滝尾神社へ

テーマ:











今日は初詣に行って来ました‼

いつも行ってる日光でしたが、滝尾神社は凄く空いてて良かったですw

逆にメインの二社一寺は混んでて凹みそうでした‼
でも満足な初詣になりました。
AD
久々に寺社仏閣を書いてみたいと思いブログを書き込んで見ました。

今回の神社は滝尾神社。

自分が大好きな場所です。

場所は日光。

日光というと、結構2社1寺を連想されることが多いと思いますが

2社1寺の奥にあります、神社です。

本来の日光はこちらという由緒正しい神社です。

$かっちゃんの日記-滝尾神社1

神社の前には、白糸の滝がありそこで身を清めて。

$かっちゃんの日記-滝尾神社1

階段を上がって行くとこちらが運試しの鳥居が・・・・・

$かっちゃんの日記-滝尾神社1
$かっちゃんの日記-滝尾神社1

拡大するとこんな感じ。

$かっちゃんの日記-滝尾神社1
$かっちゃんの日記-滝尾神社1

いつもここで3個石を投げて入った数で運気が分かるという鳥居なのですが

今回は3回中1回入りメッチャ嬉しかったです。

中々入らないんですよね。

$かっちゃんの日記-滝尾神社1

境内の中はこんな感じ。


$かっちゃんの日記-滝尾神社1

$かっちゃんの日記-滝尾神社1

$かっちゃんの日記-滝尾神社1
$かっちゃんの日記-滝尾神社1

そして 田ごり姫にお参りしまして

$かっちゃんの日記-滝尾神社1

$かっちゃんの日記-滝尾神社1

滝尾3本杉の神様にお参りしましてきました。

$かっちゃんの日記-滝尾神社1

こちらは初代の3本杉の倒木ですが1700年代に倒れたまま、ご神木という事でそのままにしておりました。

そこからは新しい幹が生えてきており、生命の偉大さに心打たれました。

今回は、本当に雨が凄かったのですが

逆に、すがすがしい気持ちにさせて頂いた感じでありがたかったです。

また来たいと思いブログにも載せてみました。

AD

古峰ヶ原の高原です

テーマ:


栃木県の鹿沼市にあります、古峰ヶ原の山にある巨石です。


ここで、日光を開山した勝道上人が修行した場所です。


石が凄くでかく。


こんな所にと思う場所にあります。


三枚石の由来は簡単に説明しますと


修行を石の上でしていたのですが


修行三昧の三昧からと三枚の石が重なって


三枚石という名前になったという事です。


かっちゃんの日記-古峰ヶ原


なかなか、気持ちいい天気でまた行きたいと思った場所でもあります。



室の八嶋の写真です。

テーマ:

先日、梅雨の晴れ間を利用して、自転車で宇都宮から栃木までのんびりと


サイクリングに行ってきました。


所要時間は約2時間半。


のんびりとサイクリングロ-ドを走ると


栃木市の北はずれにあります大神神社が見えてきました。


こちらは、惣社といわれている、栃木県の中でかなり古い神社です。


かっちゃんの日記-大神神社・EP1

かっちゃんの日記-大神神社・EP1


その中で、境内にあります室の八嶋。


古来より歌枕の地名として有名な場所と本に載っていたので


来て見ましたが、凄く綺麗な場所でした。


8つの小島からなる場所ですが各小島には小さいお堂が建っています。


一説によると、こちらの水が霧で立ちこめることがあり


凄く神秘的に見えたから等など。


水は凄く透明度が高い状態が保たれているので


水面から景色が反射して見える感じが癒されました。

かっちゃんの日記-大神神社・EP1

かっちゃんの日記-大神神社・EP1

かっちゃんの日記-大神神社・EP1


なかなか綺麗な場所だなと思い、また来たいと思った場所です。


芳賀安住神社の巻(2)

テーマ:

ひさびさの日記です。


かなり、日伸びしてしまいましたが、前回の更新からかなり自転車を活用しています。


そんな中で、日々自転車に乗りまくっている自分ですが。


前回の芳賀安住神社の続きを書かないと先に進めないと思ったので日記を書きます。


この前・・・前回は参道の所まででしたが


今回はここから境内の中をと思います。


かっちゃんの日記-芳賀安住神社(2)


長い境内の間には、赤い二の鳥居が。


かっちゃんの日記-芳賀安住神社(2)


そして、境内には厳かに木々に囲まれた本殿がありました。


案内板にはこの様に。


724年・神護元年 この地に芳賀郡の一宮として出来たのが由来とされています。


と書かれておりました。


そして、ここには栃木の名木100選に選ばれているケヤキの木が大きく繁っていました。


ここに立ちますと、本当に別世界に来たな~~と思ってしまいました。


かっちゃんの日記-芳賀安住神社(2)


かっちゃんの日記-芳賀安住神社(2)


その後、偶然ここの神社の方にお話を頂き、穢れの意味と元気の意味を


分かりやすくお話して頂き、お茶も頂いてあっという間に時間が過ぎていきました。


ケヤキの木も多くあったそうなのですが、ここの神社も含めて、太平洋戦争後


各地の神社では当時米軍がきて、神社の木を伐採するのではないかという話が出


ここの神社も木という木は伐採してしまったとの事。


今生い茂っている木々は戦後の事という事でした。


その時代には大変だったのだなと思いつつも自分自身にも勉強と勇気を貰った気がします。


実際いろいろなお話が聞けてよかったです。この場をお借りしありがとうございます。


神社の方にはお礼を申し上げ、帰ろうと思ったら


自転車がパンク状態に。


自転車のパンクを直しつつ、早めに帰ろうと思い空気圧が低いので


ゆっくりとのんびりと家路に帰りました。


後日談ですが、パンクの修理は大分上達してきました。


パンクは日常茶飯事だなと思いました。

芳賀安住神社の巻(1)

テーマ:

台風が来る前の一昨日の土曜日、宇都宮市の真横にあります


芳賀町の安住神社に行ってきました。


芳賀町はHONDAの工場がある、HONDAの街といっても過言でもない町ですが


他にも、ユニリ-バの工場があったりするので


宇都宮市の東部の工場地帯という立地に芳賀町はあります。


以前、車で工業地帯を走らせていた時芳賀安住神社の看板があり


今度行ってみたいと思いつつ引き伸ばしてみましたが


今回来てみたのは自宅から程よい距離の所にあり


これから自転車の練習の目標地点にいいのではという思いから


一度来てみようと思い、一昨日来てみました。


約30分くらいで芳賀安住神社に着くことが出来ました。


安住神社はあと、ここの芳賀町の他に高根沢町のところにもありますが


第1印象についてはこちらは緑に包まれているなといった感じでしょうか。


かっちゃんの日記-芳賀安住神社(1)


かっちゃんの日記-芳賀安住神社(1)


かっちゃんの日記-芳賀安住神社(1)


かっちゃんの日記-芳賀安住神社(1)


参道も長く、気持ちよくそしてどんな所だろうと思いつつ


参拝に向いました。


明日から作業所が始まるので


ここら辺でまた続きは明日以降にしたいと思います。


日光に行ってきました(6)

テーマ:

今回で、日光の話題は終了です。


なかなか、雪も深いので雪解けを


待ってのんびりとまた日光に行きたいなと思います。


今回は、前回の滝尾神社を後にして


ひたすら、史跡散策路を日光市内に向けて


歩いていきました。


日光の史跡散策路は2種類あります。


そのうちの、山内の散策路です。


約、1時間から2時間くらい。


この時期は、スニ-カ-や軽装は厳禁です。


結構、雪が深いということもあります。


話は長くなりましたが、こちらの切り株は雷が落ちたのかなと


思わせる、切り込みが深い杉の木です。


以前、友達のI君に教えられて、両手を手に添えてみると


POWERが感じられるよって。教えてもらいました。


なので、自分もチャレンジ。


実際、切り株に両手を添えると凄く暖かい。


木の神様に触れてるのか??


