大阪の心理カウンセラー アビエルトのブログ

大阪の心理カウンセラー <アビエルト> 代表 もりたひでみのブログです。


テーマ:
 
ここ最近の「私のお楽しみ」と云えば「映画を観ること」であります。
 
そして映画と云えば…私の青春時代だった高校時代を思い出します。
 
学校自体、ものすごくフレンドリーな雰囲気があったというか。
 
そんなに親しくない子とでも、同じクラスのたまたま話した子と「映画観に行かない?」「コンサート行かない?」と盛り上がっては、色んな子たちとよく遊んでましたねー。
 
しかしながら、高校卒業してから「ああ、あの状況って普通じゃなかったんだ?」とようやく発見し「何だか、学校ってつまらないなぁ(汗)」な気分を…19歳にして初めて発見しました。
( ゚Д゚)
 
(高校時代、学校には遊ぶために行ってるようなものでしたので。ww)
 
20代の頃は同じ職場の人たちとよく、寺院めぐりやカラオケなどに繰り出してました…楽しかったなぁー。
 
30代の頃は中南米の方たちとラテンディスコに繰り出しては、「中南米的クラブノリ」を楽しみつつも…あの楽しかった(当時大阪にあった)某ダンススポットはもう無くなったようで…
 
40代になった私は近頃やはり、お客さまがたとラテンスポットや音楽ライブに繰り出しております…できれば、私自身が高齢者になっても続けて行きたいですね。
 
某著名な占い師さんは、お客さまがたと山登りに行ってるらしいです。セキセイインコ黄
 

*    *    *

 

今月(2017年2月)の「音楽と踊りを楽しむ会」は、某土曜日にブラジル料理店を予定してるのですが、ご興味のある方はアビエルト までお問合せください。

また来月(2017年3月)は、某オールディーズバンド系のライブ鑑賞を予定しております。

(^^)/

(※これまでに1回でも、カウンセリングを受けられたお客様のみの限定となります。)

※また、カウンセリングのリピートの強要はいたしませんので、ご安心ください。

※入場料および個人でお支払いされる飲食代以外の料金は、一切かかりません。

※なお、こういったイベントの際に関しましてはカウンセリングは行いませんので、ご了承ください。

 

 

大阪でカウンセリングなら、アビエルト
アートセラピー 大阪市|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪市|アビエルト


テーマ:
 
本日は、家の近くの中古書店で映画DVD「ホリディ」を購入しました♪
 
脚本、監督ともにナンシー・メイヤーズさん(女性)となってるのですが。
 
本日観て…納得です。(結末ではない)女性の失恋話としては「あるあるな話!」と非常にナットクできますから。
( ;∀;)
 
(映画の中での)それらの失恋話は、カウンセリングではよく聴くような内容でもあるし、まるでそれらの悲しい体験をした女性にとっては「教訓的」でもありますね。
 
しかしながら、これはエンターテイメント(=映画)のラブピンクハートストーリーですから、やはり都合の良い展開ではあります…やっぱり映画はそうでなくっちゃ(笑)
 
 

テーマ:
 
本日、映画「恋は邪魔者」についてのブログ>>を書いてばかりではありますが。

 

(この映画にも出てくる)よくいるプレイボーイってあんな感じですねぇ(笑)

 

表面上とは全然(!?)違ってて、「ガチで本当の愛」を探してるところがありますねラブラブ

 

決して「完ぺきな女性」を探してる訳じゃないのよ…ノン・ノン。

 

女性のプレイガールだって同様なのだけど、口では「超面食い」って言ってたりすることもあるけど、「ガチで本当の愛」を探してるだけのこともあって。

 

その貧欲(どんよく)さが、ただただ半端じゃないだけ。

 

(その心のうちは、不真面目な部分と超真面な部分が裏腹なんだけど…仕事なども含めて。笑)

 

たとえて云うと…そうねぇ…女性はお目当ての物を探すために、必死になる時があるじゃないですか?

