What's up かっちゅ? How's it goin' たっちゃん?

かっちゅ君とたっちゃんの成長記録・・・

たっちゃんは9歳、かっちゅ君は12歳になりました。ひぇーびっくり

テーマ:

キャンプ3日目の朝は曇り気味。テントキャンプの表面を見ると朝露で濡れていました。

 

朝のコーヒーカップ1/紅茶ティーカップと軽い食事を取ったら、早速、子ども達はテニスコートやサッカー場へ出掛けました。パパ達も前日のサッカーサッカーボールとテニステニスで痛い体に鞭打って、少し遅れて向かいました。

 

サッカー場に到着すると前日も一緒にサッカーをした葡国ポルトガル少年がいたので、また一緒に試合をやりました。

 

↓おじさんに連日のマジ・サッカーはキツイ。

 

たっぷり1時間ほどサッカーをしたらもうヘトヘトですぇ。パパは更に数ヶ所、足の皮が剥けてしまいました痛い

 

一方の子ども達は元気一杯で、そのままプールプールへ行っていました。大人はプールサイドで水分補給と軽食を取りました。

 

その間にも元気な子ども達はテニスコートへ。かっちゅ君とたっちゃんはかなりテニスが気に入ったようです。

 

この日のランチはキャンプ場内のレストランで済ませることにしました。考えてみたら、キャンプ場へ到着してからゆっくりテーブルとイスで食事をするのは初めてです。

 

子ども達はさっさと食事を済ませたらゲームルームへ。

 

↓ビリヤードを楽しみました。

 

この後はテントの撤収作業が待っています。筋肉痛と足の痛みに悪戦苦闘しながら1時間ほどで作業は終了。荷物も全て車に乗り切って一安心寂笑

 

キャンプ場のチェックアウトをしたら、帰り道の途中にある水が温かいビーチ「Praia de Sao Torpes (サン・トルペス・ビーチ)」へ寄っていきました。

 

ここは昨年も訪れたビーチで、隣接する発電所が機械の冷却に海水を利用しているため周辺は水温が温かいのです。

 

↓遠浅のビーチ。

 

↓海側から見た発電所。

 

かっちゅ君とたっちゃんは早速、ボートを準備して繰り出して行きました。

 

↓かなり沖の方まで行っていました。

 

パパは足の皮がボロボロだったので海はパスしましたが、みんなの話では昨年ほどは温かくないということでした。

 

↓魚魚はたくさんいたようです。

 

↓シュノーケルスノーケルが楽しそう。

 

子ども達はもっと遊びたそうでしたが、日が暮れてきたので撤収となりました。

 

↓全体で記念撮影(になっていない)。

 

男子がふざけるのでなかなか撮れませんでした・・・汗

 

今回は初めてテントで2泊の家族キャンプを経験しましたが、ヘトヘトになりながらも盛りだくさんで充実していました(パパ的にはサッカーとテニスの疲労が予想外でしたが)。

 

かっちゅ君とたっちゃんはかなり楽しかったようです。これで葡国でのキャンプ収めかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

熟睡とまでは行かなくても、睡眠時間はそれなりに取れたキャンプ2日目の朝は爽やかでした(一部の大人は二日酔い)。

 

中央のスペースにボチボチと人が集まり始め、そこで朝のコーヒーカップ1や紅茶ティーカップをいただきます。男子は元気に朝から前夜の残りの肉を平らげていました。

 

↓ふーっ。朝一番のお茶は美味い。

 

朝食を済ませたら、男子組みとパパ組みはサッカーサッカーボール場へ向かいました。

 

キャンプ場には前日のプールとこのサッカー場以外にテニスコート、遊具のある公園、ゲームルーム等があり、ゲーム以外は全て無料です。素晴らしい。

 

途中から葡国ポルトガルの子ども達がやってきて、チーム戦をやることになりました。炎天下太陽でのサッカーでみんなヘトヘトです。

 

パパは頑張りすぎて、足の裏の皮が剥けてしまいました・・・痛い。靴下無しでスニーカーを履いていたのが原因です。

 

この後はランチを食べるために一旦、サイトに戻りました。メニューは昨夜の残りの豚肉と野菜をバンズに挟んだポークバーガーハンバーガー。これは美味い。

 

↓食後は男子テントでトランプとらんぷ

 

少し休憩したら、汗を流しにプールプールへ。

 

↓プールはそれなりの人出。

 

日差しが強いとはいえ気温はそれほど高くないので、子ども達は体が冷えてすぐに出てきてラケットを持って隣接するテニスコートへ行きました。

 

↓かっちゅ君は久々のテニステニス

 

↓たっちゃん、ナイスプレイ!

 

ママもやりました。そしてちょっと覗くだけのつもりが、結局パパもテニスに参加することに。

 

久しぶりのテニスをたっぷり2時間やってしまってクタクタですつかれた

 

この日のディナーは、キャンプ場内にある肉屋とミニスーパーで買物をして、またまたBBQバーベキューです。

 

↓男子が焼き係炎

 

パパ達は横でビールタイでビールを飲みながらアドバイスをしました。

 

運動をたっぷりした子ども達はとにかく食べます。大量に買い込んだ食材があっという間になくなってしまいました。

 

ひと通り食べたらスイカ割りスイカ割り企画です。紙で視界を無くした水泳ゴーグルゴーグルを装着して、スイカを探し求めます。年齢の低い順番から行いました。

 

↓お互いの足を引っ張る男子。

 

↓かっちゅ君はわずかにオーバー。

 

結局、女子がスイカを割ることに成功しました。パチパチ

 

↓なんだか痛々しい。

 

もちろんスイカは美味しくいただきましたすいか

 

この日も当然ながら日が暮れた後も宴会乾杯が続きました。

 

↓かなりのハイテンション。

 

ただし前日の疲れがあったからか、早めのお開きとなりました(と言っても日付は変わっていましたが)。

 

これにてキャンプ2日目は終了。Good-night

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も補習校の4家族と一緒に2泊3日のキャンプキャンプへ出掛けました。

 

途中のサービスエリアで合流してランチを食べてから、みんなで連なって現地へ向かいました。

 

訪れたキャンプ場は昨年よりも少し南下して、アレンテージョ地方でもアルガルヴェに近い「Vila Nova de Milfontes」というキャンプ場です。

 

キャンプ場に到着したのは午後3時過ぎ。チェックインを済ませたら、スタッフに確認して場所を決めます。

 

キャンプ場内には大きいテントが並んでいるので、最初に見た時はまるで難民キャンプのようだと思ってしまいました・・・汗

 

↓テントで溢れていました。

 

我々が利用したのは区画等が特に定められていないフリースペースです。場所が決まったら、早速テントの設置です。


↓約1時間で全て設置完了。焦

 

テント4つと中央スペースにイスやテーブルというサイトのレイアウトでした。

 

かっちゅ君とたっちゃんは友達と一緒にリビングと3つの寝室がある6人用テント(青)を男子専用にしました。

 

パパとママは日本から持参したテント(緑&ベージュ)を使って、もう一夫婦と同室です。

 

子どもは汗を流しにプールプールへ。その間、パパ達は夕食のBBQバーベキューの用意をします。ママ達はサラダやさいサラダ担当です。

 

↓ソーセージソーセージとピーマンピーマンの丸焼き。

 

パパ達は自家製ビールタイでビールを堪能しながらの焼き係です。

 

↓早く食べたい!

 

↓海に太陽が沈む・・・日没

 

我々のサイトはキャンプ場の端にあって海風を遮るものがなかったため、日が暮れると急激に冷えます。予想以上の寒さでダウンを着ても良いぐらいで、パパは寝袋に包まって寒さを凌ぎました寒い

 

とは言え、帰りの運転を気にせずにお酒が飲めるのは楽しいですね。

 

子ども達はテントの中でトランプとらんぷやUNOUNOを楽しんでいました。

 

そして子ども達を寝かした後も大人の宴は続きました(ご近所のキャンパーには迷惑だったかも?)。

 

これにてキャンプ1日目は終了。Good-night

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

気付けば、パパが葡国ポルトガルに赴任してから丸々2年間が経ちました。

 

1年目と比べると、やはり2年目はあっという間に過ぎた感覚があります。2周目になると慣れてくるので、楽になった分、新鮮さが無くなったのも確かです。

 

任期の残り一年は公私共に十分に楽しみたいと思います。

 

今年初めに書いた備忘録を見返すと、やりたいこと/行きたい場所がまだたくさんあります・・・汗

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かっちゅ君とたっちゃんは今年も昨年と同じサーフィン・スクールサーフィンへ一週間通うことにしました。

 

実は2人共、既に6月に1日だけスクールへ行って「導入コース」の卒業証書をいただいたので、今年のサーフィンは2回目。

 

場所はお馴染みのカルカベロス。かっちゅ君の年齢になると本来は別のビーチへ行くようですが、今回は兄弟で一緒に練習できるようにお願いしました。

 

↓かっちゅ君は最年長。

 

自分のウェットスーツ持参で参加しました。

 

たっちゃんも今年2回目、昨年も入れたら4回目なので常連です。

 

↓今回は友達と3人で参加。サーフィン


 
友達はサーフィン初体験でしたが、すぐに慣れたとのこと。

 

↓みんな真剣です。

 

↓サーフィンの合間の遊びも楽しそう。

 

かっちゅ君とたっちゃんは既にボードの上に立てますが、自力でパドルして波乗り出来るようになったらしいです。サーフィン

 

↓左がかっちゅ君、右がたっちゃん。

 

2人の会話を聞いていると「やっぱり波を読まないと~」や「良い波は~」云々と、何やら本格的な内容でした。

 

↓スクールが終わった後はアイスァィスを買います。

 

これも楽しみの一つです。

 

5日間、炎天下で朝9時から夕方5時までサーフィンをしたので2人共、真っ黒まっくろけになりました。インストラクターの薦めでサーファー用の日焼け止めも購入したのですが、葡国の陽射しは強烈なので日焼けしてしまいます。

 

そして2枚目の「導入コース」卒業証書をいただきました。

 

かっちゅ君とたっちゃんはとても楽しかったようで、8月末にもまた一週間スクールに参加する予定です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ママが仕入れてきた情報を元に、夕食がてら「エストリル国際手工芸品フェア」(FIARTIL: Feira Internacional de Artesanato do Estoril)へ行ってきました。

 

このイベントは国内外の手工芸品を展示・販売するもので、40年以上も定期的に開催されているそうです。最近は夏に開催されているようで、今年は6月末から9月頭まで毎日やっています。

 

↓屋外会場の入口。

 

入場料は1人1ユーロ。10歳以下は無料です。寂笑

 

↓ライトアップで幻想的な会場内。

 

↓会場内には出店が並びます。

 

革細工や宝石、コルクや陶器もありました。その場で制作を実演している職人もいました。

 

ブラブラした後、お腹が空いたのでチュロスを買いました。

 

↓美味い!ペロリ

 

21時を過ぎると音楽演奏が始まります。

 

更に出店を物色した後、遅めのディナーを取ることにしました。

 

かっちゅ君とパパは「HotDog Cascais」。葡国ポルトガルでホットドッグ?と意外性に惹かれて買ってみました。

 

↓ホットドッグ。

(写真を撮り忘れたので公式ページより)

 

小さい揚げポテトが贅沢に乗せられているのが特徴です。

 

たっちゃんは初めてハンバーガーに挑戦してみました。トマト抜きだったので美味しかったようです。

 

↓たっちゃんとかっちゅ君のポテト比べ。

 

たっちゃんの勝ち!しゃきーん

 

イベントは0時までやっていますが、22時過ぎには退散しました。

 

FIARTILは9月3日まで開催しています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アルガルヴェ旅行から戻ったら、空手押忍の練習にまた通い始めました。

 

たっちゃんが待ちに待っていた空手着も無事に届きました。

 

週末の特別練習は、先生のご厚意でかっちゅ君とたっちゃんの2人で行われます。

 

↓ボールを使った準備運動。

 

↓前蹴りの練習。空手

 

↓中段突き。空手

 

↓下段払い。空手

 

先生と3人だと非常に内容の濃い練習をすることが出来て、また個別にアドバイスを貰えるのがありがたいですね。

 

先生は褒め上手なので、2人もモチベーションが高いです。

 

新学期で課外活動の空手が再開されるまでに少しでも上達して、次へ昇級するのが2人の目標です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アルガルヴェ旅行で不在の間、レックスコーギー トライカラーはいつものドッグホテルでお世話になりました。

 

迎えに行った時は奥の小屋で昼寝をしていたようで、パパとママの顔を発見すると、寝ぼけ気味で出てきました。

 

↓待ってたよ!

 

一週間ぶりの再会です。

 

自宅に戻ったレックスはお風呂に入った後、かっちゅ君とたっちゃんに少し遊んで貰って、大好きなクロワッサンクロワッサンを食べたりして過ごしました。

 

↓その後はゆっくりとお休み。

 

そこはママとパパのベッドなんですが・・・汗

でもようやく安心して休みたようですね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アルガルヴェ旅行もいよいよ最終日。天気はいつもの快晴太陽

 

この日は午後からスキューバダイビングの体験をする予定でしたが、インストラクターの都合でひょっとしたらキャンセルになるかもしれないという状況でした。

 

体験ダイブは10歳以上からなので、残念ながら、たっちゃんはママと待機することに。プールでの体験だけならOKと言われましたが、たっちゃんはプールのみは嫌だと断りました。

 

朝食を取っている時に電話があり、午前中のキャンセルが出たので急遽プールでの練習は午前中に出来ることになりました。

 

チェックアウトの準備はママとたっちゃんに任せて、かっちゅ君とパパは急いで準備をしてホテルの隣接したダイビングスクールへ向かいます。

 

↓今回お世話になったダイビングスクール。

 

クラスは嬉しいことに、かっちゅ君とパパのプライベートレッスンでした。

 

インストラクターからダイビングに必要な基本知識の簡単な講義を受けたら、ウェットスーツドライスーツ(いてまえ☆1421モデル)に着替えてプールでの実習です。

 

↓屋外プールでの練習が始まります。

 

タンクやフル器材タンクを実際に身に付けての実習です。

 

↓気になって一緒にプールに入るたっちゃん。

 

講義で学んだ事を水中で実習します。まずは足が立つ所での水慣れから始め、マスクスノーケルやフィンフィンをつけて泳ぎ回わります。

 

耳抜きやゴーグルのクリア(水出し)など、かっちゅ君は上手に出来ていました。

 

ランチをはさんで、午後からはいよいよ海でのダイブです。

 

↓たっちゃんとママはプールサイドなどで待機。

 

ダイビングの出発場所は、ホテルの前の「Praia do Vale Covo」。

 

↓かっちゅ君はちょっと緊張気味。

 

パパも最後にダイビングをしたのがかっちゅ君がまだ生まれる前だったので、感覚が戻るまでは少し緊張しました。

 

↓岩陰からママが撮ってくれました。

 

↓海側から見たホテル。

 

↓ダイビング・スポットまで移動中。

 

インストラクターがかっちゅ君を引っ張ってくれました。

 

潜水地点に到着したら、いよいよ水中へダイビング。最初は少し戸惑っていましたが、少ししたらかっちゅ君は慣れたようです。

 

体験ダイブとは言え自力で泳ぐので、かっちゅ君は付いていくのに一生懸命でした。

 

↓頑張って泳いでいるかっちゅ君。

 

入り江から出ると海流があるので水の透明度が上がります。

 

↓魚魚を発見!

 

↓ウニうにもいました。

 

↓かっちゅ君はたまにパパを探していました。

 

予定ではもう少し沖まで行くことになっていましたが、かっちゅ君の酸素量が少なくなってきたので、ポイントまで行かずに引き返すことになりました。

 

↓かっちゅ君は軽いので沈むのが大変。

 

後でインストラクターに聞いたら、かっちゅ君は「体の大きさの割に酸素の消費が激しい!」とのこと。かっちゅ君によると、緊張して激しく呼吸したのが原因だったようです。

 

そして最後に試練が待ち受けていました。インストラクターのミスで、戻る海岸から大分離れた位置で海面に上がってしまい、残りの距離は泳ぐことに。

 

結局、30分ぐらい海面で泳いだのでかなり疲れました。ぇ

 

初めてのダイビング体験を終えてかっちゅ君にどうだったか聞くと、楽しかったけれど色々と心配で大変だったそうです。でもまたやりたいと言っていたので良かったと思います。

 

ただ、かなり疲れるのでダイビングは最終日ではなくて早めの日にやれば良かったですね。

 

↓プールサイドでフルーツ・スムージーストロベリースムージーを飲んで休憩。

 

↓5階のカフェでくつろぐ。

 

充電したら、アルガルヴェともお別れです。そして帰りはまた約3時間のドライブ。

 

↓4月25日橋を渡ると、戻って来たと感じます。

 

頑張れば日帰りも可能なので、機会があればまたアルガルヴェを訪れたいと思います。ママ的には心残りのビーチもあったようですし。

 

それにしても、アルガルヴェと比べるとカスカイスは涼しくて過ごしやすい気候だなと改めて感じました寂笑。逆に海に入るには寒すぎです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アルガルヴェ旅行の4日目も勿論快晴太陽

 

この日は少し遠出をしてアルガルヴェ西部の中心地でもあるラゴス(Lagos)へ行ってみることにしました。

 

ラゴスはアルガルヴェ地方のかつての首都だった街で2000年の歴史があるそうです。エンリケ航海王子がアフリカ沿岸へ出発する小型帆船を用意させて葡国ポルトガル共和国の大航海時代が始まった街でもあります。

 

まず到着したのは、ラゴスの一番南の先端にあるポンタ・ダ・ピエダーデ岬(Ponta da Piedade)。ごつごつした褐色の岸壁や洞窟と透明度の高いエメラルドグリーンの海とのコントラストが美しい場所です。

 

↓見事なパノラマの風景。

 

↓複雑な形の岩で作られた海岸線。

 

岸壁は海水に侵食されてユニークな姿をしていて、地層がはっきり確認できます。

 

↓こちらは絵葉書などで有名な景色。

 

写真で観た景色だ!しゃきーんと、かっちゅ君も興奮気味でした。

 

我が家のお目当てはこの下から出発するボートでの周遊ツアーだったので、長い長い階段を下っていきます。階段

 

↓かなりの数の階段があります。

 

200段近い階段を下りて行くと、ボート乗り場がありました。

 

我が家の4名でボートを一隻占領できたので気兼ねなく見物できました。因みに1名15ユーロで合計60ユーロ也。

 

↓船頭のおじさん。

 

小さなボートで岩の間をくぐり抜けて海岸線を海から周っていきます。途中で岩のアーチをくぐったり、洞窟に入ったりもします。

 

周囲にはカヌーなどのウォータースポーツを楽しむ人がたくさんいましたが、船頭のおじさんは器用に避けながら進んでいきました。

 

↓岩のアーチ。

 

↓「煙突」と呼ばれる岩に出来た穴。

 

↓冒険心がくすぐられる洞窟。

 

↓海の色が綺麗なブルーに見える神秘的な洞窟。

 

↓涼しくて気持ちいい!

 

景色があまりに非日常なので、テーマパークのアトラクションに乗っている気がしてきます。気分はリアル「ディズニー・シー」です。

 

船頭のおじさんが、複雑な岩の中から様々なモノに似ている形を教えてくれました。

 

↓ラクダラクダ(断崖の先にある岩)。

 

↓壁にガイコツドクロ

 

↓ゾウミシッ

 

↓かっちゅ君とたっちゃんに一番ウケていた「タイタニックと氷山」。

 

↓複雑に入り組んだ断崖絶壁の合間にある小さなビーチ。

 

↓長い年月をかけて海水で削られた岩の形が独特。

 

↓船着場から見える景色。

 

岸壁や洞窟を満喫したので、行こうと思っていた洞窟ツアーは無しで良いかなという気になりました。

 

次に向かったのは、すぐ近くにあるビーチ「Praia do Camilo」。ここは先ほどのボートツアーで見かけました場所です。

 

↓砂浜へ行くには約200段の階段を下りますひゃ~・・・

 

アルガルヴェのビーチはどれも階段で下りないとアクセスできないようです・・・がーん

 

↓既にパラソルarnold palmer*がたくさん開いていました。

 

↓砂浜はそれほど広くないので、かなり密集率が高いです。

 

まだ7月なので、これでもマシなのでしょうが・・・。皆さん、あまり海には入らず、寝そべったり、日焼けしたり、本を読んだりしてくつろいでいました。

 

潮が引いている時は岩を伝って隣のビーチへも行けます。パパは歩いて周ってみました。

 

↓岩で遊ぶ2人。

 

3人は、ボートツアーの船頭のおじさんにシュノーケリングに最適と勧められた岩場へ向かいました。

 

↓浅くなっている場所には魚もいたようです。

 

ただ、すぐに寒くなったようで、2人はウェットスーツウェットスーツを着用しに戻りました。

 

↓かっちゅ君とママの準備が終わるのを待つ。

 

しばらくしてパパもママと交代で海へ向かいました。

 

↓自撮り。

 

↓海側からのビーチ。凄いパラソルの数です。

 

↓たっちゃんを回収するかっちゅ君。

 

かっちゅ君、たっちゃん、パパで一人一つずつ浮き輪を持っていきました。

 

↓かっちゅ君撮影のウニうに

 

↓プカプカするたっちゃん。

 

↓ボートで快適そう。

 

途中でパパは冷たさに耐えられなくなって岸へ向かいました。

 

↓いつまでも遊ぶ2人。

 

潮が満ちてきて、ビーチの面積が最初の3分の2ほどになった時点で退散しました。帰りの階段はかなりハードでした。ぇ

 

この日のディナーは、またカルヴォエロの町をブラブラして良さそうなレストランを探しました。そして辿り着いたのは「Casa do Bife」。食材を熱々の岩盤で焼くのがウリのステーキハウスです。

 

↓分厚いリブステーキステーキを前にして満足。

 

かっちゅ君はこれをペロリと平らげてしまいました。ペロリ

 

パパも同じものを食べましたが、2日目に行った「The Wolf Bar & Grill」の方が美味しかったかな。かっちゅ君とたっちゃんも味に関して同意見でしたが、自分で焼けるのが良かったそうです。

 

これにて4日目は終了。次はいよいよ最終日です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。