SKIの板

テーマ:

今年SKIを頑張っていきたいと思う。


仕事の休みを使ってだけど、マラソンと一緒。


あきらめなければ行けるとおもう。


SKIの板を自分は5本持ってます。


64cmのショートSKIから192cmのLongの板まで。


板にはそれぞれ思い入れがあります。


一番最初に買ったATMICの板から、今愛用のクナイスル(あまりメジャーではないです。)



64cmのBIGFOOTって板は練習用にはピッタリ。


バランス感覚が掴めるので、BIGFOOT履いた後に普通の板を扱うと安定感がさらに増す感じでGOODです。


今年はゴーグルかSKIのブーツ欲しいな。


そのためにも頑張らねば。精神的に無理せずに、こつこつと。

AD

実は、前住んでいたのが群馬県の伊勢崎市。


よく、車で榛名山や赤城山に行ってました。


さすがに、走りは普通でした。


実家が栃木なので、日光のいろはとかには友達が走り屋だったので、よく助手席に乗ってた。


INITIAL Dはメッチャ懐かしいって思うところが一杯あります。


渋川とか、伊香保抜けて榛名湖までみんなでドライブ&バス釣りに行く時にやっぱり榛名山の山麓を登っていくんだけど、登りきった後の真っ直ぐな下り坂。ちょうどてっぺんから一気に榛名湖に向かう道です。


日本に居る感じじゃないくらい気持ちいいところがあります。車持ってる方ぜひドライブに行ってみてください。


めっちゃ気持ちいいですよ。


もちろん、イニシャルDに出てくる風景も集まっている場所とかもあります。


マンガの中で名前は走る道は秋名山になってますけどね。

AD

今日は電車で小旅行

テーマ:

今日は一日ぐづついた天気でした。


午前中は、病院行ってきて2週間の経過を先生に話して、薬は調整自分でしていいですよって話がありました。


午後は、三重県の桑名市に行ってみました。

実は一回も行った事なかったので、一ヶ所に絞っていってみました。


桑名までは、浜松からまず名古屋にむかいました。


快速に乗って小説を読みながらMP3聞いてたら気が付いたら名古屋に。


名古屋で関西本線に乗り換えて一路桑名へ。


片道2時間ぐらいでしたけど、結構早く着きました。


着いたと同時に、雨がどしゃぶり降ってきてさんざんだったです。


けど、そんな事じゃくじけない。


目的地にたどり着かなくては。


きょうの目的地は、桑名城址。


今は九華公園と名前が変わっています。

本当はこっちの字で『くわな』と言うそうです。


どんなところか、想像もつかなかったのですが、実際行ってみてこんなところでした。

桑名城址1


お堀が幾重にも重なっていて、水堀で敵を防ぐお城だったのだなと、感じました。


ほのぼのとした事があって、

桑名城址2


かるがもが4匹連なって歩いてました。


家族っていいなって思った瞬間でした。


それから、ちかくの神社によって参拝して(春日神社・・・・春日神社とは、地元で春日さんといわれる由緒正しい神社だそうです。青銅の鳥居はでかかったです。

春日大社1


境内の1コマ

春日大社2

そして、境内の植物

春日大社3


自分の自画自賛ですが、上手く撮れてよかったです。


あと、もう1コマ。

春日大社4


神社らしいかなって思って撮ってみました。


今日は、のんびり散策しながらだったのでのびのびと過ごせました。


桑名は結構いいところでした。


今度は実は行って見たいところがあって、竹中半兵衛さんのふるさと。

西岐阜方面にいってみたいです。


あとは、津。大阪にも行って見たいな。

AD

電車に揺られて3時間前後。


一つの駅に自分はおりたちました。


その駅名は安土城。


みんな知っている人も多いと思われます。

よく、日本史に出てくる『安土桃山時代』


安土は滋賀県蒲生郡安土町。桃山は京都府伏見区です。(伏見城近辺のことを桃山といいます。)


昨年行った場所、安土城について再検証を行いたいと思い書き込みしました。


駅からはかなり離れており、さすが近江商人目ざといと思った事。

レンタサイクルがあ~りませんか。


レンタサイクルで自転車を借り、のんびりと自転車にこぎつつ向かった場所は信長の館。


これは、天主指図という古文書が発見されて、組み立てたものです。


皆さんもぜひ、1回みてみてください。

 

