What's up かっちゅ? How's it goin' たっちゃん?

かっちゅ君とたっちゃんの成長記録・・・


テーマ:

アルガルヴェ旅行の4日目も勿論快晴太陽

 

この日は少し遠出をしてアルガルヴェ西部の中心地でもあるラゴス(Lagos)へ行ってみることにしました。

 

ラゴスはアルガルヴェ地方のかつての首都だった街で2000年の歴史があるそうです。エンリケ航海王子がアフリカ沿岸へ出発する小型帆船を用意させて葡国ポルトガル共和国の大航海時代が始まった街でもあります。

 

まず到着したのは、ラゴスの一番南の先端にあるポンタ・ダ・ピエダーデ岬(Ponta da Piedade)。ごつごつした褐色の岸壁や洞窟と透明度の高いエメラルドグリーンの海とのコントラストが美しい場所です。

 

↓見事なパノラマの風景。

 

↓複雑な形の岩で作られた海岸線。

 

岸壁は海水に侵食されてユニークな姿をしていて、地層がはっきり確認できます。

 

↓こちらは絵葉書などで有名な景色。

 

写真で観た景色だ!しゃきーんと、かっちゅ君も興奮気味でした。

 

我が家のお目当てはこの下から出発するボートでの周遊ツアーだったので、長い長い階段を下っていきます。階段

 

↓かなりの数の階段があります。

 

200段近い階段を下りて行くと、ボート乗り場がありました。

 

我が家の4名でボートを一隻占領できたので気兼ねなく見物できました。因みに1名15ユーロで合計60ユーロ也。

 

↓船頭のおじさん。

 

小さなボートで岩の間をくぐり抜けて海岸線を海から周っていきます。途中で岩のアーチをくぐったり、洞窟に入ったりもします。

 

周囲にはカヌーなどのウォータースポーツを楽しむ人がたくさんいましたが、船頭のおじさんは器用に避けながら進んでいきました。

 

↓岩のアーチ。

 

↓「煙突」と呼ばれる岩に出来た穴。

 

↓冒険心がくすぐられる洞窟。

 

↓海の色が綺麗なブルーに見える神秘的な洞窟。

 

↓涼しくて気持ちいい!

 

景色があまりに非日常なので、テーマパークのアトラクションに乗っている気がしてきます。気分はリアル「ディズニー・シー」です。

 

船頭のおじさんが、複雑な岩の中から様々なモノに似ている形を教えてくれました。

 

↓ラクダラクダ(断崖の先にある岩)。

 

↓壁にガイコツドクロ

 

↓ゾウミシッ

 

↓かっちゅ君とたっちゃんに一番ウケていた「タイタニックと氷山」。

 

↓複雑に入り組んだ断崖絶壁の合間にある小さなビーチ。

 

↓長い年月をかけて海水で削られた岩の形が独特。

 

↓船着場から見える景色。

 

岸壁や洞窟を満喫したので、行こうと思っていた洞窟ツアーは無しで良いかなという気になりました。

 

次に向かったのは、すぐ近くにあるビーチ「Praia do Camilo」。ここは先ほどのボートツアーで見かけました場所です。

 

↓砂浜へ行くには約200段の階段を下りますひゃ~・・・

 

アルガルヴェのビーチはどれも階段で下りないとアクセスできないようです・・・がーん

 

↓既にパラソルarnold palmer*がたくさん開いていました。

 

↓砂浜はそれほど広くないので、かなり密集率が高いです。

 

まだ7月なので、これでもマシなのでしょうが・・・。皆さん、あまり海には入らず、寝そべったり、日焼けしたり、本を読んだりしてくつろいでいました。

 

潮が引いている時は岩を伝って隣のビーチへも行けます。パパは歩いて周ってみました。

 

↓岩で遊ぶ2人。

 

3人は、ボートツアーの船頭のおじさんにシュノーケリングに最適と勧められた岩場へ向かいました。

 

↓浅くなっている場所には魚もいたようです。

 

ただ、すぐに寒くなったようで、2人はウェットスーツウェットスーツを着用しに戻りました。

 

↓かっちゅ君とママの準備が終わるのを待つ。

 

しばらくしてパパもママと交代で海へ向かいました。

 

↓自撮り。

 

↓海側からのビーチ。凄いパラソルの数です。

 

↓たっちゃんを回収するかっちゅ君。

 

かっちゅ君、たっちゃん、パパで一人一つずつ浮き輪を持っていきました。

 

↓かっちゅ君撮影のウニうに

 

↓プカプカするたっちゃん。

 

↓ボートで快適そう。

 

途中でパパは冷たさに耐えられなくなって岸へ向かいました。

 

↓いつまでも遊ぶ2人。

 

潮が満ちてきて、ビーチの面積が最初の3分の2ほどになった時点で退散しました。帰りの階段はかなりハードでした。ぇ

 

この日のディナーは、またカルヴォエロの町をブラブラして良さそうなレストランを探しました。そして辿り着いたのは「Casa do Bife」。食材を熱々の岩盤で焼くのがウリのステーキハウスです。

 

↓分厚いリブステーキステーキを前にして満足。

 

かっちゅ君はこれをペロリと平らげてしまいました。ペロリ

 

パパも同じものを食べましたが、2日目に行った「The Wolf Bar & Grill」の方が美味しかったかな。かっちゅ君とたっちゃんも味に関して同意見でしたが、自分で焼けるのが良かったそうです。

 

これにて4日目は終了。次はいよいよ最終日です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

かっちゅ君&たっちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。