大阪の心理カウンセラー アビエルトのブログ

[心理カウンセリング アートセラピー キャリアカウンセリング]
大阪の心理カウンセラー <アビエルト> 代表 もりたひでみのブログです。


テーマ:



カウンセリングのお仕事を通しての、気づきとしてあるのが、「何が普通で、何が一般的」といったことは一切存在しないんだなぁということです。
 
たとえばですね、私と同年代(40代)以上の主婦の方の『恋というものを知らないうえ、初恋も経験したことがないんです。』(おそらく、お見合い結婚でしょうか?)な声もあれば…
 
中高年~高齢者独身女性の方の『最近初めて恋をしました。(=あくまでも初恋ですよ)』な声も、決して少なくはないのです。
(^^)/
 
あと、そういうのとは別の話で云えば、50代女性主婦の『最近、初めて夜遊びデビューして、もう楽しくて仕方がない♪』な声も多かったりはしますね。
 
(割かし、その世代の女性の若い頃は、実家における門限が厳しかったケースが多いですね。)
 
本当…「青春の時期」というのはまるで人によって違うようです。
 
また、トランスジェンダーな方で云えば「自分らしい性を生きる」スタートが、成人を過ぎてからのことも多く。
 
(その時期がまるで0歳のよう?といいますか
 
なんだか私と同世代の方でも、女子高生のようにキラキラした方なんかも、いらっしゃいますね。
 
まるで、そういった方と接すると、私自身がティーンだった頃を思いだす位なのです♪ (イメージは…はるな愛さんですね♪)
 
 

大阪でカウンセリングならアビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト


テーマ:


カウンセリングを受けてくださる、お客さま層についてでありますが。
 
安い料金の割に!(笑)本当にさまざまな方がいらっしゃいまして。
 
無職の方から、エリートサラリーマンな方、超大富豪の奥様、(日本語が話せる)海外の方、異性にご縁がない方、恋愛には一度も困ったことがない方、トランスジェンダーな方…etcと、本当【こういう層な方がメイン】というのが、うちのカウンセリングではないのではありまして。


男女比率も半々ですし、年齢層も高校生~70代の方までいらっしゃいます。

(^^)
 
まぁ、安いがゆえに「お客さま層の幅」が、広がってるとはいえますな。
 
超お金持ちな方程、普段は「ユニクロ」を着て、いざという時には「びしっ」と高価なタキシード…な話なども聴きますから※もちろん、人によって色々ですが。
 
そして、(ご本人が自覚してるかどうかは別にして)スピリチュアル系なお客さまで云えば、「アートセラピー」を受けてくださる方には、ちらほらいらっしゃるのでありまして。
 
また、ご本人がスピリチュアルが好きであったり、そんなお仕事をしているかどうかと、ご本人自体がスピリチュアル系であるかどうかは、あんまり関係なかったりはしますね。  


実際のところ、超スピリチュアル系の方でも、スピリチュアルに全く興味がない方もいらっしゃいますから。(解りやすい例でいえば、オーラが見えるけど、オーラにはさっぱり興味がないなど。ww )
 
ちなみに私の場合は、好きでも嫌いでもない…超中立の立場ではありますね。

(/・ω・)/

  
また、「アートセラピー」を受けてくださるお客さまで云えば、スピリチュアル系の方(もしくはスピリチュアルが好きな方)、情熱的なアーティストさん、アートが好きなふんわりガーリー女子さんのいずれかでいらっしゃる傾向があります。
(^^)
 
ですからして、「アートな表現すること」とは「インスピレーションで描く」「情熱的な気持ちをアートで表現する」「楽しく描く」かに分かれるんだな、との気づきがございまして。 (また、いづれかのミックスの感覚を持った人もいて。)

↑   ↑   

また、これらの感覚は、人との相性などにも通じるものがありますね♪
 


大阪の心理カウンセリング|アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト




テーマ:



 


【アートセラピーカウンセリング】【写真コラージュカウンセリング】
に関する…お知らせでございます。

(^^)/


これまで<90分:3500円>で行ってきた、上記のアートセラピーを、

<90分:5000円>料金改定することにいたしました。


それでは、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

m(__)m



大阪で心理カウンセリングなら アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト


テーマ:


「心穏やかな私になりたい」人は多いかもしれないけれども。


この「心穏やかさ」というのが、場合によっては「クセもの(!)」であって、時には「大きな幸せ」を掴みそこねてしまうのだ。


日々、「心穏やか」で満たされ過ぎていますと…いつのまにか何の努力もしないまま、“時間だけが過ぎていました”…そして「私にとっての本来の、大切な幸せ」をつかみ損ねていました(涙)みたいな、そんなことだってありえるでしょう。


「焦り」や「嫉妬」というのは、時には「私たちが幸せになるために、必要な感情」であり。


そんな自分自身にとっての「嬉しくもない感情」があってこそ、前に進むというものだ。


だからして、人によっては自分自身の「焦りや嫉妬」そのものが「自己啓発」となるでしょう…そう…「カウンセラーの助言」なんてイラナイ位に!!
\(=゜ω゜)ノ


逆に、「焦り」や「嫉妬」の感情が余りにも薄い人は、案外正反対のキャラな、「焦って焦って過ごしてきている、超情熱的な人」から「どーん」と背中を押してもらえることもあるでしょう。


「あんた!そんなところで、じっとしてる場合じゃないわよ~!!」ってな具合に、「活(かつ)」を入れられるカタチで(笑)


そしてこういったことはお互いさまと云うか、「焦り」や「嫉妬」で激しい人は、心おだやかな人から影響を受けて、落ち着いた気持ちで、着々と前に進めることになるのだ。


*  *  *

だからして、カウンセラーの立場としては、「どーんと背中を押す」場合もあれば、「ほれほれ、ゆっくりしなはれ。」な両方の助言のシチュエーションがありまして。


世の中には、「情熱的な人」も「冷静な人」も両方必要なのだ。


そんな感じで、私たちは「補(おぎな)いあって」生きているのだ。
(^^)



大阪の心理カウンセリング|アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト


テーマ:


近頃、以前に比べると「ブログ」を更新する頻度が少なくなってきました。


これもまた、「心境の変化」といいますか…「カウンセラーの気持ち」だって日々、更新されていきますね。
\(=゜ω゜)ノ


小学生の頃は作文を書くのが好きで好きで…授業終了のチャイムが鳴るまでは「何枚も書き続けた」ものですが!!!(当時流行っていた交換日記も大好きでありました。)


Facebookをやめたのも「書かなくなった」一つのきっかけではありますね。


(習慣というものは、色んなことから影響するもので!)


最近ハマってることの一つは、「ときどき、写真撮影」なのですが。


3年以上前(う、いつだったかしら?汗)に、ひょんなところで出くわした、世界的に有名な写真のコンテストで賞を取った某アマチュアカメラマンから、「写真撮らないの??」って言われて、その時は「興味ないです。」って言ってたものの…


あの某アマチュアカメラマンの言葉は「ドンピシャ」でありました。
(^^)


(まぁ、私のことですから“ときどき、写真撮影”の趣味だって、いつまで続くか解りませんがぁぁ。ww)


ブログを書くのが億劫になってきたのは、面談カウンセリングを日々こなしてることが影響しているとは云えます。


日々「他者と対話している」もので、「内にこもる:自分の心で感じたことを、書いてつぶやくなど」が習慣からは外れてきたといいますか。


以前は、日々感じたことを(心理的なお話なども含め)「書いて発散する」ようなところもあったのですが。


最近は、紅茶やコーヒーが美味しいカフェへ「ふらっ」とお散歩発散するようになりました。


そして、カフェにおいて「講演で話すネタ」をつらつらと考えたりもする訳ではありますけど。


私に限らず、カフェで何かを考える人は多いですね。ああゆう場では、不思議と何かしらのアイディアが浮かぶもので。


(もしくは、新しいカウンセリングの手法については「カウンセリング中」に突如(とつじょ)思いつきます。)


*  *  *


ああ…「キャバクラ通い」なんかが止めれないお客さまの気持ちも、何だか解る…うーぬ…お札はどんどん飛んでいきそうですが(笑)


