大分楽になってきました。

テーマ:
3月11日に地震が起きてから約20日。
大分楽になってきました。
地震の余震も少なくなってきたので、ちょっと余裕が出てきたと思います。
来週あたりからまた写真を撮りたいなと思います。気持で決めたいと思います。
前回の更新位まではホントにちょっと心の余裕がいつも以上になかったなと改めて文章見て思ってしまいました。
また心の余裕をもって行きたいです。
それではお休みなさいm(_ _)m
AD

願い

テーマ:
東北と関東の大震災は大きな物を失ってしまいました。家の周りは瓦屋根は上部は崩落していたり。計画停電より地震当日の丸2日の停電はテレビの情報もなく、ワンセグ携帯片手に家族でみていました。電源がなくなってきた時には、乾電池の急速充電器でひたすら余震の情報と現状を把握したいと必死でした。ラジオも役に立つ情報だなと思いました。いざという時には食料品と水、ラジオ、乾電池が大事って思ってます。それらの物資でなんとか生きていけるなと思ってました。家の近い町は更にひどい状態でした。そして今福島から栃木に向かってる方々がいるという事が新聞で拝観しています。
募金もしたりしましたが白河以北が大変被災されているという事を新聞で見ると福島は隣県という事もあったり国道4号線でつかながってるというのもあり、もっと早急に改善してほしいという気持ちです。なにも出来ない自分が悲しいです。募金もしました。栃木が福島のバックアップが出来る事は笑顔で会える事と復旧ではなく安心して復興がされてその後から観光でもいいと思います。生活の一部として、そこで食事したり色んな方々と話して飲んだりと出来る日が来る事を願ってます!相変わらず余震で起きたりしますが東北の方々と比べたらへっちゃら。今の問題は原発と復興。
早く改善される事を願ってます!
AD

地震直後から今まで。

テーマ:

地震が発生して丸2日。


午後2時46分。


栃木県も大きな揺れが発生し、自分は車の中にいましたが道が波のような感覚になり


その後、車で移動していた為周りを見ていましたが」、瓦屋根が崩落していたり


停電により信号機も稼動していませんでした。


作業所に着きみんなが集まっている場所へ。


作業所に居る間も地面が大きく揺れる地震が発生しており


作業所はひとまず退所に。


作業所から自宅に戻りながらも信号機はまったく機能せず。


裏道を通って帰りました。


11日から12日の午後3時くらいまで停電しておりましたので


インタ-ネットはもちろん電化製品はまったく使えない状態でした。


余震も数回、大きいのがきていました。


通常頑丈な看板なども大きく揺れる感じでした。


まず、家に帰ってきて本棚やテレビなどが散乱していないか確認。


とりあえず、花瓶などが割れていましたが、中は思った以上に大丈夫でした。


次が水等のライフラインの確認。


電気は通ってなかったですが、水は大丈夫でした。


家はオ-ル電化だったので、ガスは供給されていないので、その分ガスコンロなどを用意しました。


念のため、断水の可能性が高い為ペットボトルに水をひたすら汲んでました。


1日目の夜。


停電の中とりあえず、ガスコンロに火を通し家族全員で鍋ですませすぐに就寝。


このときに思ったのが、電池とラジオ・ワンセグ、簡易コンロ、水、食料は大事だと痛感しました。


2日目は、弟などを確認に芳賀町へ。


ガソリンスタンドはガソリンスタンドの車の列が凄く長く伸びていました。


2日目夕方には電気も稼動しましたが、本当に良かったです。


今のところ、余震がまだ続いていますが出来る限り地震以外の事を考えて来週以降行動していきたいと思います。


AD

日光に行ってきました(6)

テーマ:

今回で、日光の話題は終了です。


なかなか、雪も深いので雪解けを


待ってのんびりとまた日光に行きたいなと思います。


今回は、前回の滝尾神社を後にして


ひたすら、史跡散策路を日光市内に向けて


歩いていきました。


日光の史跡散策路は2種類あります。


そのうちの、山内の散策路です。


約、1時間から2時間くらい。


この時期は、スニ-カ-や軽装は厳禁です。


結構、雪が深いということもあります。


話は長くなりましたが、こちらの切り株は雷が落ちたのかなと


思わせる、切り込みが深い杉の木です。


以前、友達のI君に教えられて、両手を手に添えてみると


POWERが感じられるよって。教えてもらいました。


なので、自分もチャレンジ。


実際、切り株に両手を添えると凄く暖かい。


木の神様に触れてるのか??


でも、凄く暖かかったです。


かっちゃんの日記-日光7


散策路はこんな感じ。


本来、石畳が見えるのですが


もう雪で覆われてます。


そして、木もジャンボサイズ。


神秘的です。


かっちゃんの日記-日光7


ひたすら歩いていくと、女峰山の神様。


玉依姫の神様が、この石に手を触れたといわれている巨石発見。


ここを触って、近くの菅原神社に詣でると字が上手くなるらしい。


さすりさすりしてました。


かっちゃんの日記-日光7


史跡散策路の自分の中のLASTは


こちら・・・・・・・


開山堂と香車堂です。


まず、左側の香車堂は・・・・・・。


女性の方が妊娠した時に、こちらの香車を預かり無事に出産すると


この香車をお返しし、もう一つの香車を造りお供えするというので・・・


香車はドンドン増えていくのです。


そして、左側に見えますのが開山堂。


日光を最初に開いた方。


勝道上人公が祭られている場所です。(この開山堂も国重要文化財に指定されています)


最初東照宮の奥殿の場所にありましたが、東照宮を造る際に


この地に移されたといわれています。


かっちゃんの日記-日光7


雪の中のお寺は凄く神秘的で綺麗だなと思いながら写真に納めました。


日光はもう少ししたら、またのんびりと来たいです。


出来るかわかりませんが、自転車で来れるといいなと思ってます。


それでは、おやすみなさい。

日光に行ってきました(5)

テーマ:

今回UPするのは、日光の社寺の中で一番奥まったところ。


滝尾神社をUPします。


こちらは、観光客の方々はめったに来ない所。


本来の日光を感じさせる場所です。


自分的には、日光の社寺の中では1番と言って良いくらい


好きな場所でもあります。


かっちゃんの日記-日光6

かっちゃんの日記-日光6

かっちゃんの日記-日光6

かっちゃんの日記-日光6


こちらの杉のご神木は本当に綺麗でした。


かっちゃんの日記-日光6

雪が凄くて雪の中の写真は本当に少ないのですが


写真抜きでもこの地は和みました。


本当に、神聖な場所だなと思いました。


滝尾神社からはのんびりと歩いて帰りましたが、その途中もいろいろな旧跡があり


日光の歴史を感じてしまいました。


次回UPしたいとおもいます。