夜釣り人

夜釣り人 葛城修平のブログ

夜釣りでは、ヘッドライトで海を照らさないようにしましょう。


過去の釣り日記と料理篇、釣り以外のことは、山と海
でどうぞ。




メバルカップ
休止中


テーマ:

先週末は、久々にメバルが食いたいという思いが強く、また、仕事が終わった時間から遠方まで走る気力が残ってなかったこともあり、近場の釣り場にお出かけでした。

 

天気予報どおり北の風、7mくらいかな・・・

浜は波が押し寄せ、テトラもまたサラシが出来てます。

 

サラシの中でも、波の落ち着くポイントがあれば何とかなるんですが、この時期の風波のサラシはよろしくない。

 

ビュービュー風の中で我慢しつつ、1ヒロ半・2ヒロ・2ヒロ半・3ヒロと徐々にタナを下げていき、何とかアタリを拾って20ちょいのメバルをゲットしたものの、とにかくアタリが遠い。

せめて波がおさまれば、テトラ際で誘い出し作戦も出来るのだけど。

 

早々に切り上げ、浜に打ち上げられたメバルならぬメカブをひとつ拾って帰ることにしました。

 

気温は2度。

防寒着脱いで車に乗ると、風がピタリと止んでます。なんでやねん??

はぁ・・・とため息をついて思い出した。

 

そういや、ワカメ拾う頃って、数釣りの経験がないぞ?

過去の記憶がよみがえる。

次のシーズンはほかの魚にしよ。(覚えてるかな?)

 

さて、翌日は週末料理人。

メカブ丼だけじゃ面白くない。

 

裏庭のダイダイを取ってきました。

 

絞ります

 

2個で果汁80ccくらいありました。

これに、酢を40cc追加

醤油150cc 

ここで必須:南紀に行ったら買ってくる、田辺の「てんおー醤油」がいい仕事します。

あとは昆布と鰹節を投入して冷蔵庫で出汁が出るのを待つだけ。

 

ゆでたワカメにかけてみたら、さっぱりしたドレッシングみたい。

こりゃええわ。

 

鍋のネタがあれば良かったんやけどね~。:゚(。ノω\。)゚・。 ウワァーン

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しくメバルを釣ってない・・・と言うか、食ってない。

そろそろ産院から出て回復したのが拾えるかな?と、青イソメ1パック持って出かけようとしたら、北西風ビュービュー。

 

こりゃいかん!

ってことで、風裏になる紀北の釣り場へ行き先変更しまして、いつの間にか有料になった駐車場に車を止めて、テクテクテクテク・・・遊歩道を歩いて岩場に出ます。

 

風は回り込んできているものの、何とか釣りになりそう。

アオイソメを刺して、まずはちょいと竿先へ。

これで釣れれば儲けもんですが、何のあたりもないまま磯岩へ寄ってくる。

ピックアップしようとしたら、何かが触る気配があり、一瞬ためらって挙動不審のアオイソメを演出したら、ハリのチモトで切られた餌が戻ってきました。

フグじゃないような感じ?

もう一回同じところを流してみると、スコン!とウキが入り、23cmほどのガシラをゲット。

続くかなと思ったけど、お仲間さんは居ないみたいで、遠投に切り替えます。

沖の底でちょいと小ぶりなガシラ追加できたものの、本命が来ない。

 

移動するか?

と、思ってると、この寒い中に釣り人参戦。

メバリンガーだろうと思って仕掛け作りを遠目で見てると、電気ウキがブラブラしてます。

ほう、メバル師かいな。エビ撒きでも始めるんだろうか?

磯際からおびき出して釣るにはええとこやしね~

 

って、おいおい、30mほどウキが飛んでいきましたがな!

 

どうやらお仲間さん?

知ってる人かもと、移動のついでに声をかけましたが、知らん若者でした。

 

移動後、浅場でメバル(らしき泳ぐ魚)をかけましたが、シモリ越えで掛けてばらしました・・・

 

竿を仕舞っていると、先ほどの釣り人にお連れの方が加わり、その後どうでっか?と聞いてこられます。

浅場でメバルっぽいの居りましたわ。と会話を交わしました。

 

いや・・・

釣り方は完全にメバルんるんですやん?

支持者が増えるのは、ものごっつうれしいんです。

でもね・・・

私の背中には、でっかく名前は入ってますねん。

あの名刊誌がなくなってそろそろ一年。

私を知る人も居なくなっていくのは寂しい気がしますねんけどね。えーん

 

さ~て、気を取り直して、今週末は行きまっせ。

 

今週こそHGの泉南メバル。

って、また風向きが悪そうでんな。

 

それなら、いつもの浅場で白子パンパングレ狙い?

うーんそれとも、メバルもグレも狙える場所に行く?

 

3択で悩んでおります。

この時間が一番楽しいね~

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

北西風の吹く冬場、引出の一つになりつつあった徳島の釣り場。

 

型も数も欲張れないが、大神子ではコンスタントに釣れる事がわかってきた。

 

一方、初回1匹

二回目、数匹

という、想像とはかけ離れた釣果となっている鳴門界隈。

今回は、激流、ゴロタ、水たまり・・・と、普通のウキ釣りで狙う場所を除外して、一晩かけてあちこち回ってみた。

 

まずは、激流ポイント。

激流のヨレに流し込めば、ガツーン!と竿をひったくってくれそうな期待があったが、反転流に乗せてグルグル仕掛けをまわしても、何の反応もない。

シラス漁真っ盛りで、魚がシラスについておるのか??

 

続いて激流ポイント脇のゴロタ浜に向かうが、沖からのうねりが入って白波がたっている。

波のないところを流してみるが、生命反応なし。

 

次は浜から突き出た突堤。

先端はかつての構造物が台風で破壊された?のか、残骸が岩とともに沈むロケーション。

根魚にはおあつらえ向きのイメージだけに、攻められ続けているポイントだろう。

普段狙われてなさそうな沖を中心に探るが、ここでも生命反応なし。

 

この先のゴロタも良さそうだが、今日の感触では同じ状況だろう・・・

 

次は、昨年何匹か拾ったゴロタ浜。

まだ海藻がほとんどないからか、ここでも何のアタリもない。

底をズルズルしたら、ミニガシラくらい釣れても良さそうなのに???

 

じゃ、海藻の茂るポイントなら?と、うちの海へと移動。

ホンダワラの横、ちょっと沖の駆け上がり、小磯・・・と餌を届けるがまったく反応なし。

試しにライトをつけてみたら、海藻脇に逃げ隠れする小魚さえ見えません。

 

最後は、うちの海の水門。

ここでも無反応でしたが、ライトの先には20㎝程のセイゴ?が数匹確認できました。

あとは、アマモの林でミニメバルなら当たるかもとやってみましたが、ここでも何もなし。

 

一晩みっちりやって、歯ぎしりして膨れるメバルが二匹だけでした・・・

 

時期的な問題か、それとも的が外れてるのか?

う~ん・・・狙ったポイントは間違ってないと思うのですけどね。

 

鳴門のメバル、手ごわいぞ?

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。