師岡熊野神社の巻

テーマ:

前回のお寺の続きです・・・


前回自転車で観成院まで行った後また自転車を漕ぎ出して


東横線の大倉山の駅を過ぎると


師岡熊野神社はすぐに着いてしまいます。


ここの神社は由緒正しい神社といわれています。



かっちゃんの日記-師岡熊野神社


朝は本当に気持ちがいい。


鳥居を過ぎて、階段を登っていくと


かっちゃんの日記-師岡熊野神社

本殿がすぐに見えてきました。



かっちゃんの日記-師岡熊野神社


ここの神社は熊野神社を分社神社です。


『やたからす』の文様です。


分かりやすく言いますと、サッカ-の日本代表のマ-クが烏になっていると思います。


3本足のこの烏。


昔、神武天皇(初代の天皇家)の飛鳥(奈良県)入りの案内役とされています。


この神社、前回は車で来ましたが今回は自転車で来てみました。


自転車ですとたどり着いたという気持ちが強く思います。


そして、参拝を済ませ。



かっちゃんの日記-師岡熊野神社



かっちゃんの日記-師岡熊野神社


奥に向うと、石仏が置かれていました。


同じように、参拝をしてました。


丁度、家から凄く丁度いい距離なので、ついつい来てしまいます。


また来ようと思ってます。

AD

観音様(観成院)

テーマ:

ここ最近、神社仏閣に行くことが多いのですが、


自転車で動いていると、今まで通り過ぎていた所にこんな神社や仏閣があるのだなと


改めて、見てしまうことが多くなってきました。


今回もその一つ。



かっちゃんの日記-歓成院


真言宗のお寺さんです。


場所は横浜の東急東横線の大倉山駅から約10分位の場所にあります。


このお寺さん。


朝は凄く気持ちがいいもんで、新鮮な気持ちで参拝をしました。



かっちゃんの日記-歓成院

門をくぐると本堂が見えてきました。


この門をくぐり参拝をしましたが


その横には、もちろん真言宗なので



かっちゃんの日記-歓成院


弘法大師さんの銅像が祭られていました。



かっちゃんの日記-歓成院


鐘を鳴らして、参拝しましたが


その横には今まで見たことが無かった物がありました。



かっちゃんの日記-歓成院


この1回一よう(漢字が出なかったのでひらがなで書いてしまいました)


上にある回転するところを一回りさせると1回お経を読み上げることと


同じ意味を成すそうです。


10回くらい回してしまいました。


けど、その時は無心で回すことにしました。


今回、この観成院に立ち寄れて良かったと思ってます。


以外と家から近いので度々寄りたいと思います。


AD

総持寺の巻

テーマ:


かっちゃんの日記-総持寺


総持寺それは、横浜市鶴見区にある


曹洞宗の大本山。


曹洞宗といえば・・・・・



横浜に来て、先日お彼岸の時期初めて行って見ました。


それも、自転車。


最初、地図でシュミレーションしてここで曲がってという事を


考えていたのですが、結果迷いました。


でも、後から地図見て気が付いたのですが


総持寺って鶴見駅の西口にあることに気がついてしまいました。


そんな感じで、自転車で向かったですが


このお寺さん。


大きかったです。


かっちゃんの日記-総持寺

廊下もこんな感じで。

今の時期は春の時期のお彼岸時期に行ったので春のお彼岸法話。


いろいろと法話を聞いてきました。


法話というとなんか胡散臭いというイメージが頭をよぎってしまいましたが


そんな事はなく


すごく分かりやすくお坊さんが話してくれました。


その中で、3つの事を話してくれました。


一つ目は、まず過去を振り返らず今を見て未来も不安がらない事。


2つ目は、今見ていることは1元的で違った見方もあるんだよという事。


3つ目は、現実をみて、臨機応変に変えてみる事。(いろいろな事に縛られない事)


改めて心に沁みました。


今度は、道に迷わずに行きたいと思いますが、道に迷った場合でもそれは現実であり


そして、ありのままに受けとめて改善策を考える習慣を常に持って生きたいと思います。



かっちゃんの日記-総持寺


廊下もピッカピカ!!(毎朝と昼に1回ずつ掃除を必ずしているそうです。)


なので、壁はそのままですが床はピカピカ!!