金箔がすごい。


やっぱり、最高権力者なのだなと痛感した瞬間でした。


次にむかったのが、もちろん安土城址。


自転車をとめて登っていったのがまず、大手門口から登っていきました。


石段になっており、それが防御の為真っ直ぐな上り口ではなく、途中左右にうねってるのが下からでも

判るようになっています。


よ~~く見ると石段のところに石仏が写っているではないですか。


安土城自体が急ピッチで作業された事を物語る一面でした。


自分の記憶が確かでしたらですが、近くに観音寺城というのがありましてそこからも、いろんな部品を持って使ったと記憶しています。


石段を登りきると、左手方に信長さんのお墓があります。


通常、お墓って仏式のお墓なのに、ここのお墓は変わっています。


長方形の石を真ん中に中座しその上に大きい丸の石(かなりでかい)が乗っているだけ。


神様のような、お墓です。(全国広しといえどもこのようなお墓はココのみです。)


そして、さらに上に上っていくと頑丈な石垣とともに黒鉄門址があります。


この石垣を見てこれが最高権力者の力なんだなと痛感。


さらに奥に天皇の住まいになるはずだった清涼殿に似た、建物が建っていたといわれています。


ココも通過し、目的は天主址地。


天主には地下があり守り神が祭ってあったそうです。


天主のちょっと先には琵琶湖が見れます。


感慨深く見入っていたら時間もない事に気がついて。


旧摠見寺址も一緒に見学させていただきました。

3重の塔と、仁王門を見学。さびれてはいましたがまだまだこれからって感じの記念物でした。

そんなこんな、今年はさすがに行けないと思い、書き込みしてみました。


今日は台風一過

テーマ:

台風も過ぎ去って、暑い日でした。


けど、病み上がりということも有り、寝て過ごしちゃいました。


夜はRUNINGして汗かいて新陳代謝を上げようとおもい馬込川沿いをの~~んびり走ってました。


ちなみに馬込川は浜松の真ん中を流れている川です。


夜のんびり走ると、人っ子一人いないので、怖さ半分何も考えずに走るの半分って所です。


明日はまたお仕事。


がんばりまっしょい。

今年も世界陸上が終って一段落って所。


自分も織田裕二と一緒になって応援してました。


通常、スパイクってアスファルトでは走るのに邪魔です。やっぱりピンがあるから。


陸上競技場って雨にも強いコースになってます(オールウェザーっていいます)


国立競技場ほかいろんなところでつかわれているコースです。


多分皆さんの近くの競技場とかもこのオールウェザーは多いです。


そして、コース用ににスパイクにつけられる専用ピンがあります。


スパイク

上にあるのが、5mmから9mmまで。


本当は、さらに長いピンもあります。12mmとか15mmぐらいかな。

基本的に、5mmは5000m~10000m、3000m障害(略称3スク)の競技に。


7~8mmは800mから1500m


9mmから12mmは200mから400mまたまた400障害(略称4パ)とかに

使われます。


15mm以上は短距離に使う場合が多いです。また、幅跳び、高飛びにも使う場合が多いです。


ちなみに、このピンは二段になっているので、2段並行ピンともいいます。


そして、平行ピンの対抗になるのがこちら

アンツーカー


アンツーカーピン。


主に土のグラウンドで大会がある場合に使われてます。


基本的にピンの長さは、平行ピンに合わせて使います。


めったに使わないですけどね。


通常トップアスリートでも普通の選手でも、ピンはほとんど同じようなものを使っています。


結構身近に感じられる一面です。

ことしは何回いけるかな

テーマ:

自分の一番の趣味はSKIです。


スピード狂ではないのですが、ガンガン行っちゃいます。


リフトは何回も乗ってもう25度くらいの斜面をガンガンに滑ってはのぼりの繰り返し。


けど、この病気になって自然の中で自分ひとりでよく去年はいきました。


リラックス出来ます。


マイナスイオン効果かなと思いつつ、無我夢中にやることが、ストレス発散になっているのかな。


今の目標はコブを綺麗に止まらずに滑っていけるようにしたいな。


モーグル選手まではいかなくとも、滑らかに滑りたい。


けど、中斜面のスピードも捨てがたい。


Freeにのんびりと滑りたいな。


いまだに大人気

テーマ:

人気絶頂な商品がうちにお店にあります。いろいろあります。


それは『たまごっち』


もう、何回も抽選で販売しますよって話した事か。


昔のたまごっちと違い、今のたまごっちは凄い。


携帯で通信できちゃう。


そして、赤外線で『お店にあるでかたまごっち』と遊べちゃう。


そんなこんなで、今週もまた、たまごっちの抽選が始まる・・・・・・


数が入るようになってきたけど、まだてに入らない人が多い。


そして、新種のたまごっちも増えていく。


そんなたまごっち来年まで人気があるといいな。