私の場合は「お姉ちゃん」ではなく(笑)「美味しい紅茶&コーヒー中毒」なのだけれども。


しかしながら「〇〇中毒」になるのも、なんだか…し・あ・わ・せ♪



大阪の心理カウンセリング|アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト


テーマ:



No music , No Life.
(音楽のない人生なんて、ありゃしない。)

これは私の価値観ではありますが。
(^^)

かといって私自身、楽器の演奏ができる訳でもないし、カラオケなんてのも殆ど行かないのでございますが。

(学生時代、音楽の授業が苦痛で苦痛でたまりませんでした。。。)

音楽に関しては、まるっきりの「受け身」なのであります。
…そう…「聴くだけ」♪

でもって、CDをむちゃくちゃ持ってる訳でもなく、一時期は持っていたCDを全て処分したあげくに、CDプレイヤーまでも…父親にあげてしまった位だったのですが!!

ですが、つい最近…CDプレイヤーを買い直しましたの。電気量販店で一番安かった、低音質なものを…(笑)

しかしながら、この格安CDプレイヤーが某大手電気量販店にてのCDプレイヤーの中で売り上げナンバーワン!なのでして、こういった事実は、今の時代を反映しておりますね(笑)…好景気な頃は、私自身「なるべく高音質なCDプレイヤー」を物色しては購入しておりましたが。

ですが私自身、最近はわざと格安なCDプレイヤーを購入して、「昭和のアナログ気分な音声」を味わっております。ww

そう…かつての「カセットプレイヤーやレコードプレイヤー」の時代な気分をです(笑)

そうそう、「音楽を聴くのが好き」という意味で、私の趣味はまるっきり「受け身」ではありますね…「演奏したり、歌ったりする」訳ではないので。

そして私自身が最近購入するCDなのですが、「どんな曲が入ってるかわからない、オムニバスCD」ばかりを購入するようにはなりました。

本当は「CDじゃなくてもラジオでも良い」のですけど、最近あまりにもハマるラジオ番組がないため、ラジオの代わりにと、「どんな曲が入ってるかわからない、オムニバスCD」を購入するようになりました

「オムニバスCD」と「ラジオ」と「カウンセリング」における大好きな共通点で云えば、「どんな曲(話)が飛び出してくるか、さっぱり見当がつかないところ」ではありますね!!(笑)

どうやら私は「台本がない、予測がつかない事態」を好むのであります。ww

カウンセリングにおける主人公は、あくまでも「お客さま」であり、私自身のカウンセラーとしてのあり方で云えば、お客様が幸せに進むための「ツアーガイド」みたいなもので。

時々、「講演」などの仕事も舞い込む訳ですが、私自身は「芸能人的スターカウンセラー」からは程遠いとは云える。

あくまでも、私自身は「人生のツアーガイド・カウンセラー」であり。

そして、音楽とともに「何かしらを聴く事」が大好きなのだ。

No hearing , No Life!!
(聴かない人生なんて、ありゃしない!!)


大阪で心理カウンセリングなら アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト

テーマ:


この夏休みは、京都にて一般公開されている迎賓館(げいひんかん)に行ってまいりました。

お庭がとてもキレイーーー!!!目で癒されました。

そして、写真撮影OK!てな訳で、パシャパシャと撮ってまいりました。

ほっほっほ…雑誌でいう「家庭画報」的な世界観を、ご堪能くださいあれ♪(同類の雑誌だと「ミセス」もありますわね。)


館内は「心地よい木の香り」に包まれています。

品質の良い天然素材をメインにして建てられていると、こうも違うものなのですね~。


海外からの賓客(ひんきゃく)の接待の際には、池で「舟遊び」をされることもあるよう。

たっ楽しそう!!!

