクール」には通ってたでしょうね…間違いなく

 

それ位…単純な私ではありますよ!!

 \(=゜ω゜)ノ

 

アホ…ですねぇぇ…(笑)!!!

 

 

大阪でカウンセリングなら、アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト


テーマ:

 

そうそう、家事も仕事も超苦手な奥さんがいたりして…

 

…例えば、サラダを作るのも困難かつ、パート仕事も続かなくって、なんだかコロコロ変えちゃうな。

 

そういう奥さんをすごく愛してる人なんかがいて、それこそ欧米人並みに「愛してるよ💕」なんて言いまくる旦那さまは、そんな奥さんに「君には俺がいなきゃ、生きていけない。」とも言うんだけど(←まぁ、ごもっともですな。)、そういう男性って、とにかく人の役に立ちたくて、超稼ぐのですよ☆
 

女性もですね、だめんずと結婚する人の中には、旦那さまはヒモだったり、しかも家事も全くしてくれないんだけど(ww)でも、そういう女性は「無償の愛」にあふれてて、仕事でめっちゃ稼ぐ人なんかもいますね~。

 

(女性の場合は、離婚に走るケースが多いのですけれども…)
 

私は仕事だと、精一杯サービスしてるつもりではあります。(自己評価ですが。笑)
 

でも、だめんずへの無償の愛には欠けるかな(笑)

仕事においても、愛情においても「無償の愛」を捧げる、「私(俺)がいなきゃ、この人は生きていけない。」ぐらいに思う方の「稼ぐパワー」って、本当にすごいなぁとは思います。

(^^)/

 

 

大阪市|心理カウンセリングのアビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト


テーマ:

2013年のハロウィーンパーティでの、右が私。

文面とは関連性ゼロです(笑)

 

現在は心理カウンセラーとして活動している私ではありますが、そもそも元々は自ら「カウンセラーになりたい。」「心理学の勉強をしたい。」な願望を持っていた訳ではありませんでしたし、随分昔にさかのぼれば、学生時代より「カウンセラーみたいですね。」みたいなことを、度々言われてきたことが、きっかけのひとかけらではあります。

(/・ω・)/

 

あとは…小さい頃から直感はするどい方だったようです。(親族数人の証言より。ですが、霊感みたいなものは全くありませんが、あくまで「耳で聴いての直感」です。)

 

「カウンセラーみたいですね。」一番最初に言われたのは…20歳の頃ですね。

 

その頃は「カウンセラー」という職業のことなんていっさい解っていなかったし、特にその当時なんて、言われたことに対して、何の関心も抱かなかった覚えがある位なのです。ww

 

それから、ずいぶん時を経まして、今から12年前の31歳の頃(32歳になる直前でした)にもやはり「カウンセラーみたいですね。」と言われたりしたもので…

 

その当時、「もしかすると、カウンセリングを学ぶことで、手に職が付くかも?」といった、今思えば非常に浅い理由で「カウンセラー養成スクール」に飛び込んだものですが、本気で心理学を学びたかったというよりは、某心理カウンセラーの…

 

「心理学のワークショップってめっちゃ楽しいよ!お祭りみたいな感じで、仮装してる奴とかいるぐらいだから!」

 

言われた言葉に超反応したという、非常に軽すぎる理由で(!笑)学び始めたところ…

 

「ありゃー、仮装してる人なんかいないし、全然違うやん(汗)」と思いながらも、徐々にカウンセリングの学習そのものにハマっていったのでありました。

 

(ってか、学び始めから6か月は、講座中などずっと寝てましたけどね。。。)

 

そして、過去の心理学のワークショップにおいて、仮装するような人は本当にいたのか?どうかは、今だに解りません。ww

 

そうそう…思い返せば、今月よりお客さまがたと音楽イベントに繰り出していることは、いつのまにか過去の私の期待を反映しているわ!と(笑)

 

今さらながら、そんな過去の想いを思い出した、今日であります♪

 

 

大阪で心理カウンセリングなら、アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト