北海道の旅4

テーマ:





比羅夫を出発して、のんびりと列車に揺られて行きますと小樽まで約1時間位

小樽に着いて、徒歩でまず小樽運河に行ってきました。

小樽運河は混んでました。

けれど、そこは観光地仕方ありませんね。


小樽1

ただ、初めて見るものってやっぱり感動します。

レンガ造りの倉庫や運河が気持ちいいですね。


小樽2

また、小樽の高台にあった教会です。

昔から(大正時代くらいから)守られている教会など、風情がありました。


小樽3

高台の上の神社から眺めた小樽の町並みです。

木々の合間から見えた小樽港は綺麗だなと・・・。


小樽5

そして、今は廃線になってしまった、国鉄手宮線跡。

北海道で一番最初につくられた線路です。

物流の拠点だったことがしのばれる廃線でした。

そこの廃線を散歩がてら歩いてましたら、小さい植物が線路の真ん中で育っていました。


小樽6

枕木の間からすくすくと育っていた植物。

冬の合間はまた土の中で寝ていて夏場育つのでしょう。


小樽7

北海道の小樽の道は大きいです。

この運河横をまっすぐに行くと倶知安や余市に続きます。


そして、この交差点を西に向うと、旧日本郵船小樽支店があります。


小樽8


この建物は明治維新を過ぎてからの建物になります。


実際に中に入ってみると・・・・・・



小樽9

こんな感じの事務室になっていました。


ガラスはこちらの方に聞きましたところ、全部ベルギ-製の手作りになっているそうです。


昔も手作りで今も手作りを注文しているとの事。



小樽10


話の受け売りになってしまいますが、カ-テン越しにガラスの模様をみますと


全部、縞模様が違うのが分かると思います。


手作りのガラスだとこのような縞模様が出来るそうです。


一つ勉強になった~~~~~。


小樽11


そして、2階に上がりますと応接室や貴賓室がありここで日露戦争後の実務者協議が行われたそうです。


実際に写真などもこちらで展示されており、ここで会議などをしたのだと実感されました。


こんな感じで小樽を周りました。


実際に歩いてみて小樽は函館とは違う感じがしました。


函館の場合、領事館などがあり異国情緒があふれていました。


小樽の場合は商都といった感じでした。


小樽は夜にもう一回来て見たいと思いましたね!!


次に向うところは旭川。翌日の美瑛に向けて旭川に一泊しました。


旭川は実は写真を撮り損ねたのですが、街は碁盤の目のように区切られており


旭川の街を散歩しつつ、夕方だったのでラ-メンを食べにいきました。


今回はガイドブックにも掲載されています、『青葉』というラ-メンやさんでした。


ラ-メン屋さんは混みまくってました。ひたすら待って(待つといっても20分くらいですね)


醤油チャ-シュ-めんを食しました。


北海道のラ-メンはやっぱり湯気で暑さが逃げないようにラ-ドがつゆの上にのっており


凄くアツアツで食べることが出来ました。


美味しかったです。


次もまた来てねとおばちゃんから話がありまた来ますと答えちゃいました。


今度は塩ラ-メン食べたいなと思いました。


翌日は美瑛に行きましたが、美瑛は・・・・・最高でした。


写真をいっぱい撮ってきたので自分でいいなと思った写真を次でUPしたいと思います。


読んでくれた方ありがとうございます。





AD

北海道の旅3

テーマ:

函館をあとにして、次に向ったのが比羅夫という土地。


比羅夫には『駅の宿・ひらふ』という民宿があります。


今回はひらふに泊まりたく、半分企画したようなものです。


函館駅より比羅夫駅まで、函館本線をひた走るのですが普通列車の接続がなかなか難しいのが難点。


函館駅より森駅まで普通列車に乗り森駅で乗り換え



ニセコまで1


森駅の背後には駒ケ岳がそびえ立ち、海に面しているので風光明媚なところでした。


また、写真には収められなかったですが、大沼国立公園の風景も最高でした。


普通電車ですと、列車のスピ-ドも特急よりのんびりとしてますので風景が和みました。


ここの森駅より長万部までの区間特急列車に乗り一路長万部へ。



ニセコまで6


長万部の駅前は海に面していて凄く気持ちよい景色でした。


青空を撮ってみたくて、風景と一緒に撮って見ました。


ここからはひたすら普通列車に乗り換えて一路比羅夫駅まで。


比羅夫駅は丁度倶知安駅とニセコ駅の間に位置する駅です。



ニセコまで8

比羅夫駅に着くと、オ-ナ-さんがお出迎え。


オ-ナ-さんと今回のところの泊まるところをご案内いただきまして、今日のお食事の準備をされるということで

少々待ってました。



ニセコまで7

ここの駅の宿のおすすめ。


夏は、駅の自体が民宿となってますので、駅のホ-ムでのバ-ベ-キュ-です。


ラム肉を中心に北海道の旬の食材が満載。


ビ-ル片手に、先に先着していた泊り客の方と食べつついっぱいしゃべりながら食べてました。


もちろん列車も来ます。


が、自然があるところっていいなと思ったのがそれでものんびりと出来るということですね。


食事のあとは、お風呂です。


お風呂は木をくりぬいてある丸太風呂がここのお自慢のお風呂。


今回は夜雨が降ったりやんだりだったので、夜空は見れませんでしたが、、丸太のお風呂は最高でした。


贅沢な1晩でした。



ニセコまで4


翌日はからっと晴れてきました。


この写真は朝食後に撮った写真です。


青空が出てきまして、綺麗だなと思ったのでシャッタ-を押してみました。


(ちなみに、正面が駅舎兼民宿となってます)

(右側は4人用コテ-ジです)


駅に一緒に住んでいるしまたろうです。



ニセコまで3

昨日はバ-ベキュ-のときも一緒にいました。


今回は北海道に来てココに泊まれてよかったと思いました。


テレビももちろんないですが、逆にそれが心を和ませる1要素なのだなと。



ニセコまで2

出発を前にオ-ナ-さんはお子さんの保育園の送り迎えでチョット離れてしまうということで


先にご挨拶をして


一緒に泊まっていた方とオ-ナ-さんの義理のお母さん(奥さんはオメデタということで)の


お見送りで比羅夫より小樽行きの列車が9時18分。


この列車が来る前に出発前に駅でいろいろお話をして、9時18分の列車に乗り込みました。


ずっと手を振って名残惜しかったです。


また、絶対に来たい宿でした。


『ひらふ』さんありがとうございます。


この場を借りて感謝の気持ちでいっぱいです。


来年もまた来れるといいなと思いました。



ニセコまで5


車窓から、羊蹄山を眺めつつ、(綺麗だな・・・・)一路小樽に向いました。


まだまだ、お話は続きます。


では、書き上げましたら公開したいとおもいます。


それでは、おやすみなさい。








AD

北海道の旅2

テーマ:



8月22日の出来事!!


この日は函館の元町を散策しました



函館8


八幡坂を上り


のんびりと歩きますと旧イギリス領事館や旧函館公会堂が元町にあります。


旧イギリス領事館


上の写真は旧イギリス領事館(現開港記念館)です。


中はブル-とホワイトのツ-トンで造られた建物になってます。


函館19


上の写真は旧函館公会堂。出来上がったのが明治43年9月。


旧公会堂はその時代の皇室の宿舎などにつかわれたそうです。


実際にこのような感じで西洋の文化を取り入れた建物になってました。

函館9




この、大広間は凄く社交ダンスが出来そうな凄く高級感のある建物でした。


函館10






函館11




函館12


旧公会堂からの函館湾です


こんな感じで昔は眺めていたのだなと・・・


そして次は


函館14


函館ハリストス正教会に行きました。


こちらには、キリスト教に詳しい方でしたら分かると思いますが(自分もあまり詳しくはないのですが)


キリストが復活した事などのテ-マを記念して建立されたとの事


実際中に入りましたが凄く厳かな教会でした。





函館15


この通りにハリストス正教会があります。


ハリストス正教会の南に函館聖ヨハネ教会があります。


函館16



函館17


こちらの教会は昭和54年に建立されたものとの事。


外国情緒あふれる建物です。

話は変わって、函館は昔は箱館と呼ばれていました。


一説には昔アイヌの居館があったとの事。


昔は、館というのはお城を意味していた言葉。お城があったと思われます。


公会堂と一緒にアイヌ民族資料館もうかがいました。


アイヌは凄いと思ったことは(今はもうほとんどアイヌの方はなかなかいらっしゃらないので分かりにくいことも多いのですが)


アイヌ民族資料館に行って今まで分からなかったことが氷解しました。


それは、アイヌの方は北方の文化と日本の文化を調和させて発展してきた民族なんだと。

そして、尚且つ自分たちの文化も大切にしてきたのだと。


お椀のところに、日本の家紋が入っていたり。


そうかと思いきや、服装はモンゴルなどの北方の衣装だったり。


この民族資料館をみてから、ここはアイヌの旧地なんだと。


それ以来、この旅行の合間には駅にいろいろな説明書きがありましたが、必ずといっていいほど


土地の名前の由来が書いてありアイヌ語が訛って土地の名前になっていることを見るのが楽しみになりました。


実際、このあと行きました美瑛などもアイヌ語が訛って出来た言葉だと知ったりしました。

当日午後、函館を午後出発して次は比羅夫に向いました。


(比羅夫までの行程はまた次の書き込みでしたいと思います)

AD

北海道の旅1

テーマ:

函館2


9月21日夜函館駅に着きました。


函館は初めてというより北海道は初めての場所。


今このように書き込みをしておりますが、函館は最初半日の予定でした。


今回は元町周辺を見ることでしたが、夜7時くらいに着いたので函館の夜景を見ることにしました。


駅からホテルまでは徒歩3分のところにありました。


ホテルにチェックイン後すぐに外出をして函館の夜景を見に市電に!!


目の前が市電だったので乗り方もドキドキしながらも車内に乗り込みました。



函館7


函館駅前から乗り込み十字街の市電の停留所で降りて一路函館山へ!!


バスで函館山に行きましたが、バスの車窓からも凄く綺麗な夜景が眼下に見ることが出来ました。


そして、バスから降り立つと風がビュンビュン吹いて半そででは寒いかなとちょっと思いました。


やはり北海道

けど、寒空というほどではないので展望台へ!!


めちゃめちゃ綺麗な夜景!!


いままでいろんな夜景を見ましたが


1番夜景です
函館4


何枚か撮りましたが、夜景って難しいと思うのが手ブレ。


なので、展望台のコンクリ-トに乗せて撮りました。


夜景を堪能したあと、すぐに元町の夜景を見にバスで下りました。


十字街についた後、いろんなところを歩きました。


函館3

十字街のところからすぐの建物とか。



函館6


八幡坂の夜の風景。


海へ向ってまっすぐに伸びる坂。


静かで綺麗でした。



函館5


函館にはいろんな坂があって凄く気持ちよかったです。


しか----し、まだ次の日も待ってます。


次の日のお話はまた次の書き込みにしたいと思います。


あまりにも書きたいことがいっぱいあるので分けて書きたいと思います。




きょうからお休み

テーマ:

やっと今日から夏休みです。


いままで、ブログもお休みしてましたがまたお休みになってしまいます。


今日から北海道に遊びに行こうと思います。


のんびりと函館から美瑛近辺まで行きたいと思います。


帰りは25日予定になると思います。


それでは行ってきます。



佐倉と銚子へ

テーマ:



棚卸しも無事に終わりました。


何とか、前回よりも少なかったので良かったです。


で、棚卸し後すぐにお休みだったのですが、あまりに疲れていたのか一昨日はひたすら寝てました。


夜寝て次の日の夕方の6時まで寝てました(1回ぐらい起きたのですが、30分程してまた熟睡してました)


疲れが溜まっていたのだろうと自分でも思ってましたので、今日のお休みはせっかく18切符を買ったので、


銚子方面に行ってみようと決断しました。


天気は最高。



佐倉1


今回は佐倉と銚子を中心に周ってみました。


天気良すぎと思うくらいに青空が広がっていました。



佐倉2


お城好きということもあり、今回のテ-マは佐倉城。


小さいお城かと思い行ってみましたところ、規模は今まででいった中でもトップクラスの大きさ。


もともと、石垣のお城跡ではないのですが、関東の中でも重要地点のお城と考えられつつ、尚且つ史跡として

市ぐるみで整備しているのが共感を得ました。


もともと、お城跡には国立歴史民族博物館も在り(今回は時間の制約でいけませんでしたが)


お城の整備は行き届いていました。


正直な話、関東に戻ってきて東海地方程に凄いと思わせるお城はないのではと落胆していましたが、


ところがどっこい、今回はやられました。


佐倉5


こんな感じに綺麗に整備されていました。



佐倉6


あと、町の中を散策してましたが情緒あるポストや・・・・



佐倉7


武家屋敷なども綺麗に残されており、佐倉という街はいいなと思ってしまいました。



銚子


あと今回は銚子に向かい銚子電鉄のぬれせんべいを食べることと


銚子電鉄を見ること。


せんべいは美味しかったです。


ビ-ルと一緒に食べるとまた格別な感じでした。


銚子は実は醤油のメ-カ-があるところ。


なので、車での移動が一番BESTかなと思いました。


あとは、犬吠岬でしょうね。


次に来れる機会がありましたら車で今度は来たいと思いました。


今回は凄くリフレッシュ出来ました。


実は8月20から26日までお休みが決定!!


計画してますのが北海道です。


実は北海道行ったことがないので今回の休みを利用してのんびりと北海道に行ってみたいと思ってます。


ただし、ツア-ではないのでのんびりと鈍行で行くつもりです。


準備はしているのですが少し不安です。


ひたすらに20日までに準備ですね。





向日葵

テーマ:
SN340168.JPG
今日はやっと梅雨明けした感じの天気で暑いですがやっとという感じです。家から鴨居の駅までの鶴見川の堤防沿いにここ最近向日葵が植えられて会社に行く時についつい眺めてしまいます。今日は出勤日の中日!棚卸しまでもう少しです。頑張って行ってきます!