 

そんな感じで、彼らにとっての「本当の愛」を…ただただ探してるだけで…

 

決して「品定め」をしてる訳じゃないのです。

 

あえて云えば、「愛情深い人」が好きな傾向はあるかな?と。

 

私たちは、プレイボーイやプレイガールを目の前にすると、躍起(やっき)になるじゃないですか?

 

最初は彼らも、そういう私たちの態度が嬉しいこともあるかもしれない。

 
だけれども、そういう余裕のなさは…厳禁アセアセ
 
なんせ彼らは「とびっきりの愛」が好きなのだ。
 
そんな彼らを相手にする者にとっては、まるで「精神修行」のようですがね…(笑)…
 
 

テーマ:
 
 
年収1000万円以上をはじき出すトップ心理カウンセラーだったり、ベストセラー本を出すような成功者は、私から見ると「とても似てるなぁ。」と思うことがちょくちょくあるのですが。
 
◆傷つきやすい繊細な心、「愛されたい欲求」を持っている
 
あくまでも私から見ての印象ですが。割と「喜怒哀楽」は激しいですね。
 
でも、そこを公(おおやけ)には抑える(方が多い私の印象です。)がゆえの繊細な心を持っているんです…そうそう、そんな「豊かなる気持ち」を持ってるからこそ、「成功できる」といいますか。

 

また、自分の気持ちを抑えるぐらいに、「人からどう思われるか?」「愛されているか?」というのを非常に気にしているところがある印象は受けます。

 
だからして「愛されるためのサービス精神=お金になりますね。」がとにかくスゴい…なんて太っ腹なの~ラブラブ
 
◆空気を読まないところもある、むしろ全く読まない人さえいる(笑)

 

サービス精神がすごいが故に多くのファンを引き付けるし、「超スルドい方」もいらっしゃるのですが、「超、他者の空気を読むか?」といった視点で考えると、そこは違ってることも多々ありますねー。

 

それよりも、「あ、自分ってどう思われてるかな?=愛されたい気持ち」と感じることで、サービス精神が過剰でさえあったりもします。

 
まぁ、人というのはなんせ「人から何かをしてもらいたい依存的な生き物」でありますからネ…お金を払うなら、なおさら(笑)
 
しかしながら、相手の気持ちの空気を読みすぎると「お金を払ってもらってすみませんアセアセ」となりますから、ビッグマネーを得るには難しいといいますか。
 
(ヒントは、アメリカ現大統領のトランプ氏です。笑)
↑  ↑  ↑
繊細さと喜怒哀楽、サービス精神、空気を読まないところです

 

(あ、故フィデル・カストロも思いだしました…共産主義者だけど。笑)

 

 

大阪 心理カウンセリング |アビエルト
大阪 アートセラピー |アビエルト
大阪 キャリアカウンセリング|アビエルト


テーマ:
 
大・大・大好きな映画「恋は邪魔者」を通りすがりの中古DVD店で発見し、即購入しました♪

 

久々に観ますと、まさにこの映画に内容に、「80%位!?」そっくり当てはまる、かつての知人との出会いもあったりして、そういうところにも驚いたりして(笑)

 

DVDのパッケージにも書かれている内容でありますが、かつての知人もまさに大ベストセラー本を産みだしたのです。

 

(まぁ、カウンセラーなんていう仕事をしてますと、そういうことも起こりますね…そしてかつてのその知人はお客さまではないですよ

 

そしてまた、この映画の中での1960年代のアメリカの、「女にもっと自由を!」といった風潮と、日本でいう50代以上の女性の感覚とは、まぁまぁ価値が一致するとも思われます。
 
(もちろん…人にもよりますがネ。)
 