でも、凄く暖かかったです。


かっちゃんの日記-日光7


散策路はこんな感じ。


本来、石畳が見えるのですが


もう雪で覆われてます。


そして、木もジャンボサイズ。


神秘的です。


かっちゃんの日記-日光7


ひたすら歩いていくと、女峰山の神様。


玉依姫の神様が、この石に手を触れたといわれている巨石発見。


ここを触って、近くの菅原神社に詣でると字が上手くなるらしい。


さすりさすりしてました。


かっちゃんの日記-日光7


史跡散策路の自分の中のLASTは


こちら・・・・・・・


開山堂と香車堂です。


まず、左側の香車堂は・・・・・・。


女性の方が妊娠した時に、こちらの香車を預かり無事に出産すると


この香車をお返しし、もう一つの香車を造りお供えするというので・・・


香車はドンドン増えていくのです。


そして、左側に見えますのが開山堂。


日光を最初に開いた方。


勝道上人公が祭られている場所です。(この開山堂も国重要文化財に指定されています)


最初東照宮の奥殿の場所にありましたが、東照宮を造る際に


この地に移されたといわれています。


かっちゃんの日記-日光7


雪の中のお寺は凄く神秘的で綺麗だなと思いながら写真に納めました。


日光はもう少ししたら、またのんびりと来たいです。


出来るかわかりませんが、自転車で来れるといいなと思ってます。


それでは、おやすみなさい。

日光に行ってきました(5)

テーマ:

今回UPするのは、日光の社寺の中で一番奥まったところ。


滝尾神社をUPします。


こちらは、観光客の方々はめったに来ない所。


本来の日光を感じさせる場所です。


自分的には、日光の社寺の中では1番と言って良いくらい


好きな場所でもあります。


かっちゃんの日記-日光6

かっちゃんの日記-日光6

かっちゃんの日記-日光6

かっちゃんの日記-日光6


こちらの杉のご神木は本当に綺麗でした。


かっちゃんの日記-日光6

雪が凄くて雪の中の写真は本当に少ないのですが


写真抜きでもこの地は和みました。


本当に、神聖な場所だなと思いました。


滝尾神社からはのんびりと歩いて帰りましたが、その途中もいろいろな旧跡があり


日光の歴史を感じてしまいました。


次回UPしたいとおもいます。

石裂山の巻(2)

テーマ:



加蘇山神社の社殿横から登っていくと


大きな大木がありました。


かっちゃんの日記-石裂山2


ご神木はめちゃめちゃデカイ木で更にこれからの登山を物語ってる感じです。


かっちゃんの日記-石裂山2


苔も大きい木もあり


登山道を登っていくと


大きな木が見えてきて


かっちゃんの日記-石裂山2

近くまで歩くと大きさがめちゃめちゃありました。



かっちゃんの日記-石裂山2


そして登山道にはこんな感じでクライムするところも。


鎖場と梯子の連続です。


のんびりと歩きつつ、奥の院まで進んで山頂を目指しました。



かっちゃんの日記-石裂山2


奥の院はこんな感じ。


大きな石に囲まれて神聖な感じがしました。



かっちゃんの日記-石裂山2

かっちゃんの日記-石裂山2

かっちゃんの日記-石裂山2

かっちゃんの日記-石裂山2

かっちゃんの日記-石裂山2


石裂山の山頂までは大きな岩場を登って下って。


そんな中でも、紅葉が綺麗でしたが


岩場に気をつけていたので


あまりじっくりとは観れませんでした。



かっちゃんの日記-石裂山2


山頂には三角点が。


なかなか凄い山でした。


走破したときは・・・・・





また登ってみたいと思った山でした。

今日はここまで。


最近山に凝ってるのでのんびりといろんな山に。


それではおやすみなさい。


前回の続きです。