USJやディズニーランドの「舟遊び」じゃなくって、こういった雰囲気での場の「大人の和な舟遊び」のアミューズメントパークがあってもいいんじゃないの??と妄想しておりました(笑)

足立美術館
(…行ったことないけど…)をやや、アミューズメントパーク化したようなところが存在すれば、理想的ですね
\(=゜ω゜)ノ


大阪で心理カウンセリングなら アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト

テーマ:



初恋について、思い出してみましょう。


初恋の頃「恋に落ちた」ように、実は「恋すること」においては、「頭で考えての相手に求める条件」はなくって。


ですが、歳をとればとる程私たちは、「もっと彼がお金持ちな人であればいいのに…。」「もっと彼が知的だったらいいのに…。」といった、何かしらの多くの条件を求めるようになるのではありますな。


そして、そんな世間の声に応えるべく、男たちは様々な力(腕力、知力、経済力など)をせっせと手に入れる訳ですが…


まるで、羽を広げて「ほれほれ。」とアピールする孔雀(くじゃく)に引き寄せられるように、「この人、素敵かも??」と、女たちはそんな孔雀(くじゃく)さんたち(=男たち)と結婚してみるのですけど。


そこで、「力を持ってる男に、心底惚れるか??」と云えば、そうとも限らないのが人間の女のややこしい所でありまして。

(/・ω・;)/


「力のある男性」と結婚しつつも、「力のない別の男性」に「胸キュンピンクハート」している女性が存在しているというのは、昨今にはちらほらありがちな事情ですな。


(不倫や、プラトニック片思いですわね。もしくは、ジャニーズファンなど。ふ・ふ・ふ。)


そうね、「本当の胸キュンピンクハート」はまるで「あの頃の、甘酸っぱい初恋」みたいなもので、条件なんてまるでないの。


え??「胸キュンピンクハート」を忘れたですって??


だったら、久しぶりに恋愛映画やドラマでばーちゃる体感してみましょうよ♪


(特に女性が好きな韓流ドラマなんかは、セクシーさよりも胸キュンピンクハート重視ですわね


ひょっとしたら、あの頃の「胸キュンピンクハート」な感覚を、取り戻したくなるのかも、しれませんよ。

(^^)



大阪で心理カウンセリングなら アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト


テーマ:

部屋の整理をしていると、写真アルバムに整理していなかった、見た覚えがないような(?)幼少期だった頃~18歳くらいまでの写真がどどっと出てきました。


(まぁ…なんと100枚ほど出てきました。昭和のフィルム世代の者にしては、写真が多い方かも?逆に時代がデジカメに移行してからは、写真を殆ど撮っていないので、時代と逆行している私です。笑)


昔の写真を見つつ、おお…懐かしいなーなんて思いつつ、そうそう…小さい頃って、親の庇護(ひご)のもと、あんまり主体性がないといいますか。


夏休みの想い出を含め、行った場所といえば「誰かしらに連れてもらったところ」ばかりなんだなぁと。(学校の修学旅行も、含めてですわね。)

(^^)


でもですね、年数が経つごとに、だんだん写ってる場所が主体的になってくるといいますか、「自分自身で行った場所」ばかりになってきます。


そうそう…大人になると、夏休みの想い出は誰も作ってくれません。

\(=゜ω゜;)ノ


作るのは、私たち自身なのであります


そして、私が大好きな歌、コニー・フランシスの「ヴァケーション」(1962年発売)についてなのですが。


内容は、「夏休みを思いっきり楽しむ女学生」がテーマとなっております。


Vacation Connie Francis

 >>YouTube
Put away the books, we're out of school
本はそっちのけで、私達は学校から解放されてる

The weather's warm but we'll play it cool
暑いんだけど、私達はクールに過ごす

We're on vacation, havin' lots of fun
ヴァケーションなのよ、思いっきり楽しむの

(…略…)

We're gonna grab a bite at the pizza stand
ピザスタンドで軽く食べて

Write love letters in the sand
砂浜にラブレターを書くの

(…略…)

We're on vacation and the world is ours
今はヴァケーションで、世界は私達のものなの

(…略…)

V-A-C-A-T-I-O-N, we're gonna have a ball, go!!
ヴァケーション、ダンスパーティーをやるの、ゴー!!



心理カウンセリング(大阪・本町)アビエルト
アートセラピー 大阪市|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪市|アビエルト