私自身は、この映画が表現している1960年代のシネマ的雰囲気やファッション、音楽のトリコではあるのですけどラブラブ
 
個人的にはユアン・マクレガー演じる男性の、クラシカルな男性のファッションが大好きキラキラ映画の中での彼はサイアク下矢印だけど、それでも超カッコイイわ~ピンクハート
 
 

テーマ:
 
昨年の12月より開始しました、非営利でのお客様とのライブ&お食事会(月1~2回)が早くも定着してきましたトロピカルカクテルそしてなおかつ、リーズナブルな料金のイベントをセレクトキラキラ

 

(現在のところ、来月の3月までは予定が確定。

 
現在のところ超少人数制になっていますが、このままの調子で参加ご希望のお客さまがどんどん増えていきますと、私自らミュージシャンを呼んでの音楽ライブを企画できるなーとも思ってきました。(あくまでも、私自身は非営利目的です…なのでこれは趣味ですねパンダ
 
また、(なんとなくでの夢ですが…)「ライブハウスを運営したい!」とも思っていたことがありますので、それに近いようなことができるかもしれない?と思っていますと、なんだか楽しくなってきました
 

*    *    *

 

今月(2017年2月)の「音楽と踊りを楽しむ会」は、某土曜日にブラジル料理店を予定してるのですが、ご興味のある方はアビエルト までお問合せください。

また来月(2017年3月)は、某オールディーズバンド系のライブ鑑賞を予定しております。

(^^)/

(※これまでに1回でも、カウンセリングを受けられたお客様のみの限定となります。)

※また、カウンセリングのリピートの強要はいたしませんので、ご安心ください。

※入場料および個人でお支払いされる飲食代以外の料金は、一切かかりません。

※なお、こういったイベントの際に関しましてはカウンセリングは行いませんので、ご了承ください。

 

 

大阪でカウンセリングなら、アビエルト
アートセラピー 大阪市|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪市中央区|アビエルト


テーマ:
 
ここ最近、久々に映画にハマっております…かれこれ、学生時代ぶりかとは思いますが。
 
30歳位の頃に、中国映画俳優のジェット・リー氏にハマってた時期はあったのですが。
 
しかしながら…あの頃は、「映画が観たい。」というよりは、「キャーピンクハートジェット・リー様ラブラブ」といった具合でしたねぇ(笑)
 
その後しばらくして、カウンセリングの修行に入り、映画そのものにひたる気分的余裕がまるでありませんでしたので…
 
当時の私にとっては、カウンセリングで学ぶ内容がとにかく刺激的すぎて、「もう…これ以上の刺激物(=映画)はイラないわアセアセな心境でございました。
 
ですが、カウンセリングの修行を終え、日々のカウンセリング業務にも慣れてきますと、「ああ、また映画が観たいラブラブ」な気持ちが再び、よみがえってきました音符
 
(カウンセリングの業務を始めた頃は、毎日カウンセリングで聴く話がまるで映画の様なので…「もう、映画観る必要ってある?」な想いさえあったんですけどね。)
 
*    *    *
 
今回観た映画は、キャメロン・ディアス主演の「イン・ハー・シューズ」です。
 
我が家の近くにはレンタルビデオ店がなく、なので私は家の近所の古書店で「パッと目に付いた中古の映画DVD」を時々購入するのですが。(1本、500円で購入です。)
 
今回の映画は、以前より観たかったものでも何でもなかったのですが、「思いのほか大当たりOKラブラブ」でした。
 
恋に、仕事に、友情に、家族愛に…いろんな面で心温まる「ハートフルな映画です…なので、この寒いシーズンにぜひおすすめ!
 
ぜひぜひこの映画を観て、「心をホット温かく」してくださいねピンクハート
 
この映画においては、「意外と、(映画の主役の)こういう女の子って、こういう仕事を選ぶわよね~。」なところも、大いになっとくしました…彼女のキャラの細かい設定や数々の行動とも、大いにかぶりますとも…ドンピシャすぎる位にです(笑)

 

 

大阪で心理カウンセリングなら、アビエルト
大阪 アートセラピー|アビエルト
大阪市 キャリアカウンセリング|アビエルト


テーマ:
 
本日、今年に入って初めての、お客さまがたと共に楽しむ「音楽と踊りを楽しむ会」を実施いたしました♪(今回は第3弾でした

 

今夜は、「音楽と踊りを楽しむ…」というよりは「ブラジル料理店でお食事を楽しむ会」だったんですけどね…(笑)…ですが、BGMでボサノバ(=ブラジル音楽)がかかっていたということで(笑)

 

お客さまからは、「初めて会った方と、こんなに色々話せるとは思いませんでした♪」な、主催者としては非常に嬉しい声をいただきました。

(^^)/

 

料金は非常にリーズナブルで(一人あたり2000~3000円以内位です。)、店主の方は非常にフレンドリーかつ、あたたかく、素敵なマダムで、お客さまともども「また、ぜひここに来ましょう!」と言っておりましたカナヘイハート

 

今回行けなかった人ともぜひ、そんな楽しみを分かち合いたいですね♪

 

また、日程によってご一緒するお客さま層は変わりますし、「内輪ノリ」にはなりませんので、ご安心ください。

 

(何故か不思議と、同じ日に同じ系統の方が集まる!などのことも起きてますよ…こちらとしては、あえて集めた訳でもないのですが。笑)

 

*    *    *

 

来月(2017年2月)の「音楽と踊りを楽しむ会」は、某金曜日あたりに(ぼちぼち予定を決めます)同じブラジル料理店を予定してるのですが、ご興味のある方はアビエルト までお問合せください。

(※これまでに1回でも、カウンセリングを受けられたお客様のみの限定となります。)

※また、カウンセリングのリピートの強要はいたしませんので、ご安心ください。

※入場料および個人でお支払いされる飲食代以外の料金は、一切かかりません。

※なお、こういったイベントの際に関しましてはカウンセリングは行いませんので、ご了承ください。

 

 

大阪市 心理カウンセリング|アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪|アビエルト


テーマ:
車の免許は持ってないけど…
ドライブにサイコーな
カペンターズのCD「NOW & THEN」
 
アメリカの新大統領、トランプ氏は「Make America Great Again!アメリカを再び偉大な国にしましょう!と繰り返し発言されている訳でありますが。
 
私個人的には今の時代よりあらゆるアメリカの文化が充実してた、自分自身の幼少期~青春期の「日本」が懐かしいです(笑)
 
TVのスイッチをオンすれば、今よりもアメリカのホームドラマやアニメであふれかえってましたし。
 
普通に(BSやCSでもなく)放映されてたMTVも懐かしいなー。
 
そして、かつてあったAMラジオの「百万人の英語」という番組が好きだったのですが。(英語教育番組でした。)
 
決して、英語というものが好きだった訳ではない…ですが、そこで流れるアメリカンポップスや、バイリンガルDJの軽快なトークが大好きでした♪
 
そして、ごくごく身近な雑貨屋であっても、アメリカンポップな小物が普通に売ってありましたね。(今も時々、少々マニアックな店に行けばありますが…買う訳でもないけど。笑)
 
…と…こんなノスタルジーにひたりつつも、私は決して「超アメリカに行きたい。」と望む訳でもない…あえていえば、Gloria Estefan(グロリア・エステファン)の音楽ライブに行くために、アメリカに行きたいこと位かしらん。(来日しないものーー。)
 
話は戻りまして、最近は日本において身近でそれらの「アメリカンカルチャー」を体験できることは少なったけど、私自身は心身ともに影響を受けてきたかとは思う。
 
ああ、青春の日々よ!(笑)

 

 

大阪市  カウンセリング|アビエルト
アートセラピー アビエルト|大阪
キャリアカウンセリング 大阪市 アビエルト


テーマ:

 

なたが愛する人や物事について考えてみましょう。

 

男性に尽くしたい?いやいや…仕事だったら頑張れるけど、男に尽くすのは違うかなぁ?」な考えもあるかとは思います(笑)

 

(幸せの形は、人それぞれでありますので♪)

 

とにかく、あなたが愛する人や事柄について、とことん向き合いましょう。

 

そして、人生を思いっきり楽しみましょう!

 

人によっては、仕事や具体的な趣味なんかじゃなくって、余暇の過ごし方なのかもしれませんね。

 

余暇はどんな風に過ごしたいですか?「あんまり働きたくないけど、ぜいたくな旅行とかしたいわね。」といった考えさえあるでしょう。

 

そんな場合は、そういうライフスタイルを一緒に送ってくれそうな高収入な彼を、なんとか探しましょう!(笑)

 

どこかしらで、「そんな価値観を持ったあなたを探している人」はきっといるのだから。

 

そこは、あなたが今存在している行動範囲ではないのかもしれません。

 

今あなたは、どこを中心に生活をしていますか?


まだ見ぬ、憧れの彼の行動範囲について妄想してみましょう。

 

彼はスポーツマン?文化系?お固い職業?

 

例)スポーツマンの場合
スポーツ観戦はしますか?(野球場なんかで出会う人もいますね。)

スポーツはしますか?または、乗り物が超好きですか?
(フットサルやバイクの趣味で出会う人がいます。車好きの女性は車系の展示会に足を運びますね☆)

 

例)とにかく彼の収入が気になる
そういった合コンに行くのもアリですね。

 

医療業界のお客様の声を聴くと、医師の方はバツイチ率が高いとか!(アラフォー以上の女性などにもチャンスです!)

 

そして、バツイチ、バツ2だからって「問題ある人」とも限らないので(…「問題がない」とも限りませんが…)そこはコミュニケーションを取ったうえでとことん見極めましょう。

 

(なには、毎回やっかいな方に出会ってしまい、なくなく離婚に至る方もいますから…。涙)

 

私の実感ですが、男性はそんなに年齢は気にしないですよ~。

 

なかには「20代女子に限る!」な40代男性などもいますが、意外と(本音では)少数派ですねぇ。

 

また、男性が若い女性を好むケースでは、見た目重視!な声もありますが、よくよく話を聴いていますと、容姿は意外と後付けみたいなもの?で、20代が相手じゃないと「自分が精神的に若いから、話が合わないから。」な本音なんかも見受けられますね。

 

(女性で年下男性にこだわる人も、そういうことでは、実は同様なのです。)

 

ちなみに私の(ずいぶん以前の)知人たちの話を持ち出しますと…

 

年上のお金持ちな男性に甘えてきた玉の輿志向の40代女性が、収入の低い20代後半の男性と初婚。

 

また、20代後半の男性が、婚約&同棲していた20代前半の彼女と別れ→同じ職場の40代女性と結婚!な例を知っていますから(笑)

 

その20代後半の男性なんて、過去は「僕の(婚約者の)彼女は、若いですから(笑)」と自慢の日々でしたから(!)

 

人の想いというものは、どう転ぶか解らないものだなーとは思います。

 

ただ、「お見合い登録」のようなものだと、やっぱり「他人同士の出会い」だから、年齢は見られるかもしれませんね?

 

しかしながら、実際に出会う場合だと(お肌などにおける見かけが)若ければOK!みたいなところもあります。

 

なかには世間体?を気にして「年齢が釣り合った人じゃないと…。」と考える人もいるかもしれませんが、そんな人といたって、決して居心地は良くないでしょう?(笑)

 

だからして「私の条件が悪いほど?」相手の心(=人の良さなど)が図れるというか…そんなところもありますね♪

 

 

大阪  カウンセリング|アビエルト
アートセラピー 大阪|アビエルト
キャリアカウンセリング 大阪 アビエルト