改めて、継続は力なりという言葉を思い出しました。



かっちゃんの日記-総持寺


こちらが大師堂。


今までの歴代の偉いお坊さんのお位牌が祭られています。

ここで、法話をしておりましたので、拝見させていただきました。



最後に向った場所

テーマ:

甲斐の甲府市といえば


武田信玄公の街


そして、ここは写真に収めなければと思った場所がここ。


皆さん絶対に見たことがあると思う銅像。



かっちゃんの日記-武田信玄公の銅像


この銅像は帰る前に見ないとと思ったので来てしまいました。


この銅像はいつ見てもかっこいいなと思う銅像です。


この銅像みて、甲府を後にしました。


今度山梨に又来たいと思うのは、法泉寺と恵林寺そして武田八幡宮に行ってみたいと思ってます。

武田信玄公の御廟

テーマ:



武田信玄公のお墓はいろいろな所に存在しています。


以前、長野県の浪合村のところにも御廟は存在していましたが・・・


こちらの御廟は火葬した場所といわれています。



かっちゃんの日記-武田信玄公の御廟

本来の御廟は恵林寺にありこちらは三枝さんの屋敷にて火葬をし


煙が西に行った場所といわれています。



かっちゃんの日記-武田信玄公の御廟


この様に、橋が設けられており中に入ると小さい門がありその奥に


御廟が設けられていました。



かっちゃんの日記-武田信玄公の御廟


この門の奥に・・・・


かっちゃんの日記-武田信玄公の御廟


信玄公の御廟がありました。


立派なお墓だなと思いつつ、ここの地が恐れられていたという事実も初めて知りました。


この地で、荼毘に伏されて恵林寺に埋葬されたということです。


信玄公亡き後実際、武田勝頼さんは苦労しながらも武田家を守っていたのでしょう。


お父さんの遺言どおりに3年後恵林寺に埋葬されたということです。


凡将でなければ、10年も維持することは出来なかったと思います。

そう感じながら、この御廟を後にしました。

武田神社の巻

テーマ:

武田神社は明治に入って造られた神社です。


祭神はもちろん武田信玄公です。


そして、ここが躑躅が崎館跡でもあります。


かっちゃんの日記-武田神社

駅から約30分くらい。(余り覚えていないのですが)


この様な朱色の神橋が見えてきました。


かっちゃんの日記-武田神社


かっちゃんの日記-武田神社


鳥居を渡ると参道が長くあり



かっちゃんの日記-武田神社


本堂に着きました。


ここで、参拝をもちろんして宝物殿でいろいろ勉強してきました。


本当は、この参道ではなく右手の車が入ってくる所があるのですが



かっちゃんの日記-武田神社

こちら側が昔武田信玄の頃の大手門だった場所でもあります。


この両側は大きな堀で囲まれており館とはいえ、堅固な所でもあったようです。


写真は撮らなかったのですが、今三日月堀も大手門前に復元作業中で


また来てみたいなと思ってしまいました。



鶴舞城の巻

テーマ:

武田家が滅亡した後、紆余曲折を経て浅野長政が甲府の領主になりました。


その時に、築城されたのが鶴舞城です。


甲府市では、復元が大きくされており見ごたえが抜群でした。



かっちゃんの日記-鶴舞城


鶴舞城の大手門らしきところを渡り・・・



かっちゃんの日記-鶴舞城


見事な松の木を見て


かっちゃんの日記-鶴舞城

天守跡に向いました。



かっちゃんの日記-鶴舞城


黒門のような大きい石垣や



かっちゃんの日記-鶴舞城



かっちゃんの日記-鶴舞城


石垣が立派でした。



かっちゃんの日記-鶴舞城


こちらが、天守閣跡です。



かっちゃんの日記-鶴舞城


遠く南アルプスも綺麗でした。


ここは、江戸時代、5代将軍綱吉の側近柳沢吉保や甲府宰相そして6代将軍徳川家宣の居城でもあった場所です。


だからこそ、このお城も立派で堅固なつくりをしているのだなと実感しました。







円光院の巻

テーマ:

円公院は武田信玄の正室、三条夫人の菩提寺です。



かっちゃんの日記-円光院


このお寺は中規模ながらお彼岸もあって混んでました。


実は、参拝した後三条夫人のお墓に詣でて拝んで帰ってきてしまいました。


人ごみも凄かったので


しかし、中の伽藍は立派でした。


撮影はしなかったのですが(大体は撮影禁止なので)


凄くきらびやかな感じでした。


そして、もう一つ懺悔をしなければいけないのですが


最後の五山法泉寺は行かなかったので、今度は必ず行きたいと思ってます。

長禅寺の巻

テーマ:



長禅寺は甲斐五山の筆頭でもあり寺域も広大でした。


残念ながら、本堂は改修工事をしておりましたが


武田信玄の母上、大井夫人のお堂や五重塔などは拝見できました。



かっちゃんの日記-長禅寺


最初の門も大きかったです。



かっちゃんの日記-長禅寺


門を過ぎますと更に門が続き・・・・



かっちゃんの日記-長禅寺


最初の三重塔が見えてきました。



かっちゃんの日記-長禅寺


三重塔を横に向うと、大井夫人のお堂が見えてきました。



かっちゃんの日記-長禅寺


こちらが、大井夫人のお堂です。


かっちゃんの日記-長禅寺


そして、五重塔も見えてきました。


この五重塔の大きさにびっくり。


かっちゃんの日記-長禅寺

そして本堂など、散策して・・・・


お城に向いました。